サーフボード リッター。 いつもと違うボードに乗ってみる

★【LOSTサーフボード】LIBTECH入荷!ロスト2020年モデル99,000円~JAPAN MADE,世界のト...

サーフボード リッター

雨の日曜日。 朝から無風でハラムネの波。 幅広い年齢の方が楽しむ現在のサーフィン。 若い方から60歳、70歳の方も没頭してしまう魅力あるスポーツ。 僕自身も現在50歳になり、まったく下がらないサーフィンに対するモチベーション。 その元になっているのはサーフボードの進化です。 10年前のサーフボドとは比較にならない進化をしていて、大きなターニングポイントになったのは5年前に登場したネックビアード、そして誰もが1本目のライディングから興奮してしまう3年前に登場したニューフライヤー、それ以降のサーフボードはみな高性能になり、滑り出しはさらに早く、誰もが休日のサーフィンを楽しめるデザインになっている最近のサーフボード。 高性能になったサーフボードはアクションが行いやすくなり、誰もが波のフェイスを自由に走れる性能を備えるようになっています。 そして最も一般のサーファーにとって高性能が影響しているのは、加齢や忙しい仕事での運動不足のハンデをサーフボードが十分補ってくれる点です。 ハイファイブは滑り出し早く十分なリップアクションを楽しめるモデル、最近のラインナップの中でも扱いやすく、誰もが満足していただけるサーフボードデザインです。 身長よりも低い162cm、この長さのボードをお仕事が忙しく、海に来る回数が減った方、年齢と共に体力が低下した方、運動不足で太ってしまった方などが使うと現実は厳しいサイズになり2〜4インチアップが必要です。 写真中央はニューモデルのミニ。 夏の終わりから様々な波でこのサイズを試していますが、通常のショートボーダーの倍近くアウトからテイクオフでき十分なアクションを繰り出せ、僕の体重でもしっかりとドルフィンスルーができるボードサイズです。 30年40年と長年サーフィン楽しまれている方も現在は50〜60歳近く。 まだまだサーフィンを続けられますが、体力の低下は逆らえないところです。 昔からサーフィンを続けている方はショートボード世代、体力が落ちたからと突然ロングボードに変えても、扱い慣れていない大きなロングボードは逆に体力を消耗してしまいます。 長年ショートボードを楽しまれている方が体力を補うために長めのボードに乗った時、沢山乗れることに最初は満足しますが、使い慣れてくる頃には昔ショートボードを動かしていた自分に戻りたくなってしまいます。 最初、僕の体重では失敗してしまったかなという40L近い浮力でしたが、人間の体はすぐに慣れてしまい、3回目からは強烈な滑り出しの早さを楽しめ、モデル本来が持つクイック性やシャープな加速性能を楽しむ事ができました。 なぜこのミニでサイズの大きいタイプを試したかというのは、このモデルの元となっているのが7年ぐらい前に販売されていたスキニーフィッシュをベースにしていた為です。 スキニーフィッシュはアルがデザインしたハイパフォーマンスフィッシュボードで、薄めのレールが特徴のクワッドフィッシュになり、とても楽しかった印象があるからです。 体力の衰えを感じた方が、ボードのサイズを大きくアップさせて苦戦している姿を見かける事が多くなった最近、急激なインチアップは慣れ親しんだご自身が乗るべきピークポジションも変化してしまい、強い浮力アップはボードに合わせたピーク探しから始めなければならなくなります。 これ以上のレングスアップは滑り出しの早さは確保できますが、ドルフィンスルーで体力を消耗してしまい求めているコンセプト、楽して沢山の波に乗る事から外れてしまいます。 5Lになり、滑り出しはとても早いままパフォーマンス性能を上げていく事もできます。 カラニロブが開発したモデルだけあり、パフォーマン性能の良さは信頼していただけます。 こちらもコンセプトはミニと同じく、テイクオフが楽で沢山乗れて、動くボード。 長めのレングスは滑り出し始めの感覚は早くなり、より安定した深い位置からのテイクオフを可能にしてくれます。 広いノーズ幅はパドルの直進安定性が良く、弱目のロッカーは早い滑れ出しが可能となり、絞られたテールエリアはアクションを行いやすく、フェイスの広い波ではトライフィン、ワイドな波にはクワッド設定を楽しめるオールラウンドデザイン。 年齢と共に低下してしまう体力や筋力、現在は性能の良いショートボードが多くなり選択肢が広がった事で、ご自身の体力と技術をしっかりサポートしてくれます。 レングスや浮力のアップなど少しの変化で劇的に毎週末のサーフィンが楽しくなってしまうのも最近のショートボードです。 現物が店内にありますので、レールなどのボリュームを見ていただき、体重やサーフィン歴に合わせカスタムオーダーをおすすめいたします。

