あかざ どう ま。 「・・・どういうこと?」うちのトイプがデレツン/犬のおしりにしかれてます。(26)(毎日が発見ネット)

「・・・どういうこと?」うちのトイプがデレツン/犬のおしりにしかれてます。(26)(毎日が発見ネット)

あかざ どう ま

鬼滅の刃:上弦の参の猗窩座(あかざ)とは? 上弦の参の名前は猗窩座(あかざ)です。 猗窩座(あかざ)は無惨から直々に特別な任務を与えられており、行動範囲が非常に広いのが特徴的。 通常の人喰い鬼は狩場(テリトリー)にこもることが多いですが、猗窩座(あかざ)はアクティブ。 上弦の参 猗窩座だ。 報告を任命しているということは、猗窩座(あかざ)は無惨が信頼する鬼の一人ということがわかりますね。 猗窩座(あかざ)の外見はピンクの短髪で、細身の筋肉質な体。 それほど身長が高い見た目ではなく、少年から青年といった見た目。 顔を含めた全身に藍色の線状の文様が浮かんでいることが特徴で、足と手の指先は同じ色で染まっています。 俺は上弦の参、猗窩座だ。 初の札の為、迎えは多めにさせてもらう。 人間も鬼もそれ以外でも好きに反応するといい。 しかしそんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)は言動が理路整然としています。 このため猗窩座(あかざ)は、戦闘では正面からの勝負を挑み、強者との戦いの中でも冷静さを失わず、敬意すら払うことも。 強者と認めれば戦闘相手にも笑顔を向け、その技を称賛したり相手を鬼へと勧誘したりなどをします。 しかし一方で猗窩座(あかざ)は、すぐに死んでしまう人間という種族を見下し、怪我や病気がすぐに完治する鬼という種族を賛美する価値観の持ち主。 鬼になったのは18歳の頃で、人間の時の名前は狛治(はくじ)。 鬼舞辻無惨から勧誘を受けた際に 「十二体程強い鬼を作ろうと思っているんだ」という発言があるため、猗窩座は十二鬼月の初期メンバーだと考えられます。 上弦の参の猗窩座(あかざ)の能力は? それでは、上弦の参である猗窩座(あかざ)の能力を見ていきましょう! 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・破壊殺(はかいさつ) 身体能力を強化し、その状態から徒手空拳による技を放つ。 身体能力を高め、その状態から徒手空拳の技を放ち、術式展開することで効力を発揮します。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・羅針(らしん) 『術式展開(じゅつしきてんかい)』と称し武道に従う構えをとり、足元に自らを中心とした雪の結晶を模した陣を出現させます。 闘気を感知して動きを読み取る術であり、これにより死角からの奇襲も易々と対処出来る、チート級の技。 猗窩座(あかざ)の能力:血鬼術・空式(くうしき) 中距離面制圧に用いられる、拳圧の乱打。 拳撃による絶大なインパクトを虚空へと打ち込むことで衝撃波を発生させ、距離の離れた対象を打ち砕きます。 インパクトから衝撃の到達までのタイムラグもほぼゼロであり、並みの鬼殺隊士では近づく事すら許されない。 拳撃を虚空に打ち込み、衝撃波を発生嗄声何尺も離れたところにいる相手に届かせます。 並みの剣士では、近づくことすらできません。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・乱式(らんしき) 拳打による連携・乱打。 いわゆる近距離乱舞技。 拳打による連携、高速乱撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・冠先割(かむろさきわり) 背後の相手を下から蹴り上げる。 ほんの僅かに掠っただけでも出血を免れぬ威力。