ブレーキ オーバーライド システム。 「電子スロットルが加速方向に誤作動することはない」――トヨタ自動車豊田社長が説明

トヨタ、「ブレーキ・オーバーライド・システム」を全車に搭載

ブレーキ オーバーライド システム

BOSの作動方法をドライバーが知ることが必要! だが池袋の事故のようにドライバーはブレーキを踏み込んでいると信じている場合はどうかというと、これは回避できない。 もし運転者がアクセルを踏み込んでいる右足が硬直していて踏み替えができないとわかれば左足でブレーキを踏み込むことでBOSが機能し減速できる。 池袋事件のプリウスにもBOSは装備されていたはずで高齢男性がBOSについて知識があり、アクセルを踏んでいる右足が硬直して踏み替えができなかった、と認識していたなら左足ブレーキで事故を回避あるいは被害を軽減できたはずなのだ。 これからのクルマは自動ブレーキの装着が進み、ドライバーがアクセルを踏み込んでいても、レーダーやカメラが危険を察知しBOSを作動させられるので、池袋事件のような悲惨な事故は起こり得なくなる。 そうは言っても巷にはBOS未装着車も多いしワイヤー式スロットルのクルマもまだたくさん走っている。 中古車購入時にはBOSの有無を確認してもらいたい。 もし未装着車であれば後付けでも良いのでBOSを装着しなければ車検を通らないようにしてほしい。 ワイヤー式でもブレーキ操作で燃料カットすることができれば暴走は避けられる。 ブレーキランプスイッチとエレクトリックインジェクションを連動させれば安価な装置で制御できるだろう。 そしてBOSの作動をすべてのドライバーが免許の書き換え時などに経験するよう定めてはどうだろうか。 知識と経験がいざという時にもっとも役に立つはずだ。 ちなみにBOSが装着されているクルマでは俗にいう左足ブレーキでサーキット走行することが難しくなってくる。 アクセルとブレーキの踏み替えによるタイムラグを少なくするためのテクニックだが、同時に操作する瞬間があるとBOSを作動させてしまって加速できなくなるため、サーキット走行では無意味になってしまうだろう。

