五輪中止 違約金。 山本太郎が東京五輪を中止にする公約は都知事選で有利に働くか調査!|こあらの散歩道

立憲民主党、「慰安婦像を国会前に設置」「東京五輪の中止」が持論の宇都宮けんじ氏を応援へ!!慰安婦本人が「性奴隷は米国人を刺激する為に捏造した」と告発し、「五輪中止」は違約金以外に30兆円の経済損失だけど、それでいいの??

五輪中止 違約金

IOCとテレビ局間の契約があり、IOCは『絶対に駄目だ』と言っている。 時間が減ると違約金を取られるので、お金がかかってしまう」と語ったとのことである。 しかし、契約にかかわる法律論で言うならば、今回の事例は、歴史的な自然災害(つまり天変地異の類い)で、もとより予測不可能であった最大級の「事情変更」として、契約内容の変更を要求できる場合であろう。 古来、「法は常識の最低限である」と言われているが、常識的に考えて、「絶対に駄目だ」などと言う前に減額交渉をすることがまず先であろう。 コロナ禍の拡大防止は、誰もが否定できない世界共通の大義である。 それには全人類の命運がかかっており、現に世界中で危険を分かち合っている時に、一テレビネットワークの「得べかりし利益」(取りそびれる利益)の保障だけは不変だと考える「石頭」は、老練な政治家の発想ではない。 普通に合理的に考えてみれば、現状でも、来夏に五輪を開催するとして、必要な選手選考、事前合宿等の準備期間を考えれば、来春までに全世界でコロナ禍が収束するとは到底考えられない以上、もはや五輪の「中止」は見えている。 だからこれは不可抗力である。 従って責任はないとしても、政治的配慮からわが国も「損害金」の一部を分担することにしたとしても、今では既にバレてしまった電通、パソナ等の「中抜き」利権を整理すれば財源は捻出できるはずである。 思えば、竹田JOC前会長が記者会見で「私は決裁したが、その内容は知らなかったから責任はない」などと筋の通らない発言をしてフランス検察当局から追われている2億円余の誘致「賄賂」疑惑の件、常に日本(というよりも開催国)に過剰な財政負担をかけるように見えるIOC等、もはや「物欲」五輪のようなやり方は見直されるべき時であろう。 これもコロナ禍の教訓のひとつである。 小林節 慶応大名誉教授 1949年生まれ。 都立新宿高を経て慶大法学部卒。 法学博士、弁護士。 米ハーバード大法科大学院のロ客員研究員などを経て慶大教授。 現在は名誉教授。 「朝まで生テレビ!」などに出演。 憲法、英米法の論客として知られる。 14年の安保関連法制の国会審議の際、衆院憲法調査査会で「集団的自衛権の行使は違憲」と発言し、その後の国民的な反対運動の象徴的存在となる。 「白熱講義! 日本国憲法改正」など著書多数。 : : [34] 小林先生はあんまり出来の良くない憲法学者だが、危険負担は民法の債権法が規定するから、利口な民法学者が反論なり同調すべきだね。 でこの良くない市民が補うと、五輪行事を行うのは、政府IOC(債務者)で行事の放映権を入手するのはフェークニュース製造者と言われる放送会社等(債権者)放映権に関しては政府IOCは債務者だね、分かるね。 放映権を手に入れた放送会社は政府IOCに約定の放映料を支払う義務がある(債務者)。 危険負担というのは、債務者の責によらないで、目的物の全部(一部)が滅失する場合、どちらの当事者がその損傷を負担するか。 民法は特定物(債権者が負担)、停止条件付双務契約、このどちらでもない場合を規定するが、通常利権契約では、規定がある。 (英語が出来れば) コロナ戦争は、人工ウイルス(生物兵器)だから所謂ハザールマフィアが起こしたよね(日本政府にもIOCにも一部その一派がいるね)。 五輪の開催の可否を論じる場合と戦争による開催不能(一部の不能)は不可抗力(ACT OF GOD)と言えるかね?盆暗小林先生!緻密な頭脳が必要だね! 21. : : [28] ・ >既にバレてしまった電通、パソナ等の「中抜き」利権を整理すれば財源は >捻出できるはずである。 >既にバレてしまった電通、パソナ等の「中抜き」利権を整理すれば財源は >捻出できるはずである。 >既にバレてしまった電通、パソナ等の「中抜き」利権を整理すれば財源は >捻出できるはずである。 秋冬は桁違いになるだろう。 今でも青色吐息の店や会社は、とても無理だろう。 さっさと店仕舞するんだ。 ただし、国は失業手当を3年間保証する。 更に、資格取得費用も支援する。 感染率は感染者が112人でも分母が減ったので、逆に増えている。 陽性率もどんどん上昇して止まらない。 真夏でもこれだ。 このまま役立たずのGoToキャンペーンを実行すれば、 【 年金貰わずに高齢者はさっさとあの世にGoToキャンペーン!】だ。

