天国へのカウントダウン 計算。 名探偵コナン 天国へのカウントダウンで、ツインタワーの高いほうから低い...

名探偵コナン 天国へのカウントダウン の レビュー・評価・クチコミ・感想

天国へのカウントダウン 計算

「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」は、動画配信サービスの「TSUTAYA TV」で視聴できます! TSUTAYA TVは、月額933円 税抜 で利用できるVODで、見放題&PPV(都度課金)の作品が配信されています。 利用するプランによって、有料作品の視聴に使えるポイントが貰えるため、上手に利用すれば比較的新しい作品を実質無料で視聴することもできます。 DVD借り放題の有料オプションがあったり、 大人向けのアダルトビデオも見放題で配信しているお得なVOD。 初めての利用であれば 30日間無料トライアル実施中! 「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」を1話から最終話まで全話視聴できるVOD情報 リスト上の動画配信サービスでは、初回無料トライアルが用意されています。 期間中は、有料会員と同じようにサービスを利用でき、制限などは一切ありません。 無料期間中に解約すれば料金は発生しないため、お試し期間中になら全話無料で視聴することが可能です。 一部VODでは、PPV(都度課金配信)、TSUTAYA TVに関しては、宅配レンタルの情報も含まれており、見放題ではない可能性もあるので、最新の情報は、各動画配信サービスの公式サイトをご確認ください。 「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」のあらすじ コナンは、阿笠博士や少年探偵団とキャンプのために西多摩市を訪れていた。 その夜、トイレに行った元太は公衆電話を利用する灰原の姿を目撃する。 キャンプの帰り、西多摩市に新しく完成したツインタワービルを訪れたコナン一行は、蘭たちと遭遇する。 蘭たちは小五郎の後輩であるツインタワービルのオーナー・常盤美緒に招待されていた。 コナンたちは常盤美緒の秘書・沢口ちなみと専務の原佳明にツインタワービルを案内され、広大な富士山が一望できる最上階のパーティー会場で出迎えてくれた美緒から、パーティーに出席する日本画の巨匠・如月峰水、市議会議員の大木岩松、ビルの設計者・風間英彦を紹介される。 「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」のキャスト キャラ名 声優名 江戸川コナン 高山みなみ 毛利蘭 山崎和佳奈 毛利小五郎 神谷明 工藤新一 山口勝平 目暮警部 茶風林 白鳥刑事 井上和彦 阿笠博士 緒方賢一 吉田歩美 岩居由希子 小嶋元太 高木渉 円谷光彦 大谷育江 鈴木園子 松井菜桜子 白鳥刑事 塩沢兼人 灰原哀 林原めぐみ 千葉刑事 千葉一伸 高木刑事 高木渉 トメさん 中嶋聡彦 ジン 堀之紀 ウォッカ 高木文彦 宮野明美 玉川紗己子 常盤 美緒 藤田淑子 大木 岩松 渡部猛 沢口 ちなみ 久川綾 原 佳明 橋本晃一 風間 英彦 小杉十郎太 如月 峰水 永井一郎 「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」を視聴した人の感想 本作品ではコナンがジンによって、身体が小さな子どもにさせられてしまうところは本当に可哀想だと思いました。 でも、逆にコナンがどうやって苦難を乗り越えるのかについての関心が高まることになりました。 また次々と起こる殺人事件には、麻雀パイが決まって発見されるのも面白いことだと思います。 「何が起こるのかな?」と想像を掻き立てられることになります。 立て続けに発生した6つの殺人事件では、マスコット人形やお守り袋、ペンダントなどの小物が持ち去られます。 私自身、何らかの共通点があるのではと色々と考えて見ましたが、何が何だかさっぱりわかりませんでした。 一人の捜査官の命を助けるためにコナンは懸命に謎を解こうとしますが、その姿にも胸をうたれます。 「天国へのカウントダウン」は、まさに最後までハラハラドキドキできる作品で、ラストシーンが特に印象的だったと思います。 組織がかかわってくる事件であるがゆえに、その点でも楽しむことができましたが、やはりビルの中に取り残された少年探偵団が、どうやってそこから脱出するのか?を描いているシーンが忘れられません。 コナンの歴代の映画の中でも、印象度で言えばトップと言えるほどのシーンで、少年探偵団が乗った車がビルの窓を突き破り、そこでビルの中に仕掛けられた爆弾が爆発するシーンは鳥肌ものです。 何度も見てもこのシーンは飽きませんし、天国へのカウントダウンと言えばというシーンであり、コナンの映画史上で屈指の名シーンだと、個人的に思っています。 まず、クライマックスシーンはすっごくハラハラドキドキしました!命がけの大脱出、手に汗握る展開でした。 今作は少年探偵団が活躍しますが、歩ちゃんがとにかく可愛かったです。 恋する女の子は可愛い! コナン作品がミステリー物語だからなのですが、刑事や犯人の、難しくドロドロした大人たちの思考(?)がうずめくのに対し、少年探偵団が出る回では、子供たちの純粋で素直な発言・考え方が魅力的に映るなと感じました。 ストーリーの中でも、小学生にとって本当に恐怖の場面だろうな、と思いながら見ていました。 こんな恐ろしい状況に立ち向かっていく少年探偵団のみんな、すごくカッコよかったです。 黒の組織と少年探偵団が出ると、私はすぐに「この野郎、黒の組織め!」という気持ちになってしまいます。 本作品を見ると、少年探偵団のみんなを応援したい気持ちになります。 この作品は黒の組織が登場するということもあって全体的にストーリーに深みがある印象で、最初から最後まで楽しんで視聴することができました。 全体的に少年探偵団が活躍する内容になっているので、個人的にそこが特に良かったと感じています。 特にラストのビルから飛び移るシーンが良かったと感じていて、少年探偵団のメンバーで協力して窮地を脱する時にはハラハラしましたし、感情移入しながら観ることができました。 伏線を張りつつもしっかりと話の中で回収されていて、唐突だと感じたりするようなこともなかったので、推理要素も丁寧に描かれていたと思います。 この作品は全体的に良くまとまっていてとても好きな作品なので、今でもたまに観たくなることがあります。 この映画の予告を見たときは、蘭とコナンが飛び降りるところがクライマックスだと思っていましたが実は違い、少年探偵団がみんなで車で脱出するところがクライマックスでした。 どうしたら隣のタワーに移ることが出来るのか考えている時間は、ハラハラしました。 哀ちゃんが計算するのですが、結局今でもその計算の意味は分かっていません。 ヒヤッとしたのは、車で隣のタワーに飛び移ろうとするのですが、哀ちゃんが途中で浮いてしまうのです。 光彦が必死に手を掴むのですが、哀ちゃんが氷の飾りにスレスレになったりして、こっちまでヒヤッとしました。 ここは何回見ても寒気がしてしまいます。 小学生たちが車でタワーからタワーへ脱出なんて、中々考えつきませんよね。 「名探偵コナン 天国へのカウントダウン」の主題歌&挿入歌情報 always — 倉木麻衣.

