チャゲ アンド 飛鳥。 LOVE SONG 歌詞 CHAGE and ASKA( チャゲ・アンド・アスカ ) ※ experience-ccra-in.ctb.com

風舞

チャゲ アンド 飛鳥

日本の音楽史上、最も成功を収めた男性デュオがチャゲ&飛鳥であろう。 70年代の終わりにデビューを飾ると、80年代や90年代にそれぞれ大きな足跡を残す。 双方が作詞作曲を手がけ、ボーカルもこなす形で切磋琢磨し、その人気はアジア全域にも広がった。 79年11月12日、屋根裏部屋のような熊本の下宿先で「夜のヒットスタジオ」を観た。 本来ならカリスマの吉田拓郎が初出演するはずだったが、ドタキャンしたため、同じフォーク系の新人が抜擢されたのである。 〈燃えて散るのが花 夢で咲くのが恋 ひとり咲き〉 スタジオ全体に桜吹雪が舞う圧巻の演出で、その新人は力の限りに歌った。 チャゲ&飛鳥のデビュー曲となった「 ひとり咲き」である。 番組の歴史でも名場面の1つに数えられ、観終わってなお、筆者の熱も冷めやらなかった。 〈九州から大型台風上陸!熱い喉が衝き叫ぶ!〉 これがデビュー時につけられたキャッチコピーである。 テレビ西日本の事業部にいた藤井伊九蔵は、彼らを輩出したポプコンの九州大会に審査員で招かれているが「2位以下との力量の差は圧倒的」だったと記憶する。 通称・チャゲアスはデビュー直前まで7人編成のバンドであり、キーボードを担当したのがまだ女子高生だった八藤丸ふみだ。 「私と飛鳥さんの家が大野城市の近所で、家でエレクトーンを弾いていたら『ポプコンに出るから手伝ってくれよ』と言われたんです」 チャゲと飛鳥はそれぞれにポプコンへの出場を重ねていたが、ヤマハの九州地区担当だった秋吉恵介が「大学も同じだし、2人のほうがハモリもできるから」とアドバイス。 八藤丸はバンドの紅一点であり、唯一の高校生だったが、兄貴分にあたるアマチュア時代の2人はどう映っていたのか。 「私の実家がお好み焼き屋だったので、7人で仲良くテーブルを囲んだりと楽しい1年を過ごせました。 ボーカリストとしては両方がメインでしたけど、物事を進めていくのは飛鳥さんで、練習でもリーダーシップを発揮していました」 つま恋(静岡)で行われる本選にも、78年、79年と連続でコマを進めた。 満員の観客を前に、緊張を隠さなかったのは飛鳥だったという。 やがてデビューが決まるが、ヤマハから突きつけられたのは「チャゲと飛鳥の2人だけ」という過酷なものだった。 まだ高校生だった八藤丸は上京できる立場になかったが、他のメンバーは違った。 「特にギターの人はプロ志向だったから、悔しそうでした。 でも私たちはアマチュアバンドで、7人一緒だと先々は食えなくなるかもしれない。 今なお東京でキーボード奏者として活躍する八藤丸は、時おり2人のライブに出かけては楽屋で思い出話に花を咲かせている。 同じ時期、博多で同じ青春を過ごしたのは俳優の西田和昭である。 故・水野晴郎の片腕として親しまれた「ぼんちゃん」であるが、2人は福岡・第一経済大学の1つ先輩であった。 「俺は博多でパントマイムをやっていて、その横でギターを弾いてくれたのがチャゲアスの2人」 西田は後に「ぼんと正月」というお笑いコンビを結成するが、その相方が「7人編成だった頃のメンバーの1人」でもあったのだ。

