小 朝 ブログ。 坂上忍、個人収入を全て寄付へ「緊急事態宣言が解除されるまで」 新型コロナ感染拡大受け思いつづる

春風亭小朝

小 朝 ブログ

俳優でタレントの(52)が17日、公式ブログを更新。 新型コロナウイルス感染拡大を受け、自身の思いをつづるとともに、緊急事態宣言が解除されるまで、個人の収入に関して全て寄付する意向を明かした。 坂上は「本来ならば何回も書き直してお伝えするべきことなのかもしれませんが、勢いで書かないと余計なことを考えてしまいそうなので、不快な点があった際はご容赦ください」と前置きした上で「ボク、タダ働きをすることに決めました」と宣言。 「正確に言うと、緊急事態宣言が発令されてから解除されるまでの間、どれぐらいの期間になるかわかりませんが、ボクが得る収入はなにかしらの形で寄付をさせて頂くことに決めました」と伝え「新型コロナウィルス問題が起きてからというもの、(MCを務める)『バイキング』の場所に立ち続けていることに、どこかで違和感を覚え、座りの悪い状態が続いておりました」と心境をつづった。 続けて「なかなか説明しづらい感覚的なモノなのですが、おそらくコレは、ボクの弱さから来るものだとおもいます。 もちろん情報番組として発信し続ける、国家権力を国民の皆様が監視する為の、ささやかな橋渡し的役割ということは理解しているのですが、どうにもこうにも、その理由だけでは足りない気持ちになってしまいまして…」と明かしつつ「ただ、プロである以上タダ働きはダメだとおもいますし、会社に迷惑をかけることもできません。 なので、あくまでもボク個人の収入に関しては緊急事態宣言が解除されるまで、全て寄付をさせて頂くということです」と説明した。 「ただ、ひとつだけ付け加えさせて頂きます」とした坂上。 「これまでも寄付を公表した方に対して、『売名行為』だとネット上で揶揄する方がいらっしゃると聞いています。 そう感じてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、例え売名行為であったとして、寄付することのなにがいけないのか?」と持論を展開し「ご本人が本意でなくとも、あえて公表することによって、寄付文化が根付いていない日本に於いては充分意義があると、ボクはおもっています」ときっぱり。 一方で「公表せずとも寄付を含め、なにかしらの形で貢献している方をボクはたくさん知っています。 にもかかわらず、『あんたも寄付ぐらいしろよ』と書き込みをする方もいるようです。 ただ今回のボクの件に関しては、あくまでもボクが自身の心のバランスを取る為のものであり、あえて公表に踏み切ったことも、身勝手な個人的なケジメとも感じています。。 よってボクの対するご批判は甘んじてお受けしますし、なにを言って頂いてもかまいません」と伝えた。 最後は「くれぐれも、心なき派生がないことだけを、お願い申し上げます」と呼びかけ「尚、ボクがこのような行為に走ったことで、少なからず関係各所にご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、先に謝っておきます。 ごめんなちゃい」と詫び、最前線で戦っている全ての医療従事者、介護士、保育士、学校の先生、通信、交通機関で働く人々、日常を支えるためスーパーやホームセンター、コンビニなどで働いる人たちに向けて感謝の思いを伝ている。 本来ならば何回も書き直してお伝えするべきことなのかもしれませんが、勢いで書かないと余計なことを考えてしまいそうなので、不快な点があった際はご容赦ください。 ボク、タダ働きをすることに決めました。 正確に言うと、緊急事態宣言が発令されてから解除されるまでの間、どれぐらいの期間になるかわかりませんが、ボクが得る収入はなにかしらの形で寄付をさせて頂くことに決めました。 新型コロナウィルス問題が起きてからというもの、「バイキング」の場所に立ち続けていることに、どこかで違和感を覚え、座りの悪い状態が続いておりました。 なかなか説明しづらい感覚的なモノなのですが、おそらくコレは、ボクの弱さから来るものだとおもいます。 もちろん情報番組として発信し続ける、国家権力を国民の皆様が監視する為の、ささやかな橋渡し的役割ということは理解しているのですが、どうにもこうにも、その理由だけでは足りない気持ちになってしまいまして…。 ただ、プロである以上タダ働きはダメだとおもいますし、会社に迷惑をかけることもできません。 なので、あくまでもボク個人の収入に関しては緊急事態宣言が解除されるまで、全て寄付をさせて頂くということです。 ただ、ひとつだけ付け加えさせて頂きますと…。 これまでも寄付を公表した方に対して、「売名行為」だとネット上で揶揄する方がいらっしゃると聞いています。 そう感じてしまう方もいらっしゃるのかもしれませんが、例え売名行為であったとして、寄付することのなにがいけないのか? ご本人が本意でなくとも、あえて公表することによって、寄付文化が根付いていない日本に於いては充分意義があると、ボクはおもっています。 一方で、公表せずとも寄付を含め、なにかしらの形で貢献している方をボクはたくさん知っています。 にもかかわらず、「あんたも寄付ぐらいしろよ」と書き込みをする方もいるようです。 ただ今回のボクの件に関しては、あくまでもボクが自身の心のバランスを取る為のものであり、あえて公表に踏み切ったことも、身勝手な個人的なケジメとも感じています。。 よってボクの対するご批判は甘んじてお受けしますし、なにを言って頂いてもかまいません。 くれぐれも、心なき派生がないことだけを、お願い申し上げます。 尚、ボクがこのような行為に走ったことで、少なからず関係各所にご迷惑をお掛けすることがあるかもしれませんが、先に謝っておきます。 ごめんなちゃい。 最前線で戦ってくださっている全ての医療従事者の方々…ありがとうございます。 介護士の方々、保育士の方々、学校の先生方…ありがとうございます。 通信、交通機関で変わらずに働いてくださっている方々…ありがとうございます。 ボク達の日常を支える為にスーパーやホームセンター、コンビニ等で働いてくださっている方々…申し訳ありません。 終息までは長い道程かとおもわれますが、一日でも早く収束の日が迎えられることを願いつつ、来週以降も「バイキング」の場に立ち続けることを、お許しください。 坂上忍.