次の

東京オリンピック「中止なら違約金1000億」はウソ 東京都知事選の主要候補者の五輪関係公約を見比べる|本間 龍 experience-ccra-in.ctb.com|note

五輪中止 違約金

東京オリンピック中止の賠償金はいくらになるのか試算していきます。 東京オリンピック中止・延期の可能性を否定 2020年1月末に中国・武漢で発生した新型肺炎・コロナウイルスは日本にも多くの感染者・死亡者を出し、3月1日に実施される東京マラソンにも影響し、一般参加の中止が行われました。 アジア地域で行われる予定だったスポーツイベントが開催延期・中止を決定していく中で、2020年7月から開催予定の東京オリンピックに関して安倍首相や大会組織委員会・会長の森喜朗は延期・中止の可能性を否定しました。 日本国内でも東京オリンピックの7月開催を延期すべきだという意見は、マラソンの開催地が夏の東京の気温を鑑みて札幌へと急遽変更になった時など、今までにも言われ続けていました。 でも、東京オリンピックの開催延期を促しており、世界的にも延期の動きが見られます。 実際に、2月12日から13日にかけて中国・杭州で行われる予定だったアジア室内選手権は中止されており、3月13日から15日にかけて中国・南京で行われる予定だった陸上の世界室内選手権も2021年3月に延期されました。 世界陸連はこの決定に際し、「WHO 世界保健機関 と連携し、コロナウイルスの拡大感染は依然として懸念レベルにあり、延期できる大規模な集会を誰も進めてはならない」と声明を発しています。 オリンピックに関しても、2022年の北京冬季オリンピックのテストイベントが北京北西部で2月15日から16日の予定で行われる予定でしたが中止になりました。 オリンピックに出場した選手たちも、コロナウイルスへの注意を促す発言をしています。 夏季オリンピックの水泳競技で10個のメダルを獲得したゲーリー・ホール・ジュニアは「アスリートの安全と健康は何よりも重要だ」と話しています。 東京オリンピックの費用総額:1兆3500億円 東京オリンピックを中止した際に考えられる賠償金を試算する上で、今までに東京オリンピックの開催に向けて、どれくらいの費用がかかっているのか? その総額を知る必要があります。 2019年12月20日に大会組織委員会はに予算報告を掲載しました。 現在、バージョン4になっており2018年12月21日に掲載されたバージョン3よりも30億円増額しています。 これは、マラソンの開催地が札幌へと変更になったための費用です。 組織委員会の予算では、 収入 支出 6300億円 6030億円 残り270億円は予備費 支出総額6030億円となっています。 6300億円の収入に対し、残された270億円は予備費として「今後予期せずに発生し得る事態等に対処するための予算」とされています。 大会組織委員会の予算だけでなく、全体を通した予算としては 項目 支出計 項目 支出計 恒久施設 3460億円 輸送 720億円 仮設など 3160億円 セキュリティ 880億円 エネルギーインフラ 520億円 テクノロジー 1090億円 会場整備小計 7140億円 オペレーション 1390億円 調整費・緊急対応費 200億円 管理・広報 650億円 マーケティング 1250億円 その他 180億円 運営費小計 6160億円 予備費 270億円 支出合計 1兆3500億円 もし、東京オリンピックが中止となれば、単純に予算として計上されている費用分のお金が無駄になる可能性が高いです。 もちろん新国立競技場は今後のイベント・コンサートなどでの利用が見込めたり、インフラ整備は今後も活用することが可能です。 ただし、運営にあたって発生した支出はそのままマイナスとなり得ます。 支出合計の1兆3500億円は、当初の小規模で経済的にも優しいオリンピックという目標からは大きく外れていますが、 今までに行われたオリンピックの支出額から考えると、一般的な金額ではあります。 直近のものからいくつか紹介すると 開催年 開催地 支出合計 利益 2018年 🇰🇷平昌冬季 1兆2900億円 +55億円 2016年 🇧🇷リオ夏季 1兆3100億円 ー2000億円 2014年 🇷🇺ソチ冬季 5兆1000億円 +53億1500万円 2012年 🇬🇧ロンドン夏季 1兆400億円 ー 2010年 🇨🇦バンクーバー冬季 1兆2600億円 +1億9000万円 このようになっています。 今の日本の置かれている状況を考えると、2016年のブラジル・リオオリンピックと似た結果になり得ます。 2016年のブラジルはジカ熱という伝染病の問題を抱えており、さらには治安が問題視されていました。 東京オリンピックも新型肺炎や東日本大震災による放射能汚染といった問題を抱えています。 