次の

【名探偵コナン】天国へのカウントダウンの特徴、制作秘話など

天国へのカウントダウン 計算

公開時期に観ていたら、あまりにも似すぎているアメリカ同時多発テロによって予言めいたものを感じていたことだろう。 ツインタワーとはいってもB棟はちょっと低い、いびつな双子ビル。 この設定自体は結局最後のシーンに繋がるわけですね。 多分この作品を参考にしてワイスピのスカイミッションが生まれたのかもしれません。 殺人事件以外はほぼハリウッド映画みたいな作品でした。 劇場版では冒頭部分以外で初めての黒の組織のメンバーであるジンとウォッカが登場。 そして少年探偵団の歩美ちゃんの恋心が描かれているのです。 『タワーリング・インフェルノ』と違うのは出火原因が黒ずくめ達が仕組んだもので、灰原の元の女性・宮野志保も狙われていたというオマケつき。 そして火災の広がり方や展望エレベータ、階段、ヘリによる救助なんてのはそっくりそのまま。 さらに『ダイハード』での消化ホースで落ちるところはそのままパクリ。 しかし、車でビルからビルへと飛び移るというのは『トゥルーライズ』あたりか? パクリ感はかなりあったけど、歩美ファン、哀ファン、マスタングファン(最近多いな)ならば楽しめる内容だったかもしれません。 ツッコミどころがあるとしたら、東京じゃ富士山はあんなに大きく見えない!ってところでしょうか。 5ライスだろ!という点でしょうか・・・ ネタバレ! クリックして本文を読む 劇場版シリーズ第5弾『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』 観客動員数:247万人 興行収入:29. 0億円 この『天国へのカウントダウン』は、コナンの劇場版シリーズの中で1位や2位 個人的なランキング を争う傑作だと思います。 本作の主題歌もコナンの劇場版シリーズで一番好きです。 本作に登場する「TOKIWAグループ」のテクノロジー技術が最先端すぎます。 もし、実在していたら日本版GAFAになっていたかもしれません。 TOKIWAの10年後の人の顔が分かる機械でコナンと灰原のエラーになった真相と蘭の10年後の顔が気になりますね。 光彦と歩美が異性に対する感情が小学1年生なのに大人みたいです。 この人達の方が年齢を偽っているように思える。 僕は、以前に『タワーリング・インフェルノ』を鑑賞したことがあるが、本作と似てるように思いました。 劇場版コナンシリーズのハリウッド映画化したのは、本作あたりからだと実感しました。 『天国へのカウントダウン』を実写化したら製作費がすごい額になりそう。 本作のTOKIWAのツインタワーが個人的に好きです。 実際に住んでみたい。 笑 このツインタワーのエレベーターの利用制限が厳しいと思います。 大人9人分は、少なすぎです。 あんなに広くすかすかなのに。 使えものにならないとツコッミながら思いました。 連絡橋が破壊され、火の海が迫り来る時の蘭がとても勇気がある。 コナンを守るためにわざわざ飛び降りて、助けようとするなんて感動しました。 これが本作のクライマックスだと思いました。 本来ならここで主人公が助かり、エンディングが流れ映画終了だと思いますが、この『天国へのカウントダウン』は、ここで終了せずまだまだ続きます。 コナンは、少年探偵団を助けるために再びスケボでビルの中に入ります。 コナンにとって二度のピンチ。 そして、ヘリポートが破壊され追い詰められるコナンは、スポーツカーで隣接するB塔に飛び移ろうとします。 コナンと灰原は、飛び移ろうとするための計算をしますが、この2人が頭が良すぎる。 自分なら難しくてできません。 今後、高層ビルに行く時は、頭の良い友人と行くようにしたいと思います。 元太が爆発寸前に灰原を助けたのは、かっこよく感じました。 あと、コナンの父親がとんでもない人だと思う。 