次の

サーフボード・リッター至上主義

サーフボード リッター

サーフィン初心者が初めに買うサーフボードは、中古がおすすめです。 中古といえど、サーフボードは数万円はかかる高い買い物。 失敗して後悔したくありませんよね。 また、 中古サーフボードの傷の種類や見極め方についても詳しく解説しています。 初心者だけでなく、中・上級者が中古サーフボードを買うときの参考にもしてください。 初心者に中古サーフボードがおすすめの理由 サーフィン初心者に中古サーフボードがおすすめの理由は3つあります。 1.値段が激安 2.サーフボードを壊しやすい 3.短期間で買い替える 3つの理由について、詳しく解説します。 1.値段が激安 中古サーフボードは値段が安いのが特徴です。 新品の値段は、最低でも10万円前後と高額。 中古の値段は、ボードの状態にもよりますが、新品の半額~4分の1程度と激安です。 「サーフィンを始めてみたけど続くかわからない…」 「いきなり高額なボードを買うのは気が引ける…」 という初心者には、 安い中古サーフボードは買いやすくておすすめです。 サーフボードの表面は樹脂で覆われています。 この樹脂はとても脆く、少しぶつけたり落としただけで簡単に割れます。 初心者のうちはこの脆さに気付かず、ボードの扱いが雑になりがち。 リアル初心者の私は初めの頃、ボードを運ぶときによく壁にぶつけてレールを割りました。 手を滑らせてボードを地面に落とし、デッキに大きな穴をあけたことも。 「ボードの扱いは、首座り前の赤ん坊のように慎重に…」 と身をもって学びました。 サーフボードを壊しやすい初心者のうちは、 安い中古ボードで扱い方を勉強するのが賢明です。 3.短期間で買い替える 初心者は、初めは長さ・幅・厚みのあるスポンジボードやファンボードで練習することが多いです。 しかしテイクオフが安定してきたり、やりたいサーフスタイルが見つかると、ショートボードやロングボードに買い換えることがほとんど。 初心者は 短期間でボードを買い替える可能性があるため、初めは安い中古を買うのがおすすめです。 初心者はどこで中古サーフボードを買うのが良い? 中古のサーフボードは ・サーフショップ ・リサイクルショップ ・中古サーフボード専門店 ・メルカリやヤフオクでの個人取引 などで買うことができます。 初心者は中古サーフボードをどこで買うのがおすすめか、メリット・デメリットとともに詳しく解説します。 【店舗型】サーフショップ サーフショップには、新品だけでなく中古ボードを扱うところもあります。 またサーフ用品全般を扱うので、中古ボードの販売数や種類は限られます。 しかし良心的なショップであれば、リペアも信頼でき確かなアドバイスももらえます。 サーフショップは、初心者が中古ボードを買うには安心感があります。 【店舗型】リサイクルショップ 店舗型リサイクルショップにも、中古サーフボードが売られています。 ブックオフやセカンドストリートなどの大型店は有名ですよね。 そのためボードのリペア状態や、スタッフの知識にやや不安があります。 一方で、有名メーカーの中古ボードが驚くような激安価格で売っていることも。 探せばお宝ボードが見つかることもあるんですね。 ボードに関して知識や経験のある中・上級者にはおすすめです。 しかし初心者は、ボードの状態や価値を見極める目がまだありません。 リサイクルショップは、初心者が買うにはややハードルが高いでしょう。 【ネット通販】中古サーフボード専門店 ネット通販には、多くの中古サーフボード専門店があります。 しかし店舗費がかからない分、中古ボードの値段は安めです。 専門店のため、スタッフの知識やリペア技術に信頼がおけるのもポイントです。 在庫数や種類も多く、良心的な店であれば適切なアドバイスももらえます。 ネットの中古専門店は、初心者でも中古ボードを買いやすいでしょう。 【ネット通販】メルカリやヤフオクでの個人取引 メルカリやヤフオクなどで、個人が出品している中古ボードを買う方法もあります。 1つの店舗が扱うより、はるかに多くの数と種類の中から選ぶことができます。 しかしネットでの個人取引は、 ・ボードのサイズ ・傷やリペア歴の状態 といった重要な情報が確かでないことがあります。 出品者に悪気がなくても、サイズ表記を間違ったり気付かない傷があることも。 また梱包が十分でなく、配送中にボードが破損するリスクもあります。 そのため商品が届いてからトラブルになるケースもあるんです。 初心者は、ネット通販の個人取引で買うのは避けた方がよいでしょう。 