4 歳 発達 障害 チェック リスト。 【発達障害】ADHD セルフチェックシート(大人版)

【保育士監修】1歳、2歳、3歳年齢別「運動」と「心」「言葉」の発達チェックリスト

4 歳 発達 障害 チェック リスト

でもそうじゃないかもしれないし、そもそも発達障害でも何の種類になるのか分からない。 子どもにそんな疑問を感じたとき、親ならだれでも不安になります。 今回は、病院に行かずとも自宅で簡単に発達障害のチェックができる、子ども用の発達障害テストをご紹介します。 小学生、中学生、高校生の子どもに適用できるテストです。 IQの言語性、動作性、全検査。 郡指数の言語理解、知覚統合、作動記憶、処理速度。 この結果にばらつきがあれば、発達障害であるという診断がくだされます。 知能検査は時間と保険適用ですがお金がかかるため、まずは簡単なチェックからしてみましょう。 5分でできる、子ども用の簡単なチェックです。 子ども本人がチェックしてもよいですし、親がしてもOKなテストです。 5分でできる発達障害テスト 発達障害であるかをチェックする、3種類のテストになります。 当てはまるか、当てはまらないかをYES、NOで答えて、YESの数が何個あるかを紙に書いていてください。 チェックテストのなかには、「おしゃべりである」「口数が少ない」など、いっけん真逆な問いがあります。 発達障害は、その人によって症状が真逆のものが出ることが特徴的で、おしゃべりな人も寡黙な人もいます。 そのため、どちらかに当てはまれば、その一方にチェックを入れてください。 好き嫌いが多く、偏食である 2. 初めて食べる料理や食材を嫌がる 3. 漢字が好きで、平仮名を書きたがらない 4. 国語の登場人物の気持ちを想像するのが苦手 5. 場の空気が読めずに、思ったことを口に出してしまう 6. 関心がないことには一切興味を示さない 7. 好きなことは飽きない 8. おしゃべりが苦手で、口数が少ない 9. 自分が興味があることを相手におかまいなく、自分のペースで話す 10. こだわりが強く、とことん貫く 11. 授業中、席を立つことがある 2. 貧乏ゆすりをする 3. 何度注意しても、忘れ物を週に2回以上する 4. 部屋が散らかっていて、注意しても片付けができない 5. 好奇心旺盛で、興味があることをつぎつぎに発見するが飽きっぽい 6. 静かな時はぼーっとしていて、人の話を聞いていないように見える 7. 衝動的で、だめだと分かっているときでもやらずにはいられない 8. 漢字の書き取りなど、同じ作業を一定時間することができない 9. 耳が異常によく、小さな音でも敏感に反応する 10. 宿題をしたあと、明日の準備をしてなど、段取りをして行動することができない 11. なにかしていても、別のことに気が取られ他のことをしてしまう 12. 得意な教科と不得意な教科の差が激しい 2. 文字が二重に見えたり、回転して見える 3. 教科書の文字は読めるが、黒板の文字は読めない 4. 本は読めるが文字が書けない 5. 数字や数式の意味が理解できない 6. 手先が不器用で、えんぴつを持つなどが苦手 7. 文字の発音が間違っている 8. 文章が日本語として正しくなく、文字を忘れたり置き換えたりしている 9. 足し算を手を使って計算する 10. そのため、当てはまった箇所が多かったからといって、必ずしも発達障害であるというわけではありません。 このテストで気になる結果が出たなら、一度専門機関にいって検査を受けてみることをおすすめします。 医療機関での検査 ちゃんとした専門機関で発達障害を調べたい場合は、以下の医療機関で知能検査を受けることができます。 得意な分野もわかるので、長所や才能をのばすことにもつながります。 ADHDの子ども場合、衝動性から検査自体をしっかり受けられなかったり、早く答えようとして、本来だせるはずの点数より、結果が悪くなることがあります。 そのため、もう少し大きくなって落ち着けるようになってから受けなおすと、結果の数値がぐんと伸びることがあります。 スポンサーリンク - , , , , , , , , ,.