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・流閃群光(りゅうせんぐんこう) 中段から上段にかけての連続蹴り。 受けた相手をはるか彼方にまで吹き飛ばす。 片足で立ったまま連続して蹴りを繰り出す高速の連続攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・脚式・飛遊星千輪(ひゅうせいせんりん) 近距離から上に向かって蹴りあげる。 冠先割と同様、防御しても吐血は免れない。 流閃群光が片足で立ったままでの連続攻撃に対して、飛遊千輪は左右交互にけりを繰り出しながら相手を追い詰めていく攻撃。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・万葉閃柳(まんようせんやなぎ) 頭上に拳を振り下ろす その破壊力は絶大で地面を砕き割るほど。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・砕式・鬼芯八重芯(きしんやえしん) 左右四発合計八発の乱打を放つ。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・滅式(めつしき) 絶技。 煉獄杏寿郎が全身全霊を込めて放った奥義に、正面から一方的にぶつかり、かつ凄まじい威力と疾さを誇る。 猗窩座(あかざ)の能力:破壊殺・終式・青銀乱残光(あおぎんらんざんこう) 滅式に並ぶ大技。 全方向に同時に百発の乱れ打ちを放つ。 受けを得意とする水の呼吸を極めた冨岡義勇をして不可避と言わしめる威力と速度を誇る。 上弦の参である猗窩座(あかざ)はどれぐらい強い? 無惨直下の鬼として存在するのが、。 その中で上弦の鬼の6人は、あり得ないぐらいの戦闘能力を持っています。 そんな中でも、上弦の参である猗窩座(あかざ)はかなりの強さ。 そんな強さを見ていきましょう。 猗窩座(あかざ)は炎柱・煉獄杏寿郎を倒すほどの強さ 炭治郎と炎柱である煉獄杏寿郎が、十二鬼月の「下弦の壱」を預かる鬼・魘夢(えんむ)を倒した直後、鬼舞辻の指令によって猗窩座が現れました。 猗窩座は煉獄の強さを賞賛し同種の鬼にならないかと勧誘しますが、煉獄は拒否。 そのまま戦闘に突入します。 猗窩座は、他の鬼とは一線を画す力量と再生能力によって次第に煉獄を追い詰めて致命傷を与えますが、動きを封じられて顎に刃を叩き込まれてしまいます。 鬼の弱点である太陽の光が差し始めて焦った猗窩座は、自らの両腕を引きちぎってその場を離脱。 その行動を目にした炭治郎から「逃げるな卑怯者!! 逃げるなァ!!!」と罵倒されて心の中で激昂しながらも、己の命を守るために戦場を後にしたのでした。 この時のダメージで、炎柱である煉獄杏寿郎は亡くなってしまいました。 この時に残したは、鬼滅の刃ファンにとってかなり心に残るものです。 煉獄杏寿郎と炭治郎が、下弦の壱である魘夢と上弦の参である猗窩座との対決が、いわゆる 鬼滅の刃のファンにとって、ものすごく印象的なストーリーなのです。

次の

鬼滅の刃18巻の泣けるシーンを紹介!猗窩座(あかざ)の過去に涙!

あかざ どう ま

鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 配下の精鋭メンバーで十二鬼月の次席に位置する童磨 どうま。 表向きの顔としては人間社会で、新興宗教「万世極楽教」の教祖を務めています。 新興宗教「万世極楽教」の教祖夫婦の子として生まれた童磨 どうま。 身体的特徴としては、虹色がかった瞳、白橡色 しろつるばみ の髪といった容姿に加え高い知性を併せ持っており、 「神の声が聞こえるに違いない特別な子」として祭り上げられて育ってきました。 だが童磨 どうま 自身は、神の声なんて一度も聞こえたことはなく、両親や信者たちに望まれるような「神の子」を演じながらも無神論・唯物論者であり 、周囲に合わせて演技をしていたに過ぎません。 