毎度 お さわがせ し ます シーズン 2。 POSEシーズン2最終回迄全10話あらすじ,死,CAST,シーズン3も更新!

「ゴシップガール/GOSSIPGIRL シーズン2」第1話のネタバレあらすじ結末まとめ

毎度 お さわがせ し ます シーズン 2

Netflix「全裸監督」シーズン2の続投キャスト発表! 2021年に配信予定 2020年3月20日 09:00 超ティザーキーアートもお披露目 [映画. あわせて、シーズン1からの続投キャスト、主演・がパンツ一丁で胡坐をかいている超ティザーキーアートもお披露目された。 19年8月に全世界独占配信された「」は、数々の俳優やタレントから絶賛の声が寄せられ、ハロウィン時の時には主人公・のコスプレをする若者が現れるなど、社会現象と言っても過言ではない一大旋風を巻き起こした。 同作は「Netflix上で最も見られた作品トップ10」で日本国内1位、台湾や香港などではトップ10入りを果たしている。 不穏な動きを見せる歌舞伎町のヤクザ・古谷役の、村西を執ように追う刑事・武井役の、レンタルビデオ店店長・和田役のピエール瀧、黒木の厳格な母・加代役のも登場することになった。 総監督は、シーズン1から引き続き「」「」の監督。 「」「」で助監督を務めたが監督、脚本はシーズン1にも参加した、「」「」「」のが担当する。 「全裸監督 シーズン2」は、21年にNetflixで全世界独占配信。 (映画. com速報)•

次の

【全話ネタバレ】待望の独Netflix『Dark ダーク』のシーズン2を見た感想。

毎度 お さわがせ し ます シーズン 2

2017-08-16 19:38 前回のシーズン1では、家族を殺された復讐を果たし、ニューヨークで空虚な日々を過ごしていたフランク・キャッスルが、マイクロと出会い、さらに事件の隠された裏側を知ることに。 やがて、従軍時代の過去の出来事や、麻薬に絡む陰謀など、思いもしなかった真相が次々と明らかになっていきました。 ハードなバイオレンスと、ヒリヒリするような緊迫感! ドラマ性も見ごたえありましたね。 ・・・フランクとマイクロの、男くさいオジサンなコンビ(笑)も、おもしろかったです。 そして最後は、家族殺害の本当の原因を知ったフランクが、因縁の相手と対決。 復讐を果たし、再び姿を消しました。 ラストは、かなり思わせぶりな終わり方でしたね。 今回のシーズン2は、その続き。 1年後のミシガン州から、再び物語が始まります。 放浪を続けていたフランクは、命を狙われる少女レイチェルを助けたことから、再び戦いに巻き込まれていくことに。 そして、前回の因縁の相手が復活。 今度こそ決着をつけるべく、パニッシャー=フランクが血みどろの戦いを繰り広げていきます。 キャストとしては。 主人公パニッシャー=フランク・キャッスルを演じるのは、「ウォーキング・デッド」シェーン役でおなじみ、ジョン・バーンサル。 今回も、「うおおおお!」な雄叫び健在!(笑) 世界一、血まみれ顔が似合う男! シーズン2では、さらに繊細で難しい演技が多かったですが、さすがでしたね。 ほかにも、捜査官マダニ役アンバー・ローズ・レバや、カーティス役ジェイソン・R・ムーアなどは、引き続き登場。 CIA副長官マリオン・ジェームス役で、映画「スカーフェイス」「ハスラー2」などのベテラン女優メアリー・エリザベス・マストラントニオも出てきます。 ビリー・ルッソ役には、「ナルニア国物語」カスピアン王子役や「」のベン・バーンズ。 前回に続いての登場ですが、シーズン2での演技は、本当に素晴らしかったです! ただのイケメン俳優ではなく、完全に実力派俳優。 そして、新たな登場人物として、カウンセラーのクリスタに、「SUPERGIRL/スーパーガール」マギー・ソーヤー役のフロリアナ・リマ。 フランクが出会ったバーテンダーの女性ベスには、なんと!「」の主人公ジュリアナ役アレクサ・ダヴァロス! びっくり! ・・・パラレルワールドかよ!みたいな違和感。 (笑) さらに! 