ジャックス 電話。 インターネットによるお問い合わせ|お問い合わせ|ジャックス

各種お手続きについて|お客様サポート|ジャックス

ジャックス 電話

ジャックス債権回収サービスという企業から、突然覚えのない下記のような連絡が来た人は、おそらく詐欺なんじゃないかと思っているかと思います。 電話による連絡• ハガキによる連絡• メールによる連絡• メッセージ(SMS)による連絡 このとき、勝手に詐欺だと判断して無視してしまうとジャックス債権回収サービスから訴えられて裁判になってしまう可能性があります。 まず、ジャックス債権回収サービスという企業はローンやサービスへの支払い遅れが続いていて、結果的に滞納状態になっている人に対して取り立てを行うことを専門にした企業です。 債権回収会社を正式に名乗るには、法務省の認可を得て営業活動を行う企業なので、架空請求業を行う違法企業ではありません。 実際ににも載っているため、本当にジャックス債権回収サービスからの請求なら、正式な取り立てということになります。 しかし、中には悪質な業者もいて、ジャックス債権回収サービスの名を名乗って取り立てをしてくる詐欺も行われています。 そこで、詐欺かどうか正しい判別方法をここで紹介します。 電話やハガキ、メールやメッセージ(SMS)、電話が来たときの対処法や、取り立ての督促ハガキが来たときの対処を知ることで、犯罪に巻き込まれないようにしましょう。 もし、本物のジャックス債権回収サービスからの請求だった場合は、このまま無視して放置してしまうと踏み倒しを防ぐためにジャックス債権回収サービスがあなたを訴えて裁判になる恐れがあります。 そのため、本物の取り立てだった場合の対処法も紹介します。 ジャックス債権回収サービスはメッセージ SMS がきたら ジャックス債権回収サービスではメッセージ(SMS)による連絡を2018 年2月27日から始めています。 ジャックス債権回収サービス側も、近年SMSなどのショートメールサービスを使った詐欺が横行していることを知っているため、注意書きと判別方法を告知しています。 架空請求にご注意ください。 当社では、ご連絡のために「050で始まる電話番号」を指定することはございません。 当社では、カード利用代金以外のインターネットの動画視聴料・コンテンツ利用料等の債権は取り扱っておりません。 よって、「連絡が無い場合は訴訟手続きに移行します」というようなメールを発信することもございません。 万一、不審な文書や電話、電子メール等がございましたら、当社にお問い合わせいただくとともに、最寄りの警察署や消費生活センターへご一報されますようお願い申し上げます。 また、本物のジャックス債権回収サービスからの電話は、下記電話番号から連絡がくるので、他の電話番号の場合は詐欺だと思ってください。 送信元電話番号 送信元電話番号として、お客様の端末に下記の電話番号が表示されます。 【NTT ドコモ・au の場合】 03-6327-3902• メールの連絡も詐欺なので放置か消費者センターへ連絡 先程も書きましたが、ジャックス債権回収サービスも含めて債権回収会社を名乗る詐欺が最近では増えています。 基本的に、正式な債権回収会社はメールによる連絡は行っていません。 主にハガキや電話、メッセージ(SMS)による連絡が主流なので、メールは利用されていません。 そのため、メールによる連絡が来たら詐欺だと思ってください。 フィッシング詐欺という、メール受信者に偽のサイトにアクセスさせて、個人情報を盗むという手口の可能性が高いからです。 正しいかどうかはハガキや電話で判断出来る すでに電話やハガキによる請求を受けている人は、ジャックス債権回収サービスから送られてきているハガキを確認してください。 このハガキには• 請求されている内容• 支払い期限• 滞納分はいくらか 上記3点を確認します。 普通に生活している人は、ジャックス債権回収サービスのような債権回収会社と関わることは無いため、聞いたこともない会社からの取り立てなので、架空請求業者と勘違いして無視してしまうかもしれません。 しかし、実際にハガキに記載されている内容を確認すると、何の請求かは記載されています。 そのため、なんとなくは心あたりがあるのではないかと思います。 また、ジャックス債権回収サービスは、電話での督促連絡を行っています。 そのため、以下の電話番号を無視し続けることも危険です• 03-6327-3900• 03-6327-3905• 03-5791-3343• 電話連絡の厄介なところは、電話番号を登録していないので、ジャックス債権回収サービスからの連絡なのかわからないことです。 そのため、見知らぬ電話番号が来ていたらまずは上記の電話番号から電話がかかってきていないかを確認しましょう。 この電話番号から掛かってきていれば、本物の請求の可能性が高いため放置すると非常に危険です。 本物のジャックス債権回収サービスから取り立ての対処法 債権回収会社の役割は、滞納が続く相手への取り立てを、元の債権者が諦めたときに代理で回収することです。 そのため、ジャックス債権回収サービスからの請求に覚えがなくても、多くの場合は債権がもとの債権者からジャックス債権回収サービスに譲渡された結果の請求です。 