日 向坂 フォーメーション。 日向坂46かわいい順に並べるとどうなる?フォーメーションにも影響?

【日向坂46】5thシングルのフォーメーションを予想してみました!

日 向坂 フォーメーション

1st「キュン」 【2019年3月4日発表:20名】 3列目 富田鈴花、濱岸ひより、高瀬愛奈、松田好花、上村ひなの、金村美玖、井口眞緒、宮田愛萌、潮紗理菜 2列目 佐々木久美、丹生明里、河田陽菜、高本彩花、渡邉美穂、東村芽依 1列目 佐々木美玲、齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆、柿崎芽実 デビュー曲のセンターは2期生の小坂菜緒。 フロントにはひらがなけやき時代にセンターを務めたメンバーが並んでいる。 デビュー曲ということもあって、人気と実力を兼ね備えたメンバーを前列に持ってきた形。 2nd「ドレミソラシド」 【2019年6月10日発表:19名】 3列目 佐々木久美、井口眞緒、潮紗理菜、富田鈴花、上村ひなの、高瀬愛奈、濱岸ひより、松田好花 2列目 宮田愛萌、佐々木美玲、金村美玖、東村芽依、高本彩花、渡邉美穂 1列目 齊藤京子、丹生明里、小坂菜緒、河田陽菜、加藤史帆 2作連続でセンターは小坂菜緒。 前列には2期生の河田、丹生が加わり、その脇を1期生の加藤、齊藤が固めている。 1作目で3列目だった宮田、金村が2列目に来たが、1,2列目と3列目でメンバーが固定化してきた印象。 3rd「こんなに好きになっちゃっていいの?」 【2019年8月26日発表:18名】 3列目 佐々木久美、富田鈴花、井口眞緒、丹生明里、上村ひなの、河田陽菜、高瀬愛奈、潮紗理菜、宮田愛萌 2列目 東村芽依、松田好花、金村美玖、佐々木美玲、渡邉美穂、高本彩花 1列目 齊藤京子、小坂菜緒、加藤史帆 3作連続でセンターは小坂菜緒。 柿崎芽実が卒業し、濱岸ひよりが活動休止となったことで、フロントメンバーが3名のフォーメーションとなった。 前作でフロントだった丹生と河田が3列目へ、3列目だった松田が宮田と入れ替わりで2列目にきている。 4th「ソンナコトナイヨ」 【2020年1月13日発表:18名】 3列目 佐々木久美、濱岸ひより、高本彩花、上村ひなの、高瀬愛奈、宮田愛萌、佐々木美玲 2列目 潮紗理奈、渡邉美穂、丹生明里、河田陽菜、松田好花、富田鈴花 1列目 齊藤京子、金村美玖、小坂菜緒、東村芽依、加藤史帆 4作連続でセンターは小坂菜緒。 金村と東村が初のフロントメンバー入りを果たし、潮も初の2列目とメンバーの動きがそれなりに見られた。 3列目には半年ぶりの復帰となる濱岸が入っており、井口が選抜メンバーを外れている。

次の

【日向坂46】歴代シングル選抜フォーメーションまとめ

日 向坂 フォーメーション

【日向坂46】5thシングルのフォーメーションを予想してみました! ・人気順とシンメトリーをなるべく意識しながら考えました。 〈1列目〉 ・4thまでセンターを務めた小坂菜緒が初めてセンターを外れ、日向坂のtop2として活躍していた加藤史帆と齊藤京子が初のWセンター。 日向坂46の名前も世間に浸透し、人気もまあまあついてきたから。 ・センター横には、前作センターの小坂。 シンメが難しかったので消去法で渡邉美穂を置いた。 ・フロント残る2枠は安定の人気がある丹生明里と河田陽菜。 〈2列目〉 ・2列目センターには前作センター脇だった金村美玖と東村芽依。 2ndでセンター脇に立った丹生と河田が、3rdで3列目に下がってしまったように、今作も金村と東村は2列目で落ち着く。 ・前作3列目の高本彩花が2列目に復帰。 ・残る3枠には、新3期生を除いた4thまでに1・2列目を経験したことのないメンバーである、上村ひなのと濱岸ひよりと高瀬愛奈が初の2列目。 特に上村はそろそろ前に来てもおかしくない。 〈3列目〉 ・センター付近に新3期生3人を配置。 センターは日向坂一の高身長である髙橋未来虹。 ・残る6枠はほぼ人気順。 ・後列端の重要ポジションには前作同様、佐々木久美と佐々木美玲。 みなさんの予想もお聞かせください! 自分が以前他の方の5thのフォーメーション予想の際に回答したものを載せたいと思います。 左から順に並んでいきます。 3期生は2:2のペアにして端から2・3番目に配置精神的にもリラックス出来るかと思う また、3列目の1・2期には不安であろう新3期へのケアと指導にも力を注げるメンバーを選考。 ほんとに全員が1列目を務める力があり、迷いましたがこんな感じです。 推しを前にしたいという気持ちが入っているかもしれないので個人的な意見として聞いていただきたいです。 上村は2列目に絶対来て欲しいです。 ずっと裏センターみたいな感じなので。 としきょんは下がらないがセンターにもならない気がします。 ガッチリ左右を固めてるイメージです。 花ちゃんズはどんどん人気が上がっている気がするので2列目かなと。 人数も全く違ってすいません。 3列目濱岸 森本 潮 山口 高瀬 宮田 髙橋 2列目久美 高本 渡邉 上村 松田 美玲 富田 1列目齊藤 金村 丹生 小坂 河田 東村 加藤 高本のところを永遠のシンメの潮と迷いました。 2列目を意識しすぎて3列目に不安要素が集まってしまいました。 ライブでパニックになる高瀬、潮、階段が苦手な宮田、復帰の濱岸、新メンバー3人…なかなか難しいですね。

