パワー エステート 株式 会社 地上げ。 GIGAZINE社第一倉庫ショベルカーで破壊→業者が説明『脱法的地上げ行為に加担している事実ない』 ★2

借地・底地・借家の取得・運営・権利調整|業務内容|パワーエステート株式会社

パワー エステート 株式 会社 地上げ

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます 【建造物損壊 】パワーエステートと日新プランニングと解体会社の裏での繋がりがヤバい!兄弟で地上げに加担?はてなブックマーク - 【建造物損壊 】パワーエステートと日新プランニングと解体会社の裏での繋がりがヤバい!兄弟で地上げに加担? プレビュー 【建造物損壊 】パワーエステートと日新プランニングと解体会社の裏での繋がりがヤバい!兄弟で地上げに加担?はてなブックマーク - 【建造物損壊 】パワーエステートと日新プランニングと解体会社の裏での繋がりがヤバい!兄弟で地上げに加担? 【建造物損壊 】パワーエステートと日新プランニングと解体会社の裏での繋がりがヤバい!兄弟で地上げに加担?。 恐ろしいが舞い込んできました! 旧のとして使っていたが... 続きを表示。 恐ろしいが舞い込んできました! 旧のとして使っていたが されているのなしににされていたといい。 これを訴えようとしても で「滅失の申出」というがあり、 をなにすれば にのを変更できるというのです!! このことを知っていてに行ったのか、 のパワーがもとらずに、 のYさんとをしを売却した。 なによってのが狙われた性があり。 このについて調べていると、 こののパワーと、 の3のが分かってきました。 この3のつながりについてまとめました。 パワーとのは? パワー社• ブックマークしたユーザー•