なお、債権がジャックス債権回収サービスに移るときは、債権譲渡通知という名前の通知が自宅に送付されて来ています。 債権がジャックス債権回収サービスに移ったあとは、• 支払いご依頼通知• 債権の受託通知書• 借入残高のお知らせ こういった名前の通知が自宅に送られてきます。 このときの請求されている金額を見てみると、多くの場合は利子や長期間の滞納による遅延損害金によって膨れ上がっており、元金の2倍以上になっていることもあります。 まともに支払うことが難しいため、こういった場合の対処法としてまずは専門家に相談してみてください。 当サイトでは減額制度を利用するなら、国家資格を持った専門家への無料相談をおすすめしています。 というのも、信頼出来るだけではなく、お金の問題の専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているのでこちらの事情をわかっているからです。 少し詳しいボランティアと、これまで10万件以上の相談を受けた専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つはたの法律事務所をおすすめしています。 はたの法律事務所は、事情を深く理解しており誰にも知られずにいくら減額してくれそうかを教えてくれます。 取り立ては滞納していつごろ来るか 借金返済を滞納すると、ジャックス債権回収サービスから支払いの取り立てが来ます。 滞納後どのくらいの期間が経過したら、実際に督促が来るのでしょうか。 借金返済を滞納したら、電話やハガキ、封書などで督促が来るようになりますが、これらの督促は延滞後比較的すぐに来てしまいます。 支払予定日を過ぎたら、次の日には電話がかかってくる可能性がありますし、数日内には自宅宛に郵便による督促状が届くでしょう。 まずは、電話や郵便(ハガキや封書)で督促が行われることが普通です。 これらの督促を放置していると、内容証明郵便によって一括請求書が送られてきます。 ジャックス債権回収サービスから、自宅や勤務先などに訪問されることは通常ありません。 また、勤務先に電話をかけられることは通常ありません。 ただし、督促の電話を長期間無視し続けると、所属している勤務先に電話が掛かってくることもあるため電話の無視だけはしないでください。 違法な取り立てについて ジャックス債権回収サービスのような、法務省から許可を得ている債権回収会社が借金の取り立てをする場合には、貸金業法という法律に従う必要があります。 貸金業法に違反すると、ジャックス債権回収サービスは業務停止になってしまったり、刑事罰を受けたりすることもあるので、貸金業法違反の行為をすることは通常ありません。 貸金業法では、貸金業法による取り立て方法について、厳しく規制しています。 その中で、正当な理由がないのに、債務者の自宅や勤務先に訪問したり勤務先に電話をしたりすることはできないと規定されています。 そのため、借金を滞納しても、ジャックス債権回収サービスが自宅や勤務先に訪ねてくることはありません。 ただし、他の手段によっては債務者と連絡がつかないなどの正当な理由がある場合は、ジャックス債権回収サービスの担当者が自宅や勤務先に訪ねてきたり、勤務先に電話をかけられたりすることもまれにはあります。 以上をまとめると、借金返済を滞納した場合、まずは電話による督促が行われ、ハガキや封書などの郵便による督促状が来て、内容証明郵便による一括請求書が送られるという流れになります。 電話やハガキを無視し続けると、自宅や勤務先にも督促がくることがあるので、無視しないようにしましょう。 ジャックス債権回収サービスより先に専門家に相談する ジャックス債権回収サービスは、取り立て能力が高いと評判の会社です。 その回収能力の高さは、借金をしている人たちにどういう連絡を取れば、確実に返してくれるかを知っています。 具体的には裁判所に訴状を出すことで、正式に取り立てを行えたり、差し押さえに移ることで強制的に回収してきます。 こう言った状況になったら、個人の力では対処しきれません。 長期の滞納は債権回収会社が出てくる 私達のような一般人は、債権回収会社という名前に関わることはほぼ無いと言っても良いでしょう。 しかし、滞納が慢性的に続くと、債権回収会社と関わる可能性があります。 債権回収会社とは、貸金業を営む企業が回収し切ることができない債権や、定額で支払う光熱費や奨学金返済、住宅ローンや自動車ローンなどで滞納した人から取り立てを行うことを専業にした業者です。 ローンや、定額で支払う料金を長期間滞納した場合、最初はサービスを利用した会社から、契約したときに登録した住所や電話番号に連絡がきます。 しかし、滞納した期間が長期になると、債権回収会社から直接連絡がくるようになります。 これは、借金が取り立て不可とみなされて、取り立ての専門家の債権回収会社に借金が譲渡されたということです。 このとき、連絡がくる会社は国に認められたサービサーと言われる債権回収会社から連絡が来ます。 債権回収会社は、回収した分の借金がそのまま利益になるので、さまざまな手法を駆使して借金の回収を試みます。 