次の

Inside JUN Auto Mechanic » ブレーキ・オーバーライド・システム

ブレーキ オーバーライド システム

トヨタ自動車は2月17日、同社東京本社で記者会見を開催した。 同日、トヨタ自動車はプリウスともにリコールを宣言していた「SAI」と、レクサス「HS250h」の改修作業を開始。 これを期に、同社の豊田章男社長と佐々木眞一副社長が、一連の品質問題の進捗状況を報告した。 「3カ月以内に90%以上」の改修を目標としているが、販売店の報告ベースでは、2月末までに70~80%が改修できる見込みだと言う。 これは「前回の会見とほぼ同時に、販売店がお客様に電話をかけ始めた」と、販売店の努力と、顧客の理解のおかげで想定よりも速く改修がすすんでいるとした。 一方、米国でトヨタ車が「予期せず急発進する」懸念が広がっている問題について、「電子スロットル制御システムは、多くのセンサーによる幾重ものフェールセーフシステムが組み込まれている」「システム異常の場合は、アイドリングまたはエンジンストップに戻るよう制御されている」「決して加速の方向に動くものではない」とした。 佐々木副社長によれば、トヨタの電子スロットルシステムは「2系統のコンピューターがお互いを監視しあい、片方が加速の指令を出し、もう片方がそのような指令を出していないときは、減速するようになっている。 要するにグーとパーだけのじゃんけん。 チョキがないので、パーが必ず勝つ仕組み。 パーのときは減速で、グーが加速」「アクセルペダルが踏まれたかどうかを検出するセンサーも2つある。 ペダルが踏まれた信号と、踏まれていない信号があったら、これも踏まれていないほうが勝つようになっている」ので誤作動の確率は極めて低いとした。 さらにこれらは「2つの系統が同時に非常に強い電磁波や衝撃でフェールする懸念に対しては、我々が考えうる条件のもとでテストをして確認している。 例えば電波障害は欧州基準の約2倍強の環境でテストして、フェールしていない」と言う。 また米国では、カローラのステアリングに多数の苦情が寄せられ、NHTSA(米道路交通安全局)が予備調査に乗り出したとの報道が出たが、これについては「NHTSAから具体的にどういう点について疑念があるのかを受け取っていない。 パワーステアリングを油圧式から電動式に変えたことで、地面から入ってくる反力の伝わり方がシャープになったという苦情をたくさんいただいていることは、我々の調査でつかんでいるが、ステアリングの問題なのか、タイヤの問題なのか、要因となるファクターが多いため、調査を継続している。 しかし、お客様が違和感を感じたものは不具合と認識して改善するし、安全に関わる問題ならリコールする。 この問題についても速やかに行動を起こしている」とした。 豊田社長をヘッドとする委員会で、開発から販売までのプロセスで品質管理向上を目指す組織だが、その具体的な内容が示された。 この委員会に参画するのは、各地域で任命された「チーフ・クオリティ・オフィサー」と、「各地域での市場処理を的確に判断できる人材」。 改善策を話し合い、その結果を外部の専門家にチェックしてもらうことで、独善的な策になることを防ぎ、よりよいアイデアを求める。 第1回は3月30日に開催される。 さらに具体的な改善策として「今後発売する全車に、順次BOS(ブレーキ・オーバーライド・システム)を装着」すること、また「EDR(イベント・データ・レコーダー)をより積極的に活用」することが発表された。 BOSは、アクセルとブレーキが同時に踏まれた際に、ブレーキの動作を優先するシステム。 フロアマットによる暴走事故では、ブレーキを踏むなどの動作をしても速度が落ちなかったとされており、BOSがあれば防げたのではないかと言う議論があった。 