タオルハンガー。 タオルハンガーの通販│室内物干し│物干し│洗濯用品│日用品│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

タオルハンガーの通販│室内物干し│物干し│洗濯用品│日用品│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

タオルハンガー

代表的な洗濯ハンガーの種類とタオルの干し方 -ところで。 突然ですが、あなたは普段どんな風にタオルを干していますか? まさか、物干し竿に1枚ずつ並べて干す!? 枚数が少なければ、服用のハンガーに引っ掛けるという人もいらっしゃるかもしれませんが……。 現代の住宅事情では、物干しスペースは限られていることがほとんど。 せまいベランダや室内干しなど、どこに干すにしても、何かしら洗濯用のハンガーを使って干すという方が多いと思います。 なるべくたくさんの枚数を干そうと思うと・・・だいたいパラソル型か角ハンガーのどちらかになるのではないでしょうか。 今回は、タオル以外も便利に干せる「パラソルハンガー」と「角ハンガー」の2種類について、タオルの干しやすさや省スペースさ、取り込みやすさなどを徹底的に比べていきたいと思います! パラソルハンガーと角ハンガー、それぞれの特徴と違い 実は洗濯物の干し方には、人それぞれに少なからずこだわりがあります。 洗濯のベテランさんなら、「フェイスタオルを干すのは、この洗濯ハンガー」とだいたい決まっていますよね。 小物を干すのが得意な「角ハンガー」 まず、こちらは角ハンガー。 別名ピンチハンガーともいわれ、靴下や下着など小物を干すのに便利です。 ピンチが40個付いているので、「これさえあれば、いっきに干せる」と洗濯物の多いご家庭に人気! 外側にタオルを干して内側に見せたくない下着を干すという、いわゆる 「隠し干し」ができるのも魅力です。 でも、よく耳にするトラブルが 「ピンチが絡まる!」 使わない時は2つ折りにして収納しますが、いざ干そうと開こうとすると、ピンチ同士が絡まって開きにくいということがあるんです。 でも、この角ハンガーは大丈夫でした。 最近は、ピンチが絡まりにくいことをキャッチフレーズにしている角ハンガーもありますね。 こちらは白いカラーが人気のパラソルハンガー。 (主に関西で広く使われていることが多いようです) 洗濯用のハンガーは、青色系が多くて生活感が出やすいものですが、これなら洗濯風景もオシャレになりますね。 このハンガー、たこ足ハンガーとも呼ばれ、開いてみるとこの通り。 足は20本付いていて、パラソルハンガーの中ではベーシックな形なのですが、なかなかの場所取りさん。 「ベランダだと開くことができなかった」という声も… 使いたい方は、まずは干す場所の奥行きをチェックが必要ですね! タオルの干し方をハンガー別にチェック! 今回は、この2種類のハンガーでタオルの干し方にまつわるあれこれを調査します。 まずは、実験の方法について説明します。 どちらのほうがタオルが干しやすいのかを比べるため、干し方はいくつかあるのですが、まずは素直に部屋干してみます。 参考までに、全部のタオルを干すのに、どのくらい時間がかかるかを計ってみようと思います。 タオルはそれぞれ10枚ずつ。 それではスタート! 早く結果が知りたい方は動画をご覧ください。 ハンガーの足とタオルの幅がほぼ同じ長さなのがうれしいですね。 ハンガーが傾くのが気になります。 タオルが落ちないようにフックにはさみこむのが、少しやりにくい…という印象。 またタオルの丈を揃えるのに時間が取られます。 奥のピンチから干していくと、このハンガーも傾いてきます。 でも順番通りにピンチではさんでいけばいいだけ。 タオルの丈を揃える必要がないので作業はとても順調でした。 省スペースで干せるハンガーは? 全部干し終わったところで、どれくらいのスペースをとっているのか測ってみました。 パッと見て気になるのは縦の長さ。 ベランダやバルコニーに物干し竿を設置している場合、洗濯物が外から見えないように竿の高さが低いことがありますね。 洗濯物が地面につかないように配慮されているんです。 また、タオルを半分にして干すことで縦のスペースがよりコンパクトになります。 次に気になるのは奥行きの違い。 10枚をバランスよく干すために足1本分を空けていました。 となると…このスペースで、20枚のタオルが干せるということになります。 結果をまとめてみます。 省スペース対決は引き分け。 奥行きと竿の高さ。 干す場所の条件に合う洗濯ハンガーで快適に干してくださいね! テストはまだまだ続きます。 パラソルハンガーと角ハンガーの乾きやすさとたたみやすさをタオルを使って調査! 続いての実験です。 洗濯物を干していて急に雨が降ってきた!ということありますよね。 