ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 76。 ある日、お姫様になってしまった件について 2 (フロース コミック)

転生したら王女様になりました|無料漫画(まんが)ならピッコマ|マゼンタブラック/キム・レクナ(作画) 作家 ビチュ(原作)/DCC(製作社)

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 76

ある日、お姫様になってしまった件について31話ネタバレ アルフィアス公爵を見つめるアタナシアの視線を感じ取ったのは、公爵の傍にいた黒髪黒目の青年です。 青年はアタナシアの瞳を見据えました。 * ダンスが終わった後に起こる拍手と歓声に驚くアタナシア。 (2曲目が終わった。 次はその年にデビュタントを迎えた少女全員で一緒に踊るダンスだ) アタナシアは先ほどアルフィアス公爵と青年がいた場所を見やりますが、そこにはすでに二人はいません。 (確かに…黒い目だったよね?) 青年の姿を思い返すアタナシア。 (一瞬、宝石眼みたいに見えた) そんなことを考えるアタナシアの元へ、クロードが声をかけます。 「出てみろ」 (その時) クロードの表情を見つめて、アタナシアが口を開きます。 「パパ、今日は一緒にいてくれてありがとう」 (ふと飛び出したのは) 「おかげでパパの言うとおり、とっても楽しくて幸せな日になりそうだよ」 (私の本心) (もしクロードがジェニットのためにこれ以上私を娘だと思わなくなっても、クロードは私が初めて接した父親で、私は今までそれが嬉しかった) アタナシアの言葉に、静かに目を見開くクロード。 (こんなに純粋な気持ちで言えるのも今だけ。 私はこれからも生きる為にみんなを騙さなきゃいけないから) クロードの傍を離れるアタナシア。 「じゃあね、パパ」 アタナシアは微笑みながら、クロードへそう告げました。 次第に小さくなっていくクロードの姿は、いつしか人混みの影に消えて見えなくなりました。 「白ゆりがとてもお似合いですね。 私とも踊ってください」 少女たちへ声をかけるアタナシア。 「よっ、よろしくお願いします」 「こちらこそ」 少し戸惑いながらも、少女らはアタナシアを快く受け入れます。 「腰に結んだリボンが解けそうですよ」 少女らと共に踊るアタナシアへ、不意に声がかけられます。 (今まで何度かこんなことを考えたことがある。 大きくなったジェニットが名乗らなくても、私はすぐに彼女に気付けるだろうか?) 「私が結び直しましょうか?」 (その答えが、ついに分かった) 振り返った先にいたのは、宝石眼ではなく青い瞳であったものの、見間違えようのないジェニットでした。 「あっ」 その瞬間、思わずジェニットの足を踏んでしまうアタナシア。 「いたっ!」 (ジェニットの足を踏んじゃった) 「ごめんなさい、わざとでは…」 「大丈夫です、まったく痛くありませんでした。 失礼でなければ私がリボンをお結びしたいのですが」 初々しく申し出るジェニット。 「大丈夫です。 他の者に頼みます」 笑みを浮かべながら、バッサリ切り捨てるアタナシア。 「移動した方が良さそうですね。 テンポがズレたので」 共に踊っていた少女らへアタナシアはそう言います。 「あ…」 「それでは楽しい時間を」 ジェニットへ声を掛けて去っていくアタナシア。 残されたジェニットは名残おしげに彼女を見つめていました。 (これは夢かまことか。 原作ではジェニットがどんな風に登場したっけ?こんな場面あったっけ?目色は後でクロードの前で変えるつもりなのかな?) 「アタナシア姫様」 ヒールを鳴らしながら急ぎ足で会場を歩くアタナシアの前に、立ちふさがる一つの影。 アタナシアはピタリと足を止めます。 「こうして正式にご挨拶するのは初めてですね」 かつて、<彼>が言いかけた言葉を思い出すアタナシア。 「大丈夫です。 次は僕が…」 アタナシアの目の前で微笑むのは、 「イゼキエル・アルフィアスです。 お会いできて光栄です」 アタナシアは知らない。 かつての彼が何を言いかけていたのかを。 「今度は僕が、直接あなたに会いに行きますので」 * 「あ!ご…」 イゼキエルの足を踏んだアタナシアは、反射的に謝ろうとします。 「大丈夫ですよ、姫様」 アタナシアの顔は悔しさと羞恥から真っ赤です。 「ご心配なさらず。 足取りが羽根のように軽いので、何も感じませんでしたよ」 手を取り合い、ダンスを踊るアタナシアとイゼキエル。 (そうよ、挨拶だけで美しく別れれば足踏まれなくて良かったじゃない…。 それになんで私のことからかうの?) 周囲の視線は、アタナシアとイゼキエルに釘付けです。 (思わずキュンとしちゃった。 この王子様オーラは一体何?) 「陛下が姫様を非常に大切にしていると聞きました。 その寵愛の深さを計り知れないという噂は事実だったんですね」 (え?) 「姫様がお踏みになった足より、背中の方がヒリヒリします」 そう言うイゼキエルのはるか背後で、静かにだが確かな苛立ちを露わにするクロードの姿がありました。 (何!?) 「大切な姫様の手をまだ他の者に任せたくないご様子ですね」 (そんな、まさか) 「アルフィアス公爵が普段公子のお話をよくされるので、お父様も興味をもたれたのでしょう」 「こちらこそ聡明でお美しい姫様だとお聞きしていたので、お会いできる日を待ちに待っていました。 本当にお聞きした通りですね」 「私こそ噂のアルフィアス公子とこうしてお会いできて、不思議な気分です」 (公爵邸で出会ったことはなかったことのように行動してる。 やっぱり姫だってことわかってたのね…) 二人のダンスが終わると、周囲から拍手が送られます。 イゼキエルはアタナシアの手を取り、そっと手の甲にキスしました。 「アタナシア様の大切な日に意味深い時間をともに過ごせて光栄でした」 主に女性陣から羨望の視線が注がれます。 (視線が痛い…) 「それではまたお会いできる日を楽しみにしております、天使様」 (な、何っ…?) イゼキエルはアタナシアの手の甲に唇を落としたまま、どこか悪戯っぽく微笑みアタナシアを見上げました。 (!?!?!?) 衝撃が走るアタナシア。 (ち…小さい頃は可愛かったのに…) 31話はここで終了です。