仮に開催できたとしても、思っていたような売り上げが見込めずにリオオリンピックと同じように2000億円の赤字になり得ます。 それでも、東京オリンピックを中止にしてしまうよりはマシだと大会組織委員会やIOCは考えているのでしょうか。 によれば、東京オリンピック・パラリンピック開催によってその前後で32兆円の経済効果があると試算されています。 新たな雇用の創出も194万人規模で生まれると言われていますが、これらはすべて問題なく東京オリンピック・パラリンピックが開催すればの話です。 東京オリンピック開催中止の賠償金を試算:9135億円 今までにオリンピックが開催中止となった例は5件ありますが、第一次世界大戦・第二次世界大戦といった止むを得ない事情によるものだったこともあり、賠償金が発生したというデータは見当たりませんでした。 今回、東京オリンピックが新型肺炎を理由に開催中止となった場合に、IOCから賠償金を請求される可能性はありますが、 スポーツ選手や観客の生命を優先した判断と捉えて賠償金の請求はなされないものと考えられます。 ただ、もしIOCが賠償金を請求することを決定し、さらには東京オリンピック開催にあたりスポンサー契約をした企業や私たちチケットを購入した人たちが返金を求めた場合に、賠償金はいくらになるかを試算して見ます。 東京オリンピックの開催にあたり、予算を捻出するために• IOC負担金• スポンサー料• チケット代金• その他関連商品など が主な収入源となっています。 それぞれを明確に突き止めることはできませんが、によれば、 項目 金額 IOC負担金 850億円 TOPスポンサー 560億円 国内スポンサー 3480億円 ライセンシング 140億円 チケット売上 900億円 その他 370億円 収入合計 6300億円 このようになっています。 ライセンシングとは、スポンサーの一種で東京オリンピックの関連商品を販売したりロゴを使ったりする権利を買うことを指します。 国内スポンサーは62社に及びます。 企業数の内訳は 国内スポンサーの内訳 企業数 ゴールドパートナー 15社 公式パートナー 32社 公式サポーター 15社 このようになっています。 TOPスポンサーの中には日本企業として• トヨタ• ブリヂストン• パナソニック が含まれており、TOPスポンサーはIOCと個別に取引を行っています。 少なくとも収入として計上されている6300億円は賠償の対象となりますし、恒久施設費用などを含めれば1兆3500億円が賠償の対象になるでしょう。 ただし、この中には税金も含まれているので、どこまで補填されるのかは定かではないので、 6300億円を賠償の対象として考えることにします。 また、IOCは2013年から2016年までの収益源を次のようにしています。 項目 割合 テレビ放映権 73% 4157億円 TOPパートナー 18% 1003億円 その他の収益 5% 284億円 その他の権利 4% 227億円 2013年から2016年の間に夏季・冬季のオリンピックが行われており、その収益の合計が5671億円となります。 夏季・冬季や開催地や人気選手の存在などで変動しますが、単純計算で 夏季オリンピックの収益額は半分の2835億円となります。 IOCが東京オリンピックの負担金だけでなく、本来見込めるはずだった収益も賠償しろと言ってくれば2835億円も賠償の対象となりえます。 さらに、予算として組み込まれていませんが日本企業の中には東京オリンピック・パラリンピックに合わせて改装したホテルなどもあるので、そうした企業も損害賠償を請求すればさらに総額は膨らみます。 まとめると次のようになります。 項目 金額 スポンサーなど 6300億円 IOC 2835億円 賠償金合計 9135億円 今までにオリンピック中止による賠償金が支払われたという話が見当たらないため、実際に賠償請求されればどうなるのかが定かではありません。 TOPスポンサーの多くは外国企業であり、放映権をすでに購入しているテレビ局は世界中に存在します。 そのことを考えれば、9135億円ではまったく足りないと言えるでしょう。 オリンピック中止の賠償金の財源:増税 万が一、東京オリンピックが中止になり、賠償金の請求が行われた場合、 IOCの請求を拒否することは事実上不可能です。 東京都と日本政府が連帯して賠償する義務を負います。 では、その財源はどこから出るのでしょうか? 予備費は270億円存在しますが、全く足りません。 考えたくはありませんが、支払えない負債のしわ寄せは私たち国民に押し付けられる可能性が高いです。 企業を守るために法人税を下げる代わりに税収全体はさほど増えていないにもかかわらず、そのしわ寄せは消費税の増税に姿を変えました。 同じように、消費税の増税が東京オリンピック中止の賠償金のために行われるかもしれません。 