次の

会社概要|パワーエステート株式会社

パワー エステート 株式 会社 地上げ

地上げは珍しくない 『地上げ』なんて響きだと、893を想像するかもしれませんが、 バラバラの土地を纏めて、高値で誰かに売るなんてことは、色々な不動産会社でやっています。 正直、そこまで珍しい話ではありません。 地上げ話、私のところにも来た 私も去年でしたが、知り合いに池袋近くの土地で『地上げを手伝わないか?』と誘われました。 別に脅すとかそんな話ではなく、端的に言えば売買交渉です。 関係する地区の土地保有者が20人以上おり、1人で全部交渉するのは手間なので、手伝って欲しいということです。 20人数人で、反対しているのが3,4人だったかな?この人達と話を決着させることが出来れば、報酬として大金が支払われるってものです。 ちなみに、その報酬を支払ってくれる人は、土地が纏まった場合、有名デベロッパーが購入するという約束を取り付けていたようです。 しかし、他人の仕事を行えるほどの余裕がなかったので、この話は断ってしまいました。 報酬としては数億円の話だったので、2人で交渉纏めれば、1人頭でも億のお金でした。 つっても、話を纏めるのは、相当に大変でストレスの掛かる仕事のはずですし、そう簡単に纏まる訳がありません。 地上げが発生するような状況ヤメレ しっかし、バラバラになった土地を再度形成するのは、めっちゃ大変なのに、どうして国はバラバラになってしまうような状況(相続税等)を放置しておくのか、全く私には理解できません。 23区の住宅地なんて、纏まった土地じゃ買い手が付かない&儲かるということから、土地をバラバラに細分化して、1階が玄関と車庫、2階にリビング、3階に居室なんて、建売ペンシルハウスばっかりです。 最近良く見ますよね、何とかハウスって。 商業地域も細いペンシルビルに飲食店や貸金業者、風俗店が詰め込まれている状況を皆さんも目にすると思います。 ワンルームマンション規制なんてやっているのだから、土地の細分化規制(一部やっているところもありますが)とか、ペンシルハウス&ビル規制とかも、全面的にやって欲しいもんです。 浅草での話 さと、話戻しますが、『』内で定期借家契約と普通借家契約の話をしました。 その際に普通借家契約の借主有利の状況を利用して、多額の補償金や引っ越し代を請求するクソ借主がいると話したのですが、私がサラリーマン時代に見たことを話したいと思います。 アパマンでの話ではありませんが、外国人観光客にも大人気の観光地である浅草で某ビジネスホテル計画をした一部上場の不動産会社がありました。 浅草の中心地、浅草寺周辺の土地というのは、底地は全部浅草寺のものです。 あの辺にある商店は、浅草寺から土地を借りて、その上に建物を建てて商売しているのが大半です。 そのため、その不動産会社は、まず建物のオーナーチェンジという取引を行いました。 分かる人には分かると思うのですが、浅草という時点で危険な臭いがしますよね?だって、反社が多い地域です。 購入した建物にテナントとして、パチンコ屋が入居していました。 こーなってくると、ヤバさ全開ですよね。 やっぱりでした 前出の不動産会社は、当然、半年前告知をし、出ていってくれと交渉をしていたのですが、そこに入居していたパチンコ店だけが 最後まで退去しませんでした。 こーゆー輩が出てくるから 普通借家契約は怖いんです。 現在はビジネスホテルが出来上がっていますが、結果としてオープン予定が年単位でズレていました。 ホテルのオープンがズレ込めば、収益発生も遅れます。 不動産は確保しているのに収益が上がらない状況です。 当然に建設会社との工事契約も結べません。 会社としては、時間を掛けるほど損失が発生する可能性が高まります。 最終的に、どーやってパチンコ店に出て行って貰ったのでしょうか?そりゃ皆様の想像にお任せしますが、多分ソレで合っています。 こっちが想像通りの地上げ屋 こーゆー輩は不動産業界にいると色々と話として入ってきます。 ただ、ヤリ過ぎると何が起きるのか?皆さん聞いたことある「地上げ屋」なんて人達が出てきます。 さっきのパチンコ屋みたいに、最後まで粘るような態度をした場合、手を引いてしまうケースもあります。 せっかく99%話を纏めたのに、1%のために事業が頓挫となると勿体ない。 そーなると、本当に怖い人達が出てくることがあります。 それが皆さんが想像する方の『地上げ屋』です バブル期には、この手の人達が沢山いて、六本木等では大変なことになっていたようです。 『ダンプ運転手が運転を誤って、ダンプが建物に突っ込んだとか』『良く分からないけど、建物から出火したとか』謎の事故が発生して、当該建物を取り壊さざる得ないなんてことが発生したらしいです。 が、最近では余り聞かなくなりました。 ってか、私がサラリーマンやっている時は、先のパチンコ屋の話は入ってきましたが、〇してでも、立ち退かせるとか、土地を購入するなんて言うのは聞いたことありません。 地上げの失敗と思われるやつ 地上げが上手くいかなかったのだろうなと想像しているのが、日本橋の三井タワーと三井室町タワーの間にある角ビルです。 恐らく、我らが三井不動産は三井室町タワーの開発時に、土地の買収なり、出来上がった建物の権利割当、区分所有等を行ったはずです。 でも土地の所有者が首を縦に振らなかったのだと思います。 そのため、東京を代表するような超大型ビルの角地にペンシルビルが残ってしまっています。 今後50年近く、日本橋の風景があのままの形で行くのかと思うと、、、、、 こーゆー例は、街中には結構残っており、先程出た浅草にもありますし、港区や千代田区にも多々残っています。 麻布警察の真向かいの巨大駐車場の中にポツンと1つ建っているビルも、傍から見ると不自然です。 GIGAZINEのケース ってな感じで、「皆さんが想像するような『地上げ屋』さんは存在はしているのでしょうが、今現在では殆ど活動していません」で、話を終わらせてようと思っていたのですが、 大阪で、トンデモナイことが起こっているようです。 現在2チャンネルで話題になっているです。 『ある日、いきなりショベルカーで保有不動産を破壊される』 という現代日本において、本当にそんなことが発生するのか?許されるのか?といった、かなりショッキングな内容です。 不動産業界に長く身を置いていますが、21世紀の日本において、こんな話は聞いたことがありません。 しかも、現状、所轄署は 『現行犯であっても、逮捕も出来なければ、破壊行為を止めさせることも出来ない』というのです!!! 『ほんま、どーゆーこっちゃ?』って感じですよね。 話が進展次第、追記します。

次の

【不動産投資】地上げ?パワー系?