命を狙われる少女レイチェル=エイミー役には、新鋭ジョルジア・ウィガム。 お父さんは、「ファーゴ」「ボードウォーク・エンパイア 欲望の街」をはじめ、数々の作品で有名な大ベテラン、シェー・ウィガム。 「」では、支局長ドゥーリーを演じていましたね。 (素晴らしかった!) 親子そろってのマーベルドラマ出演!(笑) そして!そして! 謎の殺し屋ジョン・ピルグリムを演じるのは、「クリミナル・マインド FBI行動分析課」ウィリアム・ラモンテーン・Jr役や、「」の殺し屋ソロトフ役ジョシュ・スチュワート! かつて、ミニシリーズ「ウォーキング・デッド:恐怖の倉庫」では、主人公を演じていた過去あり。 も~、こういう冷酷な殺し屋役をやらせたら世界一かもしれない。 (笑) ソロトフもスゴかったですが、今回のピルグリム役も存在感が強烈! しかも、吹き替えの声優さんが、「ザ・シューター」主人公ボブ・リーの声を担当した加瀬康之さん。 (混乱。 笑) 出演者の迫真の大熱演は必見です! ドラマ「パニッシャー」は、Netflixオリジナルドラマで、現在シーズン2まで制作されています。 シーズン2がファイナルで、完結しています。 シーズン2は、2019年制作。 各話50~55分程度の全13話です。 現在 Netflix(ネットフリックス)で配信されています。 (紹介している作品は、2019年1月時点の情報です。 現在は配信終了している場合もありますので、詳細はNetflix公式ホームページにてご確認ください。 ) Netflix公式サイトはこちら。 くれぐれも、ご注意ください。 ドラマ「パニッシャー」シーズン2 あらすじ 遊園地のメリーゴーランドを舞台に、壮絶な復讐劇を果たしたパニッシャー=フランク・キャッスル。 あれから、一年後。 フランクは放浪の旅を続け、ミシガン州の小さな町に流れ着きます。 そこで、ある出来事がきっかけとなり、命を狙われる少女レイチェルを助けたフランクは、ピルグリム率いる謎の殺し屋たちに追われることに。 一方、ニューヨークでは、一命をとりとめたビリー・ルッソに回復の兆しが。 記憶をなくし、何も覚えてないというルッソに、懐疑的な捜査官マダニは監視を強めますが、しかしルッソは脱走。 マダニは独断で、フランクを再びニューヨークへ呼び寄せます。 こうして、悪党には情け容赦ないフランク、殺し屋ピルグリム、ルッソと、三人の男たちをめぐり、ニューヨークは再び戦場と化していくのでした。 果たして、パニッシャー=フランク・キャッスルの運命は? ・・・というようなストーリーです。 予告動画は、こちら。 マーベルドラマや映画とのリンクネタについて 今作は、Netflixのマーベルドラマ・シリーズとして、他のシリーズ作品とつながりがあります。 ただ、これまでと比べて、それほど多くはないと思います。 以下、簡単な解説です。 (マダニの事件直後の回想シーンが1年前のため) シリーズ前作「デアデビル シーズン3」の出来事の後になります。 ですが、今作では珍しく他の州から物語が始まります。 イケメンの顔をズタズタにされ、ジグソーパズルのような、つぎはぎになってしまったのが名前の由来だとか。 あの覆面や「ジグソー」というセリフも、原作を踏襲しています。 (笑) ユージーンは、かつてフランク役ジョン・バーンサルが出演していた「ウォーキング・デッド」に登場する有名なキャラクターの名前。 今作では、融通の利かない正義感の塊みたいなマホニーですが。 「デアデビル」では、情報を流したり(笑)フィスク打倒のために職務を超えて協力したりもしています。 ・・・なので、今回のキャラは、ちょっと違和感。 小悪党ターク・バレット。 (笑) 元々は「デアデビル」に登場したキャラクターでしたが、以降、「ルーク・ケイジ」「アイアンフィスト」「ザ・ディフェンダーズ」「ジェシカ・ジョーンズ シーズン2」などなど、シリーズに必ず登場する、いわゆる「お約束キャラ」に。 (笑) 毎度、ヒーローたちに締め上げられるのも、お約束。 シーズン1でも登場していたので、マダニとは顔見知り。 マホニーとも「デアデビル」で旧知の仲。 