オリンピック辞退・返上の違約金やペナルティは? オリンピック辞退・返上の違約金やペナルティはどのようになっているのでしょうか? オリンピック辞退・返上の違約金:IOCからの賠償請求の可能性 オリンピックの開催取り消しに関する規約がオリンピック憲章に記載されています。 36 責任-オリンピック競技大会の開催取り消し 1. NOC、 OCOGおよび開催都市はオリンピック競技大会の組織運営と開催に関して各自で、 または3者そろって結んだ約束に対し、 連帯して、 かつ各自で責任を負う。 ただし、財政的な責任については、 開催都市と OCOGの両者が連帯し、かつ各自で負うものとする。 このことはとりわけ規則 33 付属細則により与えられる保証から発生する可能性のある、 両者以外の関係者の責任に影響を及ぼすことはない。 IOC はオリンピック競技大会の組織運営と開催 について、 なんら財政的な責任を負わない。 NOC、 OCOGあるいは開催都市によるオリンピック憲章違反、 IOCの規則や指示の不履行、 または義務違反があった場合、 IOCは開催都市、 OCOG、 NOC によるオリンピック競技大 会の組織運営を取り消す権限を有する。 この取り消しはいつでも行うことができ、 即時有効となる。 開催取り消しにより生じる損害に対する IOC の賠償請求権は保証される。 開催が取り消された場合、 NOC、 OCOG、 開催都市、 開催都市の国、 その政府、 その他の公的機関、 または都市、 地方、 州、 県、 その他の地域、 あるいは全国レベルのその他の関係者のいずれも IOC に対し、 いかなる形態の補償も要求することはできない。 引用: あくまで「オリンピック憲章違反、IOCの規則や指示の不履行または義務違反」があった場合に関するものなので、新型肺炎に伴って中止をした場合が当てはまるとは言えません。 現実的に考えれば、むしろスポーツ選手や観客のことを思った英断とも言えるため、IOCが中止による賠償請求を行うとは思えません。 しかし、あくまでも IOCは賠償請求の権利を持っているため、可能性がゼロだとは言い切れません。 過去にオリンピックが中止・返上されたことはありますが、近年の商業的なオリンピックになる前に起こったものなのであまり参考にはなりません。 第二次世界大戦などの戦争を理由としていないものには、1976年のデンバー冬季オリンピックが自然破壊を理由に住民による反対運動が行われ、1972年に返上が決定しています。 返上したとしても、オリンピック大会の実施まで4年の猶予があることや時代的な要因もあり、東京オリンピックが今から反対運動で返上した場合にどうなるかは未知数です。 オリンピック辞退・返上のペナルティ:IOC資格停止の可能性 オリンピック辞退・返上によるペナルティは オリンピック憲章には特に明記されていません。 あくまでもオリンピック憲章違反や不履行・義務違反があった場合にはペナルティがあるという形です。 事情を踏まえればこちらも賠償金・違約金と同じく、ペナルティとして資格を剥奪される可能性は低いと考えられます。 ただし、IOCの決めたことが絶対でもあるため、• 日本がIOC資格の停止・剥奪• 国際大会に参加できない といった決定がなされる可能性はゼロではありません。 まとめ ・東京オリンピック中止・延期の可能性を否定 アジア地域で行われる予定だったスポーツイベントが開催延期・中止を決定していく中で、2020年7月から開催予定の東京オリンピックに関して安倍首相や大会組織委員会・会長の森喜朗は延期・中止の可能性を否定しました。 ・東京オリンピックの費用総額 支出合計の1兆3500億円は、当初の小規模で経済的にも優しいオリンピックという目標からは大きく外れていますが、 今までに行われたオリンピックの支出額から考えると、一般的な金額ではあります。 ・東京オリンピック開催中止の賠償金を試算:9135億円 スポンサーなどに6300億円、IOCに2835億円と考えた場合の賠償金の合計は9135億円に上ります。 ・オリンピック中止の賠償金の財源:増税 消費税の増税が東京オリンピック中止の賠償金のために行われるかもしれません。 ・オリンピック辞退・返上の違約金:IOCからの賠償請求の可能性 あくまで「オリンピック憲章違反、IOCの規則や指示の不履行または義務違反」があった場合に関するものなので、新型肺炎に伴って中止をした場合が当てはまるとは言えません。 ・オリンピック辞退・返上のペナルティ:IOC資格停止の可能性 オリンピック辞退・返上によるペナルティは オリンピック憲章には特に明記されていません。 いつもたくさんのコメントありがとうございます。 他にも様々な情報がありましたら、またコメント欄に書いてくださるとうれしいです。 カテゴリー•