もちろん、取り立てを行うときは、自分たちが不利になるような違法な取り立てはしません。 仮に、時効が成立するような長期間借金を放置していた場合、その借金が債権回収会社に譲渡されている可能性があります。 直接借金をした相手ではなくても、借金を時効にする場合は、債権回収会社と関わる可能性があります。 ジャックス債権回収サービスに依頼している業者 ジャックス債権回収サービスはジャックスグループの会社です。 そのため、下記のような関連業者と、その高い回収力から様々な企業から借金の取り立て業務を委託されています。 もし、下記の企業や業者などからの未払いの借金があった場合、ジャックス債権回収サービスから催促の電話や督促状が送られてきます。 株式会社ジャックス• ジャックス・トータル・サービス株式会社• ジャックスリース株式会社• ジャックス・ペイメント・ソリューションズ株式会社 この他にも、地方銀行などからのローン滞納をしている人に対しても取り立てをおこなっているため、ジャックス債権回収サービスから連絡が来ることがあります。 非正規の債権回収会社から取り立てが来たら まずは、先程紹介したの中にある債権回収会社なのかを調べてください。 債権回収会社は国から許可を得ないと行えない、非常に厳しい審査を通り抜けないと営業ができない業種です。 そのため、認められている債権回収会社の数は実は少ないため簡単に確認できます。 もし、自分宛てに債権回収会社からの通知がきたら、必ず業者名と住所の詳細が確認してください。 通知の内容から、本当に正式に法務省から許可を得ている債権回収会社かどうかを確認してください。 近年、債権回収会社を名乗った架空請求業者も出てきており、正式な債権回収会社名を名乗る紛らわしい詐欺行為を行う業者もいます。 こういった業者は、メールやSMSなどで連絡することが多いため、しっかりと確認しなければいけません。 もし、自分で判断できないときは専門家にすぐに相談しましょう。 犯罪行為に巻き込まれてしまう前に、早めに対処しましょう。 債権回収会社からの取り立てだったら 正式に法務省から許可を得ている債権回収会社からの通知なら、真摯に対応してください。 正式な通知の場合は、放置すると後で後悔することになります。 法務省から許可を得た債権回収会社は、貸金業法に乗っ取った対応を厳守しているため、違法な取り立ては行われません。 返済・支払いのための手立てを提案すらしてくれます。 恐れないように真摯に対応しましょう。 督促の電話が来た時の対処法 それでは、実際に債権回収会社から適法な範囲内で督促を受けた場合、どのように対応すればいいのでしょうか。 債権回収会社から通知を受ける人は、すでに相当期間、借金を滞納しているはずです。 正式な債権回収会社ならば、真摯に対応してくれますが、借金の滞納状況によっては支払督促や訴訟などの法的手続きをとられてしまう危険があります。 そのため、少しでも早く、専門家に債務整理の相談をすべきです。 法律の専門家に債務整理の依頼をしたほうがいい理由 債務整理とは、借金の額や返済を見直し、借金の負担を軽くする手続きのことです。 債務整理には、裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所の手続きである自己破産、個人再生などがあります。 自己破産や個人再生をすれば、滞納分や遅延損害金が免除される、大幅に減額される以外に、任意整理では将来の利息をカットすることができます。 債権回収会社から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると、債権回収会社から、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。 そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。 そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。 専門家に債務整理を依頼すると、専門家が、債権回収会社に対して依頼を受けたことを通知します。 通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知してください。 併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、即日にでも、債権回収会社からの督促や債権回収会社への返済を止めることができます。 当サイトでは減額制度を利用するなら、国家資格を持った専門家への無料相談をおすすめしています。 というのも、信頼出来るだけではなく、お金の問題の専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているのでこちらの事情をわかっているからです。 少し詳しいボランティアと、これまで10万件以上の相談を受けた専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つはたの法律事務所をおすすめしています。 はたの法律事務所は、事情を深く理解しており誰にも知られずにいくら減額してくれそうかを教えてくれます。

