地球から一番近い惑星。 地球にもっとも近い惑星は金星じゃなくて水星だった

地球に一番近い惑星は何?金星ではなく、水星かもしれないという説(米研究

地球から一番近い惑星

アルゴリズムが否定したデータの中から人手で拾い上げた、ってとこも胸熱。 太陽系外にある地球と似た惑星を探していた ケプラー宇宙望遠鏡が退役してから1年半ほどになりますが、そのミッションが残した膨大なデータはいまも分析が続いています。 当初の分析にはアルゴリズムが使われていましたが、その後専門家のチームが、アルゴリズムの見落としを洗い出すべくデータを再精査してきました。 その努力が実を結び、アルゴリズムが「惑星じゃない」と判定した星の中から、 これまでに見つかった系外惑星の中でもっとも地球っぽい星が見つかりました。 Astrophysical Journal Lettersに発表された新たなは、地球から300光年離れたところにある赤色矮星「ケプラー1649」の惑星「 ケプラー1649c」について説明しています。 ケプラー1649cのサイズは 地球の1. 06倍ほど、つまりほとんど同じです。 しかもこの惑星は ハビタブルゾーン内、つまり岩石惑星であれば地表に液体の水が存在しうる領域にあるんです。 地球外生命体発見も遠くない…? 今回の発見は、アルゴリズムが分析したケプラーのデータを人間が再確認することで可能になりました。 詳しくは後述しますが、まずは ケプラー1649cがどんな星なのかを見てみますね。 この論文によると、ケプラー1649cが主星から受け取る光は 地球が太陽から受ける光の75%ほどで、平衡温度は234ケルビン(摂氏マイナス39度)前後です。 「平衡温度」とは恒星から入ってくる放射線だけを純粋に考慮した温度で、アルベド(反射性)とか大気の影響を排除したらその星がどれくらいの温度になるか、を示しており、地球の場合は(摂氏5度)です。 ただケプラー1649cの大気がどんな構成なのか、というかそもそも大気があるのか、といったことがわからないので、 実際の地表温度がどれくらいなのかは不明です。 ということは、マイナス39度はちょっと寒そうですが、大気の具合とか惑星内の位置によっては半袖でも過ごせるとかかもしれません。 「サイズと予想される温度に関しては、ケプラーに関連して発見された中でもっとも地球と似ている惑星です」論文の共著者、Jeff Coughlin氏はSETI Instituteのの中で言っています。 他の主要な系外惑星には、サイズ的に地球に似ているとか、温度的に近いとなどがあります。 でも、ケプラー1649cのように サイズと温度の両方が似ている星は初めてだそうです。 ケプラー1649cは、主星の赤色矮星・ケプラー1649を周回するのに19. 5日しかかかりません。 軌道を一周、つまり 1年が19. 5日ということは、主星からの距離がだいぶ近いということになります。 ただケプラー1649は我々の太陽の4分の1のサイズしかないので、それほど強力でもありません。 このことは、生命体がいる可能性という意味ではバッドニュースかもしれません。 赤色矮星は銀河の中にものすごくたくさんありますが(天の川銀河の中でが赤色矮星)、彼らはしょっちゅうかんしゃくを起こし、文字通り爆発しています。 なので宇宙生物学の専門家は、赤色矮星系にはと懸念しています。 主星である赤色矮星と、前から存在を知られていたもうひとつの惑星が見える。 アルゴリズムの見落としを人間がすくい取る これまでケプラー宇宙望遠鏡は 2,400近い系外惑星の発見にが、その中にはケプラー1649cは入っていませんでした。 数年前、Robovetterというアルゴリズムがケプラーデータを分析し、ケプラー1649cのデータも惑星候補として捉えていたんですが、 「やっぱり惑星じゃないやつ」と自動判定してたんです。 ケプラーは2009年から2018年まで運用されていましたが、この間に何十万という観測を行なっていたので、自動化システムは不可欠でした。 この自動化システムではまずトランジット法といって、星の明るさが下がるポイントを探します。 つまり惑星が光を遮って一時的に暗くなったと考えるのです。 次にRobovetterが外部要因による誤検知を判定、「やっぱり惑星じゃなかった」として排除します。 外部要因とはたとえば、光度が変化する変光星や、近くを通過した物体、ケプラーの電子機器が発生するノイズ、といったものです。 でもこのシステムは、完ぺきじゃありませんでした。 「もしアルゴリズムの判断結果を人手で点検していなければ、見逃していたでしょう」テキサス大学オースティン校の研究員で論文主著者のAndrew Vanderburg氏は、NASAので言っています。 人手での点検にあたった専任チームは、 3年前に「惑星じゃないやつ」と判定されたデータを再精査し、今回の大発見に至ったのです。 「この発見が強く示しているのは、 自動化手法が向上したといっても、惑星候補を人手で調べることが重要だということだ。 また地球型惑星は、巨大な恒星よりも、中期から晩期M型矮星(訳注:「赤色矮星」に近い概念でケプラー1649もこれ)周辺に多い可能性があることも示唆している」上の論文にはこう書かれています。 ただ、地球っぽい星が見つかったからとはいえ、そこに地球外生命体がいそうなのかはまだまだわかりません。 地球外の仲間を探す人類の旅は、これからも続きます。 Source: IOP , , , NASA , , , , ,• Tags :•

