ダイナブック r73。 R73 2017年6月発表モデル

東芝ダイナブックR730の分解方法!ノートPCの内部ファン掃除で冷却性能を取り戻す!持ち運びに便利な軽量型マシンを使い続ける工夫!

ダイナブック r73

*1:このプロセッサー搭載モデルは、官公庁・自治体・教育機関・SOHO・個人事業者様向けになります。 *2:ベースモデルでの値。 カスタムメイドサービスで選択していただく構成によって、値は異なります。 *3:SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記録媒体とするドライブです。 *4:標準モデルのみ選択可能。 *5:JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver. 0)による値。 実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。 *6:標準モデルは、底面のみプラスチックを使用しています。 *7:薄型軽量モデルと、標準モデルでSSD搭載モデルを選択した場合。 *8:市販の専用アプリケーションが必要となります。 *10:実際のデータ転送速度はネットワークの使用環境や無線状況などにより異なります。 *12:無破損、無故障を保証するものではありません。 *13:本機能を使用するには、あらかじめ設定が必要です。 指紋認証機能は、データやハードウェアの完全な保護を保証しておりません。 本機能を利用したことによる、いかなる障害、損害に関して、いっさいの責任は負いかねますので、ご了承ください。

次の

東芝ダイナブックR730の分解方法!ノートPCの内部ファン掃除で冷却性能を取り戻す!持ち運びに便利な軽量型マシンを使い続ける工夫!

ダイナブック r73

*2:ベースモデルでの値。 カスタムメイドサービスで選択していただく構成によって、値は異なります。 *3:SSDはソリッドステートドライブ(Solid State Drive)の略称であり、フラッシュメモリを記録媒体とするドライブです。 *4:標準モデルのみ選択可能。 *5:JEITAバッテリ動作時間測定法(Ver. 0)による値。 実際の動作時間は使用環境および設定などにより異なります。 *6:標準モデルは、底面のみプラスチックを使用しています。 *7:薄型軽量モデルと、標準モデルでSSD搭載モデルを選択した場合。 *8:市販の専用アプリケーションが必要となります。 *10:実際のデータ転送速度はネットワークの使用環境や無線状況などにより異なります。 *12:無破損、無故障を保証するものではありません。 これらのテストは信頼性データの収集のためであり、製品の耐落下衝撃性能や耐浸水力、耐加圧性能をお約束するものではありません。 また、これらに対する修理対応は、無料修理ではありません。 落下、浸水後はかならず点検・修理(有料)にお出しください。 浸水・排水処理後には、点検と修理(有料)が必要となります。 *13:Windows 10 Pro搭載モデルのみ。 *14:SSD搭載モデルでは、SSDをHDDとして認識します。

次の

R73 2017年6月発表モデル

ダイナブック r73

接続方式 モバイルになると単に操作性を良くするだけではなく「 軽量化」が必須です。 一般的には市販されえいる2. 5インチのSSDを装着するケースが多いですが、モバイル型はそこに少し工夫をした方が良いです。 比較的質量があります。 ちなみにHDDであれば80g~90gあります。 ですから、モバイル型のメーカーノートパソコンはいろいろ軽量化に気を遣っていることが解ります。 dynabook RX,R730 R731シリーズ 今考えると、この接続方式は旧式です。 この頃はまだSSDというものが一般的ではなく、一部の機器(ipodなど)で搭載されいるのみだけでした。 東芝はそのSSDを作っていましたので、当然モバイルシリーズのカスタマイズモデルにも同じSSDが搭載されていました。 ZIFという40pin接続(SATA-ZIF)もありましたが、主にこれは日立系の接続のようで東芝LIFのようでした。 下記のフレキケーブルで接続されていて、赤矢印がマザー側にあり、SATAのケーブルと入れ替えが可能になっています。 今のようなSSDモジュールをコネクターに突っ込む形式ではなく、SSD自体にコネクターがあって、ケーブルを差し込みような形式でした。 中にはこんなLIF型のSSDが入っています。 dynabook R732 R734シリーズ このモデルになると mSATAのSSD128GB及び256GBが使われています。 下記のフレキシブル(mSATA接続)が使われていて、コネクターをくるっと回して接続しています。 dynabook R73シリーズ この頃になると M. 2が普及していますので、SATAのM. 2が使われています。 こんな感じでコネクター接続です。 このモデルは2280になります。 これもR734形式同様、SATAのフレキシブルケーブルとの入れ替えが可能になっています。 一言 2020年1月にはwindows7がサポート終了し、windows10への切り替えを余儀なくされると思いますが、その時に今ある機種をセルフメンテナンスでSSD化して欲しいです。 純正カスタマイズモデルになるとまだまだ高額ですが、自身で交換することでコストも削減できます。 windows7のモデルでもwindows10に再リカバリーをし、同時にSSDに変更することでパソコンが蘇ります。 スピード(レスポンス)と軽量化を同時に実現するには下記のようなM. 2用のSATAアダプターにM. 2のSSDを収納し、HDD用のフレキシブルケーブル(SATA)でするのが一番良いと思います。 コストも1万円前後でできると思います。 これであれば35gになりますので、HDDより50gは軽くなります。

次の