次の

LOHACO

チャゲ アンド 飛鳥

背景・制作 [ ] 当時まだ第一経済大学(現:)の学生だったに合わせて、製作は大学が休みの期間となる1980年2月から3月にかけて行われた。 の「追想」から始まり、インストゥルメンタルの「追想の主題」で終わるという構成になっている(ともに作曲・編曲は)。 「あとまわし」、「冬に置きざり」は(現:ポニーキャニオン)より盤が再発売される際にとして収録された。 収録曲のうち「私の愛した人」、「夢から夢へ」、「」、「夏は過ぎて」、「」、「終章(エピローグ)」、「あとまわし」はアマチュア時代からの楽曲で、それ以外の楽曲はアルバムのために書き下ろした楽曲である。 リリース・アートワーク [ ] にあしらわれている鳥の図柄は、初期の彼らのトレードマークとなり、レコード会社を移籍する1985年まで使用された。 デザインは、彼らのプロデューサーである山里剛が中学時代の同級生であるデザイナーの河野博光によって手がけられた。 2009年8月26日には、紙ジャケット・シリーズの一環として仕様でより再発売された。 収録曲 [ ]• 追想 (作曲・編曲:) インストゥルメンタル。 デビューアルバムの1曲目が自作曲でないことに飛鳥は納得いかない部分もあったが、これは「私の愛した人」の長いイントロなんだと思うことにしたと言う。 私の愛した人 (作詞・作曲: 編曲:Maki・瀬尾一三) 前曲から、そのままイントロに繋がっている。 夢から夢へ (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三) 1982年に発売した盤『』にインストゥルメンタル・バージョンが収録されている。 香港の歌手K. C Lee(李国祥)が、1992年のアルバム『餘情未了』で「餘情未了」というタイトルでしている。 (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三) 1979年8月25日に発売されたデビュー曲。 この曲で「第17回(通称:ポプコン)」に出場し、「本選会」で入賞した。 風舞 (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲: ストリングアレンジ:瀬尾一三) アルバムのタイトル曲。 前曲と風のSEで繋がっている。 台湾の歌手フェイ・ユイチン(費玉清・费玉清)が、「直到永远」というタイトルでカバーしている。 御意見無用 (作詞:阿里そのみ 作曲: 編曲:瀬尾一三) 1982年に発売された『』ではした「御意見無用'82」が収録されており、同年に開催したコンサートツアーのタイトルにもなった。 夏は過ぎて (作詞:田北憲次 作曲:チャゲ 編曲:瀬尾一三) チャゲがソロで第15回ヤマハポピュラーソングコンテスト福岡大会に出場し、グランプリを受賞した曲である。 冬の夜 (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:笛吹利明) フェイ・ユイチン(費玉清・费玉清)が、「冬之夜」というタイトルでカバーしている。 (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三) 1980年2月25日に発売されたシングル曲。 この曲で「第16回ヤマハポピュラーソングコンテスト」に出場し、「つま恋本選会」で初めて入賞した。 終章(エピローグ)〜追想の主題 (作詞:チャゲ・田北憲次 作曲:チャゲ 編曲:瀬尾一三) チャゲが19歳のときに作った曲である。 多くのアルバムに収録されており、なかでもアルバム『』、『』にはリメイクした楽曲が、CHAGEのアルバム『』『』にはした楽曲が収録されている。 (劉徳華・刘德华)が、「笑着哭」というタイトルでカバーしている。 あとまわし (作詞・作曲:飛鳥涼 編曲:瀬尾一三) 1979年8月25日に発売されたシングル「ひとり咲き」曲。 CD盤が再発売される際にボーナス・トラックとして収録された。 冬に置きざり (作詞・作曲:チャゲ 編曲:瀬尾一三) 1980年2月25日に発売されたシングル「流恋情歌」B面曲。 CD盤が再発売される際にボーナス・トラックとして収録された。 参加ミュージシャン [ ]• :、森谷順• :高橋ゲタ夫、平野融、岡沢茂• :MAKI• :前田昌利• :崎元譲、飛鳥涼• :山内喜美子• (1993年)• (2008年) 終章(エピローグ)〜追想の主題• (1985年)• 倆心知〜原創紀念歌集 (1993年)• (1998年)• (1998年)• (1999年)• (1999年)• (2004年)• Asian Communications Best (2008年)•