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 状況に合わせて表情をコロコロ変えるので一見感情豊かに見えるが、それらは全て演技で、生まれつきなのか後天的なのか喜怒哀楽といった強い感情はありません。 快・不快程度の弱い情動のみ有り、実は共感性も欠如しています。 しかし利己主義や虚言といった傾向は見られず、反射的に人間を演じているように見えます。 童磨 どうま は、女性狂いの父親が信者の女に手を付け続けたことで、半狂乱になった母親に父親は滅多刺しにされて殺されるという過去を持っています。 その後、母親が服毒自殺を遂げたことに対して 「部屋を汚すな 」「換気しなきゃ 」と言っただけでした。 色狂いの父や、そんな父に憎しみを抱く母のもとに育ち、幼い頃から教祖として崇められてきたという、特殊な境遇から自分の心を守るために潜在的に感情に蓋をしたため、感情面が欠落したのかもしれませんね。 そして、20歳の時に鬼舞辻無惨によって鬼化します。 童磨 どうま の信念は、愚かな行為や苦しみに悩む人間を喰うことで解放し、童磨 どうま 自身の一部として永遠の存在にして救済するという、童磨 どうま の考え方での「善行」を行動原理としています。 また 「男よりも女を喰うほうが強くなれるから」という理由で女を好んで喰っています。 戦いでは、鋭い刃のような2つの扇を武器とし、自らの血を凍らせ冷気を操る血鬼術を使います。 一見単純に見える血鬼術ですが、その危険度は上弦の中でも随一の殺戮の力を持っています。 広範囲高威力で、技の数も豊富で、全ての技で出てくる冷気を吸うと肺が凍りついてしまい、鬼殺隊の要である呼吸による身体強化を封殺します。 この技を素早く繰り出してくるので、上弦の弐を預かるに相応しい非常に強力かつ凶悪な血鬼術の持ち主と言えます。 無感情が故に、思考に感情を差し挟まないためどんな時も常に冷静さを保ち、相手を嘲り煽るような言動とともに冷静な戦略で戦闘を行います。 しかし不思議なのは、自身の分身を少なくとも6体までは出現させられるという驚異的な技の持ち主だったのに。 童磨 どうま は実際の戦いの中ではこの技を出さなかったが、出せばまず負けることは無かったでしょう。 なぜこの技をあえて出さなかったのか? 童磨 どうま は潜在意識の中の罪悪感から、自分で死を選んだように思えるのですが。。。 童磨 どうま ってどんな鬼?猗窩座 あかざ との関係は? 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 上弦の参のは、自分より上位である上弦の弐の童磨 どうま に対してかなり悪態をついています。 無限城での上弦の集まりでは、猗窩座 あかざ が童磨 どうま に対してかなり怒っているように見えました。 しかし童磨 どうま は猗窩座 あかざ のことを 「一番の友人 」と言っていました。 そんな猗窩座 あかざ と童磨 どうま の仲についてリサーチしてみました。 猗窩座 あかざ は童磨 どうま を嫌っている? 猗窩座 あかざ は上弦参で、童磨 どうま は上弦の弐なので、強さが全ての鬼の世界では童磨 どうま の方が偉いということになります。 格上なのに友好的に接する童磨 どうま に対して、それでも猗窩座 あかざ は反抗的に接するのは童磨 どうま のことをどうしても許せないと思うものがあるのでは?と思えます。 猗窩座 あかざ と童磨 どうま が一緒にいた場面は、無限城に集められた一度だけで本当にわずかな時間で少しの会話しかしていません。 上弦の弐である童磨 どうま の方が猗窩座 あかざ よりも格上なんですが、猗窩座 あかざ は遠慮なく童磨 どうま の顔を吹き飛ばしています。 