ご教示ありがとう。 「ご教示いただきありがとうございます」意味と使い方・例文

「ご教示いただきありがとうございます」意味と使い方・例文

ご教示ありがとう

ご教示の意味とは 「ご教示くださりありがとうございます。 」 仕事しているとよく見かける言葉です。 相手に求める言葉なので、間違った使い方だけは避けたい。 <ご教示の読み方> これは、 「ごきょうじ」 と読みます。 <ご教示の意味> これは、 「示して教えてください」 という意味です。 「教示」は「示して教える」という意味で、 それに「御(ご)」が付くので尊敬語になります。 実際に具体例などを示して教えてもらう場合に使います。 「私に示し教えてください」という意味です。 「見本を見せて」という時にも使います。 「教えてください(ご指導ください)」を、堅く言う言葉でもあります。 「教えて」というのは何となく嫌がる人が多いので、「ご教示」が活躍します。 ただやはり、乱用は避けたい。 上司に「行き方についてご教示お願いいたします」とメールすると、 「正門から入って、突き当たりを右に・・・」と具体的に教えてくれるはずです。 「ご教示」は敬語なので、 同僚や部下には「教えて」と言うのが一般的です。 「教示します」というと偉そうに聞こえるので気を付けたい。 「ご教示ください」はやや命令的で一方的な感じがしますので、、 「どうか教えてください」と、やわらかく言うのも良いと思います。 状況により使い分けたい。 <ご教示の使い方> ・エクセル関数の使い方についてご教示ください。 ・大変ご丁寧にご教示くださり誠にありがとうございます。 ・効率化の手法をご教示いただけませんでしょうか? 以上、ご教示の意味でした。 -- 前: 次:.

次の

いろいろありがとうって英語でなんて言うの?

ご教示ありがとう

例えば先生、または上司や先輩といった目上の人に問題のヒントやアイデアを教えてもらうことが「ご助言」にあてはまります。 自分の【助け】となる提案やアドバイス、口添えを指した【言】葉で「助言」を意味しています。 「じょげん」と「じょごん」の読み方の違い どちらの読み方を使っても間違いではありませんが、現代では「ごじょげん」のほうが一般的とされ、「ごじょごん」は古い読み方になります。 古くは「じょごん」のほうが多く用いられていましたが、近代日本に入ってからは読み方が「じょげん」へと移り変わっていきました。 夏目漱石の小説の一節にも「じょごん」というフリガナが振られています。 「ご助言」をビジネスシーンで使用する際の注意点2つ 目上の人にアドバイスをもらうときに使用する「ご助言」。 使い方を間違えてしまうと相手に対して失礼な言葉になってしまいます。 ビジネスシーンで使用する際に 気をつけなければならない「ご助言」の注意点を2つご紹介しましょう。 お礼をするときには「ご助言」を使わない 目上の人からの「助言」にはしっかりとした言葉で敬意を示すことが大切です。 「ご助言」は【助言=アドバイス】であることから、相手が教えてくれた知識や技術までが「アドバイス程度の軽いもの」と相手に思われてしまう危険性があります。 目上の人から教わったときのお礼に「ご助言」を使うと失礼になるため注意してください。 「ご助言」は社外に向けて使用しない 「ご助言」は目上の人からアドバイスをもらいたいときに使う言葉ですが、むやみに使用するのは避けた方がよいです。 「助言」は丁寧な言葉ですが、 敬語のなかでは尊敬度が低い表現になります。 ビジネスシーンでは「ご助言」を失礼と受け取る人も少なくないので、使用するなら距離感の近い目上の人に限定するのが無難です。 取引先の相手など、社外に向けて使う場合は別の丁寧な言葉に言い換えましょう。 「ご助言」の正しい使い方と例文 「ご助言」は安易に使うと失礼になってしまいますが、決して悪い言葉ではありません。 使う相手を選んで正しく使えばビジネスシーンでも使用できる丁寧な表現です。 正しい「ご助言」の使い方についてチェックしていきましょう。 このたびはご教示くださり、誠にありがとうございました。 これからも物事がスムーズに運べそうです。 今後ともご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。 「ご助言」をもらった場合の返事は「助言」の類語を用いて感謝の言葉で結ぶのがベターです。 お礼の際には「ご助言」の結果報告を忘れずに行いましょう。 「ご助言」の類語(言い換え表現)と使い分け 「ご助言」以外にアドバイスと同じ意味の「ご教示」と「ご指導」は、どちらも【教える】という意味をもつビジネス敬語です。 厳密には「ご助言」とは少し意味が異なる ご助言の類語と使い分けについて解説します。

