中日ドラゴンズ 掲示板。 ドラゴンズ応援掲示板・アンケート

中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ 掲示板

[1] 0分前 630件• [2] 20分前 7件• [3] 1時間前 47件• [4] 1時間前 222件• [5] 1時間前 62件• [6] 1時間前 146件• [7] 2時間前 24件• [8] 3時間前 57件• [9] 4時間前 715件• [10] 4時間前 130件• [11] 7時間前 983件• [12] 9時間前 19件• [13] 11時間前 14件• [14] 11時間前 136件• [15] 12時間前 481件• [16] 12時間前 191件• [17] 13時間前 83件• [18] 13時間前 33件• [19] 13時間前 10件• [20] 18時間前 346件• [21] 19時間前 236件• [22] 19時間前 127件• [23] 19時間前 96件• [24] 19時間前 4件• [25] 20時間前 201件• [26] 20時間前 72件• [27] 20時間前 611件• [28] 21時間前 78件• [29] 21時間前 21件• [30] 21時間前 66件.

次の

中日ドラゴンズ

中日ドラゴンズ 掲示板

特記事項• まではが本拠地であったが、のと共に本拠地を変えたため、のは本拠地となっている。 のはでは気。 必勝祈願として「あっ!と驚き!」がある。 された選手が他球団で活躍することが多く、一時期は「信頼と実績の」とか言われていた(最近はそうでもない)。 特に、、、などがその恩恵にあずかっている。 からまで、のもと4回、1回のを築く。 から採用されたではまで全中一(、ビジター共)6年連続()進出を果たしていたが、は12年振りにBに転落し出場もなくなったことでこれまでの連続出場記録も6年で途絶えた。 にBに転落して以降はの迷走などで低迷が続いており、Bがになってしまっている。 のの際、の容体悪化を考慮しをし、祝勝会のみを行った。 にでは、を決めたの午前に「O臨界」が発生。 内初となる被曝による死者を出し、周辺住民を避難させるなど大事件であった。 そのためのの中継でものが随時出されるなどした。 翌日の新聞一面がすべてのの記事で占める中、はの記事を一面に掲載した。 選手・首脳陣・関係者• : 首脳陣 一軍• () ()• () ()• ()ンゾ・パ(巡回打撃)• ()行(打撃)• () (打撃)• (74) ()• () ()• () ()• () (守備走塁)• () (外野守備走塁)• ()安(コンディショニング)• ()洋(コンディショニング)• ()仁村()• ()充男(野手総合)• () (打撃)• () ()• (86) ()• (81) ()• () ()• (76)博幸(守備走塁)• (78) (外野守備走塁)• ()裕都(コンディショニング)• ()岳(コンディショニング)• (11)• (12)• (14)• (16)• (19)• (24)• ()大• (29)• ()知羅拓• (33)• (36)一郎• (38)• ()勝野慶• (43)• (46)• (47)• ()・• ()健人• ()拓実• ()垣越建伸• ()臣• ()小• (69)• ()エンニー・• ()ライデル・• (99)• ()・トー• (202)智博• ()泰資• ()大藏• ()哲• ()ヤリ・• (27)• ()拓哉• ()裕也• ()・• ()康太• (0)渡• (1)• (2)• (3) (将)• (5)• (7)• (9)• ()三ツ俣大• ()溝• (選手)• (66)• ()石諒太• (4)• (6)• (8)• (26)• ()勝• (42)• ()モイセ・シ• ()康• ()野要• (56)• ()希 記事のある球団スタッフ• (編成部際渉外担当)• (広報)• (一軍)• (営業本部推進部)• ()(打撃) スカウト• (ウトウン担当)• (地区)• (ウト)• (・地区)• (地区)• (・地区) 記事のあるOB・関係者 あ行 か行• (現: )• (現: )• (現: )• (故人)• (現: )• (故人)• (現:)• (現: )• (故人)• (現:)• (現:)• (現: )• (現: )• (現:)• (現: )• (現: )• さ行 た行• (現: )• (現: )• (現: )• (現:)• (現: )• (現: )• (故人)• (現: )• (現:)• (現: 一軍)• (現: )• (現: ) な行 は行• (現:)• (故人)• (故人)• (故人)• (現: )• (現:)• (故人) ま行 や行• (現:)• (現:)• (現:)• (現: )• (現:)• (現:)• (故人)• (現: )• (現: )• (現: 一軍)• (故人)• ら行 わ行• (現:)• 21世紀の戦績 2001年(62勝74敗4分、5位) 監督:星野仙一 が前年のと対ら不振に陥り、またも一向に成長の兆しを見せずは低迷、ついには前年したを呼び戻すという事態となった。 はだった昨年よりむしろ状態が良く、茂が最優秀にくなど明るいはあったものの、結局打撃不振が最後までいて4年ぶりのB(5位)に終わってしまった。 から采配を揮ったが勇退。 にはの正のをで獲得した。 2002年(69勝66敗5分、3位) 監督:山田久志 だったがに昇格した1年。 (ヨッシャー)打撃の導によりついにの大器がし、にいた。 のコントによりがのとなり、昨年でとなったとのがした。 の急成長との復調があったものの、前年の三本柱・・バンチが結果を残せず、Aには復帰したものの3位に終わった。 代わりに・を獲得する。 不満分子化していたをし、代わりにから獲得したの再生に成功した。 しかし、ギャが途中に退団(に移籍)するなど内のギスは深刻なものとなり、ついには終盤にが成績不振を理由に解任されるという事態にまで陥ってしまう。 ところが、が代行に就任してからは急に状態が上向き、解任時点で5位だった順位が終わってみればにまで持ち直していた。 2004年(79勝56敗1分、優勝) 監督:落合博満 がに就任。 「補強しなくても勝てる」としつつ、をされたをこっそり獲得。 就任1年でを果たすが、ではに3勝4敗で敗れた。 2005年(79勝66敗1分、2位) 監督:落合博満 からを獲得。 この年から導入されたで苦戦し、最終的にとは14.5差のに終わる。 2006年(87勝54敗5分、優勝) 監督:落合博満 5球団に勝ち越しての全。 しかしではに1勝4敗で敗れた。 2007年(78勝64敗2分、2位、 日本一) 監督:落合博満 でを獲得。 を通して上位をし、ととの三つとなる。 はに終わったが、で、を敗で制し、2年連続で出場を決めた。 前年同様、ではと対戦し、4勝1敗で年ぶりのにいた。 「をせずにを制した」初のとなった。 2008年(71勝68敗5分、3位) 監督:落合博満 前年度となったは、に移籍したの代役としてしていたをから獲得。 は、の二つを期したとなった。 当初は1点代のを擁して順調に勝ちを重ねた。 しかし野手・ともに故障者が続出。 またが不振に陥り、序盤に積み重ねた勝ち越し数を取り崩す厳しい戦いを強いられる。 それでも決して低迷せず順位も上位をし続けたのは、持ち前のに裏付けられた地の強さをが有していたからに他ならない。 それでも、による選手の離脱及びそのはあまりに大きく、一時は四位転落、負け越しという事態に陥った。 だが終わってみれば順位は3位のA。 結局はに大きく負け越したのが最後にいた形になっただけで、その他・・には五分以上の戦いをしていたは二年連続の・進出を果たす。 その後の・では苦手を、がから2点を放つなどして撃破する。 しかし、三年連続の進出をしたが、では相手に善戦するも敗退。 中日ドラゴンズのは課題を多く残して終結した。 終了後、がへ、がへ移籍、が退団。 これが、翌年予想だにしないことに…。 そして、追い討ちをかけるかのように繁の開幕直後の1ヶの離脱があった。 だが、ではや、、と言った選手の活躍、野手ではが大したこともあり、の半ば頃までは五割弱程度と頑っていたほうである。 そして、半ば頃から丁度が絶好調となったこともあって、は13勝4敗、は勝7敗と、すさまじいをたたき出し、順位と。 、も大苦戦していたは強かったものの(実際、などは不調であった)結局は:15勝10敗、:12勝14敗とそれほど悪い成績ではなかったりする。 だが、結果的には首位相手に8勝16敗と負け越したのが大きくき、12差のに終わり、でも第2で1勝4敗と、相手に苦戦した形であった。 また終了をもって、の一時代を築いた、の2選手がから惜しまれつつした。 2010年(79勝62敗3分、 優勝) 監督:落合博満 昨年のに続き、を獲得。 しかしが実弾所持によりされ出場停止処分、更に開幕直前にが故障で離脱、昨年したの出遅れなど、2年連続となる不安な幕開けとなった。 