新聞社ニューヨーク・ブレティンの記者でしたが、現在は法律事務所の調査員。 カレンは、「デアデビル」シーズン2で、病院のベットで拘束されているフランクと初対面し、心を通わせていきます。 「デジャヴって感じがする」というセリフは、そのため。 また、「デアデビル」シーズン2では、フランクとデアデビルが激突! フランクは逮捕され裁判となりますが、その時に弁護人を務めたのが、デアデビル=マッド・マードックでした。 フランクは、たぶんデアデビル=マッド・マードックだと気づいています。 「デアデビル」シーズン2、「パニッシャー」シーズン1と、行動を共にするうち、惹かれあうフランクとカレンでしたが、お互いのことを考え、結ばれず。 悪夢でうなされたフランンクの手を握るあたりは、もう・・・。 その後、「デアデビル」シーズン3では、カレンはマッド・マードックといい感じになったんですけど・・・女心は、わからない。 (笑) フランクが「マードックは、このことを知っているのか?」というセリフは、なんか、いろ~~んな意味があるんじゃないかと深読みしちゃいますね。 (笑) そんな歴史ある二人の、大人で繊細な別れの時間を、デリカシーなくブッ壊すクソガキ、エミリー。 確かに、過去の映画化作品でも登場していました。 今作シーズン2の最後の最後、そんな代表的なシーンを描くのか?・・・と思いきや。 細かいことを含めると、まだまだ盛りだくさん! 色々と繋がりを探してみると、さらに楽しめると思います。 男の生き様!女の生き様!「パニッシャー」シーズン2 感想 第1話のオープニングから、顔面血まみれパニッシャー! 「うおおおお!」なのであります! キタコレ! 酒場での大乱闘! カーアクションでの逃走劇! そして、保安官事務所での攻防! 相変わらず、暴れたら1ミリも容赦なし! シーズン2も、ハードなバイオレンスは健在! ガンアクションも迫力満点! ドラマ性も、前回以上に見ごたえありましたね。 フランクとレイチェル=エイミーの、不釣り合いなデコボココンビもよかったです。 エイミーを描くシナリオのディテールが、いかにもいそうなクソガキ感がリアルで(笑)素晴らしかったと思います。 ・・・ゴツ男。 (笑) 16歳らしいセリフや、無謀な行動で失敗しちゃうのもそうですが。 かまってほしくて、ふざけてフランクに銃を向けて怒られちゃうとことか。 まったく悪気はないんだけど、フランクの家族のことや、カーティスの足のことを直球で聞いちゃうとことか。 ・・・いかにも子供らしくて、あるある。 フランクも、エイミーに失った娘の姿を重ねていくあたりも、すごくよかったです。 最初は、イライラなクソガキ(笑)エイミーなんですけど。 二人が少しずつ心が通っていくあたりは、ベタベタだけど、見ごたえありましたね。 最後は、もう・・・泣いちゃうもんね。 そして。 ピルグリムとルッソ。 中でも、ピルグリムのエピソードは、思った以上に深く描かれていて。 演じたジョシュ・スチュワートの演技が、本当に素晴らしかったです! フランク、ルッソ、ピルグリムと、三人の男の物語。 愛する人を失い、大きな損失感の中で、暴力の世界でしか生きられない。 生き方を変えたいと望みはするけど、抜け出せない。 善人と悪人の曖昧な境界線。 愛情と、容赦ない冷酷さ。 根底では似た者同士な男たちが、それぞれの生き様で苦悩し、葛藤しながらも突き進む姿が鮮烈。 対比も効いて、見ごたえがありましたね。 また、捜査官マダニや、セラピストのクリスタなど、女性視点でのエピソードも、これまで以上に濃く描かれていたと思います。 犯罪被害に遭った女性の心情なども盛り込まれていて、見どころが多かったですね。 ・・・それにしても、第12話は、もはやホラーだったなあ。 (笑) 前作以上に、濃厚なドラマ性。 それが、ハードなバイオレンスで描かれていたと思います。 おもしろかったです! ・・・ただ! ただ・・・。 正直、バイオレンスなヒリヒリ感は、前作よりは、ややトーンダウンしたかも。 もちろん、十二分にヤバさがあって、ハラハラドキド!