確かに、童磨 どうま が猗窩座 あかざ の気持ちも考えず思いついたことを言ってる所は気に障るかもしれませんが、猗窩座 あかざ のした事は有り得ないように思います。 現代なら、即アウトですよね! これはただ単に、猗窩座 あかざ がキレ易くて、礼儀をわきまえていない、、、からかもしれません。 例えば無限城で童磨 どうま が猗窩座 あかざ に話しかけているのには無視して去っていきます。 猗窩座 あかざ は、上昇意識が強く負けず嫌いです。 しかし、話し掛けてきている上司を無視するのはよほど何か気に入らないことがあるのか、どうしても生理的に合わないからではないかと思います。 まぁ無限城で早々にイジろうとしてきたに対してもスルーしているので、基本的にイジッてくる者は相手にしていないのかもしれませんが。 もしかしたら猗窩座 あかざ は、童磨 どうま を嫌いというよりも軽蔑しているのかもしれません。 に対して敬意のかけらも感じられませんから。 基本的に猗窩座 あかざ は「強者を好む」嗜好ですが、自分よりも格上の童磨 どうま には敬意を払わないことから、タイプが正反対なので理解出来ないということも考えられます。 一方童磨 どうま は猗窩座 あかざ のことを 「一番の友人 」と言っており、どちらかと言うと仲が良いという認識のようですね。 まぁ、この言葉が童磨 どうま の本心ならばですけどね。 しかしよくよく考えてみると、童磨 どうま は感情が無いに等しいので、何をもって仲が良いと思っているのかが疑問ですが。 もしかしたら童磨 どうま は、猗窩座 あかざ が殴ったり軽蔑する行為もすべて『仲良しのスキンシップ』の一環だと勘違いしている可能性もありますね^^; 猗窩座 あかざ は童磨 どうま と食の好みが違うから合わない?! 童磨 どうま は人間の女性だけを食べています。 理由は童磨 どうま いわく 『女性は栄養価が高いため』だそうです。 確かに童磨 どうま が出てくる場面では、必ずと言っていいほど女性を引きずっていますね。 一方猗窩座 あかざ は、女性を食べないどころか襲いもしていません。 女性を襲わないのは猗窩座 あかざ の過去が関係しているように思います。 大切な婚約者を守れなかったという忸怩 じくじ たる思いが、女性は襲わないというポリシーにさせたのではないかと考えられます。 『女性を襲わない』という猗窩座 あかざ にしてみれば高尚な決め事から考えると、女性専門で食事をする童磨 どうま の男らしくない考えには不快感を感じて、好きにはなれない一因になっているのかもしれませんね。 しかし、栄養価が高い女性を限定して食事をしているためか、童磨 どうま の強さは猗窩座 あかざ よりも上です。 それだけが原因かどうかは分かりませんが、、 ただ猗窩座 あかざ が童磨 どうま のことを好ましく思っていないのには、もう一つ理由があるみたいです。 猗窩座 あかざ は童磨 どうま よりも先に鬼になったと言われています。 だから、童磨 どうま に順位を追い越されたということになります。 強さに対して誰よりも異常に固執している猗窩座 あかざ からすれば、自分より後に鬼化した童磨 どうま に抜かれるのは相当屈辱な事だったでしょう。 それも大きいかもしれませんが、下剋上の世界はそんなこと沢山有りますけどね。 童磨 どうま ってどんな鬼?伊之助との関係は? 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 童磨 どうま は、無限城での伊之助との戦いの時、の素顔を見て見覚えがあると言いましたが、伊之助は童磨 どうま と会ったことがないと言います。 記憶を見てみようと、自分の頭にブスッと指を入れ記憶を探る童磨 どうま。 それにより、15年前に赤ん坊を抱えた17~18歳の女の子が旦那の暴力に耐えかねて極楽教に逃げてきた。 その女の子と伊之助が同じ顔だと、その子がだと童磨 どうま は言います。 