テレ朝 富川 アナ。 テレ朝・富川悠太アナ、警察沙汰の虐待疑惑報道で『報ステ』復帰は絶望的に|日刊サイゾー

テレ朝 富川悠太アナの「報ステ」降板否定…復帰時期は医師らと相談、慎重に(デイリースポーツ)

テレ朝 富川 アナ

6月2日の14時ごろ、閑静な住宅街に黒塗りのハイヤーが到着した。 一軒家からスタッフらしき男性を伴ってと現れたのは、富川悠太アナウンサー(43)だ。 富川アナといえば、4月にPCR検査で新型コロナウイルスへの感染が判明。 発熱がありながらも番組出演を続けていたとして、批判にさらされていた。 だが6月4日に『報道ステーション』(テレビ朝日系)へ復帰。 番組では「視聴者の皆さまからは多くのお叱りの言葉をいただきました。 真摯に受け止めています」と謝罪していた。 その復帰直前、富川アナはハイヤーに乗り込んで局での打ち合わせへと向かっていた。 復帰できる解放感からか、足取りは軽く笑みも浮かべている。 「富川ショックは局全体に影響を及ぼしました。 徳永有美さん(44)をはじめ、50人以上のスタッフは全員が自宅待機。 『報ステ』はほかの番組スタッフが制作を受け持ち、ギリギリの人数でやっています。 局内の衛生対策も徹底することになりました。 スタジオの消毒に加え、全員がマスクを着用するように厳しくいわれています。 違和感ありありです」(テレビ朝日関係者) 実は、富川アナ復帰への疑問の声は少なくないという。 別のテレビ朝日関係者も言う。 「報道番組のMCには自覚ある行動が求められるのに、彼はあまりにも危機意識が欠けていました。 そのため、局内では同情的な意見はほとんど聞こえてきません。 彼が復帰したことで、『現場で取材拒否されるのではないか……』と心配している人もいます。 一部では『10月改編期で降板』なんて噂も出ていますね」 そこでテレビ朝日へ降板について問い合わせたところ、「そのような事実はありません」との回答が。 だが看板報道番組のMCを継続していくのであれば、これまで以上に強い危機意識を持つことが必要といえそうだ。 「女性自身」2020年6月23・30日合併号 掲載.

次の

テレ朝「報ステ」崩壊間近!? 富川アナ感染も“スタッフ無視”の制作継続…関係者「会社ファースト、番組ファーストすぎ」 (1/2ページ)

テレ朝 富川 アナ

が揺れに揺れている。 看板番組『』を巡って、リニューアルプランが持ち上がっているのだ。 この10月改編期にも、大幅な見直しが想定されているという。 そのキーマンとなるのが、新型コロナウイルスに感染し、療養していた 43 だ。 6月4日、『報道ステーション』に復帰を果たしたが、富川アナの評価は二分しているという。 「誰もが以前のメインキャスターに返り咲くと思っていた。 ところが、月~水曜日はと小木逸平アナのコンビ。 富川アナは森川夕貴アナと木・金曜日を担当するサブ扱いだったんです」 制作関係者 この措置に一番ショックを隠せなかったのが、富川アナ本人だったという。 コロナに感染したことはもはや問題ではない。 彼は局に対し『事実無根』と訴えているが、疑わしい」 制作会社関係者 富川アナが『報道ステーション』に復帰した日、局には実子虐待報道に関する問い合わせも多数寄せられていたという。 だが、富川アナも当のテレ朝も、この点に関しては完全スルーを決め込んだ。 視聴者の関心の高さは番組を見ても明らかだという。 富川アナが復帰した日の番組視聴率は16・4%。 その前日の水曜日は14・7%、15・1% 火曜 、14% 月曜 と、あらためて視聴者の関心の高さを窺わせています」 制作関係者 富川アナの今後だが、テレ朝サイドは視聴率やスポンサーなどの意見を考慮し、降板有無を判断するという。 「視聴率が今後、急落すれば、10月を待たずに動きがある。 その際は、徳永有美も一緒に降板させる方向。 世間にリニューアルだとアピールできるからです。 そのため、1億円規模の制作費を準備し、次のキャスティングに動いている」 制作関係者 気になる後任だが…。 「元大阪府知事の氏の名前が囁かれています。 仮に実現すれば、移籍準備金は3億円以上になるとも囁かれています」 同 コロナを克服した富川アナ。 まさか身内に足をすくわれるとは夢にも思っていなかったはずだ…。 あわせて読みたい•

次の

「今日の放送乗り越えれば…」 テレ朝、富川アナのコロナ感染判明の経緯明らかに

テレ朝 富川 アナ

テレビ朝日『報道ステーション』の公式サイトより 新型コロナウイルスの感染拡大が続くなか、民放キー局各局にバラエティ番組やドラマなどの新規収録中止の動きが広まっているが、複数の感染者が確認されたテレビ朝日は17日から3日間、東京・六本木の本社を封鎖し全フロアの消毒を行うと発表した。 テレ朝は9日、本社に勤務するグループ企業の30代女性社員が新型コロナに感染したことを発表。 その後、12日には報道番組『 報道ステーション』のメインキャスター 富川悠太アナウンサーの感染を明らかにした。 15日には同番組のチーフディレクター、チーフプロデューサー(ともに40代男性)も感染したことも判明したが、テレ朝関係者はいう。 全館消毒後の20日以降も当分は来客者の入館は受け付けませんが、封鎖中の3日間は報道など生放送の番組に携わる一部のスタッフは出勤しますし、会社は本社に勤務する各制作会社に対し、緊急時の対応に備え一人は出社するように要請しています」 悩ましい富川アナの処遇問題 本社封鎖という決断に至ったテレ朝だが、同局の顔ともいえる『報ステ』の関係者から複数の感染者が出たことは、大きな驚きを与えた。 同局の発表によれば、富川アナは今月3日から4日にかけて38度の発熱症状がみられたものの平熱に下がり、6日から9日は出勤して『報ステ』に出演。 しかし7日以降、声がかすれたり息切れ、息苦しさの症状が出ていて、10日に病院に入院し、11日にPCR検査を受け陽性が確認されたという。 15日放送の『報ステ』内では、富川アナのコメントが読み上げられ、より詳細な症状や経緯が明らかにされた。 発熱して2日目の4日には、家族が都内の相談窓口に電話した上で「様子をみるように」と言われたことや、9日昼にはチーフプロデューサーにLINEで「体温は平熱で倦怠感や味覚嗅覚の異常等もなくどう判断してよいものか」「きょうの放送を乗り越えれば休むことができる」などと相談していたことを明らかにした。 さらに、富川アナは「なお、3月下旬から大人数で飲食する機会もなく、外部での取材もなかったので、感染経路については思い当たることがありません」と説明した。 「もちろん富川アナもメインキャスターとして感染を避けるべく、細心の注意を払って行動していたでしょうから、富川アナを批判すべきではありません。 ただ、発熱後も出演を続けたということについては世間から疑問の声も出ており、他局の報道番組でも批判的なコメントが出ています。 『報ステ』はこれまでコロナ関連では政府の対応を批判したり、視聴者に感染拡大を防ぐための具体的な行動を再三にわたり呼びかけてきた。 こうした事実もあり、もし今後も富川アナが『報ステ』のキャスターを続けると、どうしても視聴者の側に違和感が生じてしまう恐れもある。

次の