序盤はが不振だったが、,、では,らが奮起し、そこそこ好調を維持していた。 しかし以降は、助っ人の不振、の離脱が大きくき、終了の時点で3位と苦戦を強いられたが、から向きが変わった。 野手では若手のをはじめ、、、、らが台頭。 更に前半崩れかかっていたがついに復調し、から20日にかけて新記録となる5試合連続を記録。 も前半同様に好調を維持し、お得意の「守り勝つ」を前面に出せる試合が増えていった。 に入ると、今度は~勢である、、、らが大奮起。 上位2がで失速する中、のみ好調をし初旬にはの末、遂に首位奪還に成功。 以降はそのまま首位を譲らず、一時期首位につけられていた8差をひっくり返す大逆転を成し遂げた。 は初戦を勝ち抜いたを相手に順調に勝ちを重ね、4勝1敗(内、首位テージによる1勝)という安定した成績でし制覇。 しの勢いはまでは続かず、には闘の末2勝4敗1分で破れ、悲願である全(ペ-制覇)は夢と終わった。 は12球団の3. 29、戦7割5分というな「守り」を誇った反面、が1の. 、アウェー戦の借18、という貧弱な「攻め」が立つ、非常に両極端なであった。 終了後、セ,が退団。 後任にが就任した。 2011年(75勝59敗10分、 優勝) 監督:落合博満 新として、を獲得。 またを戦外になったをの切り札として獲得。 しかし、が開幕前に故障、との両が開幕に間に合わず、が開幕を務めたが、いきなりが打たれて負けというまたしても不安な幕開けでした。 この年は、前年貧打のを牽引した・がのか、って開幕から大不振に陥り、類を見ないほどの 圧倒的貧打に苦しめられることになった。 ただ点が取れないとかそういうではなく、 そもそも相手がであろうともすらまともに出ないという有様で、実に得点試合が 試合、1得点の試合が 試合という惨憺たる状態であった。 )、総得点(9)ともに 12球団最下位、がの. 、王がの と笑うに数字ばかりが並ぶ。 こそとが復帰、が左殺しとして活躍、浅尾がのとして君臨し、も前半戦不調ながらの記録を達成するなど、ので貫の安定感を誇ったものの、がこんな状態ではそうそう勝てるはずもなく、にはとが戦線離脱。 慢して使い続けたは振るわず、や、らがを見せたものの状態を劇的に善させるほどのはく、終わり頃には借生活に突入。 が独走する中、には5位まで沈み、ですらもうほぼ全に諦めムードに入っていた。 半ばに繁が、終わりにが復帰すると、はじわじわと上昇を始める。 と繁の2人が4番・5番に座って、ここ場面で勝負強さを発揮。 接戦に持ち込んで競り勝つという勝ちが戻り、失速し始めたを少しずつ追い上げはじめる。 だが、この追い上げムードを快く思わない者たちがいた。 その正体はあろうことか、 球団のであった。 もともと様々な事情から地元界での評判が良くないを辞せる機を伺っていたは、首位に3. 5差と迫り、全勝すれば逆転首位という直接対決4連戦というの直前、にの今季限りでの退任を突如発表する。 表向きの理由は3年の満了と 観客動員の伸び悩みだが、 に客を呼ぶのは営業のであって、のではない。 加えてのたちも軒並み限りで解任されることになり、さらに球団が敗戦時にをしていたという撃言まで現れる。 このをさせたくないとしか思えないの妨の数々に、選手たちが発憤する。 直接対決でをのめし、についに単独首位に立つと、そのまま首位を譲らず、に 球団史上初の連覇を達成した。 最大10差をつけられながら、慢して慢して終盤に照準を合わせての大逆転は、まさしく8年間のの集大成とも言うべきだった。 ちなみに・総得点が12球団ワーストでのは史上初である。 劇的な制覇ののち、をで制したを迎えた、両の均得点はが2. 2、が1. 6と戦となる。 が初戦をで取り、テージを含む2勝とするも、2戦を、3戦を山井で落として2勝2敗のに持ち込まれる。 は館山が1戦からで2戦に抑えとして、を挙げたその後中2日でするなど、まさに捨て身の特攻を仕掛ける。 それに対し4戦をの好投でし進出に王手をかけたは、5戦にが中3日でし、館山と熱戦を繰り広げる。 最後は井端の2ランで試合を決め、4勝2敗で因縁のとの闘を制し突破する。 日本シリーズ 遂に迎えた、圧倒的な強さで11球団に勝ち越す全を果たし、も払拭したと突する。 両者共にそれぞれのを制したとして、周囲の期待も高まっていた。 だがどうしても下評は「は1勝できれば御の字」というが多く、の圧倒的かと思われた。 で開幕した第1戦、はでもでもなく、をマウンドに送る。 この奇襲とも思える戦法に営は困惑。 