次の

幼児の発達【子どもの気になる行動チェック】はじめに|発達をサポートする幼児教育・幼児教材なら:まいとプロジェクトの≪お母さん講座≫

4 歳 発達 障害 チェック リスト

もくじ• pakutaso. 本文の内容と直接関係はありません。 この時期の子供は、幼稚園や保育園といった集団生活が始まる時期です。 また、発達障害をもつ子供は、この生活環境で発見されることも多いといわれています。 お友達の輪の中に入れない子供であると、発達障害でなくても親としては心配です。 初めてのお子さんなら、 「この子はもしかして内向的な性格なのかしら?」 とまずは深くは考えないのかもしれません。 もちろん、本当にただ内向的な子供なのかもしれませんので、ここでも断定はできません。 でも、4歳を過ぎても言葉がおぼつかず、 いつも一人で遊んでいるような光景が目につくようなら・・・ 幼稚園や保育園の担任の先生にも観察をしてもらうことが必要だと思います。 まずはお家での遊びのチェック・会話が通じているのか? などを踏まえ、集団生活ではどうなのかを把握するのが良いでしょう。 そのためにも、担任の先生方に協力を得ることも親としての役割になります。 pakutaso. 本文の内容と直接関係はありません。 大抵の発達障害の発覚がこの幼児期に現れると言われますが、 あまり心配をしてしまうのも、その子のためにはなりません。 発達障害と言っても軽度から最重度まであり、 どのゾーンにいるのかは私達親には分かりません。 乳児期の健診で気になる(経過観察)と告げられ、 そこからまた違う症状が増えた場合は少し注意が必要でしょう。 また、逆に気になる症状が消えてしまう場合は、 もう少し経過を観察し、就学に向けて準備をしておきましょう。 これらの症状は、他の健常児より多く練習をしたり繰り返すことで改善する場合もあるので しっかり観察しておきましょう。 pakutaso. 本文の内容と直接関係はありません。 その幼児が発達障害の症状までいかず会話が成立するのであれば、 接し方は発達障害でない子供と同じように沢山関わってあげれば大丈夫でしょう。 ただ、こちらの言っている事が通じない、や目も合わさない、 といった決定的な症状がみられた時、接し方に注意しなければなりません。 なぜなら、その子供たちは私達が思う異常に窮屈な環境で生活を送っているからなのです。 たとえば、会話をしたくても出来ない外国人がたくさんいたら? そんな環境で生活するにはとても窮屈ですよね? そんなときは、通訳がいたり他の接し方(ジェスチャーや写真、筆談など)で自分の気持ちを伝えれば生活もしやすくなります。 また発達障害というのは、知能だけではなく身体の発達遅れも伴うこともあります。 手先が不器用ではさみも上手に使えないのは、その子に何か障害がある可能性があります。 そのために、知能訓練以外に身体訓練も必要になる場合もあることを理解しておきましょう。 この幼児期での集団生活。 以上のような小さな発見から、もしかすると発達障害を持っている という自覚に繋がることが多いとも言われています。 まとめ 以上、4歳、5歳、6歳の子供の発達障害についてまとめてみました。 子育てには悩みがつきませんよね。 とくに、集団生活が始まると、周囲と比べる機会も増えて不安になることも・・・ ただ、もし発達障害だったとしても、 親が特別な子育てをしなければ!と必要以上に構えると 子供にとっても、親にとっても不自然なかかわり方になってしまうと思います。 もちろん、子育て上、心配や大変なことも多いのは事実ですが、 なによりその子の個性の1つだと、 そう思えるようになれれば親子共に幸せな時間が増えると思います。 余談ですが、うちは娘がグレーゾーンで、 症状が出たときの激しさに疲労困憊することもしばしば・・・ ただ、それを強烈な個性と受け止めると少しラクになります。 本当に、症状もそうですが、ふだんから個性的なのです。 これからの時代、個性が生きる時代です。 そんな思いで、この発達障害の記事を年齢ごとにまとめることにしました。 本文の内容と直接の関係はありません。

次の

【チェック診断】ADHD(注意欠陥・多動性障害)とは? 子どもの症状・特徴と原因、治療・薬について解説

4 歳 発達 障害 チェック リスト

はじめに ちまたでは子どもの成長で、発達グレーゾーンとか発達ボーダーなどで心配をなさっているという話しをよく聞きます。 医療機関で診断がおりた子どもでも、とくにグレーゾーンと言われている子に対しては、幼い時からの適切な幼児教育環境によって、子どもの発達は変化してゆくものです。 病気と違って診断名で薬や対処が変わるわけではなく、また、一人ひとりどの子も同じではないので、その子の年齢に応じた刺激をしっかり与えていくことが大切だと考えています。 この「子どもの気になる行動チェック」は、実際に授業を通して「この子のこの行動が気になる」というものや、ご両親から相談を受けた「我が子の気になる行動」を年齢別にまとめたものです。 幼児教育の現場からの視点ですので、医師の診断とはちがい医学的な根拠はありません。 また、医学的助言をするものでもありません。 ただ、幼児教室「まいと」の長年の経験の中では、実際に発達障害のグレーゾーンだと診断された子、診断は受けていないが著しくグレーゾーンに近い子もいました。 その診断や子どもの様子をご両親が真摯に受け止め、適切な時期に・適切な方法で・我が子に合った刺激をしっかりと与えてあげたことで、グレーゾーンの部分を補える能力が育ち、小学校も普通学級に進学し、中学高校と自分の得意分野を追及している子ども達がいます。 実際に医療機関で見てもらったが、発達障害やグレーゾーンなどという診断を受けない子たちも世の中にはたくさんいます。 診断を受ける・受けないが問題ではなく、気になる行動があった時に、周りにいる大人がしっかりと子どもを見つめ、その子に合わせて幼児教育を見極めていくことが大切なのです。 気になる行動を「叱る」だけでは改善されないこともあります。 まずはお子さんの行動をじっくり観察してみましょう。

次の