上海航空券。 上海行き格安航空券・飛行機・海外航空券【航空券検索】|エアトリ

【上海発】格安航空券・LCC・飛行機チケットを比較・予約|experience-ccra-in.ctb.com

上海航空券

お手荷物 機内にお持ち込みいただけるお手荷物には、寸法などの制限があります。 要件を満たしていないお手荷物は、受託手荷物としてお預けいただく必要があり、料金課されます。 お手荷物が多めの場合は、「」などをご利用いただくと、無料でお手荷物を預けられるので安心です。 エコノミークラス「Starter Plus」では、受託手荷物として日本国内線は10kg、国際線は20kgまで無料でお手荷物をお預けいただけます。 また、計40kgまで、有料でお手荷物を追加いただけます。 エコノミークラス「Starter Max」、ビジネスクラス「Business」および「Business Max」では、受託手荷物として30kgまで無料でお手荷物をお預けいただけます。 また、計40kgまで、有料でお手荷物を追加いただけます。 その他にも、お食事、機内エンターテインメントなど、ビジネスクラスの充実したサービスをご利用になることができます。 Jetstar Airways Pty Ltd, ABN: 33 069 720 243. Jetstar Asia Airways Pte Ltd, BRN: 200403570D. Jetstar Regional Services Pte Ltd, BRN: 201229688K. Singaporean Travel Agent License No. 02495. Jetstar Japan Co. , Ltd. Jetstar Holidays K. Commissioner of Japan Tourism Agency Registered Travel Agency No. 1829. Jetstar Pacific Airlines, BRN: 0301103030.

次の

中国 上海行きの格安航空券|海外旅行・海外ツアーは日本旅行

上海航空券

ホテル・ブランド• 空港周辺• 上海で人気の訪問地• 人気の便の出発地• 上海行きの人気ルート• キエフ発の人気ルート• キエフ発の人気の行き先• 上海のチケットクラス• 近くの空港• 上海で人気の航空会社• 上海のお得な航空券• 上海へのフライトに関するデータ — 知っていましたか? 上海は上海浦東国際空港 上海, 中国 から 32 km です。 現在、上海浦東国際空港からは64社の航空会社が運航しています。 上海浦東国際空港からは 150 都市への直行便があります。 毎週、5,653便以上の国内線、338便以上の国際線が、上海浦東国際空港より運行します。 上海は上海虹橋国際空港 上海, 中国 から 14 km です。 現在、上海虹橋国際空港からは21社の航空会社が運航しています。 上海虹橋国際空港からは 52 都市への直行便があります。 毎週、4,557便以上の国内線、1便以上の国際線が、上海虹橋国際空港より運行します。

