公認会計士 lec。 特集!試験延期対策コンテンツ

公認会計士受験を考えているのですが、予備校はLECを考えています。短...

公認会計士 lec

公認会計士講座を開講している専門学校では、クレアールを除いて、通学講座と通信講座の両方を開講しています。 教室に通学できるところに住んでいる方でも、あえて通信講座を選択されている方もいます。 通学講座と通信講座にはそれぞれ異なる特徴があります。 自分にあった講座を選んで受講するようにしてください。 通信講座のメリット 全国どこでも受講可能 通信講座の最大のメリットは、 近くに教室がなくても講座を受講できることです。 近くに公認会計士講座を開講している教室がなくてもあきらめる必要はありません。 自分のペースで学習可能 通学講座の授業は、決まった時間割で進んでいきますので、その時間に教室で受講しなければなりません。 しかしながら通信講座では、 自分のスケジュールに合わせて受講することが可能です。 平日の昼間は仕事で受講できない場合でも、通信講座なら帰宅後の都合の良い時間帯で講義を受講することが可能です。 効率的な受講が可能 ライブ講義では、講師がペースを決めて講義を進めていきますので、受講生はスピード調整することはできません。 しかし通信講座では、 再生スピードを受講生が決めることができます。 理解できてるところは、再生スピードを上げて受講し、理解が不足しているところは、再生スピードを下げて受講することが可能です。 また教室までの通学時間も不要ですので、時間を有効に使うことができます。 通信講座のデメリット 質問事項の回答が得られるまでのタイムラグ ライブ講義なら授業前後や休憩時間に授業で生じた疑問について質問し、その場で回答を得ることができます。 通信講座の場合でも、電話での質問が可能ですので、タイムリーに回答を得ることも可能です。 ただし早朝や深夜など 質問受付時間外に講義を受講している場合は、その場では質問することができません。 孤独との戦い 通信講座では本試験までの期間、一人で学習を進めることになります。 学習を進めていると「学習のペースが遅れている気がする」、「答練で思ったように点数がとれない」など、不安に襲われることがしばしばあります。 また公認会計士試験の学習は一年以上の長期間にわたりますので、時としてモチベーションが低下してしまうこともあります。 そんな時は同じように戦っている受験仲間と話をすることによって、不安を解消できたり、モチベーションを取り戻したりすることができることがあります。 でも通信講座だと 一人で学習を進めることになりますので、不安を解消するのもモチベーションを取り戻すのも自分でなんとかしなければなりません。 通信講座で学習を進めることは、孤独との戦いでもあります。 受講方法 通信講座には、DVD通信とWeb通信の2つがあります。 一方でDVD通信を受講するためには、DVDプレーヤーが必要となります。 両者の最大の違いは、受講期限の有無です。 Web通信については、受講期限が定められており、この期間中に受講を完了させる必要があります。 一方でDVD通信の場合は、DVDは返却する必要がありませんので、いつまででも受講可能です。 フォロー体制 通信講座は通学講座に比べてメリットがある反面、デメリットもあります。 この通信講座のデメリットについて、各専門学校は工夫を凝らして、解消に努めています。 各専門学校の取り組みについて見ていきます。 質問方法 通信講座を受講している場合は、講師がそばにいないので、疑問が生じたときに、どのように解決してもらえるのかが重要になります。 各専門学校では、以下の方法によって受講生からの質問に答えています。 各専門学校ともWebページ上での質問やメールでの質問が可能です。 また一部の専門学校では電話による質問も可能となっています。 特に 大原はフリーダイアル、クレアールはスカイプでの質問が可能です。 教室での受講 通信講座の受講生にも一定回数の講義や答練を教室で受講することが認められています。 またLECや東京CPAは東京でのみ通学講座を開講していますので、その他にお住まいの方は教室での受講は難しいと思います。 受講できる講義の回数などは各専門学校によって異なりますので、詳細はパンフレット等で確認するようにしてください。 学習の進捗管理ツール 通信講座の受講生は、学習の進捗管理も自ら行う必要があります。 この学習の進捗管理を行うためのツールを各専門学校では提供しています。 自習室の利用 通信講座を受講する場合は、自宅などで学習を進めることになります。 でも自宅では学習に集中できない方もいると思います。 そのような場合は、 専門学校の教室を利用する方法もあります。 各専門学校とも通信講座の受講生にも自習室の利用が認められています。 自宅では学習に集中できない方は、近くに教室がある専門学校を選ぶとよいでしょう。 個別DVD講座 ライブ講義を開講していない校舎で、個別ブースでのDVDを視聴することによって、公認会計士講座を受講できる専門学校もあります。 自宅等では学習に集中できない方で、近くに専門学校の教室がある方は、個別DVD講座を選択する方法もあります。 受講料 初学者向け講座 初学者向けの一般的なコースを受講した場合の受講料は以下のとおりです。 Web通信だとTAC、大原がやや高く、LEC、クレアールがそれに次ぐ価格となっています。 東京CPAのWeb通信講座は主要な専門学校の中では最安です。 区分 TAC 大原 クレアール LEC 東京CPA 1. 5年S本科生 入門1. 5年ウィンター本コース 1年合格全力投球コース 2018短答合格コース 1. Web通信だとTAC、大原がやや高いですが、他の専門学校と比べても、それほど大きな差はありません。 区分 TAC 大原 クレアール LEC 東京CPA 上級ストレート本科生 上級フルパック本コース 上級ストレートコース 2018年5月短答8月論文合格コース 上級総合マスターコース Web通信 466,000円 483,000円 400,000円 418,000円 420,000円 DVD通信 518,000円 503,000円 500,000円 478,000円 500,000円 詳細はパンフレットを取り寄せて確認 一口に通信講座といっても、その内容は各専門学校で異なります。 そのため、 自分に一番あった専門学校の講座を選ぶことが重要です。 各 専門学校の資料は無料で入手可能です。 以下のリンクから資料請求して、パンフレットを取り寄せて、詳細を確認し、自分にあった専門学校を見つけてください。

