頭が良すぎる。 知能の高すぎる人、頭の良すぎる人について。

頭が良すぎる人

頭が良すぎる

頭が良い人は他人といると幸福度が下がる LSEとシンガポールマネジメント大学の共同研究によって、知能指数(IQ)と友人関係には相関関係があると判明しました。 この研究では知能や人口密度、友人関係が人生に対してどのような影響を与えるか、調査したのです。 その結果、最も顕著に現れた傾向は 「知能が低い人は仲間と過ごすほど満足度が上昇し、一方、知能が高い人は仲間と過ごすほど不満が上昇する」というものでした。 つまり高い知能指数を持った人ほど、コミュニケーションを減らしたがり、知能指数が低い人ほどコミュニケーションを求めるんですね。 また、高知能者向けに作られたハイレンジIQテストって検査もあり、こちらで詳しく解説してるので参考にしてみてください。 思ってることを口に出す 2. 自己中心的 3. 何を考えているのかよくわからないと言われる 4. あまり喋らない、無愛想 5. そもそも友達を作ろうとしない まあ、ざっとよくあるようなことを5つピックアップしてみました。 これを読んでる方、どうでしょう。 この特徴全てさっき説明した「頭のいい人が1人でいることを好む理由」に繋がると思いませんか? 1つずつ解説していきますね。 思ってることを口に出す いわゆる空気を読まないとか、立場に関係なく平気で意見を言ったり反論するような人。 これは、 基本的に他人がいなくても問題ないと考えているため、相手からどう思われるかを重視していません。 知能が高い人はしっかり自分の考えを持っているため、他人と考えが異なる場面も多いです。 また、頭がいい人は論理的に考えるので、主張に自信がある人が多いのも理由だと思います。 自己中心的 これはマイペースとか人の気持ちを考えられないとか言われる人かな。 特に必要がなければ他人が困っていても関わるのを避けたり、関心を持たなかったりします。 他人の目を気にせず、相手の都合に合わせる必要がないので、結果的に自己中と呼ばれたりするのでしょう。 個人的に自己中って言葉がかなり自己中だと思っていて、でもアルミンが「いい人って自分にとって都合のいい人をそう呼んでるだけ」って言ってます。 何を考えているのかよくわからないと言われる 何を考えてるかわからないと言ってくる人は、おそらく根本から人種が違うので分からなくて当たりまえですね。 グループに属していなかったり、自分たちと異なるものを理解できないと思う人っていうのは一定数存在します。 ゆえに、少数派である頭のいい人はこれを言われる機会も多いのでしょう。 逆に考えを理解し合える人とは普通に仲良くなれるため、必ずしも友達がいないわけではありません。 あまり喋らない、無愛想 これも結局相手からどう思われるか以下略。 昔はよく喋ってたけど成長するにつれて口数が減ったって人も多いのではないでしょうか。 理由としては、まじめに話してるのに論理性もない感情論で相手に一蹴されるからだと思います。 あとは単純に相手が話を理解できると期待していなかったり。 自分一人でも困らないので、労力をかけてまで話すことに意義を感じなくなるのです。 3番と同じように話を理解できる人とは普通に友だちになれたりします。 そもそも友達を作ろうとしない 1人でも特に困らないため、積極的に作ろうとする必要がないんですよね。 他人と関わって生まれるメリットが一人でいるメリットを上回ることがないため、友達も作ろうとしなければグループにも興味がない人も多いでしょう。 自分は自分で、他人とは違うということを理解しているので、無理に同調しないのです。 友達がいないことを嘆く必要はない 「友達 いない」みたいな検索からこの記事にたどり着いた人あなたは、きっととても頭がいい人なのでしょう。 なので、それを嘆く必要はありません。 そもそも、実際そこまで悲観していない人も多いと思いますが。 現代では他人とのコミュニケーションが殆どなくても生きていけるので、ぶっちゃけ友達がいなくてもなんの問題もありません。 友達がいない(少ない)って書くとネガティブっぽいイメージが付きます。 しかし、言い換えると 他人に依存しないで生きられるということで、これは強みでもあり、すごいことなので自信をもっていいでしょう。 まとめ 知能が高い人は、周りを気にせず目的を優先する傾向があるって話もあります。 それも理由なのか、数々の分野の天才も基本的に孤独だった人物が多いです。 孤独であることは別に不幸ではないので、無理して周りに合わせるより、嫌われたとしても自分の好きに生きたほうが結果的に幸福度が高いと僕は思っています。 そもそも嫌われる時は何しても嫌われるので気にするだけ時間の無駄。 時にはも必要です。