は先取点こそ許すが、その後はって11の快投を見せる。 はに対して7回途中まですら打てない状況であったが、がを打ち1-1の同点に持ち込み、試合は延長戦へ。 10回、からがを打ち勝ち越し、2-1で初戦をものにする。 の1勝。 第2戦も対内の息詰まる戦となる。 試合が動いたのは7回、はのあので先制、はその裏、ので同点、またもや延長へ。 は10回、原からがで勝ち越し、最後はが抑え、2-1で、で連勝し、2勝。 に戻って対で迎えた第3戦、は初回、ので1点、4回にの2ランで加点、8回にはの、は6回井端のゴロの間に1点、8回のでもう1点返すも反撃及ばず、で、2勝1敗。 第4戦は対、は初回、ので先制、のゴロの間に2点を挙げる。 は5回、ので1点返すが、6回、死の絶好期に福から1点も取れず、そのまま2-1で敗戦、2勝2敗のとなる。 第5戦は対で始まるが、初回にので1点、7・8回に加点され、0-5でまさかの3連敗、王手をかけられる。 に戻った第6戦、対の。 初回、がの2点で先制、は4回にので1点を返されるが、のりを見せ、7回途中8の好投。 その後は、浅尾と繋ぐで、逆王手をかける。 運命の第7戦、は山井対内、は3回、から押し出しで先制、4回には、7回はので加点する。 内は7回失点に抑え、その後、福、のの前には遂に尽き、敗戦、の夢はわなかった。 なお、史上ワーストの7試合9得点、. と、最後まで貧打であった。 就任8年で全てA入り、4回、進出5回、1回と紛れもなくを築いた名将・は、悲願の「からの」だけは成し遂げられないまま、のを脱ぐことになった。 がとして史上初のとを受賞。 が最優秀、最多勝、最高、を獲得。 、がを受賞した。 、以下首がほぼ刷新され、新以下、OBだけで固めた営となった。 を戦外になった、からのOB2人を獲得。 、らが戦外となり、が挑戦のためとなりへ移籍。 がで古巣のへ移籍し、がへ銭トレードとなった。 2012年(75勝53敗16分、2位) 監督:高木守道 補強はとに加え、ビクトル・との親族を自称すると立つものではなく、のやの衰えへの懸念から戦はやむなしと思われた。 それでもの抜けたは若手のと慎二が、浅尾の故障との不調があったは、、ソーサが見事に埋め、序盤から相変わらずのをに連勝、連敗を繰り返すやや不安定な内容ながらも首位をする。 また野手でもが上位に定着し、が一定の活躍を見せるなど、政権時からの課題だった若手野手も台頭を見せた。 しかし場になると序盤苦しみながらも、で勢い付いたに一気に差を詰められ、~の直接対決で3タテを喰らい首位陥落。 その後は直前にが離脱したことも痛手となってなかなか差を詰められなかった。 結局通して大きな失速もく、3位のも大きく引き離し、前年を上回る. 6を出しながらの独走を許したまま3連覇を逃した。 、との柱が終盤に相次いで離脱し、をが手薄なまま迎えることに。 は2勝1敗でを退けるも、ここで更にが離脱。 は、といった実績の少ない若手、のからが続いていた、通して不振だったがようやく打ち出して3連勝、下評を覆しこのまま突破かと思われたが、後半からはの駒不足のためにから過多になっていたに疲れが見えはじめ、そこをを取り戻してきたに捉えられはじめる。 1敗した後、よりによって肝心要となった第5戦で起用法を巡ってとの2人が喧を始め(なお、この2人の喧は中にも度々見られた)すを許し、続く最も勢い付いたに及ばず、3勝4敗(うち1敗はのテージ)とあと一歩のところで出場を逃した。 、、、のが3人ってへ移籍される事態に。 とが現役を、、らが戦外となった。 2013年(64勝77敗3分、4位) 監督:高木守道 がで活躍し、部門でを受賞したが、はで4勝14敗2分で最下位と暗が立ち込めた状態でを迎えた。 に入ると、11年ぶりの開幕2連敗。 前述の通りでは大活躍だった井端も絶不調で、は最下位に転落。 しかし、新のが末まで3割後半~4割前半の高を維持。 では、新のがローテーションを守り、、、がを牽引、・との3位争いとなる。 不調のに代わり、をでスタメン起用するなどテコ入れを図ったが、中旬に4位に転落する。 そして、の戦で以来のBが確定。 最下位は免れたが全球団に負け越した。 満了によりが辞任。 前のが球団新設のに就任。 新には現役のが就いた。 が現役を。 、井端がとなった。 、が開幕27試合連続失点の記録。 試合まで伸ばす。 、が歴代の 0試合達成。 2017年(59勝79敗5分、5位) 監督:森繁和 詳細は を参照 2018年(63勝78敗2分、5位) 監督:森繁和 詳細は を参照.