しかし伊之助は、自分を育てたのはイノシシであり、母親はいないと言って童磨 どうま に伊之助は斬りかかります。 逆に斬られてしまう伊之助に、童磨 どうま は伊之助の母を喰らうつもりはなかったと言い、彼女はいつも「ゆびきりげんまん」の歌を歌っていたと伝えます。 「ゆびきりげんまん」の歌と聞いて、伊之助は母の記憶を蘇らせます。 伊之助の母親は、亭主からひどいDVを受けいていました。 それに姑からも毎日いじめられていたようです。 我慢の限界に達した伊之助の母親は、家から逃げ出しました。 逃げた先で出会ったのが極楽教でした。 上弦の弐・童磨 どうま は表向きの顔として、宗教の教祖をしており伊之助の母はその宗教の信者の一人になったのです。 人懐っこい伊之助の母は、童磨 どうま のお気に入りになり、童磨 どうま は伊之助の母は食べずに死ぬまで傍に置いておくつもりでした。 でも、童磨 どうま は伊之助の母を食べるつもりはなかったとしても、人を食べる鬼のところにはいられないですよね。 伊之助の母は、歌が好きで毎日赤ちゃんの伊之助に歌を聞かせてあげていたようです。 いつも笑顔で歌っていたので、赤子だった伊之助の脳裏にその歌声と笑顔は刻まれていました。 ある日伊之助の母は、童磨 どうま が信者を喰らっていることに気付き、を抱いて極楽教を飛び出したのです。 森の中を逃げますが、道に迷ってしまい崖の上に出てきます。 童磨 どうま に追いかけられ、伊之助だけでも助けようと、崖の上から伊之助を落とします。 そして伊之助の母は童磨 どうま に殺されてしまいました。 その後、伊之助はイノシシに助けられ育てられました。 以前、伊之助はしのぶと交わした指切りげんまんにどこか懐かしいものを感じていました。 きっと伊之助の母がよく歌ってくれた指切りげんまんを思い起させたのでしょうね。 自分の母と母を感じたしのぶの二人を殺した童磨 どうま を許すわけにはいかない!!と思った伊之助。 真実を知った伊之助は、凄まじい怒りとショックに震える思いだったでしょう。 そしてカナヲとの連携、間接的にはしのぶとも連携して、童磨 どうま を倒すことが出来、母としのぶの敵を討つことが出来ました。 この時も、最後まで童磨 どうま はヘラヘラした感じのままでした。 しかし個人的には、童磨 どうま は自分のポリシーを貫徹したようにも見えましたけどね。 童磨 どうま ってどんな鬼?しのぶとの関係は? 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 童磨 どうま は無限城の一室でしのぶと遭遇します。 その時、童磨 どうま は信者と思われる何人もの女性を食い散らかしていました。 童磨 どうま は信者を喰いながら、自分なりの無茶苦茶な持論を振りかざすので、は激怒します。 そしてしのぶを見て、「美味しそう」と言います。 また童磨 どうま は、生まれて初めて自身の感情が昂ぶっていることに気付きます。 初めて感じた感覚に「これが恋というやつかなぁ」と言い、こんな感情が存在するのだから天国も地獄もあるのかもしれないと、ハイテンションでしのぶに「俺と一緒に地獄へ行かない?」と口説きます。 また、かつて童磨 どうま が殺したしのぶの姉カナエの死の際の状況を、淡々と悪ぶる様子もなく話す童磨 どうま に対してしのぶは 「つらいもなにもあるものか!この羽織に見覚えはないか?」と言います。 鬼滅の刃 吾峠呼世晴/集英社より引用 戦いに際して、しのぶは上弦の弐の童磨 どうま が女を喰うという情報を事前に手に入れており、自分の体に毒を仕込みあえて喰われることで倒すことを画策していました。 約1年間かけて、の全身に仕込まれた毒は総量37kg。 致死量の70倍に相当する毒を摂取した童磨 どうま は、全身がドロドロに崩れ落ちます。 さすがにそれだけ大量の毒を無毒化することは出来ず、弱体化したところをカナヲと伊之助がトドメを刺す形で、しのぶは童磨 どうま を倒す上で大きなアシストをしました。 しかし、初めてときめく恋というものを感じたのに、その相手にすぐに殺されるとは、、、 童磨 どうま に少し同情の思いも出てしまいました。。。 データ容量を気にすることなく、中には丸ごと1冊無料で読めるものもあります! 「今週の無料の本」というページに行くと全ページ立ち読みできる漫画が陳列されています。 これはアプリでなくプラウザでも読めます。 なのでMacを使っている方には嬉しい対応です。