大迫力!ではあったんですけど・・・。 これまでのパニッシャーは、もう復讐の事で頭がいっぱいで、半径1メートルに近づいた人間は、みんな死ぬ!くらいの(笑)強烈な危険性があって。 も~、ヒリヒリとした緊張感があったと思うのですが。 今回は、フランクの人間性がより深く描かれている反面、野獣のような近寄れない危険な感じは薄かったかも。 (それでも全然、デンジャーなエグい人でしたけど。 笑) 同様に、ルッソとピルグリムも、人間味が深く描かれたぶん、ヒーローに対する絶対的な悪役感は、少し弱かったかもしれませんね。 ヒーロードラマらしい、絶対悪のラスボスが不在だったのが、もしかしたら物足りなかったかも。 最終話のクライマックスの対決も、あんな感じ。 ルッソ・・・泣いてばっかだったなあ。 (笑) 最後も、あんな感じ。 もう少し、ルッソが活躍してくれたらなあ。 ドラマ性としては見ごたえありましたが。 よりバイオレンスな「パニッシャー」の魅力としては、もしかしたら賛否が分かれるところかもしれませんね。 あと、シナリオのエピソードはクオリティ高かったと思うのですが。 構成は、ややバランス悪かったかも。 序盤は結構ハードで、派手な展開多めでしたが、ニューヨークに舞台を移してからは、終盤までややドラマ中心。 フランク、ルッソ、ピルグリムと、それぞれバラバラ。 キャラクターの背景となる深いエピソードも、中盤以降と遅めだったので、場合によっては感情移入が難しかったかもしれませんね。 もちろん、決して、つまらなくはないし、おもしろかったですが。 好みによっては、やや賛否が分かれそうな感じもします。 バランスが難しかったんですね、きっと。 みなさんは、どうでしたか? シーズン3はなし!これがファイナルに 個人的には、今回のシーズン2も、かなりおもしろかったです! 「うおおおお!」です!(笑) ドラマも濃厚で、バイオレンスも大迫力! 見ごたえあったと思います。 ただ、好みによっては、賛否が分かれそうな感じも。 それだけ「人間ドラマ」と「エンターテイメントなバイオレンス」とのバランスが、難しかったかもしれませんね。 最後は、ちょっと思わせぶりではありましたけど、ストーリーとしては、一応キレイな終わりを迎えたシーズン2。 ・・・それだけに。 打ち切りになるんじゃないかと、怖くて怖くて。 【以下追記:2019. 21】 残念ながら、今作シーズン2で打ち切りが決定したようです。 続けてほしかったなあ。 パニッシャーは、シーズン2でファイナル。 シーズン3は、ありません。 できれば、新たなるパニッシャー=フランク・キャッスルの物語を見たかったですね。

次の

シーズン2最終話ってどーなのさ?

毎度 お さわがせ し ます シーズン 2

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2018年12月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2018年12月) 毎度おさわがせします ジャンル 企画 脚本 演出 出演者 ほか テーマ曲作者 音楽 C-C-B 国・地域 シーズン数 3 製作 プロデューサー 阿部祐三 製作 放送チャンネル 放送国・地域 第1シリーズ オープニング 「」 放送期間 1985年1月8日 - 1985年3月26日 放送時間 放送分 54分 回数 12 第2シリーズ オープニング 「」 放送期間 1985年12月10日 - 1986年3月25日 放送時間 放送分 54分 回数 16 第3シリーズ オープニング 「」 「」 放送期間 1987年1月27日 - 1987年5月26日 放送時間 放送分 54分 回数 17 『 毎度おさわがせします』(まいどおさわがせします) は、からまでで放送された製作のシリーズである。 計3作が制作・放送された。 概要 [ ] パート1・2 はの界隈、パート3はの界隈を舞台に、「性」への興味津々なな年頃の男子中学生・高校生3人組が繰り広げるちょっとな騒動に頭を抱える大人たちとのやり取りをコミカルに描いたドラマである。 