次の

各種お手続きについて|お客様サポート|ジャックス

ジャックス 電話

「高額商品を分割払いで購入したい。 目星をつけているお店では を取り扱っているようだけれど……? 」 高価な商品・サービスを提供するお店で多く取り扱われている 「ショッピングローン」 ショッピングクレジット。 ローンと言う名前ではありますが、契約の手軽さや支払いの勝手から考えると 単に「分割払い」と言った方がしっくり来るかもしれません。 今回はそんな「ショッピングクレジット」のうち、信販会社 「ジャックス」が取り扱うものについて、基本的な仕組みや審査通過の目安、その他契約の流れを簡単にまとめました。 読み終えていただければ、希望の支払いを無理なくこなす方法が分かります。 ジャックスの「ショッピングクレジット」 ショッピングローン ってどんな支払方法? まずはジャックスの 「ショッピングクレジット」 ショッピングローン とはどういった支払方法なのか、簡単に見ていきましょう。 「お金を借りる」ことに抵抗を覚える方が多いからかジャックスを含む取扱会社は「ショッピングクレジット」の名前を使っていることが多いですが、2つの違いについて気にする必要はありません。 自動車ローンや住宅ローンを組んだことがあるのなら、そのミニバージョンと考えていただければ分かりやすいでしょうか。 そもそもショッピングローンとは 「分割払いをしたい購入者と、一括で支払ってほしいお店の間を金融機関 ジャックス が取り持つ」という契約です。 例えばAさんが30万円の時計を、ショッピングローンを使って購入したすると……。 ジャックスは商品代金30万円を一括で販売店に支払います。 その後Aさんは ジャックスに対し、立て替えてもらった分を分割で支払うことになるわけですね。 ジャックスはクレジットカード会社として有名ですが、 ショッピングローンとクレジットカードに直接のかかわりはありません。 そのため極論、「分割払いを行う」ことだけを目的とするのなら、どちらの方法を選んでも構わないのですが……。 ショッピングローンは使い道が提携店での買い物に限られているからか、 金利がクレジットカードの分割払いより低く設定されています。 つまり 同じ金額を同じ回数で分割するなら「ショッピングローン」の方がおトクになるわけですね。 クレジットカードと別枠の契約となることから、カードの利用可能枠を圧迫しない といったメリットがありますね。 というわけで、 大きな買い物を行う際にはクレジットカードの分割払いよりショッピングローンを選びたいところ。 一方、数回程度の分割で済む買物であれば、新たに契約の手間がかからないクレジットカードの分割払いを使うのもアリかと思います。 ショッピングローンについての情報を確かめていると、よく見られるのが 「100円あたりの手数料」「お客様手数料」といった文字。 というわけで購入額が10万円なら総手数料は 12,000円、購入額が30万円なら総手数料は 36,000円となります。 24回払いのとき、100円あたりの手数料額「11. 8円」• 36回払いのとき、100円あたりの手数料額「17. とは言え審査自体はさほど厳しいものではありません。 借入額にもよりますが 18歳以上であれば原則誰でも申し込めること ただしお店により条件が異なる可能性あり、要確認 、 借りたお金の使い道が「提携店での買い物」に限定されていることを考えると、おそらく 借入額と同枠のクレジットカードを作れる程度の支払い能力があれば、ほぼ確実に審査に通過できるでしょう。 また、十分な支払い能力が無かったとしても、 連帯 保証人を立てることで契約が認められる可能性があります。 おそらく申込者が未成年者、または専業主婦であるなら連帯保証人の設定が必須 返済能力のある 連帯 保証人に心当たりがあるのなら、 審査に自信が無くとも申し込みを行って良いでしょう。 トラブルを避けるため、基本的に 連帯 保証人には家族、または近しい親族をお選びください。 ちなみに単なる保証人と連帯保証人の最も大きな違いは、 「契約者が資力があるにもかかわらず支払いを拒んでいるとき、代わりに返済を行う義務があるか無いか」ですね。 この場合、単なる保証人であれば支払いを拒めるのに対し、連帯保証人は契約者と同額の支払いを行う義務が発生します。 参考借金の保証人を頼まれたら? おおまかな利用の流れ ジャックス「ショッピングクレジット」の一般的な利用の流れは以下の通りです。 実店舗での契約については店員さんやオペレーターさんにお尋ねください。 を見る限り、契約前の申込確認電話は必須となるようですね。 ジャックスのクレジットカードは発行スピードが遅いので有名ではありますが、ショッピングクレジットの 審査結果は通常1~2営業日で出るようです。 契約の流れとは言うものの、実際のところ申し込みを行ったら後はジャックスからの連絡や指示を待つだけ、という形になりますので、特にあなたがすべきことを意識する必要は無いでしょう。 これについては事前に以下のシミュレーターを使い、月々の負担額を確認しておくと良いでしょう。 ご承知おきください。 ジャックス「ショッピングクレジット」の返済は、申込み時に決めた分割回数 支払い回数 をもとに 月に一度の自動引き落とし 口座振替 で行います。 引き落とし日については各加盟店にお問い合わせください 引き落とし口座の設定方法は、契約後にジャックスから届く書類を返送する形となりますね。 カードローン等とは違い、ショッピングクレジットは 原則として一部繰上返済には対応していません。 ただし 契約途中に残高を一括で支払うことはできますので、臨時収入が入った等の理由があれば、こちらを利用してみるのも良いでしょう。 この場合にはまずジャックスに電話を掛け、「次回引き落とし日に全額引き落とし」「銀行振込」いずれかの方法を選択し、残額の支払いを行うことになります。 金利に基づく手数料が発生する方式ではなく、手数料があらかじめ決まっている場合に該当 申込前には必ず金利手数料 利息 の仕様をご確認ください。 申込確認の電話は必ず入るため、着信には注意しておこう 高額商品購入の際に心強い味方となってくれる、ジャックスのショッピングローン。 使える場所は加盟店に限られますが、契約や返済にさほどの手間が掛からないことから 非常に利用しやすい支払方法の一つと言って良いかと思います。  .