次の

【お知らせ】サービス終了と今後の掲示板利用について

中日ドラゴンズ 掲示板

特記事項• まではが本拠地であったが、のと共に本拠地を変えたため、のは本拠地となっている。 のはでは気。 必勝祈願として「あっ!と驚き!」がある。 された選手が他球団で活躍することが多く、一時期は「信頼と実績の」とか言われていた(最近はそうでもない)。 特に、、、などがその恩恵にあずかっている。 からまで、のもと4回、1回のを築く。 から採用されたではまで全中一(、ビジター共)6年連続()進出を果たしていたが、は12年振りにBに転落し出場もなくなったことでこれまでの連続出場記録も6年で途絶えた。 にBに転落して以降はの迷走などで低迷が続いており、Bがになってしまっている。 のの際、の容体悪化を考慮しをし、祝勝会のみを行った。 にでは、を決めたの午前に「O臨界」が発生。 内初となる被曝による死者を出し、周辺住民を避難させるなど大事件であった。 そのためのの中継でものが随時出されるなどした。 翌日の新聞一面がすべてのの記事で占める中、はの記事を一面に掲載した。 選手・首脳陣・関係者• : 首脳陣 一軍• () ()• () ()• ()ンゾ・パ(巡回打撃)• ()行(打撃)• () (打撃)• (74) ()• () ()• () ()• () (守備走塁)• () (外野守備走塁)• ()安(コンディショニング)• ()洋(コンディショニング)• ()仁村()• ()充男(野手総合)• () (打撃)• () ()• (86) ()• (81) ()• () ()• (76)博幸(守備走塁)• (78) (外野守備走塁)• ()裕都(コンディショニング)• ()岳(コンディショニング)• (11)• (12)• (14)• (16)• (19)• (24)• ()大• (29)• ()知羅拓• (33)• (36)一郎• (38)• ()勝野慶• (43)• (46)• (47)• ()・• ()健人• ()拓実• ()垣越建伸• ()臣• ()小• (69)• ()エンニー・• ()ライデル・• (99)• ()・トー• (202)智博• ()泰資• ()大藏• ()哲• ()ヤリ・• (27)• ()拓哉• ()裕也• ()・• ()康太• (0)渡• (1)• (2)• (3) (将)• (5)• (7)• (9)• ()三ツ俣大• ()溝• (選手)• (66)• ()石諒太• (4)• (6)• (8)• (26)• ()勝• (42)• ()モイセ・シ• ()康• ()野要• (56)• ()希 記事のある球団スタッフ• (編成部際渉外担当)• (広報)• (一軍)• (営業本部推進部)• ()(打撃) スカウト• (ウトウン担当)• (地区)• (ウト)• (・地区)• (地区)• (・地区) 記事のあるOB・関係者 あ行 か行• (現: )• (現: )• (現: )• (故人)• (現: )• (故人)• (現:)• (現: )• (故人)• (現:)• (現:)• (現: )• (現: )• (現:)• (現: )• (現: )• さ行 た行• (現: )• (現: )• (現: )• (現:)• (現: )• (現: )• (故人)• (現: )• (現:)• (現: 一軍)• (現: )• (現: ) な行 は行• (現:)• (故人)• (故人)• (故人)• (現: )• (現:)• (故人) ま行 や行• (現:)• (現:)• (現:)• (現: )• (現:)• (現:)• (故人)• (現: )• (現: )• (現: 一軍)• (故人)• ら行 わ行• (現:)• 21世紀の戦績 2001年(62勝74敗4分、5位) 監督:星野仙一 が前年のと対ら不振に陥り、またも一向に成長の兆しを見せずは低迷、ついには前年したを呼び戻すという事態となった。 はだった昨年よりむしろ状態が良く、茂が最優秀にくなど明るいはあったものの、結局打撃不振が最後までいて4年ぶりのB(5位)に終わってしまった。 から采配を揮ったが勇退。 にはの正のをで獲得した。 2002年(69勝66敗5分、3位) 監督:山田久志 だったがに昇格した1年。 (ヨッシャー)打撃の導によりついにの大器がし、にいた。 のコントによりがのとなり、昨年でとなったとのがした。 の急成長との復調があったものの、前年の三本柱・・バンチが結果を残せず、Aには復帰したものの3位に終わった。 代わりに・を獲得する。 不満分子化していたをし、代わりにから獲得したの再生に成功した。 しかし、ギャが途中に退団(に移籍)するなど内のギスは深刻なものとなり、ついには終盤にが成績不振を理由に解任されるという事態にまで陥ってしまう。 ところが、が代行に就任してからは急に状態が上向き、解任時点で5位だった順位が終わってみればにまで持ち直していた。 2004年(79勝56敗1分、優勝) 監督:落合博満 がに就任。 「補強しなくても勝てる」としつつ、をされたをこっそり獲得。 就任1年でを果たすが、ではに3勝4敗で敗れた。 2005年(79勝66敗1分、2位) 監督:落合博満 からを獲得。 この年から導入されたで苦戦し、最終的にとは14.5差のに終わる。 2006年(87勝54敗5分、優勝) 監督:落合博満 5球団に勝ち越しての全。 しかしではに1勝4敗で敗れた。 2007年(78勝64敗2分、2位、 日本一) 監督:落合博満 でを獲得。 を通して上位をし、ととの三つとなる。 はに終わったが、で、を敗で制し、2年連続で出場を決めた。 前年同様、ではと対戦し、4勝1敗で年ぶりのにいた。 「をせずにを制した」初のとなった。 2008年(71勝68敗5分、3位) 監督:落合博満 前年度となったは、に移籍したの代役としてしていたをから獲得。 は、の二つを期したとなった。 当初は1点代のを擁して順調に勝ちを重ねた。 しかし野手・ともに故障者が続出。 またが不振に陥り、序盤に積み重ねた勝ち越し数を取り崩す厳しい戦いを強いられる。 それでも決して低迷せず順位も上位をし続けたのは、持ち前のに裏付けられた地の強さをが有していたからに他ならない。 それでも、による選手の離脱及びそのはあまりに大きく、一時は四位転落、負け越しという事態に陥った。 だが終わってみれば順位は3位のA。 結局はに大きく負け越したのが最後にいた形になっただけで、その他・・には五分以上の戦いをしていたは二年連続の・進出を果たす。 その後の・では苦手を、がから2点を放つなどして撃破する。 しかし、三年連続の進出をしたが、では相手に善戦するも敗退。 中日ドラゴンズのは課題を多く残して終結した。 終了後、がへ、がへ移籍、が退団。 これが、翌年予想だにしないことに…。 そして、追い討ちをかけるかのように繁の開幕直後の1ヶの離脱があった。 だが、ではや、、と言った選手の活躍、野手ではが大したこともあり、の半ば頃までは五割弱程度と頑っていたほうである。 そして、半ば頃から丁度が絶好調となったこともあって、は13勝4敗、は勝7敗と、すさまじいをたたき出し、順位と。 、も大苦戦していたは強かったものの(実際、などは不調であった)結局は:15勝10敗、:12勝14敗とそれほど悪い成績ではなかったりする。 だが、結果的には首位相手に8勝16敗と負け越したのが大きくき、12差のに終わり、でも第2で1勝4敗と、相手に苦戦した形であった。 また終了をもって、の一時代を築いた、の2選手がから惜しまれつつした。 2010年(79勝62敗3分、 優勝) 監督:落合博満 昨年のに続き、を獲得。 しかしが実弾所持によりされ出場停止処分、更に開幕直前にが故障で離脱、昨年したの出遅れなど、2年連続となる不安な幕開けとなった。 序盤はが不振だったが、,、では,らが奮起し、そこそこ好調を維持していた。 しかし以降は、助っ人の不振、の離脱が大きくき、終了の時点で3位と苦戦を強いられたが、から向きが変わった。 野手では若手のをはじめ、、、、らが台頭。 更に前半崩れかかっていたがついに復調し、から20日にかけて新記録となる5試合連続を記録。 も前半同様に好調を維持し、お得意の「守り勝つ」を前面に出せる試合が増えていった。 に入ると、今度は~勢である、、、らが大奮起。 上位2がで失速する中、のみ好調をし初旬にはの末、遂に首位奪還に成功。 