次の

公認会計士試験の難易度と合格率を徹底解説|資格の学校TAC[タック]

公認会計士 lec

LECのカリキュラムは重要度に明確な差がつけられているため、自習時間の費用対効果を考える上で大変参考になりました。 とにかくやらなければならないことを愚直にやると力がついていることを実感できるのも良かったです。 答練や模試もよく練られていて、何度も自習することで重要な論点をもれなく覚え、本番に近い形で練習することができました。 LECのカリキュラムのおかげで合格できたと思います。 短答と論文でカリキュラムが分けられてるのは非常に効率的で合理的と感じている方は多く、まずは短答合格を目指すというモチベーションを持って勉強できるとしています。 新試験制度にいち早く対応したLEC会計士講座カリキュラムは、費用だけでなく短答式、論文式各々の学習の負担が軽くなります。 LEC答練、模試はこれまでに数多くの論点を的中させた実績があり、テキストの分かりやすさ、使いやすさ、答練や模試の詳細な解説など、LECの教材は受講生から高評価を得ています。 受験を知り抜いた講師陣• 科目別専門講師制を採用• スタートアップを支える入門講師• 専門的な知識を養成する上級講師 学校選びの際、講師の質も重要視しておきたいポイントで、 LECはスタートから試験まで一貫してサポートする科目別専門講師制を採用!入門から上級講座まで各科目ごとに1人の講師が教えることで、より密に、専門性を高めた講義が提供できます。 実力派講師による講義は分かりやすい、理解しやすいと口コミ定評があり、指導にぶれがないことも好評としています。 充実の通信講座 Web動画+音声ダウンロード+スマホ• ネット環境があればどこでも何度でも講義が受講可• 便利機能が満載• 自宅に郵送 DVD教材• 講義の臨場感をそのままお届け• 操作簡単!劣化しないクリアな画像• ボタン一つ(頭出し、スキップ、コマ送り)で、効率的に学習• ポータブルDVDプレーヤーがあれば、どこでも受講できる 万全の質問フォロー制度• 教えてメイト:同じコースを受講している方と疑問・質問を共有できる• 教えてチューター:LECのチューターに直接質問ができる Web受講についてのさまざまな不安・疑問を解消するため、質問フォロー制度を用意!「疑問をすぐに解決したい」、「復習のため、質問内容を残しておきたい」「勉強方法が分からない」など、質問の内容によって使い分けることができます。 その他にLECはMyページから受講・成績閲覧・情報収集することができ、答練・模試等の成績及び採点済みの答案を閲覧することができます。 LEC会計士合格体験談、感想に注目!.

次の

公認会計士受験を考えているのですが、予備校はLECを考えています。短...