それまでのドラマでは殆んど取り上げられなかった思春期の青少年が抱く「異性」「性欲」に対する好奇心を中心に、その家族や周囲との関係をコミカルに、時にシリアスに描いている。 卑猥と捉えられかねない言動()が多く、男女とも下着や半裸(主に入浴絡み)姿の場面が多々あった。 毎回、ストーリーの脈絡から脱線したを交えた乱闘シーンが挿まれているのも本作の特徴である。 子どもの性への疑問や悩みを大人が真面目な顔で解説して聞かせるという設定であったが、その場面では「セックス」「射精」「」「」など性に関連する単語を包み隠さずストレートに使用していた。 そのため、メインターゲットの青少年視聴者の父母などからは「中学生が主人公のドラマとしては内容が過激すぎる」などとの批判的な声も多く上がった [ ]。 最高視聴率は第1シリーズの最終回で記録した26. 関東以外の地域でも人気を博し、関西では最高視聴率32. 1985 - 1987年当時は、日本の中、高校ではまだ現在のようなは教育科目として確立されておらず、あってもやなどを簡略的に教える程度だった。 そういった中で、本シリーズは世の中や教育界に、性教育の必要性を印象付け、問題提起を問いかけた作品となった。 このドラマの数年後となる1990年代以降には、男女平等にに必要な性教育をする、という時代になってきている [ ]。 このドラマの作風と手法は、後に主演の『』、『』、1999年からの『』シリーズに活かされた [ ]。 1シリーズ完結後、続編・シリーズ化され、パート2ではほぼ同じで制作された。 パート2はでも特番などで返上されることなく、通常放映されるという珍しい編成をされた。 パート3ではキャストが一新した。 が担当した主題歌「」もヒットし(を参照)、パート2・3でも彼らの楽曲が起用された。 また、主役級のキャストがをするようになった。 本作の森のどか役でデビューしたは、一躍トップとなった。 一時期 [ ]のやビデオでは、パート1での中山のシーンが編集でカットされていた(はで隠されているので映っていない)。 なお、パート1とパート3の前半まで男子は、白無地の を着用していた。 1987年にはから、本作の作品『 新・毎度おさわがせします』が発売された。 作画を担当したのは、後に『』のキャラクターデザイナーとなるである。 主要キャスト [ ] 大沢家 多摩ニュータウンの4LDKの団地に住まう。 森家とは同階の隣である。 大沢徹: 大沢家の長男。 優柔不断で煮え切らない性格。 部屋にはのポスターが貼ってありファンのようである。 性的なものに好奇心旺盛で祐介たちとつるんで覗きやレンタルルームやノーパン喫茶に行ったりして大騒動を起こす。 のどかに少し好意を持っているが、それを上手く出せず、父に相談する場面もある。 そんな徹ものどかに好意を持たれているが全く気づいていなかった。 で、勃起すると包皮が突っ張って痛がるパターンが多い。 大沢 周一: 父。。 妻には頭が上がらないが子供たちの悩みには真摯に向き合うよき父である。 シェイプアップ教室に通っている。 大沢 朝子: 母。 ニュータウン内の喫茶店でパートをしている。 周一と夫婦仲はよいが子供たちの問題につねに振り回されている。 大沢 理恵: 長女。 で努にボインと馬鹿にされるなどもあり、本人はコンプレックスであまり良く思っていない。 正岡という大学生の恋人がいる。 大沢努: 次男。 背が小さいことをコンプレックスに思っているが、勃起時ののサイズは兄の徹たちに引けを取らない大きさであった。 1作目時点ではや幾度の勃起を経験するも未だったが、2作目で夢精により精通。 森家 大沢家の隣人一家で部屋は3LDKである。 森 のどか: 妹。 Aカップの。 学校では問題児のツッパリ娘でトラブルメーカー。 教養も無く性格もかなり破天荒であるが、徹に好意を持っている。 森 俊作: 父。 気が弱く頼りない。 高卒であるらしい。 市役所の係長。 シェイプアップ教室に通っている。 