次の

チャゲ&飛鳥 全シングル & ベスト : 懐かしいアナログ盤♪

チャゲ アンド 飛鳥

Last Up Dated: 2013. 1987年 - ベスト・アルバム『SUPER BEST』リリース。 3年間オリコンチャートにランクインするという脅威のロングセラー。 1991年フジテレビ系ドラマ『101回目のプロポーズ』の主題歌となった「SAY YES」が約300万枚、オリコンチャート13週連続1位という空前の大ヒットを記録。 2009年1月9日、1月31日をもって解散するとの一部報道に対し、所属事務所は否定した。 1月30日、ソロ活動を充実させるべく、CHAGE and ASKAとしての活動を無期限休止にすることを正式発表。 25 ひとり咲き あとまわし 2nd single 1980. 25 流恋情歌 冬に置きざり 1st 1980. 25 風舞 追想/私の愛した人/夢から夢へ/ひとり咲き/風舞/御意見無用/夏は過ぎて/冬の夜/流恋情歌/終章(エピローグ)/追想の主題/あとまわし/冬に置きざり 3rd single 1980. 25 万里の河 幻夜 2nd 1981. 25 熱風 熱風/水面の静/万里の河/この恋おいらのからまわり/花暦/悲炎/翼/あばんぎゃるど/嘘/草原の静/荒野/お・や・す・み/幻夜 4th single 1981. 25 放浪人 TABIBITO 真夏の国境 ライブ 1981. 25 男と女 長い雨のあとに 3rd 1982. 14 黄昏の騎士 黄昏の騎士/南十字星/男と女/夜のジプシー/月が海にとける夜/誓い/いろはにほへと/琥珀色の情景/安息の日々/愛すべきばかちんたちへ/長い雨のあとに/放浪人 TABIBITO /真夏の国境 6th single 1982. 25 熱い想い 恋はア・ヤ・フ・ヤ サントラ 1982. 25 真紅な動輪 熱い想い 東映映画 「真紅な動輪」 のサウンドトラック盤。 25 北風物語 MESSAGE 初ベスト。 CTのみ発売。 M TEAP 1982. 28 華やかに傷ついて 少年 LIVE 1983. 22 MOON LIGHT BLUES Darlin' 5th 1984. 25 INSIDE 東京CARRY ON/シナリオ/涙・BOY/RAINBOW/MOON LIGHT BLUES/TIME KEEP DANCER/アルマジロ・ヴギ/夢のかなた/ゆら・ゆら/B. 21 ふたりの愛ランド 渚の誓い CHAGE&石川 優子 11th single 1984. 25 標的(ターゲット) マリア Back To The City 6th 1985. 25 誘惑のベルが鳴る 真夜中の二人 13th single 1985. 25 オンリー・ロンリー SHAKIN' NIGHT ベスト 1985. 05 Standing Ovation 前期の集大成といえる初のベスト・アルバム。 シングルだけでなくアルバムからの曲も含まれており、アコースティックな曲調に情緒があふれる。 ひとり咲き 02. 万里の河 03. 男と女 04. 終章 エピローグ 05. ボヘミアン 06. マリア Back To The City 07. 誘惑のベルが鳴る 08. 涙・BOY 09. MOON LIGHT BLUES 10. TWILIGHT ZONE 14th single 1986. 05 モーニングムーン Gently 7th 1986. 21 TURNING POINT モーニングムーン/砂漠のイリュージョン/キャンディー・ラブになり過ぎて/キューピッドはタップ・ダンス/Key word/ロンリー・ガール/ショート・ショート/HIDARIMEが感じてる/くぐりぬけて見れば/TURNING POINT 15th single 1986. 21 黄昏を待たずに DIAMOND SAND 16th single 1986. 21 Count Down 恋人との別れ方 女の場合、男の場合 8th 1986. 21 MIX BLOOD EXPLOSION/MIX BLOOD/TEKU TEKU/不条理なKISSを忘れない/黄昏を待たずに/NEWSにならない恋/ADIOS SENORITA/かけひき/シングル・ベッド/やっぱりJAPANESE/月のしずく 17th single 1986. 21 指環が泣いた やさしさの向こう側 クリスマス・アルバム 1986. 05 Snow Mail シルバーパラダイス ボニーの白い息 WHITE NIGHT,WHITE MOON 今宵二人でX'mas ベスト 1987. 全曲シングルバージョンで収録されている。 ひとり咲き 02. 流恋情歌 03. 万里の河 04. 放浪人(TABIBITO) 05. 男と女 06. 熱い想い 07. 北風物語 08. マリオネット 09. 華やかに傷ついて 10. MOON LIGHT BLUES 11. 標的(ターゲット) 12. 