次の

れいわ山本氏 公約に五輪中止

五輪中止 違約金

3月24日、安倍総理は緊急の記者会見を開き、東京五輪の1年程度の延期でIOC会長と合意したと発表した。 まさにお見事というほかない。 まずは中止を回避させた。 もし中止の場合、日本国民の経済的な損失は計り知れなかった。 また、これにより、五輪需要による景気刺激策は1年長引かせることも可能となった。 しかも、1年程度であることから春などの猛暑以外の時期の可能性も切り開いたのである。 また、IOC会長との合意により、違約金も発生しない。 名称も東京2020のままなので、グッズもそのまま使える。 では、この大成功の電撃発表をご紹介しよう。 安倍総理、東京五輪の1年延期でIOC会長と電話会談で合意!中止による30兆円の損失を見事に回避!景気対策が1年間続くことに!! 3月24日夜、安倍総理はIOCのバッハ会長と電話会談を行い、東京五輪の延期で合意した。 東京オリンピック・パラリンピックをめぐり、安倍総理大臣は、IOC=国際オリンピック委員会のバッハ会長と電話会談し、1年程度の延期を提案したのに対し、 バッハ会長は、全面的に同意する意向を示し、遅くとも来年夏までに開催することで合意しました。 安倍総理大臣は、24日夜8時から、およそ45分間、総理大臣公邸で、IOCのバッハ会長と電話会談を行い、大会組織委員会の森会長や東京都の小池知事、橋本担当大臣らも同席しました。 会談で、安倍総理大臣とバッハ会長は、選手や各国の競技団体などの意向を踏まえ、東京オリンピック・パラリンピックの中止はないということを確認しました。 引用元 まさに大戦果である。 中止が危ぶまれ、国内外の無責任なメディアや詐欺罪で服役したことのある本間龍氏などが中止だ、中止!とあおってきた東京五輪を、見事守り切ったのである。 もし中止になっていれば、30兆円もの経済的ダメージになっており、商店街や民泊経営者から多くの企業が倒産や破産になるところであったが、これの回避にまずは成功した。 国民としては、まずは安堵というところだ。 しかも、日本から延期や中止を言い出せば違約金が発生するという極めて難しい交渉であったと思われるが、こうした状況での交渉に安倍総理とそのチームは見事に成功したのである。 IOC会長と合意した形式にすることで、違約金の発生を防いだのだから、安倍政権の見事な寄り切り勝ちだ。 しかも、1年間の延期を勝ち取ったことで、五輪需要は1年間長引くことになり、景気対策への新たな活用も可能だ。 これは現在のコロナによる世界同時不況に向かい合う意味でも有効な取り組みになりうるだろう。 開催を「おおむね1年」延期することで、猛暑以外の開催可能性も切り開く! しかも、安倍総理は「最高のコンディションでプレーできる、おおむね1年」の延期に成功した。 