完全に夫を尻に敷いておりカカア天下である。 ひそやかに大沢周一に気がある。 のどかの家庭内暴力に対抗するためプロレス教室に通っている。 のどかが変わってしまったため、会社を辞めて家にいるようにした。 徹の親友である。 プロレス道場 、、、のほか、所属レスラー。 学校関係 古沢 信之:(第3作は除く) 徹の同級生で友人。 いわゆるゲイだが性知識が全くなく、すら知らなかったが、理恵の風呂上がりの姿を見て性および異性に目覚める。 第1シリーズ [ ] 1985年1月8日から同年3月26日までTBS系列で放送。 第5話ではC-C-Bがゲスト出演し、プレゼントの告知コーナーにも出演した。 キャスト [ ] 年齢設定は第1作時。 佐野倉家 佐野倉和彦: 39歳。 不動産会社に勤めておりモーレツサラリーマンだが、家族に隠れてシェイプアップ教室の妻より若くて色っぽい早野圭子と不倫している。 それがバレてしまい、離婚の危機に陥る。 佐野倉昌代: 35歳。 家族に隠れて良太の担任の黒木と不倫している。 夫も不倫しているためW不倫である。 体型は小柄で色気がない上に地味。 性格は幼稚かつワガママで身勝手。 外で働いた社会経験が全くない世間知らず。 息子の服を勝手に借りて不倫相手に会いに行くなど破天荒で非常識な部分がある。 夫の暴力に対抗するため森真紀の通うプロレス道場に通い始め夫より強くなる。 19歳の時に佐野倉と結婚しており彼が初めての男性だった。 佐野倉 良太: 佐野倉家の一人息子。 14歳(中学2年生)。 徹と祐介と仲が良く3人で学習塾にも通っている。 和彦と昌代の不仲に悩んでいたが、徹たちの協力のもとで、家族の絆を取り戻すことに成功。 光南学園 教職員 黒木 巌: 徹と祐介と良太の担任教師。 34歳。 生徒たちには堅物で厳格に振舞うが、佐野倉良太の母・佐野倉昌代の不倫相手。 不良娘で問題児であるのどかに目をつけていて毛虫のように嫌っている。 沢 ちあき: 英語教師。 24歳。 腰つきだけで徹達を勃起させてしまうほどの色気の持ち主。 徹がひそかに思いをよせる。 黒木同様、不良娘で問題児であるのどかに目をつけていて黒木以上にのどかのことを劣化の他、のどかにスカートめくりされてパンティの色を見られたため、毛虫以上に憎悪して毛嫌いしている。 松本: 生活指導教師。 光南学園 生徒 加納 ルミ子: のどかの親友。 町田 君江: のどかの親友。 まこ - 豊嶋摩古 吉本 淳: 信之のカップルとしての彼氏。 しかし性知識がまったく無く手を繋ぐことしか知らない。 先に性に目覚めた(異性に対して)信之を「裏切り者」と非難したこともあった。 その他 小田 信治:信実一徳• パーラーマスター。 早野 圭子: 26歳。 シェイプアップ教室のインストラクター。 スタイル抜群でお色気たっぷりの佐野倉和彦の愛人。 ゲスト• 主婦 - ひづくりみちこ(第2話)• 若い女 - 藤みち子(第2話)• 飯塚英二 - (第3話) 森家の上の階に住んでおり森家のベランダに干した下着を釣竿を使って盗んでいた。 最初は徹が疑われたが汚名をそそぐため徹がベランダに隠れて捕まえた。 英二の父 - 島村卓志(第3話)• 英二の母 - 磯部稲子(第3話)• ライブバンド - C-C-B(第5話)• 正岡 - (第5話) 理恵の恋人。 チンピラ - 伊藤康二(第5話)• 河合 由美 ( かわい ゆみ ) - 芹川絵奈(第6話)• 努のガールフレンド。 大人の男性にはが生えていることを父親を見て知っており、未発毛の努を悩ませる。 チンピラ - 吉江嘉成(第6話)• 酔漢 - 田辺清輝(第7話)• 女装の男たち - 興松剛、井上智昭、岡本圭之輔、富田誠、浦野真彦(共に第8話)• 温泉の女客 - 聖ミカ、(共に第9話)• 主婦 - 藤谷純(第10話)• (最終話)• 古沢トシ子 - (最終話) 信之の母。 