次の

ご教示くださりありがとうございます。

ご教示ありがとう

社会人になると頻繁に使うことになる「ご教示ください」や「ご教授ください」という言葉ですが、明確な違いを理解して使いこなしている人はごくわずかでしょう。 そこでまずは、この二つの違いについて理解することからスタートしましょう。 学問・技芸と知識・方法の違い 「教授」という言葉の意味は何らかの技芸や学問を授けるというであり、「教示」は何らかの方法や知識を教えるという意味になります。 このようなざっくりとした説明だと非常にわかりにくいので、もっと簡易的に説明します。 つまり、「教授」は解決するための技能そのものを教えるために長期的なものとなり、「教示」は解決するための直接的な方法を教えるため短期的なものとなります。 今すぐに答えを教えてもらいたい場合は「教示」という言葉を使えばいいですし、これからも長い付き合いになるのだから色々と教えてもらいたいという意味が込められている場合は「教授」という言葉を使えばいいでしょう。 メールで頻繁に使われているので要注意 この「教示」や「教授」という言葉はメール文書でも非常に頻繁に使われていますが、その意味を理解した上で使えている人は非常に少ないです。 ついつい、「ご教授ください」という言葉を敬語表現のテンプレートのように用いている人もいますが、実は使い方が間違っていて盛大に自爆している人も多いので社会人の方々は本当に気をつけてください。 稀にある誤字について さらに発展したミスになりますが、「ご教授」と「ご教示」という言葉の選び方以前に漢字変換でミスをしてしまって送ってしまうパターンもあります。 こちらは明らかにミスがあることに気がつけるので、発生確率は少なめですが、使い慣れていないと「漢字変換で出てきたからそのまま使う」というケースもありますので注意しましょう。 具体的には、「ご享受ください」というミスがありますが、これは与えられたものを受け入れて楽しむという意味になりますので、文章として通じません。 誤変換は会社PCでこそ注意 「ご教授」以外に「ご教示」と似たような使われ方をされるのがこの「ご指導」と「ご指南」という言葉です。 「ご指導ご鞭撻のほどお願いします」や「ご指南ほどよろしくお願いします」という使われ方をされますが非常に似ているシチュエーションで使われますので、ごちゃごちゃになる可能性が高いです。 「ご指導」は意図された方向に教え導くことであり、「ご指南」は武術や武芸の手ほどきをするときに使われる言葉で「将軍指南役」という言葉もこのような意味があります。 こうやって見ると、「ご指南」と「ご教示」は意味が異なるので使い分けも簡単ですが、「ご指導」と「ご教示」の使い分けは難しいということが見えてくるでしょう。 「ご教示」と「ご指導」の違いについて 「ご指導」の意味や使う場面をもっと深く考えると、わからない物事へのやり方を教えてもらうことになります。 「ご教示」だとわからないことに対する簡単な情報提示、「ご教授」だと専門的な知識を長い時間を設けて教えてもらうことになるので、どちらかというと「ご教授」に近い言葉であることがわかります。 使い方の具体例について ご教示ありがとうございます 何かわからないことを教えてもらった後に「ご教示」という言葉を使いたいなら、「ご教示ありがとうございます」という使い方になるでしょう。 もっとかみ砕いた意味は「教えてくれてありがとう」なので、メールでも頻繁に使う言葉となります。 わからないことを簡易的に教えてもらった場合に、テンプレートのように用いても問題ない言葉となっています。 それくらい使う頻度が高い表現です。 ただし、大学における研究室でいろんな物事を教えてもらったといった長い期間をかけて何かを教えてもらったときに使う言葉は、こちらの「ご教示ありがとうございます」よりも「ご教授ありがとうございます」になるでしょう。 