次の

上海行きの格安航空券・LCCの飛行機チケット(東京発)【HIS】

上海航空券

飛行時間• 成田空港から浦東空港(PVG)は3時間5分~3時間55分ほど• 羽田空港から浦東空港(PVG)は2時間50分~3時間35分ほど• 羽田空港から虹橋空港(SHA)は3時間15分~3時間20分ほど• 関西国際空港から浦東空港(PVG)までは2時間35分~3時間5分ほど• 中部国際空港から浦東空港(PVG)までは2時間35分~2時間55分ほど• 福岡空港からは浦東空港(PVG)までは2時間~2時間10分ほどが目安です。 羽田空港発・浦東空港着 春夏航空 9C1586、1時30分発~3時45分着、月・火・木・土曜運航、9C1586の• 関西国際空港発 浦東空港着 全日空、NH973、9時00発~10時35分着、毎日運航、中国国際航空(CA6656)・深セン航空(ZH3216)がコードシェア、NH973の• 中部国際空港発・浦東空港着 中国東方航空、MU292、8時55分発~10時30分着、毎日運航、MU292の 上海行きの一番遅い便• 羽田空港発・浦東空港着 全日空、NH967、22時30分発~00時35分着、毎日運航、中国国際航空(CA6672)・吉祥航空(HO3136)がコードシェア、NH967の• 関西国際空港発・浦東空港着、ピーチ・アビエーション、MM079、22時10分発~00時5分着、毎日運航、MM079の• 上海入国時の手続き 上海へ向かう機内で「出入国カード」が配られます。 入国時にパスポートとともに提示する必要があるので、必要事項を記入しておきましょう。 また係官に提示したカードの半券(「出国カード」の部分)は返却され、出国時に使用するのでなくさないよう保管してください。 上海浦東国際空港(PVG)の紹介 上海浦東(シャンハイプードン)国際空港は、中国三大国際空港のひとつで、約50社もの航空会社が乗り入れています。 上海で国際線を利用する場合は、こちらの空港を利用することが多いでしょう。 第1ターミナルと第2ターミナルがあり、発着便によって利用するターミナルが異なります。 ターミナル間の移動は室内を歩いて渡るだけですが、重い荷物を持って移動するのは大変ですから、乗る便がどちらのターミナルか事前に確認しておきましょう。 第2ターミナルは比較的新しいビルのため、施設や店舗も充実しています。 第1ターミナルは1階が到着ロビー、3階が出発ロビーです。 第2ターミナルは2階が到着ロビー、3階が出発ロビーです。 市内からタクシーで空港に着くと、3階で降車することになります。 虹橋国際空港(SHA)の紹介 上海虹橋(シャンハイホンチャオ)国際空港は、市内に近い距離にあります。 2017年にリニューアルオープンしたばかりのきれいな建物です。 第1・第2ターミナルからなりますが、国際線はすべて第1ターミナルに集約されています。 第1ターミナルは、2階建てのコンパクトなつくりになっているので、迷うこともなく便利でしょう。 1階は到着フロアで、インフォメーションや両替カウンターもあります。 地下鉄やタクシー乗り場も案内表示があって分かりやすいです。 ターミナル間の移動は、シャトルバスは無料ですが15~30分ごとの運行で乗車時間は20分ほど、地下鉄は3元(約45円)10分ごとの運行で4分かかります。 比較的面倒なので、利用ターミナルを間違えないようにしましょう。 なお、上海で飛行機を乗り換えるときなど、浦東空港から虹橋空港行きのバスに乗った場合、第2ターミナルにしか行かないので注意してください。 浦東国際空港(PVG)から市内中心部のアクセス 浦東国際空港から上海市内へは、地下鉄、リニアモーターカー、エアポートバス、タクシーでアクセスします。 地下鉄:上海市内への直通便、あるいは「広蘭路(グァンランルー)」駅からの乗り換え便があります。 所要時間は1時間ほど、運賃は7元(約105円)です。 6時~22時に運行しています。 リニアモーターカー:中国語で「磁浮(ツーフー)」と言います。 「龍陽路(ロンヤンルー)」駅まで8分以内で到着します。 ただし龍陽路駅から市内までは距離があり、地下鉄やタクシーに乗らなければなりません。 運賃は50元(約750円)ですが、当日の航空券を見せると40元(約600円)になります。 エアポートバス:第1ターミナルでは、1階到着ロビーを出ると乗り場が見えます。 第2ターミナルでは、2階到着ロビーから連絡通路を進みエレベーターで下ります。 どの番号のバスに乗ったらいいか案内板で確かめましょう。 目的地によりますが、所要時間は1~3時間、運賃は8~30元(約120~450円)ほどです。 タクシー:第1ターミナルの場合1階の到着ロビーを出ると乗り場がありますが、第2ターミナルは2階の到着ロビーから1階に降りる必要があります。 市内まで50分ほどで到着します。 運賃は「外灘(ワイタン)」行きで185~240元(約2775~3600円)が目安です。 虹橋国際空港(SHA)から市内中心部のアクセス 虹橋国際空港から上海市内へは、地下鉄、タクシーでアクセスするのがおすすめです。 地下鉄:第1ターミナルには、地下鉄10号線「虹橋第一航站楼(ホンチャオディーイーハンジャンロウ)」駅が直結しています。 