今日 の 競馬 中継。 楽天競馬:地方競馬全場のオッズ・予想・投票・レース映像を提供

テレビ中継・ラジオ中継・テレビ成績ダイジェスト JRA

今日 の 競馬 中継

19日の船橋競馬は、音声放送設備故障のため第1レースから第5レースまで取りやめとなりました。 日刊競馬さんのツイートをお借りします。 第6競走から再開 — 日刊競馬 nikkankeiba 船橋競馬場はスタンドの建て替え工事中で、実況席やカメラ位置などがこれまでと大きく変わったとのこと。 もしかしたら... そういうのも影響したり... 同じ日刊競馬さんのツイートが、うちの「競馬実況web」の過去記事を見つけてリンクしてくれておりました。 (競馬実況web 2006年3月14日の記事) 機械のことですから不具合もあるでしょうし、ないにこしたことはいいのは間違いないんですが仕方ない面もあるのかなと。 さてこの事象が発生したタイミングでツイッターを賑わせたのが「競馬法施行令」であります。 放送ができなくたって、馬やレースに支障はないのだから開催しちゃえばいいじゃないか。 そう思われる方もいるかもしれません。 しかし、競馬法施行令にちゃ~んと書かれているのです。 競馬法施行令はJRAのサイトにPDFで掲載されておりますし、こちらのサイトからも見ることができます。 (e-Gov法令検索) 上記サイトから施行令を引用します。 「第一章 中央競馬」の第一条(競馬場の設備)には「日本中央競馬会(以下「競馬会」という。 )は、次に掲げる設備を備えた競馬場においてでなければ、競馬を開催してはならない。 」とあり、その第二項に「審判所、検量所、装あん所、下見所、勝馬投票券発売所、払戻金交付所(中略)、観覧設備、場内放送設備及び競馬場内外の境界柵」とあります。 つまり場内放送設備がないと競馬が開催できないわけです。 ただこの条文だと"放送設備はある。 故障して音声が出ないけど"という状況がどう判定されるのかわかりませんが。 ただ今回の船橋のケースをみると、やっぱり開催できないんでしょうね。 あ、上記条文は中央競馬についてものですが、地方競馬についても第二章に規定があります。 第十三条第二項に競馬場に必要なものの要件があって、同様に場内放送設備が必要とされています。 中央競馬でこれまで類似のケースはあったのかどうか。 聞いたことはありませんが、危うく回避したような状況がありました。 このブログをご覧の方は覚えていらっしゃいますかね。 顛末は去年7月13日公開の に載せました。 函館は航空便が少ないのに加えて霧が出やすく着陸できないケースもあったりします。 以前弊社Kアナが函館空港に着陸できず新千歳空港に降りることに。 そこから特急で3時間あまりかけて函館入りした、なんてことがありました。 ブログに書いたアタシのケースでは、函館空港に降りられなかったら羽田に引き返すということになっていました。 新千歳ならまだ対処のしようがありますが、羽田ではなんとも...。 何度か着陸をトライして「次ダメだったら引き返すかも」というところで着陸成功。 九死に一生を得るとはこのことなのかと、胸を撫で下ろしたものです。 もし到着できていなかったら... ?ああ考えたくない。 規則で決められているほどに場内実況(場内放送)は大事と言う位置づけなのだと思いますので、これからも心して仕事にあたりたいと思うのであります。 では、 6月 21日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 東京都内では新規感染者数が下げ止まっていて、依然として1日20人~40人の新規感染者が発表されております。 withコロナっていう言葉は個人的にどうなの?とは思うんですが、共存していかなきゃいけないんでしょうね。 これまでどおり手洗いとアルコール消毒をしっかりと、節度ある行動を心がけて、ね。 地方競馬では続々と場外発売所の再開が発表されました。 あとは競馬場の本場にお客さんが入れるようになればいいんですが、まあこれは慎重にいかないといけませんね。 19日には無観客ながらプロ野球も開幕。 いわゆる開幕を迎えるファンの心境としては例年とは当然違いますけど、でもやっぱりテレビでプロ野球が流れていると落ち着くのも確かです。 だってそれが子供の頃からの日常だったから。 いま会社のパソコンでこのブログ書いてるんですけど、去年秋の席替えでアタシの席がテレビの真横になったんですよね。 午後6時過ぎにテレビを付けたら東京ドームの映像が。 