次の

お金があればしあわせなの?『こころのえ?ほん』

あかざ どう ま

下記クリックで好きな項目にジャンプ• 【鬼滅の刃】童磨 どうま と猗窩座 あかざ 強さはどっちが上? 童磨と猗窩座の強さ比較ですが、 上弦の弐である童磨の方がやはり強いです。 十二鬼月は強さによってランク付されていますので、位の高い童磨の方が猗窩座よりも強いことになります。 猗窩座と童磨どっちが強いか いや童磨だろ — 元に戻りました。 椎名です。 童磨は性格的に本音しか話せないような節があるので、上記の発言は恐らく本質を得ているものだと思われます。 童磨 どうま と猗窩座 あかざ は入れ替わりの血戦をやった? 自分の位を上げるには 「入れ替わりの血戦」をやらないといけないようです。 「猗窩座殿を追い抜いた」という童磨の発言からすると、童磨は「入れ替わりの血戦」を経て 猗窩座を倒しているのでしょう。 妓夫太郎と堕姫を鬼にしたときは童磨はまだ上弦の陸でしたが、その後「入れ替わりの血戦」によって上弦の弐まで上り詰めたようです。 原作で猗窩座と童磨の戦闘シーンはありませんが、「入れ替わりの血戦」という制度が明らかになったことで、猗窩座は童磨に破れている可能性が大きくなりました。 肉弾戦では上位の強さを持っている猗窩座ですが、血鬼術も含めると強さに差が生じて来るのかもしれません。 【鬼滅の刃】童磨 どうま と猗窩座 あかざ の血鬼術や能力を比較! 童磨と猗窩座の血鬼術や能力は全く異なります。 上述した通り、 血鬼術や能力が2人の強さの差を生んでると思われます。 まずはそれぞれの血鬼術や能力の強みを見ていきましょう。 羅針は相手の闘気に反応して死角を攻撃したり、攻撃を回避したりできる血鬼術で、猗窩座の戦闘の基本能力です。 この血鬼術の能力は一見地味ですが、相手の闘気が強ければ強いほど羅針が反応して 効果的な行動が可能になるという凄まじい能力です。 原作でも猗窩座の使う強力な羅針の能力に、煉獄杏寿郎や冨岡義勇、竈門炭治郎も相当苦戦していましたよね。 また猗窩座は体術を駆使した戦闘能力がかなり高く、人間の体など簡単に貫いてしまいます。 体術を極めた猗窩座は武器を使う相手でも素手で戦う事ができ、 破壊殺・羅針と組み合わせた強さはまさに修羅。 羅針を駆使した接近戦のみで言えば、猗窩座は童磨に引けをとらない気もします。 関連: 童磨 どうま ・分身の血鬼術がチート能力で強すぎ! 対する童磨の血鬼術は 凍てつく血を使った広範囲の攻撃です。 冷気を使って凍らせることも可能だし、氷を作って攻撃することも可能です。 それにプラスして鋭い扇子での攻撃などもあり、遠近両用の血鬼術と攻撃が可能です。 童磨の血鬼術は氷属性で周辺を凍らせるため基本防ぐ術がありませんから、それだけでも相当ぶっ飛んだ血鬼術と言えます。 さらに 自分と同じ強さの分身を複数体作れるというのもあり、童磨の血鬼術はチート級の能力と言われています。 童磨の影分身、全員がセル並の強さのセルジュニアってことよね…どんだけチートだよ!どんだけ人喰って来たんだよ! しのぶさんやったれ~~!!!! — ケアレ・スミス dongori1000dai このチート級の血鬼術を使われたら本体に近づくことすらままならないので、接近戦が得意な猗窩座はまともに戦闘ができないかもしれません。 