パワー エステート 株式 会社 地上げ

大阪市西淀川区にあるGIGAZINE旧本社へ編集長たちが2019年2月16日、自動車で荷物を取りに行ったところ、斜め前にある自社所有倉庫がショベルカーで壊されている現場に遭遇したという。 GIGAZINE「ここはうちの名義になっているし、登記して権利を所有している。 火災保険もかけているし、税金も払っている。 何かの間違いではないか」 解体業者「不動産会社の社長から取り壊せと言われて作業している」 その後、警察が現場に。 更に、地主と主張するY、解体を依頼した不動産会社パワーエステート株式会社N部長も現場に。 登記上はGIGAZINEの『編集長』名義となっているが、地主と主張するYは「返してもらった」と主張。 Y「この土地は自分の持ち物である」「この建物は自分の持ち物である」「弁護士にそう言われている」「お前のものではない」「一体何が目的だ、言え」「返してもらった」。 パワーエステート株式会社は登記名義が『編集長』になっていると承知していたが解体業者には不動産会社が解体の指示を出して作業させたという。 登記簿で持ち主を確認しているのにもかかわらず、連絡を取らずに家屋を破壊するというのは、地上げ行為で、「建造物損壊罪」になるだりろうと、法務局へ行って登記簿を出し、西淀川警察へ登記簿を持って行ったところ、 建造物破損にならない 建造物損壊罪の「建造物損壊」は「故意性」が必要だが、自分の土地の上にある建物を「返してもらった」と地主は思い込んで破壊しているので「故意性」がないため「建造物損壊罪にはならない」と回答を得たという。 再度法務局で相談したところ、恐るべき事実が発覚。 ・「滅失登記の申出」という制度がある(「建物滅失登記の申請」とは違うもの) ・いかなる方法であってもとにかく何もない更地にしてしまえば「滅失登記の申出」によって登記を書き換えることができる ・この更地にする方法は合法でも違法でもどっちでもいい、書類上はそういうのは一切問われないため ・手続きの書類さえちゃんとそろっていれば「滅失登記の申出」で登記簿の名義を書き換えることができてしまう 今回はGIGAZINEは偶然、解体現場に居合わせたので止めることができたが、地上げ行為の手順としては以下のようになります。 現在の制度では。 勝手に建物を破壊して解体して更地にした後「滅失登記の申出」を行い、登記簿の名義を書き換えるという乗っ取り、地上げ行為が可能になってしまっているそうだ。 その後、「100万円払うと地主のYさんは言っているがどうか」と連絡が来たが、勝手に建物を壊し「100万円で話をまとめようとする」というバカにした行為は断じて容認できないため、引き下がらず戦うという。 「刑事事件になるわけがないと思ってなめてかかっているやりたい放題の連中に対抗するためにも警察・検察には全力で戦って欲しいし、戦うべきだ」 Twitterより 「これはエグい話。 事業主でしっかりした顧問弁護士に相談できる状況だったからまだましでしたが、サラリーマンだったら泣き寝入りでしょうね。 」 「手口がやり慣れているようだし、この会社が関わった工事を役所とかで調べて、疑わしいケースを取材とかできないのかな。 」 「これ、他のメディアもちゃんと取材して欲しい。 報道するすべを持ってる所だから表になってるけど、実際の所、事実だとしたら泣き寝入りしてるところもあるだろ…。 」 「偶々Webメディア関係者の土地・建物だった事もあって克明な記事になっているが、他所では泣き寝入りの事例が結構あるんじゃないか?

次の