中心部まで所要時間30分、運賃5元(約75円)ほどです。 運行時間は5時59分~22時34分、3~6分間隔です。 第2ターミナルには、地下鉄2号線・10号線が直結しています。 タクシー:市内まで30分ほどで、運賃はおよそ50元(約750円)です。 バス:2元(約30円)で市内に行け、所要時間は40分ほどです。 ただし旅行者向けのエアポートバスではなく地元の人向けの路線なので、利用しにくいでしょう。 上海のお役立ち情報 上海の基本情報• 国名:中華人民共和国• 宗教:仏教、道教、イスラム教、キリスト教など• 言語:中国語(北京語)・上海語• 気候:東京とよく似た気候です。 ただし夏は40度近く、冬の気温は氷点下になることもあるなど、寒暖の差が激しいです。 ビザ:15日以内の滞在であれば不要です。 上海の注意点• 治安:中国内では治安は良い地域ですが、日本と比べるとやはり注意が必要です。 スリや強引な客引きが多いので、スマホや荷物には十分注意し、夜間の一人歩きも避けましょう。 水:水道水はサビ臭く飲用に向きません。 ミネラルウォーターを購入しましょう。 喫煙:世界一厳しいといわれる禁煙令を敷いており、飲食店をはじめホテルなどすべての屋内施設で全面禁止しています。 マナー:政治や歴史問題などの話題は避けましょう。 また政府関係の建物を撮影するのも厳禁です。 チップ:チップの習慣はありません。 通信:中国国内ではネット規制により、GoogleやLINE、Twitterなど、日本人にとって馴染みのあるアプリ・サービスにアクセスができません。 中国でもこれらのサービスを利用できるようなプランのWi-Fiを持参するか、中国で使えるものを調べておきましょう。 支払方法:中国で最も使われているWeChat PayやAlipayには、現在は中国での銀行口座が必要などの制約があります。 旅行者向けの「Alipay Tour Pass」なら一部制限はありますが、日本のクレジットカードからでもチャージできるので、渡航前に確認しておきましょう。 上海の観光情報 上海旅行のベストシーズン 上海の気候の特徴は、春は暖かく、夏はかなり蒸し暑く、秋は涼しく、冬は曇り気味です。 そのため3月末~5月ごろ、あるいは9月末~11月ごろが過ごしやすくおすすめです。 服装は日本で過ごすときと同じようなものでよいでしょう。 逆にあまりおすすめできない時期は、春節(旧正月)の時期(年によって違いますが、1月末~2月中旬頃)と国慶節(10月最初の週)です。 この時期は休暇中の人が多く、観光地は国内旅行者で人が溢れるためです。 上海の観光スポット 上海は歴史の重みと流行の先端が見事に混じり合った、魅力的な大都市です。 「上海ディズニーランド」は2016年にオープンした、世界で最も新しいディズニーランドです。 世界で唯一すべてのプリンセスが集まるお城や、ディズニー最速のアトラクションがあります。 黄浦江の西側に位置する「外灘(ワイタン)」あるいは「バンド」では、100年以上前に欧米各国が建てた建物をリノベーションしたホテルやレストランが並んでいます。 対岸に広がる美しい夜景も必見です。 地下鉄2号線、または10号線の「南京東路」駅からアクセスできます。 上海でグルメやショッピングを存分に楽しみたい方には、人気店が集まる「新天地(シンティエンディー)」がおすすめです。 地下鉄10号線「新天地」駅から直結です。 上海のグルメ せっかく上海を訪れたのなら、本場の中華料理を味わいたいところ。 おすすめのグルメを3つご紹介します。 上海蟹を食べたいなら、「王宝和酒家(ワンバオフージウジア)」がおすすめです。 有名店の定評のある味と、日本語メニューもあるので注文しやすいのがポイント。 「人民広場(レンミングァンチャン)」からも近くて便利です。 「小籠包(シャオロンバオ)」なら「南翔饅頭店(ナンシャンマントウディエン)」が有名です。 日本にも出店しているとはいえ、本場の味はまた一味違いおすすめです。 多数店舗があり、観光地「豫園(よえん、ユーユェン)」の中にもあります。 日本では「焼き小籠包」と呼ばれる「生煎饅頭(シェンジェンマントウ)」。 「大壶春(ダーフーチュン)」というお店はリーズナブルで、しかもミシュラン上海ビブグルマンにも選ばれたほどの味。 店舗はいくつかありますが、外灘(バンド)にもお店を構えています。 上海のおすすめホテル情報 「」は、閑静な住宅街に佇む5つ星ホテルです。 地下鉄「江蘇路(ジャンスールー)」駅から徒歩12分の位置にあります。 大理石のバスルーム、温水プールやトリートメントルームなどがあり、ゆったり滞在できます。 「」は、100年前の旧フレンチクラブの建物を活かした、レトロで荘厳なホテルです。 地下鉄「陜西南路(シャンシーナンルー)」駅から徒歩6分で、近くには淮海中路や南京中路などのショッピングエリアもあります。 「」は、人気映画の「トイ・ストーリー」をモチーフに作られたディズニーオフィシャルホテルです。 上海ディズニーリゾート敷地内にあり、パークへの無料シャトルバスも出ています。 また、重要な事項につきましては必ず事前に関係機関にてご確認するようお願い申し上げます。

次の