やっぱり見ちゃうし、これじゃ仕事に身が入らないw (西勇輝投手がホームラン打っちゃったもんだから余計に) 競馬も関係者の尽力と、おうちで馬券を買ってくださる皆様に支えられています。 いましばらくの辛抱です。 いっしょに頑張りましょう! では、 6月 20日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 海外の競馬場がJRA重賞のレース名になってるの。 大井競馬場にはサンタアニタトロフィーがある。 地方でほかにあったっけ? 「エプソムカップって、なんでエプソムカップっていうんだろう?」というふとした疑問から始まりました。 エプソムといえばイギリスの"本家"ダービーやオークスが行われるエプソム競馬場ですわなあ。 そうぼんやりとは思っていても、なぜこの競馬場の名が重賞レース名となったのか。 JRAが発表している特別レース名解説にはこうあります。 本競走は、イギリスのダービー実施競馬場であるエプソム競馬場との交換競走として創設された重賞競走。 昭和 58 年に『東京優駿(日本ダービー)』が 50 回を迎えたことを機に東京競馬場とエプソム競馬場が姉妹競馬場として提携し、その翌年の 59 年から実施されている(以下略) ふむふむ。 交換競走なのでエプソムでも東京競馬場を冠したレースが行われているらしいです。 サンタアニタでも。 さてここで気になるのは中山牝馬Sの冠に付く「ローレル競馬場賞」。 ローレル競馬場って、どこ?? 再びJRAサイトの特別レース名解説より。 (前略) ローレルパーク競馬場は、アメリカのメリーランド州にある競馬場。 創設当初より、同場との親善を目的として、競馬場名を競走名に冠している。 本競走は、同場より寄贈賞を受けて実施されている。 ほほお。 ローレルパーク競馬場っていうのね。 グーグル先生にお伺いを... ああ! ワシントンDCインターナショナルが行われていた競馬場か! タケシバオーが遠征したときの特番の音源が残っているはず。 タケシバオーを含め日本からは8頭遠征していて、アメリカのレースとしては日本馬の最多遠征レース。 もうレースなくなっちゃったけど。 競馬場そのものは、ビッグレースは施行しなくても健在のようです。 確かにそれぞれの競馬場は日本とのつながりがあるのが分かりました。 でも、もっと深くつながる競馬場は世界各国にありそうですけどねえ。 例えばパリロンシャン。 海外遠征といえば凱旋門賞、みたいな時期もあったわけだし今でも多くの有力馬が挑戦する(今年は難しそうだけど)レースだし。 あるいはシャティン競馬場。 ロードカナロアやモーリスがブイブイいわしたし、ウインブライトは庭のように生き生きとするし。 あ、そういえば先週ホンコンジョッキークラブトロフィーが行われたな。 これが香港との交換競走なのかな。 この手の競馬主催者名を冠したレースは、いまは京都でオーストラリアデーが行われ、かつては夏の中京でアジアデーがありましたね。 アジア騎手招待もあって、高松宮記念の週に行われていたときはドージマムテキに韓国のキム・ヒョーソプ騎手が騎乗してGIに参戦したんですよね。 ああー植木アナの本馬場入場が脳内再生されるー 話が逸れまくってますな。 サッポロクラシック飲んじゃったからかな。 そういえば去年の6月はロイヤルアスコットに出張していたんだったな。 明日のエプソムカップは本場イギリスに思いを馳せながら楽しむことにいたしましょう。 では、 6月 14日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 早起きしたもんだから、夕方にラッキーピエロのチャイニーズチキンバーガーで満腹になったら眠くなって、気づいたらチコちゃんが叱ってた。 おはようございます。 さて、きょう夕方にこんな動画が公開されました。 【初実況】小塚歩の日本ダービー実況を見てみた件 — RaNi(ラニィ)ちゃん rani5sai ふあああああああ... まあ、カメラ回してたのは知ってるんですけどね。 恥ずかしくて自分では最後まで見られないんですが、みなさまはぜひ。 残り200mから頭真っ白になって喋っている小塚が見られます。 大関アナのオークス実況バージョンもございます。 【初実況】大関隼アナのオークス実況を見てみた件 — RaNi(ラニィ)ちゃん rani5sai 見比べると、それぞれのスタイルが結構あるみたいです。 大関アナは背筋を伸ばして双眼鏡を覗いていますが、小塚は右肘か左肘のどちらかを机につけて支える形。 