接近での肉弾戦を主とする 猗窩座からしたら広範囲で攻撃してくる童磨は相性最悪でしょうね。 それに加えて、広範囲でチート級の血鬼術を使うとなれば、 猗窩座に勝ち目はなさそうです。 鬼となったのは猗窩座のほうが先ですし、強さに対する探究心というか追求心も猗窩座の方が上のような気がしますが、なぜ童磨は猗窩座よりも強い鬼になることができたのでしょうか? 童磨 どうま は女性しか喰わない 童磨は基本女性の人間しか喰わないようです。 童磨いわく、女性は赤ちゃんを育てるための栄養を持っているため、多く食うことで早く強くなれるのだとか。 鬼滅の刃のファンブックでも童磨が女性ばかり喰う理由を「女性の方が男性よりも栄養が豊富だから」と書いています。 たしかに童磨は原作でも毎回女性を片手にもって登場し、ひたすら女性を喰っていたイメージがあります。 童磨は猗窩座よりも後に鬼になったのに追い越してごめんね〜みたいなやりとりしてたけど、人を食した数は童磨の方が圧倒的に上ってことだよね…?鬼の強さは人を食べた分…。 童磨は女子供とか関係なく積極的に食べてそうだもんな… — つきみより thukimiyori 「鬼の強さは人間を喰った数で決まる」と言われていますが、女性を喰っている描写が多い 童磨は人間を喰った数がとても多い可能性があります。 その中でも栄養豊富な女性に絞っているため効率的かつ爆発的に強さを伸ばしていったと考えられます。 いつもは飄々 ひょうひょう としている童磨ですが、腹の底では強さに対する思いが実は強いのかもしれませんね。 猗窩座 あかざ は女性を喰わない 一方の 猗窩座は女性を喰うことがないのだとか。 童磨の証言では、猗窩座は鬼なってから女性を喰ったことも命を奪ったこともなかったようです。 弱者を嫌う猗窩座ですが、「女性は守るもの」という人間時代の心理が働いているのかもしれません。 女性ばかりを喰う童磨に対して、全く女性を喰わない猗窩座。 童磨と猗窩座の強さに差が出てしまったのは、この部分が理由になっていると考えられますね。 しかも鬼滅の刃のファンブックにも載っていたんですが、 「猗窩座は人を喰うよりも鍛錬に費やす時間の方が多かった」みたいです。 ちなみに、女性を喰わない・襲わないことを鬼舞辻無惨も黙認していたとのこと。 鬼舞辻無惨からの猗窩座へのパワハラが凄いと話題になっていましたが、実は下弦の伍・累とともに無惨のお気に入りだったようです。 関連: 【鬼滅の刃】猗窩座 あかざ が最強になれる可能性はあった? 女性ばかりを喰う童磨の強さに遅れを取ってしまった猗窩座ですが、ちょっとしたキッカケで 「上弦の鬼最強になれたのでは?」と思っています。 上でも少し触れましたが、猗窩座は人を喰うよりも鍛錬に多くの時間を使っていました。 仮に猗窩座が栄養価の高い女性も喰いながら鍛錬をしたら恐ろしく強い鬼になっていたことは間違いないでしょう。 まぁ、最強と言っても無惨や黒死牟がいるので、本当の最強になれるかは微妙ですが「最強の域にいる鬼の1人」になることも可能だった気がします。 猗窩座殿は栄養価の高い女(童磨談)を食べていたら普通に童磨よりも強かっただろうし黒死牟にも迫る勢いだったんじゃないかな 女を食べずに上弦の参だし — のざき muismli10 猗窩座、あんまり食べずに しかも女も食わない 武術の鍛錬のみで上弦の参なのすごいな。 原作の猗窩座への言葉などをみると、接近戦でも猗窩座と渡り合える力がありそうですし、何よりも血鬼術が強いです。 自分と同じ強さの分身も複数体作れるというチートさも持ち合わせているので、戦っても猗窩座では勝つことができなさそうです。 ただ、猗窩座の強さに対する執念やクビの弱点を克服しようとしたことなどを考えると猗窩座のほうが伸びしろはあった気がします。 仮に猗窩座が童磨のように好んで女性を喰っていたとしたら、 強さは逆転していた可能性も高そうです。

次の