次の

安城小ブログ Message Bottle in Web

小 朝 ブログ

今日の朝の活動は「あっぽータイム」でした。 天気がとても良く久しぶりの外での活動でした ウォーミングアップは「先生が言った色や物を触って,戻ってくる」というものでした。 「青色の服を着た先生 」という声がかかると みんな一直線に校長先生に向かって走ってきました それを全力で振り切って逃げる校長先生を追いかけてみんなヘトヘトになりました ウォーミングアップの後は一輪車の練習をしました。 それぞれの成長にあった一輪車に乗って 1・2年生は一輪車に乗って漕ぐ練習 3・4年生は手放しで走る練習 5・6年生は上り棒を使って上手にジグザクに走る練習をしました。 晴れた日にたくさん練習して,みんな一輪車名人を目指しましょう 土曜参観の午後は安城小PTAミニバレーボール大会でした。 例年、この時期に市P連のバレーボール大会がありますが、今年は新型コロナウイルスの 感染予防の観点から中止になりました。 また、今年は送別会も歓迎会も校区の行事もすべ て中止だったので、PTA会員同士の交流を図る場がなく困っていました。 そこで、安城小PTA単独で大会を開催しました。 まだあまりよく知らないPTA会員も体 を動かし、汗を流すなかで、自然と親睦が深まりました。 珍プレー好プレーの連続でおお いに盛り上がりました。 結果は・・・優勝は1・2年生。 準優勝は3・4年生。 3位は5・6年生でした。 ここで深めたチームワークでコロナに負けない1年にしていきたいです。 JAXAの方に移動宇宙教室をしてもらいました。 今回のテーマは宇宙食。 宇宙での食について教えてもらいました。 画像やクイズを取り入れての説明だったので低学年も飽きずにしっかり聞くことができました。 宇宙での飲料水が種子島の水道水とは驚きでした。 てっきりミネラルウオーターかと思っていました。 宇宙飛行士も私たちと同じ水を飲んでいるんですね。 実際の宇宙食も見せてもらいました。 そして市販のカレーと宇宙食のカレーの食べ比べ。 「どっちがおいしい?」と尋ねると、「宇宙食!」。 あの中にも宇宙ステーションで食べる食料が入っていました。 今日の学習でまた深く宇宙について学ぶことができました。 これまで学んだことを思い出しながら7月のロケットの打ち上げを見たいです。 3校時に待ちに待ったプール開きがありました。 毎年,当たり前のようにあるプール学習ですが,様々な人たちの協力や支援があって実施できます。 そのことを忘れず感謝の気持ちをもってプール学習に臨みましょう また,プール学習は命にかかわる授業です。 ふざけないで真剣に取り組みましょう・・というお話が校長先生と体育の先生からありました。 その後,準備運動をしてシャワーを浴びます。 冷たい水に,おそるおそる入っていきました・・ そして,いよいよプールの中へ 初めて大プールに入る3年生と,プール学習が初めての1年生は,少しドキドキしたようです・・ これから少しずつ水になれて,水泳大会で練習の成果を発表してくれる日を楽しみにしています 29日(金)は,春の1日遠足 でした。 良い天気 の下,鉄浜海岸まで休憩を入れながら歩いて行きました。 低学年には少し遠い道のりです・・。 やっと着いてひと休みした後,すぐにレクリエーションです 3・4年生が中心となって考えてくれました。 まずは,ビーチフラッグ 砂浜でダッシュ。 足腰が鍛えられます・・。 続いては,「砂でアート大会」です。 3つのグループに分かれて,それぞれテーマを決めて作り始めました。 何ができるのでしょうか 制限時間内で作り上げた作品の発表です ダムやら,いろいろな動物がいるお城(竜宮城?)などなど子供たちの感性があふれ出ていました。 夢中で作っていた子供たち,時間が足りなかったようです。 次は,子供たちが楽しみにしていた宝探し。 字が書いてある石を一生懸命探していました。 ちなみに,石に書いてある字は・・ ゼリーの ゼ 飴の あ グミの グ クッキーの クです。 石に書かれている字のお菓子がもらえるとあって,みんな必死です。 待ちに待ったお弁当。 みんなとても嬉しそうです。 朝早くからお弁当の準備をしてくださったお家の方々ありがとうございました。 「ありがとうございます。 いただきます 」のあいさつで食べ始めました。 午後からもたっぷり遊んだ子供たち。 とっても楽しい1日となりました・・。

次の

がん 人気ブログランキングとブログ検索

小 朝 ブログ

4月6日月曜日 快晴。 令和2年度の大口小学校がスタートしました。 まずは,新しいクラスの確認です。 新しいクラスの友達と並び直して,新任式のスタートです。 新しい先生方を盛大にお迎えしました。 その後,始業式が行われました。 新6年生代表児童の立派な挨拶がありました。 そして,新しい担任の先生と新しいクラスで学級活動を行いました。 その後,いよいよ入学式。 かわいい65名の1年生が大口小学校へやって来ました。 新型コロナウイルス感染症に配慮した入学式。 6年生のお祝いの言葉もVTRで行いました。 1年1組。 1年2組。 保護者の皆様,お子様のご入学おめでとうございます。 お子様の健全な成長のお手伝いができるよう,笑顔の多い毎日が過ごせるよう,職員一同一生懸命頑張ってまいります。 よろしくお願いします。

次の