中古サーフボードを買うときに気をつけたい点 中古サーフボードを買うとき、店や出品者に確認するべき点は? ボードの傷や痛みの見極め方ってあるの? 中古サーフボードを買うときに気をつけたい3つのポイントをご紹介します。 1.リッター数を確認する 気になる中古ボードがあったら 「ボードのリッター数」 を店のスタッフや出品者に確認してみましょう。 リッター数とは ボードの浮力のこと。 サーフボードには、乗る人の体重やサーフィンレベルなどに応じた適正なリッター数の目安があります。 下記の表でみると、 体重「63. 5kg」の「初心者」には「33. 33リッター」の浮力があるサーフボードが適正の目安であることがわかります。 (ここ2~3年の最近のボードには表記されるものも増えてきました。 またボードの長さ・幅・厚みから、おおまかなリッター数を計算することもできます。 体重・サーフィンレベルから適正なリッター数を把握し、ボードの寸法からおおよそのリッター数を数値で答えてくれる店や出品者は かなり信頼性が高いといえます。 もちろん経験と知識があれば、ボードの形状や幅・厚みを見ただけで大体の浮力がわかります。 ただ初心者は丸腰だと、自分の適正とかけ離れたボードをすすめられてもわかりませんよね。 リッター数について最低限の知識をつけておけば、 中古ボード選びの失敗も減り、信頼できる店や出品者の見極めにもなりますよ。 2.購入後にリペアが必要かどうか確認する ネット通販で買う場合は特に 「購入後、リペアが必要な傷があるかどうか」 を確認しましょう。 サーフショップや専門店の中古ボードは、ほとんどが購入後すぐ使えるようにリペアされています。 しかし個人の出品者では、傷のリペアがされていないボードも多いです。 「中古サーフボードを安くで買ったはいいけど、高額リペア代が必要になった…」 という事態は避けたいですよね。 中古サーフボードを買うときは、 購入後にリペアが必要な傷がないかどうか確認しておきましょう。 3.傷の状態や種類を確認する 中古サーフボードを買うときに確認すべきなのが、 傷の状態や種類。 リペアされていないボードはもちろん。 リペアが完了しているボードでも、見落とされた傷がないかどうか慎重に確認しましょう。 ここからは、 ボードの傷の症状と見極め方をご紹介します。 割れ <赤丸で示したところがクラック>写真提供: ボードの デッキ表面の樹脂が、大きく横方向にヒビ割れた状態。 放置していると、普通の割れより大量に水が入ります。 リペア代も高くつくので、クラックがないかどうかは慎重に確認しましょう。 ハクリは見た目だけではわかりません。 しかし表面の樹脂と中のフォームの間にスキマができているので、 ハクリが起きているところは押すとペコペコとへこみます。 フォームが弱くなっているので、ボードが折れやすくなっています。 リペア代も高くつくので、ハクリがないかどうかは絶対に確認しましょう。 またこれは豆知識ですが、メールなどで「ハクリがないかどうか」確認するときは、「ハクリ」とカタカナを使うのがおすすめ。 漢字の「剥離」を使って聞くと、まれに「色や塗装の剥がれ」と誤解されることがあります。 「ハクリ」と「色や塗装の剥がれ」は、ダメージもリペア代も全然違うので注意してください。 フットマーク 足で踏みこんだりワイプアウトの時にヒザが入ることで、 デッキ面にへこみが生じている状態です。 デッキ面に目線を合わせたときに、ボコボコとへこんでいるのがフットマークです。 フットマークはサーフィンをしていれば大体つくもので、基本的にはあまり問題ありません。 しかし数が多すぎると、表面の樹脂が割れやすくなっている可能性も。 フットマークの山なりが浅めのボードを選びましょう。 まとめ 初心者が中古サーフボードを買うにあたって、知っておきたいポイントをご紹介しました。 中古サーフボードは、店舗やネット通販など様々なところで買えます。 初心者は、サーフショップや専門店など 経験豊かな人にアドバイスがもらえる環境で買うのがおすすめです。 ただ丸腰で行って後悔しないよう、 リッター数などの知識をつけておくのも良策。 特にネット通販で買うときは、購入後に高いリペア代を払うことのないよう、 リペアが完了しているかどうかを確認しましょう。 また ボードの傷の形状や症状を理解して、自分で見て触って見極めることも大切です。 安い中古サーフボードは、初心者にはなにかとメリットが多いもの。 オーナーは元サーフショップスタッフ。 販売されている中古ボードはすべてリペア済。 LINEでの質問受付や、購入後のアフターフォローも充実している。