刑事 - (最終話)• デートパブマスター中島 - 笹入舟作(最終話)• スーパーの店員 - 浦野真彦(最終話) スタッフ(第1シリーズ) [ ]• 脚本:• 音楽:、C-C-B• 企画:• プロデューサー:阿部祐三• 演出:、、• 演出補:飯塚正彦• 技術:塚越捷• カメラ:志村泰史• 照明:倉本輝彦• 音声:河合由行• カラー調整:大和田謙一• VTR編集:荒井悦治• 音響効果:下城義行• 美術:石田道昭• 美術制作:丸山俊史• 大道具:• 建具:マエヤマ• 装飾・小道具:• 持道具:• 衣裳:岸靖彦(京都衣裳〔現:〕)• メイク:倉本メ子(ユミ・ビュアクス)• 植木装飾:アサヒ植木装飾• 記録:増田由美• 制作担当:大谷弘• ファイティングコーディネーター:、• 協力:、• しかし、作家陣の希望でC-C-Bが抜擢されたという経緯がある [ ]。 また、「に同ドラマの主題歌を、という話も進んでいたが、ドラマの内容と硬派を売りにしていた彼らのスタンスとマッチしないということで起用は白紙になりC-C-Bに依頼が舞い込んだ…」という経緯を、C-C-Bのであり、筒美の実弟である渡辺忠孝は語っている。 キャスト [ ] 年齢設定は第2作時。 秋野家 秋野 英明: 秋野 涼子: 秋野 浩平: 長男。 16歳。 秋野 真理: 妹。 努の同級生。 気の強い性格かつ、異性に興味を抱き始めている。 光南学園教職員 大木三郎: 高等部1年担任。 石川 みゆき: 英語教師。 光南学園生徒 東 洋子: のどかの親友。 久保寺 晴美: のどかの親友。 谷川 由美子: 徹の同級生で、マドンナ的存在の美少女。 草野 春夫: 小川 明子: 白石 瑠美: 小学校 野々村 淳: 努の親友。 努と同様時折する。 だが努と違い作中で精通した様子はない。 その他 風間 平治: パーラーマスター。 河合 和美: パーラーアルバイト。 小池 加奈: ピアノ講師。 鎌倉 杉男: シェイプアップ教室のインストラクター。 普段はオカマ。 滝 ミチル: シェイプアップ教室のインストラクター。 旗中 峯男: 矢沢 悟郎: 理恵の友人: 理恵と同じく、胸が大きく、悩み事などが共通していた。 努は彼女の胸を偶然見てしまったことがきっかけで、しを迎える。 阿部 章: 校医: プロレス道場 実名 国江真樹子,、、、、、 スタッフ(第2シリーズ) [ ]• 脚本:畑嶺明• 音楽:城之内ミサ、C-C-B• プロデューサー:阿部祐三• 演出:楠田泰之、赤羽博、志村彰• 演出補:五木田亮一、中島悟、池添博• 技術:田中文夫• カメラ:鈴木秋夫• 照明:原田正• 音声:片岡博司• カラー調整:江川英男• VTR編集:森崎好• 音響効果:下城義行• コンピューターグラフィック:• 美術:石田道昭• 美術制作:平野裟一()• 大道具:東宝舞台• 建具:マエヤマ• 装飾・小道具:東京美工• 持道具:京阪商会• 衣裳:岸靖彦(京都衣裳〔現:東宝コスチューム〕)• メイク:倉本メ子(ユミ・ビュアクス)• 植木装飾:アサヒ植木装飾• 記録:志村美恵子• 制作担当:大谷弘• 制作進行:千野友嗣• ファイティングコーディネーター:佐々木修平• 協力:東通、緑山スタジオ・シティ• 製作:TBS、木下プロダクション テーマ曲(第2シリーズ) [ ]• 主題歌:C-C-B「」 (作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:大谷和夫、C-C-B)• 挿入歌:木村一八「オレたちだけの約束」 (作詞:DIAMOND HEADS、作曲:後藤次利) サブタイトル(第2シリーズ) [ ] 各話 放送日 サブタイトル 演出 視聴率 第1話 1985年12月10日 ポコチン元気です 楠田泰之 21. 内海はるか役は当初であったが、イメージの違いからクランクイン直後に降板している。 キャスト [ ] この節のが望まれています。 