フォルクスワーゲン・グループなど、多くのメーカーがすでに採用している。 ただし、すでに販売した車両への装備は「検討中」(豊田社長)。 これまで採用してこなかったBOSの搭載を決めたのは「BOSは必ずしも全知全能ではない。 BOSはそもそも電子スロットルをコントロールする仕組み。 電子スロットルシステムが開く側にフェールすると、BOSも意味がなくなる。 しかし電子スロットルは閉める側にフェールするようになっているので、電子スロットルに関してはBOSがなくても大丈夫と考えた。 しかし、フロアマットなどでアクセルペダルが戻らないような状態なら、BOSが電子スロットルを強制的に閉じるのでBOSが有効。 ペダル自身をちゃんとするとか、マットをちゃんと敷いてもらうというのが真の対策と考えてやってきたが、我々の調査能力では、すべての予期せぬ加速現象の原因などを、まだ説明できていない。 それには大変な労力や時間がかかるので、お客様のご懸念を軽減するため、BOSを搭載する」(佐々木副社長)とした。 EDRはこれまでの車両にも搭載されており、警察や監督官庁から指示があれば、顧客の了解を得て、内容を読み出して原因究明に活用していた。 個人情報保護の観点などから、自主的にEDRを読み出すことはしていなかったが、今後は指示なくとも読み出し「技術解析力を上げ、意思決定を早くする」と言う。 例えば日本でもアクセルペダル不具合の事例は報告されているが、全国5000近くの販売拠点の機動力を活かし、1件1件を精査し、車両側に問題がないことを証明できている。 しかし米国では、「(日本とは)規模感と、情報収集の仕組みに違いがある」ため、1件1件を精査して、すべての事例の原因を明らかにはできていないと言う。 「(調査の)体制が弱かったと言うことは率直に反省」しており、これがEDRの活用もつながっている。 また、顧客目線での対応ができていなかったという反省もあるようだ。 プリウスのリコール問題の原因は、リコールの要件となる技術的な欠陥や保安基準違反でもなかったし、ブレーキ機構の欠陥を原因とする事故も起きていないが「お客様の安心を優先させ、リコールを迅速に実施した。 今後も顧客の安心に重点をおいた対応をする」と言う。 ブレーキ等のフィーリングは、製品の味付け(付加価値)に関わる部分だが「クルマを快適に、便利に使っていただくために、ブレーキやアクセル、ステアリングといった部分の不安は、取り除く。 これからもクルマの味付けをしていくためには、今は不安を取り除くことが必要」との認識だ。 さらに佐々木副社長は「軽いブレーキングの低速側で、ヒヤッとした、怖いという声が入ってきた。 品質管理対策では、人材育成もその項目としてあげられた。 豊田社長は「ものづくり会社として、ものづくりの優先順位は安全、品質、量、コストの順番でしっかり拡大すべきと考える。 そのすべてにおいて、ベースにあるのが人材育成。 トヨタ生産方式の基本は、売れる分しか作らないこと。 それを自ら破ってしまったと反省している。 品質の作り込みを支える現場の人材を育てる十分な時間をとっていなかった。 お客様の不平不満を集め、分析し、改善につなげる点も劣っていた。 再度基本に立ち返って、もう1度ジャストインタイムの追求をしていきたい」と述べ、「カスタマーファースト・トレーニングセンター」を各地域に設立し、人材を育成するとした。 なお大規模リコールでミソがついた形のプリウスだが、ハイブリッド車を次世代自動車の基軸に据える姿勢に変化はない。 「今は(ハイブリッドカーが)よりよい商品になっている時。 お客様のご支援をいただきながら、よいクルマを作っていきたい」(豊田社長)。