次の

頭が良すぎるから医療少年院送致|にトはち|note

頭が良すぎる

先ず頭が良い、の定義をしなければなりません。 頭とは何か? 頭=天立間、が良い=神をしっかり受け入れる器である、と定義されます。 美の因、種 人生は神様との親子としての知恵比べですからね。 頭が良すぎるという言葉はありませんし、とても勝てっこありません。 神様は子を困らせることによって育てよう(考えて神に還る)とされていますから、苦脳からは一生(神に成るまで)逃れることはできません。 人生は神との真剣勝負であると目覚めた人は、他人の無理解や野次に関わっているひまはないと思う筈です。 欲しいのは魂のパンになるものだけです。 人とはなかなか話が合わなくなりますが、神との親子、夫婦関係になりますから孤独になるわけではありません。 楽しみが変わるのです。 漢字、地理、歴史、一切神の声、最後の学問「秀思學」のすすめ.

次の

頭が良過ぎる人の脳はどれほどエネルギーを使っている?

頭が良すぎる

やはり日本の最高学府、そこにつどう人々は並ではない。 その驚くべき世界を週刊現代がリポートした。 突如「停止」する教授 「だいたいの東大教授は、社会常識を備えています。 しかしその頭のよさゆえ、『暴走』してしまうこともある」と語るのは、東京大学理学部数学科に所属していた男性。 この男性が数学科の教授陣について振り返る。 「O名誉教授は、『保型形式』の世界的な研究者。 学食で一緒に昼ごはんを食べていた時、演劇の話になりました。 先生は、『ああ、シェイクスピアがいいですよねえ』と朗らかに言ったかと思うと、突如『リア王』を日本語で暗唱し始めた。 私が啞然としているのも気にせず、気持ちよさそうに暗唱を続ける。 5分くらいして、満足したのか『うん』と暗唱を終えると食事を再開した。 不思議な体験でした」 数学科に所属していた別の研究者も明かす。 「K教授は『モジュライ空間』などの専門家。 先生は卒業記念パーティなどで幹事をすることが多かったのですが、そうした会でみんなと談笑していると、突然、動画が『停止』するようにピタリと動きを止めてしまう。 話しかけても応答しなくなるんです。 数分して、『あ、わかった』とつぶやくと、何事もなかったかのようにまた『起動』する。 当然、数学の問題を考えているんです。 ほかにも、軽い交通事故に遭って意識を確認される際に『1+1は?』と聞かれて、専門である『整数論』の問題なのかと思って、しばし真剣に悩んだという教授もいました。 海外出身のある教授は、六本木のクラブで床の面積あたりの男の数と女の数を考えてナンパの成功確率を計算していました。 少女漫画誌『なかよし』を開いて女の子のキャラを眺めていないと数学に集中できない研究者もいましたよ」 Photo by iStock 駒場キャンパスにある数学科のカンファレンスルームでは、3~4人の教授が、本もペンも持たず、ただ虚空を見つめて何かを考えている風景がよく見られるという。 数学科の教授同様、研究対象への愛が強いのは、教養学部所属で筋細胞の研究を専門とするI教授である。 自らもボディビル大会で優勝したこともあるというが、その「筋肉」への愛がすごい。 授業を受けた学生が言う。 「エコーで筋肉の断面を見てみよう、という授業だったんですが、先生は、体格のいい男子学生を見つけて大興奮。 『君いいねえ、いい体だねえ。 スポーツ何やってたの?』と彼の体にエコーを当てた。 ところが、意外にその学生は脂肪が多かったんです。 すると、先ほどの情熱はどこへやら、完全に興味を失って話し方もぞんざいになった。 本当に筋肉が好きなんですね」.

次の