次の

地球から一番近い星はどこ?

地球から一番近い惑星

リギルケンタウルスBと惑星の想像図。 左下にリギルケンタウルスA、右上に太陽も描かれている。 org ) リギルケンタウルスは南半球ではよく見える明るい星だが、日本では沖縄など限られた地域でしか見られない。 クリックで広域図を表示(で作成) リギルケンタウルス(アルファケンタウリ、トリマンなどとも呼ばれる)は南半球の空ではよく目立つ1等星だ。 何より有名なのはこの星が、太陽系から4. 3光年しか離れていない太陽系からもっとも近い恒星だということである。 実際はリギルケンタウルスA、B、そしてプロキシマケンタウリ(リギルケンタウルスC)の3つの恒星が連星を成している三重星である。 リギルケンタウルスに惑星が存在するかどうかは19世紀から議論されてきたが、最近まで確認できなかった。 今回初めて、チリにあるラシーヤ天文台の HARPS(高精度視線速度系外惑星探査装置)と3. 6m望遠鏡を用いた観測で、リギルケンタウルスBの周りを回る惑星が発見されたのだ。 「小さいものの、確実な惑星の信号を検出しました。 リギルケンタウルスBを3. 2日の周期で公転している惑星です。 これは非常に大きな発見であり、我々の技術の限界を引き上げたものでもあります」(ジュネーブ天文台のXavier Dumusque氏)。 研究チームは公転する惑星の重力がリギルケンタウルスBの動きに引き起こす微少な変動を検出することで惑星を発見した。 視線速度法、あるいはドップラーシフト法とも呼ばれるこの観測法は強力な惑星検出法であるが、今回は秒速51cm(時速1. 8km)という極めて小さい動きを検出したもので、視線速度観測としては史上最高精度の観測となった。 リギルケンタウルスBは太陽より少し小さくて暗いが、太陽ととてもよく似ている。 見つかった惑星は地球より少し重く、主星からは600万km程度離れている。 太陽系で言えば、水星よりも内側の軌道を回っていることになる。 連星を成しているリギルケンタウルスAはその数百倍離れた距離にあるが、それでも惑星から見た空では非常に明るく見えるはずだ。 「太陽のようなタイプの星を回る地球サイズの惑星が見つかったのは今回が初めてです。 この惑星は主星に非常に近いので、生命が存在するには熱すぎるでしょう。 しかし、我々が発見したのは惑星系にある惑星の1つに過ぎないかもしれません。 HARPSやケプラー宇宙望遠鏡の観測結果から、このような系には低質量惑星が複数存在することが多いと示されているからです」(Dumusque氏)。 1995年に初めて太陽系外の惑星が見つかって以来、すでに800個以上の系外惑星が発見されている。 しかしその多くは、地球よりはるかに大きい木星サイズの「ホットジュピター」だ。 現在では、ハビタブルゾーン(生命居住可能領域)にある地球サイズの惑星を検出し、その性質を解明することが次の挑戦とされている。 今回の発見はその第一歩とも言えるだろう。 プロとアマチュアの協力で4つの太陽を持つ惑星を発見 系外惑星PH1の想像図。 米イェール大学を中心とした国際研究チームはウェブサイト「」を利用するボランティアの人々と協力して、NASAの系外惑星探査衛星「ケプラー」のデータから4重連星中の周連星惑星を発見した。 周連星惑星とは単一の恒星ではなく連星を公転している惑星のことで、今までわずか6個しか発見されていない。 今回発見された系外惑星PH1は海王星より少し大きい巨大ガス惑星と見られている。 はくちょう座の方向にある2重連星を137日の周期で公転しており、その周連星惑星系から約900天文単位(1天文単位は約1. 5億km)をさらに別の2重連星が回っている。 このような4重連星の中の系外惑星発見は、これが初めてのことである。 ステラナビゲータで系外惑星の位置を表示 天文シミュレーションソフトでは、650個を超える「惑星の存在が確認された恒星」を追加天体として「コンテンツ・ライブラリ」で公開しており、系外惑星が発見された恒星を星図に表示できます。 〈参照〉• ESO:• NASA:• arXiv. org: 論文 〈関連リンク〉• ESO:• NASA:• The Planet Hunters:• 星ナビ. com: 〈関連ニュース〉• 周連星惑星:• その他系外惑星:•