公認会計士 lec

LECの評判 LECには公認会計士業界でも有名な財務会計論担当の渡辺先生、管理会計担当の池辺先生が講師をされていらっしゃいました。 (両講師は現在東京CPAに移籍) この両講師を失ったLECではありますが、 財務会計論担当の影山先生は渡辺先生より分かりやすいと受講生の間ではかなり評判です。 財務会計論が苦手な人ほど分かりやすさを実感できる講師であるともいえる素晴らしい講師です。 本当に分かりやすい講義をするの?ちょっと信じられませんか? LECのサイトでは1回目の講義を無料で視聴することが可能となっていますので、気になる方はLECのサイトで1回目の視聴をおすすめします。 LECのメリット・デメリット LECの欠点だったスケジュールが・・ こちらの方ではLECの受講料金やスケジュールについて記載していますが、 2019年12月短答式試験を受けて、その後2020年8月論文式試験を受けるスケジュールが最も効果を発揮しやすくなっています。 LECのあるコースのスケジュールは試験ぎりぎりまで講義があり、いつ実践演習をするのかという疑問がありました。 また、受験生の間でも不安に思っている人も多かったように見受けられました。 周りは答練などの実践演習をしている中、講義がまだ終わってないのは不安になるのは当然のことです。 しかし、今回のスケジュールは軸となる部分を2019年3月までしっかりと学び、4~11月の約8ヶ月かけて応用力アップに時間をかけることができます。 LECの一番の欠点といってもいいスケジュールが、今回は 他校のどこよりも負けない素晴らしいスケジュールになっています。 LECのメリット 最大のメリット これは価格の安さです。 安すぎるといえるほどの価格設定になっています。 そのため他校だと70万円くらいするところがLECだと30万円以内で勉強することができます。 短答の勉強だけでなく、短答と論文あわせての価格です。 特に通学圏内にあり、経済的に厳しい方はLECがなんといってもおすすめです。 LECのメリット 優秀な教材 元々、司法試験や司法書士試験の学校の老舗ともいうべき学校なので教材は優秀なものが多い特徴があります。 法律科目はさすがともいうべきでしょうか、企業法はテキストのまとめ方が非常にうまく、特に図や表は分かりやすく最も使い勝手がいい専門学校であるといえるでしょう。 (大原の表もかなりいいですが・・) 短答答練、一問一答などもかなりいい教材です。 LECのデメリット これは包み隠さずはっきり言います。 LECの弱点ともいうべきものは「租税法」です。 多くの受講生が「自分でテキストやったほうがいいんじゃないの?」などの感想をもたれているようです。 今後どのようになるのか分かりませんし、人によってはLECの租税いいよという人がいらっしゃるかもしれません。 安く抑えた分は他校の単科をとるのもいいでしょうし、オークションで購入するのもありでしょう。 (ただその場合は改正論点には注意すべきです) 管理人がおすすめする租税は、大原>TAC=東京CPAといった感じでしょう。 この3校ならどれもおすすめですが、大原の租税はポケットコンパスという小さな冊子があり、そこに情報を集約していくと租税はかなり強くなります。 (ただ、これは合格者や知人に譲ってもらうか、オークションを利用するといいかもしれません) 租税答練はLECも含めて優秀です。 なんだ、LECの租税は全然だめなのかと失望している人もいらっしゃるかもしれませんが・・。 ただし、LEC租税の穴を埋める教材が実は存在します。 それは一問一答の租税です。 これは他校も購入するほど優秀な教材になります。 受験仲間・ライバル 答練などは大規模な人数で実施されることが多いですが、(大原、TAC) LECの場合は、短答答練、模試や論文答練、模試などはかなり少数になってしまいます。 短答の場合は特に問題にはなりにくいですが、論文模試は注意が必要です。 多くの受験生は大原、TACの大規模な論文模試を受験します。 そうすると、模試で出題された問題はこれを受けた受験生は本試験で出題されてもかなりの得点をとる答案作成ができます。 しかし、もし受けていないと得点することが難しくなってしまいます。 特に論文の1点はかなり大きいので多くの人が受ける模試は参加してみんなが取れるところは取れるようにしておく必要があります。 実はこれは模試に限らず論文の勉強自体にいえることです。 そこで、LECで論文の勉強をする場合は、春に行われる論文模試は他校のものを必ず受けておきましょう。 そうするとどこがとるべきポイントなのかが分かるようになります。 あとは試験までそういった箇所をつぶしていきましょう。 春の論文模試はスルーする人も多く、勉強が間に合わなくて模試が受けられない人は東京CPAの論文答練をおすすめします。 採点がかなり丁寧ですし、東京CPAの論文答練で真ん中にいれば絶対に合格だとはいいきれませんが、合格にはかなり近いといえます。 ただ、これはあくまで一例ですので、 LECの教材を振る活用して他校は使わないという方はLECを信じて勉強するのがいいでしょう。 実際ある人はLEC1本で一発合格されています。 まとめ 気になるメリット、デメリットを取り上げましたがいかがでしょうか? デメリットも許容できるならば一度LECも考えてみてはいかがでしょうか?.

次の