浅野家• 浅野 彰夫 ( あさの あきお ) -• 浅野 光子 ( あさの みつこ ) -• 浅野 暁美 ( あさの あきみ ) -• 浅野 真人 ( あさの まこと ) - 沢村悟郎• 浅野 良太 ( あさの りょうた ) - 工藤彰吾 内海家• 内海 浩介 ( うつみ こうすけ ) -• 内海 夏代 ( うつみ なつよ ) -• 内海 健 ( うつみ けん ) -• 内海 はるか ( うつみ はるか ) - 柳田家• 柳田 一平 ( やなぎだ いっぺい ) -• 柳田 美沙 ( やなぎだ みさ ) -• 柳田 勇作 ( やなぎだ ゆうさく ) - 塩川憲一• 柳田 恵 ( やなぎだ めぐみ ) - 神田亜矢子 中学校• 小川 千草 -• 滝 京子 - 金田知巳• 竹井 広子 - 萩原真紀子• 河合 小百合 - 高樹沙耶()• 中本 進 - 信実一徳 プロレス道場(実名で出演)• 、、、 その他• 正也 - 暁美のボーイフレンド。 尚美 - 雨野夕紀• パーラーのマスター -• 服部麻里 - エアロビクスのインストラクター。 スタッフ(第3シリーズ) [ ]• 脚本:畑嶺明• 音楽:城之内ミサ、C-C-B• プロデューサー:阿部祐三、楠田泰之/浜井誠(TBS)• 演出:楠田泰之、赤羽博、飯塚正彦• 協力:東通、緑山スタジオ・シティ• 製作:TBS、木下プロダクション テーマ曲(第3シリーズ) [ ]• 主題歌:C-C-B「」 (作詞:松本隆、作曲:筒美京平、編曲:大谷和夫、C-C-B)• 2代目主題歌:「」 (作詞:、作曲:伊豆一彦、編曲:)• 挿入歌:東京純愛トリオ「東京純愛倶楽部」 (作詞:、作曲・編曲:) サブタイトル(第3シリーズ) [ ] 各話 放送日 サブタイトル 視聴率 第1話 1987年1月27日 がんばれポコチン 12. 全3シリーズの出演俳優、脚本家の畑嶺明、C-C-Bらによるクイズとゲームと歌、そしてドラマ撮影のなどを交えた内容のである。 出演者 [ ]• 司会:板東英二• アシスタント:久保利恵、金子真澄、荒井真美子• 出題:• リポーター:• ナレーター: ゲスト(第1・2シリーズ) [ ]• 中山美穂• 木村一八• C-C-B• 藤井一子• 西川弘志• 土田一徳• 江端郁世• 長与千種• ライオネス飛鳥• ダンプ松本• ブル中野 ゲスト(第3シリーズ) [ ]• 勝野洋• 出門英• 島田洋七• 渡辺友子• 中村晃子• 立花理佐• 沢村悟郎• 南渕一輝• 塩川憲一• 芹沢直美 放送局 [ ]• - 制作局• 25局 - このうち、1987年9月までとのであったは、第1シリーズのみを放送した。 第1シリーズの終了後、同局は火曜21時台をとの同時ネット枠に切り替えた。 では第2シリーズまで放送していたが、1986年10月から1987年9月まで『』『』を放送していたため、この番組を含む火曜午後9時台のTBS系ドラマは再放送を含めて一度も放送されていない。 - 再放送が行われる。 脚注 [ ]• パート1、2は化もされている。 特にキッズ・ウォーシリーズでは、主人公・茜の男勝りな性格や兄弟の部屋に勝手に入り込むなど行動の多くが本作のまどかのそれと一致する他、パート3以降では大人達の歓談場として茜の母親のパート先でもあるサンドイッチカフェが登場する。 中山美穂が映画『』の撮影などで急激に過密スケジュールになり、止むを得ず撮影を遅らせることとなったため、パート2は12月放送開始になったことからの措置。 大晦日に放送された第4話は、他局の大晦日特番の影響で極端に視聴率が低くなることを想定し、3話からストーリーの繋がりの薄い番外編的な内容になっている。 DVDやでの再放送ではごく一部差し替えられているものがある。 のパッケージにもブリーフのイラストや写真カットを配していたが、パート2とパート3の中盤からは特に種類を換えた事情のくだりも無くに変更されている。 パート2では、番組オリジナルキャラクターが背面(お尻側)に大きくプリントされたブリーフや、文字がプリントされた(女性が着用)という変わり種のデザインも登場した。 2011年10月15日放送『』でのの発言より。 「テレビ視聴率季報(関東地区)」ビデオリサーチ。 『』 、1987年1月1日。 同日付の40面に掲載された1月2日のテレビ欄より。 外部リンク [ ]• - 前番組 番組名 次番組.

次の