窓枠に引っかかってしまうということも… それにタオルを干している足が、360度いろんな方向を向いているので、おうちの壁にぶつからないように移動するのは結構気を使います。 今回の実験で使用しているのは、下記の2種類のハンガー。 パラソルハンガーと角ハンガーにタオルを10枚ずつ干しています。 さすが40ピンチ付きのハンガーです。 でも、四角い外側のフレームよりピンチがはみ出ることはないので、この向きに持てば、壁に当たることは避けられそう。 干したままハンガーをたたんだら? そうはいっても、どちらのハンガーも開いたままだと、かさばって移動しにくいもの。 そこでタオルを干したまま、それぞれのハンガーをたたんでみました。 干したままハンガーをたたんでみると、こんな違いがあるんですね。 動画はコチラ。 干したままハンガーを閉じて開いてしています。 干したままでも開きやすいのは角ハンガー さて、もう一度干し直すとなると、ハンガーを開かなくてはなりません。 タオルがみんな同じ向きを向いているので、干したままでも開きやすいんですね。 ピンチでタオルをしっかりはさんでいるので安心感もあります。 また、タオルをフックにはさみ込んでいるだけなので、タオルがずれたりよれたりしてしまいました。 もとに戻すのはなかなか大変。 速く乾いたのはどっちのハンガー? ところで、一番気になるのは「どっちのハンガーのほうが速く乾いたの?」ということ。 タオルを干してから1時間ごとにチェックしました。 10枚のタオルが完全に乾いたのは 2時間20分後でした。 時間の差は 50分。 部屋干しだとこの差は大きく感じるかもしれません。 中でも乾きにくかったハンガーの内側部分に注目。 タオルとタオルの間は 約3cmと距離がかなり近くなっています。 どうしても風通しが悪くなるので、内側だけ乾くのが遅くなってしまうんです。 また間隔が一定なので、乾きムラが少なくなるということもいえますね。 少しだらしなく見えてしまいます。 乾いたタオルをピンチから外してみると、やっぱり…。 ピンチで両端をはさんでいたので、タオルが引っ張られた形のまま乾いてしまいました。 くっきりとしたピンチの跡もちょっと気になります。 これは、この後のタオルのたたみやすさにつながってきます。 結果をまとめてみます。 取り込みが速いのは角ハンガーよりパラソルハンガー タオルが乾いたら次は取り込み。 取り込みが速くできるというのも大事なポイントですね。 タオルをフックに挟みこんでいるだけなのでとても簡単。 10枚のタオルを取り込むのにかかった時間は 15秒でした。 タオルを引っぱりたい気持ちをおさえて… 無理に引っぱるとタオルを傷めるし、ピンチにもよくありません。 かかった時間は 21秒。 ハンガーの傾きどうにかならないの? 取り込み時に気になったのはハンガーの傾き。 片一方から順番に作業すれば傾くのは当然といえば当然ですが… 左右交互に作業すれば傾きませんが、時間はかかってしまいます。 お向かい同士で作業していけばいいのですが、その度にハンガーを半回転させることになります。 きっちりお向かいではなくても、例えば足5本空けるなどすると、傾きは少なくなりますよ。 パラソルハンガー派の速く乾くタオルの干し方 少しでも使い勝手を良くしたい! というわけで、残念ポイントを克服するアイディアを、それぞれのハンガー愛用者に聞いてみました。 パラソルハンガーは、毎日タオルをたくさん干すからとか、乾いたタオルの形がキレイだからという理由で使っている方が多いようです。 でも、乾くのが遅いという事実はやっぱり気になりますよね。 なんとかならないものかと、タオル干しはパラソルハンガー派の方に聞いてみると、「タオルはできるだけ重ならないように干しているよ」とのこと。 なるほど、こういう干し方ですね。 これならタオルの大きな面積に風が通ります。 洗濯モノを速く乾かすコツは、風に当たる面積を大きく確保すること。 ただ、この干し方だとタオルの中途半端なところに折り目がついてしまいます。 タオルのたたみやすさは、少々損なわれますが、乾いたタオルのキレイさは、タオルを半分にして干した場合と、そう変わりありませんでした。 角ハンガー派のタオルを丸めるアイディア タオル干しに角ハンガーを使っているという方は、乾くのが速いというのが理由のひとつ。 「これって気にならない?」と角ハンガー派に聞いてみると、「タオルは丸めて収納しているんですよ!」との答え。 なるほど…こういうことですね! これならタオルの端が少々曲がっていても気になりません。 収納する場所にもよりますが、タオルはたたまずに丸めるほうがラクかも。 タオルを干す洗濯ハンガーに求めるものは? それでは、最後にこれまでの実験結果を一覧にまとめてみます。 改めてみると、洗濯ハンガーにはそれぞれ得て不得手がありますね。 どんなことを一番重視するのかによって、理想の洗濯ハンガーが見えてくるかもしれませんね。