双眼鏡の持ち方も結構違いますかね。 この動画も含めてなんですけど、普段は取材する側、裏側にいる立場なのでこうして前に出て注目されるのは戸惑うわけですよ。 ダービー実況の直前は取材をいくつか受けましてね。 される側になるとうまいこと言葉が出てこないというか。 同じことを訊かれているのに「あれ、これ前回の取材と同じ答えになっているだろうか」と不安になったり。 インタビューするのもされるのも難しい。 改めて、インタビューや取材でお答えいただく皆様に感謝でございます。 もちろん、取材を受けてよかったとも思うのです。 日本ダービーの盛り上がりに一役買えたのなら嬉しいし、地元紙に掲載されたことで祖母が喜んでくれたのがよかった。 記事を見た高校時代の友人から20年ぶりくらいに電話がかかってきたりとかね。 ちなみに上の動画については、好評なら他のアナウンサーでも制作されるかも知れません。 なのでみなさん、一日一回再生して回数ばんばん伸ばしてってください!w では、 6月 13日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 ダービー終わったと思ったらもう新馬戦も始まったんだもんなあ。 みなさんはきょうの新馬戦どうでしたか? アタシは阪神の新馬戦は完全に見立て違い。 本命馬は長い目で追いかけます。 東京は直線声出ましたね。 「単まであるよ!」。 ゴール後に元気ちゃんやったねツイートする準備までしてたんですが。 でも馬券はうまいこと引っ掛けた。 横山武史Jナイス!素晴らしい。 明日の軍資金ができました。 さて、きょうの東京1Rは障害戦でありました。 珍しいと思った方も多かったんじゃないかな? そういえば今週の進行表作ってて気がついたけど、暑熱対策のために土曜の東京1レースが障害戦なのね。 珍しいと思って調べたら、東京1Rに障害戦が行われるのは1986年以降では初めて。 — 小塚歩 AYUMU KOZUKA AyumuKozuka だそうです。 これより古くを探すとたぶん見つかると思うんですが、簡単には...。 2014年に障害レースが第3場メインになったときに新潟や小倉で朝イチ障害レースがありましたから、「第1レースの障害戦」そのものは今は珍しくはありません。 ただ4大場ではやはりレア。 1986年以降、先週までの全障害レースを調べたところ、第1レースで行われたのは96クラ。 このうち2014年以降で80クラを占めます。 それ以前は1986年~1991年に16クラ。 1992年~2013年までは第1レースに障害戦が組まれることがありませんでした。 1991年までの16クラの内訳は阪神で7クラ、京都で3クラ、小倉で6クラ。 へえ、関西では1レース障害戦があったんだ! 阪神京都で最後に「第1レースの障害戦」が行われたのは1991年4月6日の京都。 この年は京都で代替開催された桜花賞の前日であります。 ついでに調べてみました。 1986年から先週まで障害レースは全4678クラありました。 1Rから12Rまで、障害レースが行われたことがないのはどの競走番号でしょうか?? チッチッチッ 答えは「第2レース」と「第12レース」。 確かに最終レースで障害戦見たことないしね。 第12レースはわかる。 第2レースもないんだ! というか、ほかはあるんだ!! 第3レースの障害戦 103クラ このうち多くは2006年~2010年のはくぼレース、プチはくぼで第3レース終了後に昼休みが組まれていたときのものですね。 昼休み前の第3レースに障害が組まれるという。 ほか1987年と1988年の夏の福島・新潟で、1日10レース制の日の第3レースに障害が組まれることがあったよう。 第4レースの障害戦 1583クラ 第5レースの障害戦 2240クラ 第6レースの障害戦 111クラ 1986年~1996年の東日本主場の冬場に、第6レース後に昼休みが設定されていたことがあったよう。 第7レースの障害戦 5クラ 33年間とちょっとの期間でわずか5クラ。 このうち1988年7月23日の福島は特別戦の福島障害ステークスなのでまあわかる。 ほかは阪神1クラ、京都3クラでいずれも障害未勝利。 なぜ? それぞれのレースを調べていくと、勝利騎手がパウエル、パウエル、ダーデン、ギャラウェイ。 ???... ああ! 昔あった「国際障害騎手招待」か! 普段よりちょっと後ろめの時間帯に行われてたのね。 第8レースの障害戦 257クラ 昔も今も障害の特別レースは第8レースのことが多い。 そんななかで未勝利戦がいくつか。 