以降はそのまま首位を譲らず、一時期首位につけられていた8差をひっくり返す大逆転を成し遂げた。 は初戦を勝ち抜いたを相手に順調に勝ちを重ね、4勝1敗(内、首位テージによる1勝)という安定した成績でし制覇。 しの勢いはまでは続かず、には闘の末2勝4敗1分で破れ、悲願である全(ペ-制覇)は夢と終わった。 は12球団の3. 29、戦7割5分というな「守り」を誇った反面、が1の. 、アウェー戦の借18、という貧弱な「攻め」が立つ、非常に両極端なであった。 終了後、セ,が退団。 後任にが就任した。 2011年(75勝59敗10分、 優勝) 監督:落合博満 新として、を獲得。 またを戦外になったをの切り札として獲得。 しかし、が開幕前に故障、との両が開幕に間に合わず、が開幕を務めたが、いきなりが打たれて負けというまたしても不安な幕開けでした。 この年は、前年貧打のを牽引した・がのか、って開幕から大不振に陥り、類を見ないほどの 圧倒的貧打に苦しめられることになった。 ただ点が取れないとかそういうではなく、 そもそも相手がであろうともすらまともに出ないという有様で、実に得点試合が 試合、1得点の試合が 試合という惨憺たる状態であった。 )、総得点(9)ともに 12球団最下位、がの. 、王がの と笑うに数字ばかりが並ぶ。 こそとが復帰、が左殺しとして活躍、浅尾がのとして君臨し、も前半戦不調ながらの記録を達成するなど、ので貫の安定感を誇ったものの、がこんな状態ではそうそう勝てるはずもなく、にはとが戦線離脱。 慢して使い続けたは振るわず、や、らがを見せたものの状態を劇的に善させるほどのはく、終わり頃には借生活に突入。 が独走する中、には5位まで沈み、ですらもうほぼ全に諦めムードに入っていた。 半ばに繁が、終わりにが復帰すると、はじわじわと上昇を始める。 と繁の2人が4番・5番に座って、ここ場面で勝負強さを発揮。 接戦に持ち込んで競り勝つという勝ちが戻り、失速し始めたを少しずつ追い上げはじめる。 だが、この追い上げムードを快く思わない者たちがいた。 その正体はあろうことか、 球団のであった。 もともと様々な事情から地元界での評判が良くないを辞せる機を伺っていたは、首位に3. 5差と迫り、全勝すれば逆転首位という直接対決4連戦というの直前、にの今季限りでの退任を突如発表する。 表向きの理由は3年の満了と 観客動員の伸び悩みだが、 に客を呼ぶのは営業のであって、のではない。 加えてのたちも軒並み限りで解任されることになり、さらに球団が敗戦時にをしていたという撃言まで現れる。 このをさせたくないとしか思えないの妨の数々に、選手たちが発憤する。 直接対決でをのめし、についに単独首位に立つと、そのまま首位を譲らず、に 球団史上初の連覇を達成した。 最大10差をつけられながら、慢して慢して終盤に照準を合わせての大逆転は、まさしく8年間のの集大成とも言うべきだった。 ちなみに・総得点が12球団ワーストでのは史上初である。 劇的な制覇ののち、をで制したを迎えた、両の均得点はが2. 2、が1. 6と戦となる。 が初戦をで取り、テージを含む2勝とするも、2戦を、3戦を山井で落として2勝2敗のに持ち込まれる。 は館山が1戦からで2戦に抑えとして、を挙げたその後中2日でするなど、まさに捨て身の特攻を仕掛ける。 それに対し4戦をの好投でし進出に王手をかけたは、5戦にが中3日でし、館山と熱戦を繰り広げる。 最後は井端の2ランで試合を決め、4勝2敗で因縁のとの闘を制し突破する。 日本シリーズ 遂に迎えた、圧倒的な強さで11球団に勝ち越す全を果たし、も払拭したと突する。 両者共にそれぞれのを制したとして、周囲の期待も高まっていた。 だがどうしても下評は「は1勝できれば御の字」というが多く、の圧倒的かと思われた。 で開幕した第1戦、はでもでもなく、をマウンドに送る。 この奇襲とも思える戦法に営は困惑。 は先取点こそ許すが、その後はって11の快投を見せる。 はに対して7回途中まですら打てない状況であったが、がを打ち1-1の同点に持ち込み、試合は延長戦へ。 10回、からがを打ち勝ち越し、2-1で初戦をものにする。 の1勝。 第2戦も対内の息詰まる戦となる。 