ご教示いただければ幸いです 「ご教示いただければ幸いです」は使い方としては何らかのわからないことに対してできる限り丁寧に教えてもらいたい場合で、相手に良い印象を与えやすい使い方となります。 もっと尖った使い方をすると「ご教示いただければ幸甚です」となりますが、「幸甚」という言葉はかなりマイナーで「非常にありがたく幸せに感じている」という意味を持っているので、あまりにも丁寧にしすぎているという指摘もあります。 曖昧な表現として認識される可能性あり この「ご教示いただければ幸いです」という表現は「教えて貰えれば非常に助かります」とか「教えて貰えるととってもうれしい」という意味になりますので、相手によっては必須ではないという認識を持たれる恐れがあります。 丁寧に教えてもらいたいことをアピールしている言葉になっているのですが、言葉としては弱く捉えられてしまうことがあるので、教えられないこともあると考えましょう。 これは「ご教示いただければ幸いです」以外の「いただければ幸いです」という言葉すべてに当てはまりますので、曖昧さを回避したい場合は言い換えましょう。 必ず連絡が欲しいときは「連絡いただけると幸いです」ではなく「連絡のほどお願い申し上げます」としましょう。 ご教示お願いします こちらは先ほど記載した「ご教示いただければ幸いです」とは異なり「教えていただけると助かるので教えてください」という意味を込めた強い敬語表現となっています。 いわゆる、教えてもらいたい部分があるから是が非でも教えてもらいたいという意志を示せる言葉なので、どうしても教えてもらいたい部分があったときには使える言葉でしょう。 敬語の落とし穴について 今まで敬語をそこまで使っていない方々も、社会人になって四苦八苦しながら敬語を駆使することになりますが、実は間違った使い方をしているけれどはびこってしまっているという表現も周りの人たちの使い方から学んでそのまま使っているという方も多いのが実状です。 今回解説している「ご教示」と「ご教授」という言葉でも敬語の落とし穴にたたき込まれてしまうケースがありますので、わかりやすく解説いたします。 わかりやすく解説すると、「~ください」という表現は命令形の「しろ」を敬語に下だけなので、敬語にしていてもできる限り丁寧に「教えろ」といっているようなものなので、使えないと言うことです。 これが「~してください」という敬語表現の落とし穴なので、新入社員は絶対に使ってはいけません。 敬語を覚えたての新入社員は使わないようにしてください。 もしかしたら「ご教示願います」も危ないかも 「ご教示願います」という言葉は「ご教示ください」よりも、目下の方がお願いするときには適切な表現となっていますが、社外には使わない方がいいという意見があります。 というのも、「~ます」という表現は丁寧語の一種であり、敬語のレベルとしては尊敬語や謙譲語よりも弱いので、社外の対応には使えないという意見があるからです。 もちろん、これは認識の問題であり、「ご教示願います」でも十分すぎるほど丁寧と感じる人だっています。 社外に使う場合は安全策にする このように「ご教示ください」や「ご教示願います」にはちょっとした罠がありますので、社外対応の場合は封印した方が安全です。 もちろん、後者の「ご教示願います」はかなりの頻度で使われているので、問題ないという認識も強いのですが、万が一がありますので、隙は見せない方がいいでしょう。 その安全策といえる「ご教示」の使い方は「ご教示のほど何卒よろしくお願いいたします」や「ご教示くださいますよう、何卒よろしくお願いいたします。 」となります。 かなり長い敬語表現ですが、しっかりと丁寧語を使った表現となっているので、「ご教示」という言葉を使った場合の最適解となるでしょう。 なにげに使い方が難しい言葉.

次の