これも国際障害騎手招待でした。 第9レースの障害戦 181クラ 第10レースの障害戦 80クラ 最近は中山大障害だけですが、かつては1999年の障害改革以降多くの障害重賞が第10レースに組まれていました。 古くは東京障害特別も第10レースに。 そして異色なのが1986年7月20日の新潟障害ステークス。 障害の特別レースがメイン前に。 しかも15時10分発走だから地上波の中継に乗った可能性もありますな! 第11レースの障害戦 22クラ 中山グランドジャンプと、2014年の中山大障害。 調べてみたらなかなか面白かった。 国際障害騎手招待、久しぶりに思い出したわ~。 ちなみに明日の阪神も第1レースが障害戦。 暑熱対策のため今年の夏競馬の障害レースは第1レースを中心に組まれることになっています。 実況する側からすると、朝イチ最初の実況レースから3分以上の長丁場ってのは結構キツかったりします。 エンジンかけてもフカしきれてないタイミングですからね。 それだけに慎重に、それだけにしっかりと声出さなきゃいけないのですわ。 明日の阪神の前半は山本直アナが実況担当。 そんな実況アナの心の内を想像しながら実況を聴いてみてください。 では、 6月 7日(日) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。 実況をお聴きいただきありがとうございました。 平常心って難しいですね。 2歳新馬戦であります。 最近は有力馬のデビューがどんどん前倒しになってきている感がありますな。 6月に新馬勝っといて、一息入れて成長を促して、狙ったオープンや重賞で賞金を積むと。 2歳重賞が増えたことが影響しているのか、それぞれの重賞でフルゲートになることが少ないですからね。 確かな素質を感じた馬がいれば、ピンポイントで重賞を使って好走して賞金積むと。 早い内に賞金加算しとくとあとが楽ですもんね。 去年の"新馬開幕週"では、世代最初となる土曜阪神でリアアメリアが持ったままの8馬身差圧勝。 翌日の東京では、朝日杯FSを勝ち皐月賞・日本ダービーと2着のサリオスがこれまた圧巻のデビュー勝ち。 同日阪神ではタイセイビジョンがデビュー戦を飾りました。 ですから去年の朝日杯の1・2着馬はどちらも"開幕週"にデビューしていたんですね。 この次の週の結果を見ると、トリプルエース(デイリー杯2歳S4着)、ワーケア(弥生賞ディープインパクト記念2着)、ウインカーネリアン(皐月賞4着)などがデビュー。 ワーケアとウインカーネリアンは新馬ワンツーでしたからね。 この2頭が揃って日本ダービーまで駒を進めたのだから凄い。 一昨年(2018年)は、"開幕週"の日曜東京でグランアレグリアとダノンファンタジーという後のGI馬2頭がワンツー。 2週目にはサートゥルナーリアが新馬勝ち。 この3頭だけで説得力ありますが、ほかにもジョディー、アウィルアウェイといったところが2週目までに勝っていました。 2017年の"開幕週"は世代最初の新馬でケイアイノーテック。 次の日にはステルヴィオ。 ちょっとちょっと、思った以上に"開幕週"からGI馬出る率高いわ。 びっくりした。 てなわけであすから始まる2歳新馬戦、とりわけ今週の勝ち馬には今後1年かけてじっくり注目していかなくてはいけません。 いきなり母ブエナビスタのブエナベントゥーラが注目を集めていますね。 父モーリスは2歳新種牡馬。 今年の2歳新種牡馬は二冠馬ドゥラメンテ、アジアを股にかけた最強マイラー・モーリス、リオンディーズとアジアエクスプレスの朝日杯勝ち馬にダート王者ホッコータルマエ、快速ミッキーアイル。 エイシンヒカリもいます。 輸入種牡馬ではUAEダービーの強さが忘れられないディスクリートキャット、ドバウィの血を引くマクフィ、ベルモントSでラニを破ったクリエイターIIなど。 ドゥラメンテ産駒が土曜3頭、日曜1頭。 ディスクリートキャット、ホッコータルマエ、ミッキーアイルの産駒も日曜東京6Rでデビューします。 とにかくドゥラメンテとモーリスは有名なお母さんも多く、生産界の高い期待を感じます。 現3歳世代の新種牡馬はキズナが5頭もの重賞勝ち馬を出し、エピファネイアの産駒デアリングタクトは63年ぶりに無敗での桜花賞オークス二冠制覇。 どちらもかなり立派な成績を残しました。 今年の2歳新種牡馬が同様の活躍を見せるのか、これ以上の成績を残すのか... !? 来年の日本ダービーまでの長い戦いが、いよいよ始まります。 では、 6月 6日(土) の放送予定です。 【PCやスマホで楽しめます。