次の

cello’s room

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 76

弁護士カレシ第41話「新しい毎日のはじまり」 葵が辰巳と一緒に暮らしたいと思ったのは、沢渡さんと元妻の話を聞き好きでも続かないことがあるんだと知ったこと。 自分の都合を受け入れてもらうケダじゃなく、自分も辰巳の思いに応えたいと思ったこと。 なにより、辰巳と一緒にいたいと思ったから。 そうして一緒に暮らそうとなったのですが、今日からここで暮らそうと言う辰巳に、引っ越しの手続きをちゃんとしてからじゃないと無理だと言う葵。 またちょっと喧嘩っぽくなっちゃったふたりだけど、引っ越しの準備をひとり進める葵はその週末から当座の荷物を持って辰巳の部屋に住み始めることを決心するのでした。 やってみたら引っ越しの準備に意外と時間が掛かるってわかって、葵もそれまで待てなくなっちゃったんですね。 辰巳はわりとパパッと考えて決められるけど、葵はしっかり考えて自分で納得できないと動けないんですよね。 辰巳も葵がそうだってわかってると思うけど、とにかく葵に逃げられないように必死です。 そして事務所でその話をしてるものだから、扉の向こうで沢渡さんに聞かれてました。 切ない・・・ 弁護士カレシ第42話「同棲のルール」 ふたりで決めた同棲のルールは、平日はお互い自分のペースで生活するということと、寝るときは必ず一緒のベッドで寝ること。 でも一緒に暮らしている嬉しさから、つい辰巳が葵に手を出そうとしちゃいます。 それを嗜める葵ですが、それから辰巳のことを意識しすぎてしまいます。 辰巳の方はなんだか葵を避けてるみたい。 それは葵を怒らせたかなと自制していたのですね。 葵も辰巳と触れ合えなくて勉強に集中できなくなり、意を決して自分から辰巳に平日干渉しないルールを辞めようと言いに行きます。 でも辰巳は自制できる自信がないから、葵が辰巳に甘えたいといはいつでも来ていいけど、自分は試験が終わるまで我慢すると葵を優しく労るのでした。 そしてお互い一緒にいることで、今日も頑張ろうって活力になるのです。 弁護士カレシ第43話「弁護士になった理由」 一緒に暮らし始めたことで、葵は辰巳のことをあまり知らないことに気付きます。 ある夜、話の流れから辰巳がなぜ弁護士になったか聞く葵。 大学生になっても特にやりたいことを見つけられなかった辰巳。 大学二年で父親を事故でなくした時に、葵のことを思い出します。 尊敬する祖父が亡くなり、居場所がなくなったとなく葵の姿を。 そこから、ふと弁護士ってどうやってなるんだろうと気になり、父を亡くした喪失感を紛らわせるためにも弁護士になる勉強を始め、ストレートで司法試験に受かってしまった辰巳。 なんのために弁護士になったのかわからないまま大手事務所で働いていたところを、今の所長にスカウトされたんですね。 それまでは企業関係の法務を専門としていた辰巳ですが、所長のすすめで個人向けの案件を担当することになり徐々にやりがいを感じていったのです。 葵に再会して意地悪だったのは、八つ当たりだそう。 葵がどこかで頑張ってるって思ったからやってこれたのに、まだ弁護士にもなってなくて昔と変わらないままの葵にムカつくって。 幻滅した?と聞く辰巳に、弁護士になってくれたから再会できたと言う葵。 そこで辰巳は父に言われた言葉を思い出します。 何かに執着することを見たことないけど、いつかそういうものや誰かに出会えればいいな、と言われたことを。 やっとその答えを辰巳は見つけられたようですね。 そして司法試験も終わり、後は結果を待つのみ。 ・・・・・ 次回は試験の結果と、次の司法修習についてですね。 次の12巻は.