試合が動いたのは7回、はのあので先制、はその裏、ので同点、またもや延長へ。 は10回、原からがで勝ち越し、最後はが抑え、2-1で、で連勝し、2勝。 に戻って対で迎えた第3戦、は初回、ので1点、4回にの2ランで加点、8回にはの、は6回井端のゴロの間に1点、8回のでもう1点返すも反撃及ばず、で、2勝1敗。 第4戦は対、は初回、ので先制、のゴロの間に2点を挙げる。 は5回、ので1点返すが、6回、死の絶好期に福から1点も取れず、そのまま2-1で敗戦、2勝2敗のとなる。 第5戦は対で始まるが、初回にので1点、7・8回に加点され、0-5でまさかの3連敗、王手をかけられる。 に戻った第6戦、対の。 初回、がの2点で先制、は4回にので1点を返されるが、のりを見せ、7回途中8の好投。 その後は、浅尾と繋ぐで、逆王手をかける。 運命の第7戦、は山井対内、は3回、から押し出しで先制、4回には、7回はので加点する。 内は7回失点に抑え、その後、福、のの前には遂に尽き、敗戦、の夢はわなかった。 なお、史上ワーストの7試合9得点、. と、最後まで貧打であった。 就任8年で全てA入り、4回、進出5回、1回と紛れもなくを築いた名将・は、悲願の「からの」だけは成し遂げられないまま、のを脱ぐことになった。 がとして史上初のとを受賞。 が最優秀、最多勝、最高、を獲得。 、がを受賞した。 、以下首がほぼ刷新され、新以下、OBだけで固めた営となった。 を戦外になった、からのOB2人を獲得。 、らが戦外となり、が挑戦のためとなりへ移籍。 がで古巣のへ移籍し、がへ銭トレードとなった。 2012年(75勝53敗16分、2位) 監督:高木守道 補強はとに加え、ビクトル・との親族を自称すると立つものではなく、のやの衰えへの懸念から戦はやむなしと思われた。 それでもの抜けたは若手のと慎二が、浅尾の故障との不調があったは、、ソーサが見事に埋め、序盤から相変わらずのをに連勝、連敗を繰り返すやや不安定な内容ながらも首位をする。 また野手でもが上位に定着し、が一定の活躍を見せるなど、政権時からの課題だった若手野手も台頭を見せた。 しかし場になると序盤苦しみながらも、で勢い付いたに一気に差を詰められ、~の直接対決で3タテを喰らい首位陥落。 その後は直前にが離脱したことも痛手となってなかなか差を詰められなかった。 結局通して大きな失速もく、3位のも大きく引き離し、前年を上回る. 6を出しながらの独走を許したまま3連覇を逃した。 、との柱が終盤に相次いで離脱し、をが手薄なまま迎えることに。 は2勝1敗でを退けるも、ここで更にが離脱。 は、といった実績の少ない若手、のからが続いていた、通して不振だったがようやく打ち出して3連勝、下評を覆しこのまま突破かと思われたが、後半からはの駒不足のためにから過多になっていたに疲れが見えはじめ、そこをを取り戻してきたに捉えられはじめる。 1敗した後、よりによって肝心要となった第5戦で起用法を巡ってとの2人が喧を始め(なお、この2人の喧は中にも度々見られた)すを許し、続く最も勢い付いたに及ばず、3勝4敗(うち1敗はのテージ)とあと一歩のところで出場を逃した。 、、、のが3人ってへ移籍される事態に。 とが現役を、、らが戦外となった。 2013年(64勝77敗3分、4位) 監督:高木守道 がで活躍し、部門でを受賞したが、はで4勝14敗2分で最下位と暗が立ち込めた状態でを迎えた。 に入ると、11年ぶりの開幕2連敗。 前述の通りでは大活躍だった井端も絶不調で、は最下位に転落。 しかし、新のが末まで3割後半~4割前半の高を維持。 では、新のがローテーションを守り、、、がを牽引、・との3位争いとなる。 不調のに代わり、をでスタメン起用するなどテコ入れを図ったが、中旬に4位に転落する。 そして、の戦で以来のBが確定。 最下位は免れたが全球団に負け越した。 満了によりが辞任。 前のが球団新設のに就任。 新には現役のが就いた。 が現役を。 、井端がとなった。 、が開幕27試合連続失点の記録。 試合まで伸ばす。 、が歴代の 0試合達成。 2017年(59勝79敗5分、5位) 監督:森繁和 詳細は を参照 2018年(63勝78敗2分、5位) 監督:森繁和 詳細は を参照.

次の