次の

中央競馬ワイド中継

今日 の 競馬 中継

ご注意• ・レース映像が見られない方は以下のリンクをご確認ください。 ・楽天競馬にて映像をご視聴いただく際の推奨環境は以下のリンクからご確認ください。 推奨環境以外でご覧いただく場合、画面や映像が正しく表示されないことがあります。 ・ライブ映像がうまく視聴できない場合は、ビットレート設定を変更してお試しください。 ・ライブ映像は、実際より若干遅れて配信されます。 ・フルスクリーンで視聴の場合は、映像アイコンをクリックしてください。 ・音声はメイン映像でのみ、お楽しみいただけます。 ・ライブ映像の複数同時視聴は、お客様のパソコンの性能や回線の状態によって、正常にご覧頂くことができない、あるいはパソコンの操作ができない場合がございます。 予めご了承願います。

次の

中央競馬実況中継

今日 の 競馬 中継

競馬は実際に競馬場で観戦をするのが最も楽しめる方法だと思いますが、今では自宅で馬券を購入する人が多くなり、競馬観戦の環境も変化してきました。 テレビやラジオが競馬観戦で一般的だった時代から、様々なメディアで競馬放送を楽しめるようになってきています。 ここでは、 中央競馬のレース中継を見る、聴く方法を全てまとめました。 (中央競馬とは、札幌競馬場、函館競馬場、福島競馬場、中山競馬場、東京競馬場、新潟競馬場、中京競馬場、京都競馬場、阪神競馬場、小倉競馬場で行われる競馬のことです) 主に、 テレビ、ラジオ、アプリ(ラジオ)、インターネットでそれぞれ中継を見る聴く方法を紹介しています。 ぜひ自分にあった方法を見つけて競馬を楽しんでください。 テレビ中継で競馬を見る方法 テレビで競馬中継を見る場合は、 地上デジタル放送とBS放送に区分されますが、地上デジタル放送に関しては地域によって異なる番組が放送されています。 土曜日の放送で注目はウイニング競馬で、競馬番組でありながら比較的バラエティ色が強い傾向にあります。 一見ふざけているようにも思えますが、出演者の予想の中には かなりの精度で的中をしている人もいるので参考になります。 日曜日はみんなのKEIBAが放送されていますが、基本的に以前からあるスタイルと比べるとやわらかい雰囲気になっていて、バラエティ寄りになっている感はあります。 競馬中継を純粋に楽しみたいというのであれば、有料になりますがでの放送がおすすめです。 ラジオやラジオアプリ iPhone,Android を使って競馬中継を聴く方法 ラジオ番組も全国各地域で放送されていますが、ここでは関東地区とラジオNIKKEIを掲載しておきますので、参考にして頂ければと思います。 ラジオ日本 周波数:AM1422kMz、FM92. 4MHz)でも聴けるようになりました。 詳細は(公式) ラジオNIKKEI第1 周波数:3. 925MHz・6. 055MHz・9. 595MHz 土曜日 9:30~16:45 日曜日 9:30~16:45 ラジオNIKKEI第2 周波数:3. 945MHz・6. 115MHz・9. 760MHz 土曜日 9:30~16:45 日曜日 9:30~16:45 ラジオ日本の放送は一般的なラジオで聞くことができますが、ラジオNIKKEIを聞くには 短波を受信できるラジオが必要になっています。 通常はラジオを聞くことしかできなかった放送でも、アプリを使う事でパソコンやスマートフォンなどでも 競馬中継を無料で聴くことができるようになっています。 ラジオアプリにもいくつか種類がありますが、最も安定感があるアプリは、「」になります。 