きのこ 帝国 解散。 きのこ帝国活動休止の理由や原因は谷口の家業?バンド活動の復帰はいつ?

きのこ帝国

きのこ 帝国 解散

日本のロックバンドグループで2015年にsingle曲「桜が咲く前に」でメジャーデビューした 「きのこ帝国」が今年2019年5月をもって長期活動休止することが分り話題になっています。 「きのこ帝国」はボーカル「佐藤千亜妃」さん、ベース「谷口滋昭」氏、ギター「あーちゃん」 ドラム「西村コン」氏らのロックバンドで、特にボーカルの「佐藤千亜妃」さんの「高音」が 特徴的なグループです。 スポンサードリンク 結成は学生時代に知り合った仲間で構成され、グループ名の由来はギターの「あーちゃん」の 格好が「きのこ」に似ていることから付けられたのです。 私は「あーちゃん」の「きのこ」よりもドラムの「西村コン」氏の方が「なめこ」に 似ていると思っているのですが私だけでしょうか?とは言え結成当時に命名されたもので 現在とは違うのでしょうね? 今回の「長期活動休止」に至った理由なのですが、ベースを担当している「谷口滋昭」氏が 実家の稼業を継ぐ事を決めたらしく、今年に入り既にメンバーには伝えていたようです。 ファンからすると「メンバー交代での活動継続」を望む声が多数寄せられてはいたのですが そこはどのバンドグループにも言えることで、結成が「学生時代の仲間」からスタートした バンドは「結成力」が強く、メンバーが一人でも抜けることになれば「停止・休止・解散」を 選択する傾向にあるので、今回「きのこ帝国」もメンバー1人抜けることが決まったので 「休止」の選択をしたのでしょう。 活動休止の報告は自身らのサイトで行い「サポートメンバーを迎え入れる案もありましたが、 これまで4人で歩んできた10年間の中で、谷口以外のベーシストと、きのこ帝国を続ける イメージは現状出来ませんでした。 」等と、やはり結束力の強さを理由に休止に入るようです。 このグループはメインボーカリストの「佐藤千亜妃」さんを主体としたバンドだっただけに 他のメンバーの今後の活動が心配されるところではありますが、「佐藤千亜妃」さんに 限って見れば、実は元「女優」経験があり見た目と反して年齢は30代のアラサー! しかも「きのこ帝国」がメジャーになる前から単独で「芸能界」入りを既に果たしており 芸能界大手プロダクションの「ホリプロ」が毎年開催している「ホリプロタレントスカウト キャラバン」2004年度の「グランプリ」に輝いており、そこから一時期「女優」として 芸能活動を行ったいたのです。 ただ女優としての「人気」は今一つで伸び悩み、その後、大学時代に知り合った仲間と結成し 現の「きのこ帝国」が誕生したのです。 バンド「きのこ帝国」の楽曲は、ほとんど佐藤千亜妃さんが担当しており、作詞・作曲を始め バンドスタイルやライブでの構成などを積極的に行い、女優よりもミュージシャンとしての 才能を「開花」させたようです。 作詞に限って見れば昔から「読書」を大変好んでいたようで、その経験を生かし歌詞を 作り上げていたようです。 そんな「きのこ帝国」の活動休止についてファンからは「ステキな作品たちを私たちにたくさん 届けてくれて、ありがとうございました」「ずっと好きです。 いつまでもあなた方が生み出した 音楽を愛しています」「死ぬまで一生大好きです」「たくさんの名曲をありがとうございました」 「やっぱ!残念で仕方ない」「これからもずっと大好きなバンドです」等と、今回の休止を 悲しむ声や「根強い」ファンが居たことが分かるコメントを多数寄せられています。 個々になればミュージシャンとしての活動が大変になるかと思いますが、バンド活動が再開し 元気な姿が見れる日を楽しみに待っております。 このサイトは私のように話すことを苦手としている皆さんのお役になればと作りました。 メール等お問い合わせはプロフィールからどうぞ タイトル• ・ インスタ 女性歌手• ・ インスタ 女子フィギュア• ・ インスタ 女性お笑い• ・ インスタ 女性モデル• ・ インスタ 女優• ・ インスタ 俳優• ・ インスタ 女子アナ• ・ インスタ 女性タレント• ・ インスタ 男性タレント• ・ インスタ 女性アイドル• ・ 速報ニュース! 男性• ・ 速報ニュース! 女性• ・ 男性タレント• ・ 女性タレント• ・ 男優• ・ 女優• ・ 男性歌手• ・ 女性歌手• ・ 男性アイドル• ・ 女子アイドル• ・ バンド・グループ・個人• ・ 男性モデル• ・ 女性モデル• ・ 男性アナウンサー• ・ 女性アナウンサー• ・ 男性音楽家• ・ 女性音楽家• ・ 男性お笑い芸人• ・ 女性お笑い芸人• ・ 男性声優• ・ 女性声優• ・ その他 女性• ・ プロ野球選手• ・ サッカー選手• ・ バレーボール選手• ・ ラグビー選手• ・ プロゴルフ選手• ・ レスリング選手• ・ 格闘家• ・ その他ネタ• ・ 外国人 女性• ・ TV番組 アナウンサー• ・ TV番組 女優• ・ TV番組 女性タレント• ・ TV番組 女性スポーツ選手• ・ TV番組 女性モデル• ・ TV番組 音楽家• ・ 祝福 女性歌手• ・ 祝福 女優•