普通、車の運転の仕方を息子に教えません。 工藤家は、非常識な人が多すぎる。 毛利小五郎が賞品で当てたスポーツカーは、本作以降のコナンに登場していないので結局、コナンと少年探偵団がビルから脱出する際に使えものにならなくなったと思いますね。 本作は、ハリウッド映画好きなら楽しめるような作品です。 まだの鑑賞していない方はぜひ、鑑賞してみて下さい。 コナンが、ツインタワーに係る連続殺人の解決と黒の組織と攻防する物語。 随分前に鑑賞済みですが、録画していたものを再鑑賞。 コナンの映画で一番気になっているのは、その犯人の動機です。 アクションは多少無茶があっても、そこはアニメですから許容出来ます。 でも、犯人の動機だけは「犯行結果に相応しいもの」を用意して欲しい、と考えています。 その意味では、この映画は納得感があります。 連続殺人犯の動機は秀逸で、良い意味で驚かされました。 大規模なアクションについては黒の組織が担ってくれているので、これも納得感があります。 ラストの脱出劇のアイデアもしっかりしていて、驚きと興奮を与えてくれました。 難を言えば、映像面でまだ劇場版クオリティに追い付いていないこと。 後、時々雑な部分が出てくるところでしょうか?例えば、脱出時のカウントダウンは携帯を利用出来たのでは?例えば、避難用のエレベーターをそんな少ない人数で動かすの?など。 細かい点ですが、そんなことが気になりやや評価を落としました。 ネタバレ! クリックして本文を読む 「名探偵コナン」劇場版シリーズ第5作。 レンタルDVDで鑑賞。 「タワーリング・インフェルノ」もびっくりや! 暗号、殺人トリック、爆破、アクション、タイムリミット、ラブ…とにかくてんこ盛り盛り。 これでもかと詰め込んでありました。 破綻していないところがこれまた秀逸! 笑 個人的にはもうちょっと危機また危機な展開が欲しかったです。 クライマックスの興奮は筆舌に尽くしがたいものがありました。 ちょっと怖かったです。

次の

名探偵コナン 天国へのカウントダウンで、ツインタワーの高いほうから低い...

天国へのカウントダウン 計算

あらすじ 唯一の家族だった姉のを殺された喪失感から、は毎晩明美が借りていた部屋の留守番電話に電話をかけて姉にメッセージを残していた。 このことに勘付いた黒の組織の幹部とは明美の部屋に侵入し留守番電話を盗聴。 灰原らがトキワビルの完成披露セレモニーに参加することを知り、暗殺に向けて暗躍を始める。 キーワード 富士山、お猪口、黒の組織、プログラマー、米粒、消火栓、30秒当てゲーム、少年探偵団 容疑者 常磐美緒 コンピューター関連業務を担う巨大企業TOKIWAの社長。 ちなみに常盤は財閥で、父親の名前はトキワカネナリ。 (「時は金なり」に由来する) 原佳明 プログラマー兼TOKIWAの専務取締役。 かなり優秀な頭脳を持っているが子供っぽいところがある。 如月峰水 天才画家。 富士山の風景画を専門に描く。 弟子の常盤美緒が自分の絵画を勝手に売り捌いていることに腹を立てている。 風間英彦 建築家。 トキワツインタワービルの設計を担当。 映画『時計仕掛けの摩天楼』に登場した森谷帝二の弟子でもある。 沢口ちなみ 常盤美緒の秘書。 美人で優秀。 基本的には落ち着いて行動しているが猪突猛進な傾向があるらしい。 今作の特徴 灰原が抱える闇と、純粋で優しい少年探偵団の活躍が前面に押し出されている。 「コナンはラブコメ」と青山先生が断言しているだけあって、前作までは蘭と新一(コナン)の恋愛に重きが置かれていたが、今作では灰原が少年探偵団に救われる心理描写などコナンたちの友情に重きが置かれている。 制作秘話 青山剛昌先生は4人兄弟で、1人は科学者、1人は医者、1人は車屋です。 ラストの脱出に使われた物理学の計算等は青山剛昌先生の兄弟が担当されています。

次の