これは非常に重要な意味を持つ。 そして、 安倍総理大臣が、「開催国・日本として、現下の状況を踏まえ、世界のアスリートの皆さんが最高のコンディションでプレーでき、観客の皆さんにとって、安全で安心な大会とするためにおおむね1年程度延期することを軸に検討してもらいたい」と述べたのに対し、 バッハ会長は、「100%同意する」と述べ、東京大会は延期せざるをえないという認識で一致しました。 そして、 安倍総理大臣とバッハ会長は、IOCと大会組織委員会、東京都など、関係機関が一体となり、遅くとも来年夏までに開催することで合意しました。 引用元 つまり、「遅くとも来年夏までに開催」ということになるということは、我国は開催時期に関する自由度を得たことだ。 これにより、五輪開催の時期を猛暑の時期から外し、気候が穏やかな春や初夏に開催することも可能になったということだ。 これも大手柄だ。 名称は東京2020のままでグッズもそのまま使用可能!!聖火は1年間福島に安置され、復興にも貢献! また、安倍総理は、バッハ会長と「東京2020」の名称を維持することで合意した。 これにより、多くのグッズや文書がそのまま使えることになった。 声明には、聖火が日本に大会が開催されるまでとどまること、延期時期に関わらず『Tokyo 2020』の名称が維持されることも盛り込まれた。 (中略) 同日夜に記者会見した森喜朗・組織委会長は聖火について「当面は福島に置くことになるだろう」と述べた。 引用元 また、聖火は福島にとどめ、時期を見てリレーを再開することに含みを持たせた。 聖火は再開まで福島県に安置されることになり、新たな復興のシンボルや名所になりそうだ。 安倍政権、東京五輪を人類史上に残る意義づけにも成功!! また、安倍総理とそのチームは、東京五輪を人類史上に最も印象に残るオリンピックの一つにすることに成功した。 この東京五輪を、新型コロナウイルスという戦争に勝利した人類の平和の祭典として位置づけることに、安倍総理はバッハ会長を説得し、成功したのだ。 会談のあと、 安倍総理大臣は記者団に対し「今後、人類が新型コロナウイルス感染症に打ち勝った証しとして完全な形で東京大会を開催するためにバッハ会長と緊密に連携していくことで一致した。 日本は、開催国の責任をしっかりと果たしていきたい」と述べました。 引用元 まさに災い転じて福となす。 この言葉そのままに安倍総理は、難しい交渉を成功させただけでなく、東京五輪を災厄に見舞われた世界の復興の象徴というかつてないオリンピックにすることに成功したのだ。 そしてこの五輪延期は、現在のコロナによる経済的なダメージの中では、経済対策上も極めて有効である。 今こそ、国民が一丸となってこの人類史上に残る五輪として東京五輪を成功させよう!.

次の