次の

日向坂46かわいい順に並べるとどうなる?フォーメーションにも影響?

日 向坂 フォーメーション

フォーメーションのおさらいからです フォーメーション発表は冠番組の「日向坂で会いましょう」でさらっと発表されます。 乃木坂46、欅坂46みたいに、フォーメーション発表を番組内の企画としてはやらない方針のようです。 最近は欅もさらっと発表方式に変わりましたね。 1st「キュン」フォーメーション 1stシングルのフォーメーションは上記のようになります。 5-6-9の構成でセンターは「小坂菜緒」です。 せっかくなので、期ごとに色分けしてみました。 こうしてみると、1期生が前寄りのフォーメーションに見えますね。 フロントは全員がセンター経験者という強力な布陣となっています。 (あれ、小坂は初センターでしたっけ?) デビューシングルということもあり、全力フォーメーションと言ったところでしょうか。 2nd「ドレミソラシド」フォーメーション 2ndシングルのフォーメーションは上記のようになります。 5-6-8の構成でセンターは2作連続で「小坂菜緒」となりました。 丹生ちゃんと河田さんがフロントに昇格! これはHINABINGO! で披露した「ひーひー兄弟」の2人ですね。 センター小坂を癒し系の丹生、河田で挟むという贅沢な布陣となりました。 宮田、お寿司(金村)も2列目に昇格していて、全体的に2期生が前の方に集まってきた印象です。 フロントメンは「キュン」のMVで登場していた!? このシーンは、1サビ前の「カワイイ(小声)」ですね。 この3人がそのまま「ドレミソラシド」のセンターと両サイドを担当しています。 思っていたより少ないですね。 列がUPしたメンバーは4名で全員が2期生。 逆に列がDOWNしたメンバーは2名でどちらも1期生という結果でした。 1stから2ndになり、2期生が強めのフォーメーションになった印象です。 【予想外】超実力主義のフォーメーション 1stから2ndのフォーメーションになり、より一層握手人気というか、序列がそのまま反映された結果のように見えます。 この現実を具体的なデータで示すことは控えますが、日向坂ファンの皆様はなんとなくお気づきではないでしょうか。 僕としては、デビュー前の段階で「日向坂はどんなフォーメーションでも楽しめそう」的な考えをもっていましたし、今でもそう思います。 ハッピーオーラがコンセプトなわけだし。。。 しかし現実としては、今のところ超実力主義なフォーメーションになっていて正直驚いています。 今後のフォーメーションはどうなる? 運営のみ知ると言ったところでしょうか。 このままの実力主義だと、3列目メンバーには厳しい印象です。 3列目も決して弱くはないのですが、上位勢が強すぎて相対的に上がれない構図になっています。 客観的に見て昇格の可能性があるのは、上村、松田くらいでしょうか。 欅坂46は全員フロントやってましたよね 確か、欅坂46はシングルごとにフォーメーションをガラッと変えて、全員がフロントを経験していたと思います。 日向坂も欅と同じ流れで「全員フロント」をやるのか、このまま実力主義を貫くのか。 なんだかんだで楽しみなところです。 【一安心】PVではまんべんなく映っています.

次の