次の

「電子スロットルが加速方向に誤作動することはない」――トヨタ自動車豊田社長が説明

ブレーキ オーバーライド システム

グローバル自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場に関する調査研究報告書は、業界の詳細な評価を提示します。 自動車用ブレーキオーバーライドシステムキーの動向に注目すると、それは調節的風景、ドライバ、および課題を焦点を当てています。 これは、明示的に自動車用ブレーキオーバーライドシステム機会、最新の技術と標準化を定義します。 自動車用ブレーキオーバーライドシステムレポートは将来のロードマップを明確にするために2020年から2026年までの予測を提供しています。 導入モデル、オペレーターのケーススタディは、自動車用ブレーキオーバーライドシステム選手プロフィールは詳細に説明されています。 レポートのサンプルコピーを要求 自動車用ブレーキオーバーライドシステム(すなわち、ガスとブレーキが同時に押下されている)あなたの車が混合された信号を受信した場合にフェイルセーフ対策として動作するように設計能動車両安全機能であるか、または電気的故障があっても加速し続けるために車両を引き起こします運転者の足がブレーキ上にあるとき。 ブレーキオーバーライドの車両では、ブレーキペダルは、何らかの異常が発生したときに検出した「スマート」技術で強化されています。 ブレーキペダルとアクセルが同時に押された場合、例えば、ブレーキオーバーライドを検出することができます。 これは、人々が正常に運転する方法ではないことを認識し、加速するコマンドを上書きし、安全停止に車両を持ち込むことによって、問題を修正します。 2019年12月におけるCOVID-19ウイルスが発生するので、病気はそれを公衆衛生上の緊急事態を宣言し、世界保健機関と世界中の約100カ国に広がっています。 コロナウイルス疾患2019(COVID-19)の世界的な影響はすでに感じられ始めている、と大幅に2020年に自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場に影響を与えます。 COVID-19は、3つの主要な方法で世界経済に影響を与えることができます直接生産と需要に影響を与えることによって、サプライチェーンや市場の混乱を作成することによって、および企業や金融市場への財務的影響による。 COVID-19の勃発は、フライトキャンセルなどの多くの側面に及ぼす影響を、もたらしました。 旅行禁止と検疫。 レストランは閉鎖し、すべての屋内のイベントが制限されました。 緊急時の40カ国以上の状態が宣言しました。 サプライチェーンの大規模な減速。 株式市場のボラティリティ。 企業の景況感、住民の間に成長パニック、そして未来についての不確実性を落下。 また、このレポートでは、自動車用ブレーキオーバーライドシステム産業上のコロナウイルスCOVID-19の影響を分析します。 分析における業界標準の精度と高いデータの整合性と、報告書は、強力な市場ポジションを達成するために、ヘルププレーヤーに世界の自動車ブレーキオーバーライドシステム市場で利用可能なキーの機会を発表する華麗な試みを行います。 レポートのバイヤーは、収益とボリュームの両方の面で世界的な自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場の全体的なサイズのものを含め検証し、信頼性の高い市場予測を、アクセスすることができます。 プレーヤー、利害関係者、および世界的な自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場の他の参加者は、彼らは強力なリソースとしてレポートを使用するように、上部の手を得ることができるようになります。 報告書のこのバージョンでは、セグメント分析は、2015年から2026年の期間のための収入の点では、各タイプのセグメント別の売上高と収益と予測の観点から各アプリケーションセグメント別売上高(ボリューム)、収益および予測に焦点を当てています。 生産と価格分析 読者は、世界的な自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場のためのより深い生産分析、インポートおよびエクスポートの分析、および価格の分析が設けられています。 生産分析の一部として、レポートは、期間2015年から2026年のために、各タイプのセグメントによって生産能力、地域別生産量、およびグローバル生産および生産のための正確な統計および図面を提供します。 レポートの価格解析部では、読者は、2015年から2026年の期間のための各タイプのセグメントによって2015年から2020年の期間と価格のために地域別メーカーや価格で価格のための検証統計と数字が設けられています。 世界の自動車ブレーキオーバーライドシステム市場のためのインポートおよびエクスポートの分析は、地域に基づいて提供されています。 地域や国レベルの分析 レポートの提供重要な領域、すなわち、北米、欧州、中国、日本、韓国、インドをカバーするグローバルな自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場の徹底的な地理的分析、。 また、主要国(地域)、すなわち、米国、カナダ、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ロシア、中国、日本、韓国、インド、オーストラリア、台湾、インドネシア、タイ、マレーシア、フィリピン、ベトナム、メキシコをカバーブラジル、トルコ、サウジアラビア、UAE、など 報告書は、2015年から2026年の期間のために、国ごと、地域ごとの市場規模が含まれています。 また、期間2015年から2026年のボリュームの点で各アプリケーションセグメントによって市場規模および予測を含みます。 競争分析 レポートの競争力の分析セクションでは、グローバルな自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場の著名なプレーヤーとしてだけでなくつながる広く重要な要因に基づいて研究されています。 報告書は、2015年から2020年の期間のためのプレーヤーによって販売に関する包括的な分析と正確な統計情報を提供しています。 また、期間2015年から2020年のための価格とプレイヤによる収入(グローバルレベル)で信頼できる統計でサポートされている詳細な分析を提供しています。 全体的に、報告書は、プレイヤーが自分の競合他社を超える競争力を獲得し、世界的な自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場での持続的な成功を確実にするために使用できる有効なツールであることを証明しています。 レポートで提供発見、データ、およびすべての情報は、信頼できるソースの助けを借りて検証し、再有効化されています。 レポートを執筆しているアナリストは、世界的な自動車用ブレーキオーバーライドシステム市場の詳細な研究のためのユニークで業界最高の研究と分析的なアプローチを取りました。 以下のメーカーは、この報告書で説明されています: フォードモーターカンパニー 本田技研工業株式会社 現代自動車株式会社 日産自動車株式会社 トヨタ自動車 … タイプ別自動車用ブレーキオーバーライドシステム内訳データ 乗用車 商用車 アプリケーションによる自動車ブレーキオーバーライドシステム内訳データ 高級自動車 普通自動車 競争の景色 レポートのこのセクションでは、市場の様々なキーメーカーを特定します。 読者は、プレイヤーが市場での戦闘競争に焦点を当てている戦略とコラボレーションを理解するのに役立ちます。 包括的な報告書は、市場での重要な微視的な外観を提供します。 読者は、メーカーのグローバル売上高、メーカーの世界的な価格、および予測期間中、メーカーの生産について知ることにより、メーカーの足跡を識別することができます。 本報告書の調査の目的は以下のとおりです。 グローバル自動車用ブレーキオーバーライドシステム能力を分析し、研究するために、生産、価値、消費、状況(2015年から2019年)および予測(2020年から2026年);• 将来的には能力、生産、価値、市場シェアと発展計画を研究するために、キー自動車用ブレーキオーバーライドシステムメーカーに焦点を当てています。 は、定義について説明し、市場競争の風景、SWOT分析を分析するために、グローバルキーのメーカーに焦点を当てています。 定義、記述およびタイプ、アプリケーションおよび地域別の市場を予測します。 Post navigation.

次の