次の

ジャックス債権回収サービス株式会社は詐欺?ハガキや電話が来た時の対処法

ジャックス 電話

0570550061はジャックス 0570550061はクレジットカード・信販会社のジャックスが使用している電話番号です。 ジャックスは新しいサービスの案内、本人確認の連絡、キャッシングの案内、ローンの案内、保険の案内、リボ払いの案内、借金を滞納している方に対する督促など様々な用件で電話やメールをしてきます。 ジャックスでローンや保険を申し込んだ覚えがある方は審査や確認の電話の可能性が有りますので無視しないようご注意ください。 詐欺などでは無いのでジャックスで借金の滞納がない場合は0570550061の電話を警戒する必要は無いですが、商品・サービスに申し込んでいない方にもジャックスはセールスを行っていて、場合によってはしつこいセールスをされる可能性もあるのでジャックスに借金滞納が無くセールスにも興味がない場合は電話を無視しても大丈夫です。 手続き内容の不備などの場合も0570550061から連絡がくる可能性がありますので、もしジャックスからの電話に何かしらの心当たりがある方は念のため一度折り返し連絡することをお勧めします。 ジャックスで借金を滞納している場合も電話を無視すると様々なデメリットがあるのでご注意ください。 0570550061は職場にも電話する? セールス電話で職場にまで連絡をしてくることは無いですが、ジャックスで支払いが遅れて携帯や自宅への電話に出なかった場合、職場に電話してくる可能性が高いです。 債務者の自宅・携帯電話以外に連絡することは正当な理由が無い限り禁止という事にはなっていますが、携帯電話等に電話して本人と繋がらない場合は職場に電話する正当な理由という事になってしまい、勤務先にも督促の電話をしてきます。 クレジットカード会社・消費者金融 サラ金 などが督促してくる電話回数は一日に最大3回まで、督促の時間帯は午前8時から午後9時までの間と規制されています。 違法な取り立てをされた場合は警察、弁護士、国民生活センターなどに相談するべきですが、現在貸金業者の取り立て方法は厳しく規制されているので違法な取り立てをしてくることは無いと思います。 職場に電話をされないようにする解決方法としては携帯に電話が来た時点で連絡が取れていれば職場には連絡してきませんので、借金返済が遅れている時に0570550061から着信があった場合は、無視せずに早めに折り返し連絡することをお勧めします。 借金返済するお金がある場合は銀行振り込みをすればすぐに解決します。 借金返済するお金が無い場合は、担当者と今後の支払いについて話しをする事になります。 もし今後の借金返済が難しい場合は弁護士、司法書士など借金トラブルを解決してくれる専門家に自己破産・任意整理・特定調停・個人再生・時効援用の相談をして解決することをお勧めします。 0570550061を無視すると差し押さえ? 借金を滞納中の場合、電話連絡を無視して滞納期間が長期間続いた場合、裁判所から 仮執行宣言付支払督促という特別送達が送られてくる恐れがあります。 上記画像はクレジットカード、消費者金融 サラ金 、債権回収会社などの借金を無視し続けた場合に裁判所から特別送達で送られてくる仮執行宣言付支払督促の画像です。 仮執行宣言付支払督促は二週間以内に異議申し立てをしなかった場合、確定判決と同一の効力を有するものになり、借金滞納者の財産の差し押さえをする権利が債権者側に与えられてしまいます。 