「radiko. jp」をスマートフォンにダウンロードすれば、先ほど紹介をしたラジオ日本はもちろん、ラジオNIKKEIも簡単に聴くことができるようになります。 競馬中継はラジオで!という方は、 是非「radiko. jp」をダウンロードすることをおすすめします。 ネット上からでも、PCやスマホからradikoは利用できます。 「GREEN CHANNEL Web」は、 自宅のパソコンをはじめ、タブレットやスマートフォンを利用して競馬中継を見る事ができる 有料のサービスになっています。 テレビ中継の紹介でも「グリーンチャンネル」を掲載していますが、基本的にはほぼ同様のサービスと思って間違いはありません。 テレビの場合は他の契約が絡んでくるので面倒な部分もありますが、「GREEN CHANNEL Web」であれば、 パソコンかスマートフォンに配信されるので手軽に見る事ができます。 契約内容も2通りあり、パソコンをはじめタブレット、スマートフォンのどの端末でも見る事ができる マルチ会員(月額料金1,200円(税別) )とスマートフォンのみへの配信のスマホ会員(月額料金500円(税別))があります。 基本的にマルチ会員の方が高画質にも対応をしていますし、どの端末でも利用できることから若干月額が高くなっていますが、価格差以上のメリットがあると考えられます。 基本的にここで紹介をするのは「」「」「」「」の3つです。 地方競馬ライブは、地方競馬全国協会(NAR)が運営する地方競馬をライブで見ることができるサイトです。 視聴できる環境などはをご覧ください。 「楽天競馬」は地方競馬に特化しているサイトで、地方競馬であれば全会場の勝馬投票券を購入できるだけでなく、中継を見る事もできるサイトです。 会員登録はもちろん無料ですし、なかなか見る事ができない競馬場のレースも見る事ができるので、競馬ファン必見のサイトだといえます。 「オッズパーク」は、競馬以外の競輪やオートレースなどの投票ができるサイトで、地方競馬中継は、基本的に全国の競馬を観覧できますが、南関東競馬を見る事ができないのが難点でもあります。 「南関東4競馬場」は南関東競馬の公式サイトなので、南関東競馬の中継であれば全て見る事ができます。 特にこだわりがなければ、でその日やっている地方競馬のレース中継を無料で見ることができるので、おすすめです。 YouTubeならではの編集や企画、コンテンツもあるので、興味がある方はぜひご覧ください。 ここでは主なYouTubeチャンネルを3つご紹介します。 jraoffcial (JRA公式) 主なコンテンツ テレビで放送をしている CMなどの観覧もできますし、これまでの GIレースの動画なども見る事ができます。 企画物として競馬初心者講座や総集編をはじめ、様々な企画動画を見る事ができるようになっているので、過去のレースなどを振り返りたい時に重宝します。 中央競馬だけでなく、大井競馬場のレポートなども行うあまりないタイプの動画を見る事ができます。 競馬専門紙の中でも人気のの公式サイトだけに人気もありますし、予想の参考になること間違いなしだといえます。 今ではインターネット環境が整ったこともあって様々な方法で競馬中継を楽しむことができるようになりました。 本格的に競馬を朝から楽しみたいのであれば、有料のサービスに加入をすればパソコンやスマートフォンで簡単に競馬が見られるのですから、競馬ファンにとってはかなり良い環境になりましたね。 中央競馬だけでなく、地方競馬も簡単に馬券が購入できるようになっていますし、中継も見る事ができる時代になっているのでこれから先はもっと多くの人が競馬を楽しめるような時代になると良いと嬉しいですね。

次の