次の

5分でわかる太陽系!惑星の順番/距離/特徴や、はじまりと最期を解説!

地球から一番近い惑星

太陽は、恒星(こうせい)とかいいます。 月など、惑星の周りにあるのは衛星(えいせい)とかいいます。 太陽系の惑星の定義は ・太陽系の周りをまわる ・ある程度の大きさがある ・球状 ・軌道の周りに他の星がない だそうです。 ・水星 ・すいせい。 Mercury。 マーキュリー。 ・衛星はなし。 ・直径は、約4870キロメートル。 地球の4割程の大きさ。 ・太陽にもっとも近い。 ・太陽系では一番小さい惑星。 ・クレーターいっぱい。 ・大気がほとんどない。 ・金星 ・きんせい。 Venus。 ビーナス。 ・衛星はなし。 ・直径は、約12103キロメートル。 地球と同じくらい。 ・地球からもっとも近い ・炭酸ガスの大気でおおわれている。 ・地球 ・ちきゅう。 Earth。 アース。 ・衛星は1個。 ・直径は、約12756キロメートル。 (地球については、下の一覧のページで見てください。 ) ・ ・かせい。 Mars。 マーズ。 ・衛星は2個。 フォボス。 ダイモス。 ギリシア神話の軍神アレースの息子2人の名前らしいです。 ・直径は、約6794キロメートル。 地球の半分くらい。 ・炭酸ガスの大気。 酸素や水蒸気は微量。 ・季節の変化がある。 ・15年から17年周期で、地球に大接近する。 ・昔、火星人がいたとの噂。 ・木星 ・もくせい。 Jupiter。 ジュピター。 ・衛星は66個くらい。 昔は12個か13個とかいわれていました。 エウロパ(ユーロッパ)。 ガニメデ。 カリスト。 ・直径は、約14万キロメートル。 地球の11倍くらい。 ・太陽系で一番大きい惑星。 ・大気は、メタンガスやアンモニアガス等。 ・土星 ・どせい。 Saturn。 サターン ・衛星は62個以上。 昔は10個とかいわれていました。 ・直径は、約12万キロメートル。 地球の9倍半くらい。 ・大気は、メタンガスやアンモニアガス等。 ・3つの輪っかがある。 輪っかはつぶの集まり。 衛星が壊れて出来たものだと言われています。 輪の直径は、約27万5200キロメートル。 ・天王星 ・てんのうせい。 Uranus。 ウラヌス。 ・衛星は27個くらい。 昔は5個とかいわれていました。 ・直径は、約5万キロメートル。 地球の4倍くらい。 シェイクスピアの物語の登場人物の名前が多いようです。 ・大気は、水素等。 ・海王星 ・かいおうせい。 Neptune。 ネプチューン。 ・衛星は14個。 昔は2個とかいわれていました。 ・直径は、約5万キロメートル。 地球の4倍くらい。 ・大気は、水素等。 ・ ・めいおうせい。 Pluto。 プルートー。 ・衛星は5個。 昔は衛星はないとの事でした。 ・直径は2320キロメートル。 地球の5分の1くらい。 ・大気は、窒素等。 ・1930年にアメリカ人のクライド・トンボーさん(イリノイ州 ストリーター出身)が発見。 ・ディズニーの犬みたいなキャラ「プルート」も冥王星から名付けられたともいわれる事があるようです。 2006年の国際天文学連合総会で、惑星の基準が決められて、 準惑星という事になってしまい、現在は、惑星とは呼ばないらしいです。 ・その他 その他、太陽系には小さい惑星はいっぱいあります。 大きい物は、780キロメートルぐらい。 1800個くらい? 名前は、ケレスとかパラスとか。 日本人が発見した惑星もあって、トウキョウとかハコネとかいう惑星もあります。 ・惑星の覚え方 昔、語呂合わせというか、そんな感じで、 太陽に近い方から、 「すい きん ち か もく どっ てん かい めい」 と覚えました。 アニメのキン肉マンにプラネットマンというのがいるのですが、 このキャラのキャラソングがありまして、 その歌でも覚えやすいです。 「恐怖の惑星バルカン プラネットマンのテーマ 」という題名です。 上のようだったのですが、いつかのタイミング(1997年ぐらい)で、 海王星と冥王星の位置が入れ替わったらしく、 「すい きん ち か もく どっ てん めい かい」 になりました。 1999年頃に、それがまた元に戻り、 「すい きん ち か もく どっ てん かい めい」 に戻りました。 ですが、更に、2006年8月24日のチェコ プラハで行われた国際天文学連合総会で、 惑星の基準が決められて、多数決で冥王星が惑星ではなく、準惑星になったので、 (理由:・その直径が2400kmと月の3400kmより小さい ・太陽を回る軌道が冥王星だけ大きく傾いている かららしいです。 ) 「すい きん ち か もく どっ てん かい」 となり、語呂が悪くなりました。 ですが、 冥王星を発見したアメリカのイリノイ州の人が怒っているそうです。 そこで、冥王星の発見者の故郷、イリノイ州だけは、 「冥王星が州の上空を通る時は、惑星として扱う」 と議会で可決されたそうです。 記載:2013年09月頃 追記:2014年10月頃 一部修正:2016年09月頃 <No. 5> ゆんさんだー 学校の調べ学習に使わせてもらいました!とてもわかりやすかったです。 3> black hole あの〜、こんなのに悪口書く人なんかいないと思いますよー。 だから、自信持っていいと思います。 2> black hole とてもわかりやすかったです! ありがとーです! これ、「私とぼくの小学生新聞グランプリ」っていうのを学校で応募するんですけど、 それの記事に使わせてもらいました。 ちなみに私は、宇宙について書きました。 17より 今日 50 アクセス 昨日 749 アクセス 総計 2974188 アクセス トータルアクセス 2014. 01より開始 2014. 31時のユニークアクセスから加算 今日 57 アクセス 昨日 899 アクセス 総計 3482375 アクセス 【ザ・覚書 3クリックアンケート実施中】 本日、よく見られるページ リンク、フリーです。 表示スピード:249 ミリ秒.

次の