次の

便利なバスタオルハンガーの人気おすすめランキング16選【2019年最新】

タオルハンガー

そして、セリアやダイソーでは様々な種類のタオルハンガーが販売されており、インテリアに合わせて、自分の欲しいものを探してGETしていくことができます。 たった100円で購入できる手軽さと、 デザイン性の豊かさが人気を集めているのです。 また、タオルハンガーによって形が異なり、何枚もタオルをかけられるものや、すっきりと収納できるものなど、 機能性の高さも人気になっています。 さらに、その形を活かして、タオルだけではなく、他のキッチンツールや掃除道具などを収納することもできるんだとか。 セリアやダイソーにあるグッズを合わせて使えば、自分らしくアレンジしていく方法もあるので、まずは100円ショップに行ってみましょう。 賃貸でタオルハンガーを使うときの注意点 では、賃貸でタオルハンガーを使うときの注意点にはどんなものがあるでしょう?• ネジやクギは避ける• シールタイプも壁紙をはがす恐れがある• 壁にタオルがつかないようにする• 購入する前にサイズを測る 次に、賃貸でタオルハンガーを使うときの注意点を詳しく見ていきましょう。 そのため、セリアやダイソーのハンガーラックの中で、壁に穴をあけて設置しなくてはいけないタイプのものは、 残念ながら使用することが難しいでしょう。 壁に直接穴をあけるのではなく、購入したインテリアに設置していく工夫をしながら取り付けるのがおすすめです。 ウォールラックやすのこなどを使ってDIYするのもいいかも。 貼って剥がせると書いてあっても、住んでいる家の壁の状態によっては剥がすときに壁紙に傷をつけてしまったり、 塗料をはがしてしまうことがあるでしょう。 マスキングテープを貼った上から使用したり、目立たないところで試してみてから使用することがおすすめです。 しかし、一度壁紙がはがれてしまうとなかなか元に戻すことができないので、できるだけ避けたほうがいいかもしれません。 濡れたタオルが常に壁についていると、カビが発生しやすくなったり、壁の色が変色してしまい、元の状態に戻せなくなってしまいます。 この場合も不注意により原状回復の義務を怠ったことになってしまうので、 必ず壁から距離をとることができるものを選びましょう。 購入してからサイズが合わなかったり、使用することができない場合には、賃貸の場合どうすることもできません。 きちんと自分の家で使える形なのか、 メモとメジャーを持ってお店に向かってください。 出来ればマグネットタイプや吸盤タイプのハンガーラックが傷をつけずに済むためおすすめです。 セリアやダイソーのタオルハンガーでもっとキッチン周りをすっきりさせよう セリアやダイソーなどの100均ショップにもかわいくて機能的なタオルハンガーはたくさん販売されています。 自分のお部屋にピッタリのタオルハンガーはきっと見つかるはずです。 マグネットタイプや吸盤タイプなど、お部屋に傷をつけずに設置できるものもあるので、 賃貸の部屋でも使用することができるでしょう。 さらにタオルハンガーはタオルを掛けるだけでなく、アクセサリーやグラス、帽子など収納に困るアイテムを簡単に片づけることができるアイテムでもあります。 セリアやダイソーには様々な形とサイズのタオルハンガーが半ばされているので、是非自分が一番便利だと思う使い方で使用していきましょう。