誘惑のベルが鳴る 13. オンリーロンリー 14. モーニングムーン 15. 黄昏を待たずに 16. Count Down チャゲ&飛鳥 スーパーベスト20 カセット盤SUPER BEST20は、 指輪が泣いた/ボヘミアン/NEWSにならない恋/シングル・ベッド が追加収録。 18th single 1987. 21 SAILOR MAN わき役でほほえんで 9th 1987. 21 Mr. ASIA Mr. 21 MY Mr. LONELY HEART 大人じゃなくていい ASKAがソロ・アーティストとしてリリースした1枚目のシングル。 B面の「大人じゃなくていい」はアルバム未収録のため、ASKAのソロ作品の中で唯一CD音源化されていない曲。 テレ朝系で放映された『 新選組』主題歌。 19th single 1987. 05 ロマンシングヤード Mr. ASIA 20th single 1988. 05 恋人はワイン色 あきらめのBlue Day 10th 1988. 05 RHAPSODY 風のライオン/恋人はワイン色/BELIEVE IT? /待ちぼうけ LONELY TOWN /レノンのミスキャスト/狂想曲(ラプソディ)/焦燥/失恋男のモンタージュ/ロマンシングヤード/ミステリー 21st single 1988. 21 ラプソディ ripple ring 飛鳥涼 2nd single 1988. 21 MIDNIGHT 2 CALL 夢はるか (ミッドナイト トゥー コール) シブがき隊に提供した曲のセルフカバー 22nd single 1988. 25 Trip ソプラノ 11th 1988. 08 WALK 抱いたメモリー -as time goes by- 24th single 1989. 21 LOVE SONG Break an egg 1989. 05 心のボール PRIDE 「心のボール」は、福岡市市制100周年イメージソング。 福岡市生まれのASKAは、中学時代、自衛官だった親の転勤で北海道に移住も再び福岡に戻り、大学時代まで福岡で過ごしている。 14th single から24th single は8センチCDとして再発 12th 1989. 正式名称は91年まで(チャゲズスーパーバンド マルチマックス)、1992年以降は(チャゲプレゼンツ マルチマックス)。 1996年活動休止。 ベスト 1990. 07 THE STORY of BALLAD 名曲 「心のボール」 はこのベストにのみ収録 天気予報の恋人/オンリーロンリー/レノンのミスキャスト/迷宮のReplicant/夏の終わり/repple ring/風のライオン/ショートショート/Far Away/恋人はワイン色/WALK/心のボール 25th single 1990. 27 DO YA DO YELLOW MEN 13th 1990. 29 SEE YA DO YA DO/水の部屋/すごくこまるんだ/ROLLING DAYS/Primrose Hill/僕は僕なりの/Reason/モナリザの背中よりも/ゼロの向こうのGOOD LUCK/YELLOW MEN/太陽と埃の中で MULTI MAX 2nd single 1991. 12 WINDY ROAD WORKING 26th single 1991. 30 太陽と埃の中で 男と女 LIVE version 飛鳥涼 3rd single 1991. 06 はじまりはいつも雨 君が愛を語れ 27th single 1991. 24 SAY YES 告白 14th 1991. 06 LOVE SO SO 28th single 1991. 21 僕はこの瞳で嘘をつく TREE Digest 1992. スーパーベストIIと同時リリース。 1992. SUBARU VIVIOのCM に使用されての再リリース。 92年SUBARU VIVIOのCMソングに使用されたことをきっかけに再リリース。 WALKのテイクは別ミックスでジャケットのアーティストロゴは 「C and A」 から 「CHAGE AND ASKA」 に変わっている。 ベスト 1992. 269万枚売り上げのベスト。 「WALK」 以降「Trip」まで新たにレコーディング。 モーニングムーン 02. 黄昏を待たずに 03. Count Down 04. 指環が泣いた 05. SAILOR MAN 06. ロマンシング ヤード 07. 恋人はワイン色 08. ラプソディ 09. Trip/WALK 10. LOVE SONG 11. DO YA DO 12. 太陽と埃の中で 13. SAY YES 14. 僕はこの瞳で嘘をつく MULTI MAX 4th single 1992. 01 遠い街から TIME IS FLYING 29th single 1992. 21 if CRIMSON 30th single 1992. 10 no no darlin' 今日は…こんなに元気です 15th 1992.

次の