次の

サーフボードの「適正浮力表」

サーフボード リッター

こんにちは、 千葉北、晴れてきました。 台風波も落ち着いていて、 夜明け時間で頭前後しかなく、 水平線の彼方からやってくる波を想像していたのですっかりと拍子抜けしてしまった。 なので、明日のほとんどのブレイクでは割と普通波でサーフできると思います。 4CL 昨日は後、 東京駅まで行き、この便で千葉NAKISURFに戻りました。 原宿ビームスさんの地下にある秀逸店。 大人気の行列でした。 すごい。 総武線なのでスカイツリーが見えるのがすばらしい。 スターウオーズみたい。 NAKISURFは遅くまでスタッフたちがお客さまとのやりとりをしていたが、 その中で興味深いものがあったので、編集してここに紹介します。 Q.(お客さま)できないとなると、どうやってアウトに出て行きますか? A.(弊社ヤス)一般的な方法としましては、 ローリングスルーやプッシングスルーなどが挙げられます。 下記ブログに写真、解説付きで出ておりますので、 ぜひご確認ください。 【ローリングスルー】 【プッシングスルー】 私(56kg)の普段はショートがメインです。 小波の際にオディシーを持ち出します。 パドリングの早さでインパクトゾーンへの通過を調節していますが、もしタイミングが悪くインパクトゾーンになってしまったときはローリングスルー、 インサイドの弱いスープを超えるときはプッシングスルーがとても重宝します。 最初はうまくいかないかも知れませんが、 練習を重ねると楽にゲティングアウトできます。 プッシングスルーは自分の身体(両腕、どちらか片方のつま先)とボードの間に泡波を通過させるイメージです。 ダックダイブよりもきちんとした浮力を確保したほうが間違いなくサーフは楽しくなります。 このブログの読者ならご存じだろうが、 先日からノースタイガーで乗っているのはライアンのソニックブーム。 4CLと、ほぼ2. 5リッター近くも浮力過多。 5程度なので、 じつに4リットル近くも浮力過多のボードに乗ったことになる。 けれど渦浮力ボードにはあり余るほどの利点があり、 それを説明するのにこの日の状況を下記してみる。 1.この日のノースタイガーはものすごい流れがあって、 適正浮力のボードだと、常に全力でパドルバックしていないと、流れの上流に進めなかっただろう。 2.流れがあって、回り込んでくる波質だったので、 浮力が少ないボードだとテイクオフが遅れる、 つまり波先に張りついてしまうので、他のサーファーを見ていると、 ギャンブル性の高いテイクオフになっていて、実際の成功率が50%程度と低かった。 なので、 渦浮力ボードに乗ると、 イ. 流れに逆らってパドリングができる。 セットが来ていないときに一気に加速できるゲッティングアウトスピードがものすごく高い。 パドリングスピードが早いので、波が掘れ上がる前にテイクオフができる。 こんなあり余るほどの利点を紹介しようと、 本日はこんなことを書いてみました。 逆に言うと、ダックダイブが簡単にできて沖に出られたとしても、 横の流れに負けて流されてしまうということです。 ショートボードに悩んでいる、 ミッドレングスでは大きすぎると感じている方、 次回はぜひ渦浮力ボードをお試しください。 パドリングスピードがとても高いので、 大波はもちろんのこと、超小波にも乗ることができ、 誰よりも速いテイクオフを実現します。 そしてついに梅雨明けも秒読み状態だとは気象庁。 サーファーのサーフィングの盛夏がやってきます。 それではすばらしい夏となりますように! Enjoy the Summer!! 最新の記事• カテゴリー• 1,712• 129• 2,113• 364• 935• 433• 442• 463• 1,014• 242• 1,286• 129• 406• 443• 829• 479• 273• 200• 178• 992• 130• 265• 218• 106• 306• 142• 1,039• 246 アクセスの多い記事TOP5• Current Moon Phase First Quarter Moon The moon is currently in Libra The moon is 8 days old.

次の