上記画像はクレジットカード、消費者金融 サラ金 、債権回収会社などの借金を無視し続けた場合に裁判所から特別送達で送られてくる債権差押命令の画像です。 借金返済が遅れている時に0570550061からの連絡を無視すると財産を差し押さえされてしまう事態に発展してしまう可能性が有りますのでご注意下さい。 関連記事 ・ ・ ・ 61日以上の遅れはブラックリスト? 消費者金融 サラ金 、クレジットカードなどの借金を滞納したまま61日以上遅れてしまうと個人信用情報機関に支払いが遅れたデータが登録され他社のクレジットカードや住宅ローンの審査にも通らなくなる危険性があります。 クレジットカード、消費者金融 サラ金 などは審査時などに個人信用情報機関のデータを必ず確認しますが、 61日以上または3ヶ月以上の借金滞納等をしてしまうと支払いが長期間遅れたことが登録されます。 61日なのか3ヶ月なのかは借金返済等が遅延した時の事前連絡の有無など諸条件によって61日以上で記録されることもあれば3ヶ月以上で記録されることもあるので連絡無しで61日以上の遅れは危険です。 61日以上または3ヶ月以上の滞納を意味する 「異動」という情報が個人信用情報機関に載ってしまうと所謂ブラックリスト入りした状態になり金融事故として最長5年間記録が残ってしまいます。 個人信用情報機関にブラックリスト自体が存在するわけでは無いですが、 「異動」情報が個人信用情報機関に載ることは金融事故として扱われていて実質ブラックリストとされています。 この個人信用情報機関はCIC、JICC、KSCという3機関が有ります。 「異動」という借金滞納等の支払遅延ブラックリスト情報が一度載ってしまうとJICCは1年、CIC、KSCは5年消えません。 金融事故情報が一度登録されてしまうと銀行の住宅ローン、消費者金融 サラ金 、クレジットカード、スマホ分割払いなどは全て審査に通らなくなってしまいますのでご注意ください。 時効の可能性 クレジットカードや消費者金融 サラ金 などから借金した場合の時効は5年 債務名義をとられている場合は10年 です。 ジャックスは5年前、10年前といった既に時効になっている可能性がある過去の借金についても時効援用手続きが行われていない場合は借金の督促をしてくる可能性があります。 時効の成立には『時効が成立していますので借金は無効です』という文書を債権者に送付する必要があります。 この時効援用手続きをすることによって初めて時効成立となりますので、既に時効期間が成立している過去の借金を請求された場合は法律事務所に相談するなどして時効援用手続きをして下さい。 5年前、10年前の借金でも消滅時効の援用手続きをしていない場合は正式な時効とはなりませんのでご注意下さい。 まとめ 0570550061はジャックスの電話番号です。 ジャックスは新サービスの案内、キャッシングの案内、ローンの案内、リボ払いの案内、借金を滞納している方に対する督促など様々な用件で電話をしてきます。 借金返済が遅れている場合などは無視しないようご注意下さい。 借金滞納中に電話を無視していると訴えられ遅延損害金等を上乗せされた金額で強制執行・差し押さえされる可能性がありますので、借金返済が難しい場合は法律事務所などに相談して解決することをお勧めします。

次の