次の

『かぐや様は告らせたい』急展開すぎる後輩たちが気になりすぎてドッキドキしてきてる件について語りたい:なんおも

ある日お姫様になってしまった件について ネタバレ 76

弁護士カレシ第41話「新しい毎日のはじまり」 葵が辰巳と一緒に暮らしたいと思ったのは、沢渡さんと元妻の話を聞き好きでも続かないことがあるんだと知ったこと。 自分の都合を受け入れてもらうケダじゃなく、自分も辰巳の思いに応えたいと思ったこと。 なにより、辰巳と一緒にいたいと思ったから。 そうして一緒に暮らそうとなったのですが、今日からここで暮らそうと言う辰巳に、引っ越しの手続きをちゃんとしてからじゃないと無理だと言う葵。 またちょっと喧嘩っぽくなっちゃったふたりだけど、引っ越しの準備をひとり進める葵はその週末から当座の荷物を持って辰巳の部屋に住み始めることを決心するのでした。 やってみたら引っ越しの準備に意外と時間が掛かるってわかって、葵もそれまで待てなくなっちゃったんですね。 辰巳はわりとパパッと考えて決められるけど、葵はしっかり考えて自分で納得できないと動けないんですよね。 辰巳も葵がそうだってわかってると思うけど、とにかく葵に逃げられないように必死です。 そして事務所でその話をしてるものだから、扉の向こうで沢渡さんに聞かれてました。 切ない・・・ 弁護士カレシ第42話「同棲のルール」 ふたりで決めた同棲のルールは、平日はお互い自分のペースで生活するということと、寝るときは必ず一緒のベッドで寝ること。 でも一緒に暮らしている嬉しさから、つい辰巳が葵に手を出そうとしちゃいます。 それを嗜める葵ですが、それから辰巳のことを意識しすぎてしまいます。 辰巳の方はなんだか葵を避けてるみたい。 それは葵を怒らせたかなと自制していたのですね。 葵も辰巳と触れ合えなくて勉強に集中できなくなり、意を決して自分から辰巳に平日干渉しないルールを辞めようと言いに行きます。 でも辰巳は自制できる自信がないから、葵が辰巳に甘えたいといはいつでも来ていいけど、自分は試験が終わるまで我慢すると葵を優しく労るのでした。 そしてお互い一緒にいることで、今日も頑張ろうって活力になるのです。 弁護士カレシ第43話「弁護士になった理由」 一緒に暮らし始めたことで、葵は辰巳のことをあまり知らないことに気付きます。 ある夜、話の流れから辰巳がなぜ弁護士になったか聞く葵。 大学生になっても特にやりたいことを見つけられなかった辰巳。 大学二年で父親を事故でなくした時に、葵のことを思い出します。 尊敬する祖父が亡くなり、居場所がなくなったとなく葵の姿を。 そこから、ふと弁護士ってどうやってなるんだろうと気になり、父を亡くした喪失感を紛らわせるためにも弁護士になる勉強を始め、ストレートで司法試験に受かってしまった辰巳。 なんのために弁護士になったのかわからないまま大手事務所で働いていたところを、今の所長にスカウトされたんですね。 それまでは企業関係の法務を専門としていた辰巳ですが、所長のすすめで個人向けの案件を担当することになり徐々にやりがいを感じていったのです。 葵に再会して意地悪だったのは、八つ当たりだそう。 葵がどこかで頑張ってるって思ったからやってこれたのに、まだ弁護士にもなってなくて昔と変わらないままの葵にムカつくって。 幻滅した?と聞く辰巳に、弁護士になってくれたから再会できたと言う葵。 そこで辰巳は父に言われた言葉を思い出します。 何かに執着することを見たことないけど、いつかそういうものや誰かに出会えればいいな、と言われたことを。 やっとその答えを辰巳は見つけられたようですね。 そして司法試験も終わり、後は結果を待つのみ。 ・・・・・ 次回は試験の結果と、次の司法修習についてですね。 次の12巻は.

次の