次の

タオルハンガーの通販│室内物干し│物干し│洗濯用品│日用品│アイリスプラザ│アイリスオーヤマ公式通販サイト

タオルハンガー

— 2018年 9月月25日午前5時50分PDT では、実際にタオル干しを購入する際の選ぶポイントをご紹介します。 どこで干すか考えよう タオル干しをどこで使用しますか?ひとり暮らしの場合なら、自宅の部屋干し用にと考えると置き型タイプが良いかもしれませんし、ベランダで大量に干したいとなるとハンガー型が良いかもしれません。 干す場所に関しても、洗濯物と洗濯物のスペースが狭いとタオルもなかなか乾かなかったり、生乾きで嫌なニオイがすることもあります。 ある程度のスペースが確保でき、風通しの良い場所に干すためには、どのタイプが最適か考えて選びましょう。 収納しやすいか 「タオル干しを毎日使わない」という人は、コンパクトに折りたたんで収納できるものを選ぶと部屋の邪魔にならずに便利ですよ。 使いたいときに出して、使わないときは収納スペースを取らずにすっきり収納できるものがおすすめです。 たくさん干すことができるかどうか タオル干しにも大量に干せるものから、少量のものまでさまざまです。 洗濯にタオルが大量に出る家庭なら、たくさん干せるものを選ぶようにしましょう。 干す場所がたくさんあると、タオルだけでなく小物も一緒に干すことができるので、とても便利ですよ。 ただし、大量に干せるタオル干しはスペースも必要なので、部屋のスペースや干すスペースを考えてから購入するようにしてください。 タオル干しハンガーおすすめ6選 【ベルメゾン】ステンレスタオルハンガー 出典: シンプルでおしゃれな、ベルメゾンのステンレスタオルハンガーです。 干しやすく乾きやすいので、とても使い勝手が良いです。 干したタオルが重ならないように、タオルバーが2重になっているので、1枚1枚に風通しが良くなるように工夫されており、タオルとタオルの間にすき間ができることで、より早く乾くようになっています。 フェイスタオルなら1度に12枚干せますし、使わないときにはたたんで収納できるので、収納スペースにも困りません。 干せる枚数:フェイスタオル7枚• 価格:1,280円(税込) タオル干しスタンドおすすめ6選 【ベルメゾン】コンパクト収納室内物干し 出典: 高さも幅も伸縮可能なタオル干しスタンドです。 幅64~140cm、高さ95~142cmで伸縮でき、タオルだけでなくワンピースなどの衣類も干せます。 幅を縮めると、室内干しや浴室干しにも便利ですし、ベランダに出すときには広げると大量の衣類を干すことができます。 もちろん、花粉時期や梅雨、冬で大量の衣類を室内に干す場合にも大活躍します。 アルミ製なので、女性でもラクラク持ち運び可能ですし、完成品で届けてくれるので、届いてから組み立てる必要もありません。 収納するときには、竿ごと伸縮できるので狭いすき間にコンパクトに収納できます。 カラー:シルバー、シャンパンゴールド• 価格:15,120円(税込) 【ベルメゾン】幅も高さも伸縮する折りたたみ多機能室内物干し 出典: 室内専用の折りたたみ物干しです。 高さは112~180cm、幅93~149cmまで伸縮が可能ですし、その日の洗濯物の量、部屋のスペースに合わせて使えるのでとても便利です。 タオルバーには、フェイスタオルだけでなく大判のバスタオルもラクに干すことができますし、ゆったりとした設計になっているので風通しも良く、早く乾かせます。 上段と下段でスペースも開いているので、衣類同士が詰まってなかなか乾かないということも防げます。 使わないときにはコンパクトにたたんで収納できるので、とても使いやすく便利です。

次の