ポケモン あまのじゃく。 ポケモンWiki

「あまのじゃくジャローダ」に関するQ&A

ポケモン あまのじゃく

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 巨大ポケモンの謎を解け!:フレンドとポケモン交換する• 巨大ポケモンの謎を解け!:レイドバトルで1回勝つ• 巨大ポケモンの謎を解け!:トレーナー1人とフレンドになる• 巨大ポケモンの謎を解け!:トレーナー対戦に勝つ• 相棒の写真を撮る• いわタイプのポケモンのGOスナップショット写真を撮る ツボツボの進化系統.

次の

ポケモンWiki

ポケモン あまのじゃく

ポケモンBW2ではゲーム内に登場するルリ・テツというキャラクターとポケモン交換することができる。 男の子主人公の場合はルリ、女の子主人公の場合はテツとポケモン交換できる。 ポケモン交換をするためには後述するを踏む必要がある。 ルリ・テツと交換してもらえるポケモンは全て隠れ特性を持っている。 ルリとのポケモン交換は男の子主人公を選んだ場合のみ可能。 遊園地エリアの南西で わすれもの ライブキャスター を入手。 入手直後に持ち主 ルリorテツ から電話がかかってくる。 特定の場所 でルリ テツ から10回電話を受け、ライモンシティで会って忘れ物を返す約束をする。 ライモンシティで忘れ物を返した後、自分のライブキャスターにルリ テツ の情報を登録する。 特定の場所 でルリ テツ と20回電話した後、ライモンシティで観覧車デートをする。 以降1日1回だけルリ テツ を呼び出して観覧車デートができるようになる。 エンディング後、観覧車デートの後に1日1回1匹だけポケモン交換ができるようになる。 こちらが出すポケモンは何でもよい。 相手は上表の上から順にポケモンを交換に出し、交換が成立すると次回は次のポケモンを出してくる。 相手のポケモン全12匹を交換で入手すると、次回からは再び1匹目に戻ってループする。 相手の正体のヒントを得ることができる。 わすれもの ライブキャスター を拾った後、下表の特定の1マスに立つとルリ テツ から電話がかかってくる。 全15箇所の中から合計10箇所で電話を受けるとライモンシティで会うことができる。 特定の1マスが見つからない場合は周辺を歩き回ってみるとよい。 ライモンシティで会って自分のライブキャスターにルリ テツ の情報を登録した後、下表のいずれかのエリアでルリ テツ の名前がライブキャスターに表示されて電話をかけられるようになる。 今度はエリア内であればどこからでも電話をかけられるが、一度電話すると次に電話できるエリアは下表の中からランダムで変わる。 再び同じエリアになることもある No. エリア 特定の1マス 1 南西にあるトライアルハウス裏の路地 2 北にある高台の上 3 滑走路中央南にある白線の上 4 ポケモンセンターの裏 5 南西にある2つの岩の間 6 ポケモンセンター左の通り 7 南にある柵の外側の細い通路 8 南東にある飛び降りられる段差の北側 9 南西の民家から少し南にある階段付近 10 中央付近にある看板の左上辺り 11 道路途中に止まっているトラックの左 12 中央付近の丘の上 13 南東の砂浜 14 西にある木が5本並んでいる足場の東端 要たきのぼり 15 西にいる駅員の近く ポケモン入手方法.

次の

あまのじゃく(ポケモン)

ポケモン あまのじゃく

以下の用法は全てここから派生したものである。 ひねくれ者の別称。 に登場する妖怪。 『』33話の妖怪。 なぜか。 『』シリーズに登場するの一種。 本記事で解説する。 データ 初出 第5世代 効果 能力変化のアップ・ダウンが逆になる 英語名 Contrary 概要 第5世代ので追加された特性の一つ。 初登場時は限定だったが、次世代ので通常特性として所有している系統が登場した。 自身に起こる能力変化を 上がるものは下げ、下がるものは上げてしまう。 つまり、相手に「」されると逆ギレし攻撃力を上げ、「」と苛立って攻撃力を上げるわけである。 上下以外の効果はそのまま通してしまうため、流石に「」に付随する状態などは防げないが、十分ひねくれた効果と言っていいだろう。 この特性の発動条件には自身が使う技も含まれている。 すなわち、 能動的に発動させる事も可能である。 各種族はそれを前提とした戦法を組み立てており、その違いによって使用状況も大きく異なってくる点もこの特性の特徴と言える。 例えば、「」を擬似的な「」として用いたり、高威力の「」を乱射して「」したり、高威力の「」を乱射して「」したりなど、放っておくとどんどん手がつけられなくなっていく。 なお、間違ってもこの特性のポケモンに「積み戦法」をやらせてはいけない。 例えば「」を使うと、 使うたび能力のどれかががくっと下がる全身になってしまう。 「」等の能力上昇アイテムも厳禁である。 ただし で付与される能力変化はあまのじゃくの影響を受けないので、「Z」でカラマネロの素早さを1段階上げる、といったことは可能である。 第8世代でこの特性を持ったポケモンがマックスレイドバトルで出てきた際は注意。 この特性の性質上、バリアを破る度に防御と特防が2段階上昇してしまう為どんどん硬くなってしまう。 なるべく威力の高い技で攻めていきたいところ。 所有ポケモン一覧 太字は隠れ特性• こちらは「使用時点の能力変化を反転させる」というもの。 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-15 18:00:00• 2020-07-15 17:00:00• 2020-07-14 18:00:00• 2020-07-14 17:00:00• 2020-07-13 19:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-16 12:46:51• 2020-07-16 12:45:51• 2020-07-16 12:44:38• 2020-07-16 12:44:04• 2020-07-16 12:42:04 新しく作成された記事• 2020-07-16 12:44:04• 2020-07-16 12:34:23• 2020-07-16 12:33:47• 2020-07-16 12:33:18• 2020-07-16 12:32:51•

次の