次の

きのこ帝国活動休止の理由や原因は何?今後の活動や復帰はいつ頃なのか調査!

きのこ 帝国 解散

Positive Gridは2011年に創業した若い音楽機器メーカーだ。 主にギターやベースのエフェクター、アンプを作っている。 このメーカーのおもしろいところは、ソフトウェアのアンプシミュレーター、エフェクターと、実機のそれらを同時にリリースしている点。 戦略的にはLine6に近い。 Line6は実機のPODからはじまったが、Positive Gridはソフトウェアの方からはじまったように思う。 ちがいはそのくらいだろうか。 このPositive Gridの実機アンプが評判が良いと前から聞いていた。 で、昨年とあるセールで購入したが、セットアップする時間が取れずにしばらく放置していた。 今回、ようやくセットアップが終了。 音は良いです。 しかもサイズが小さい。 自分のDTMデスクのシェルフの一角にすっぽりと収まった。 いちばん左のつまみでアンプの種類を切り替える。 操作系は全モデル共通。 左からゲイン、ベース、ミドル、トレブル、マスターボリューム、そしてアウトプットボリューム。 アウトプットボリュームは、つまみをプッシュするとライン出力、ヘッドフォン、センド端子などのボリュームを切り替えられる。 アンプの種類は、プリセットつまみで切り替えても何が何だか分からない。 まあ、Line 6のアンプシミュレーターなんかと同じです。 Bias Amp Mini Guitar Ampの特徴 ・本体に液晶なんかない。 アンプの種類とか細かいことは気にすんな。 本体のつまみを回して気に入った音を鳴らせ。 ・エフェクターなんてない。 この機械はギターアンプだからな。 ギターがいい音で鳴ればそれでいいだろ。 ・いちおうリバーブだけはつけといてやる。 もちろんsendからはリバーブ音は出ないがな。 という感じで、かなり男気あふれるマシンである。 よけいな機能はいっさいなし。 まさにギターアンプ。 よけいなことにかまけているヒマがあったらでかい音を出して音楽をやれ、というメーカーの強い意志を感じる。 ちょっと悩んだのは、このアンプを何につないだら良いのかと言うこと。 ラインアウトから出力してモニタスピーカーから出すのは避けたい。 それだとソフトウェアのアンプシミュレーターで鳴らしているのと同じになってしまう。 ヘッドフォンで聴くのも却下。 Bias Amp miniにはスピーカーアウトがついているので、スピーカーキャビネットにつなぐのがいちばんの正解だ。 が、うちにはスピーカーキャビネットがない。 アメリカに行く前にみんな処分してしまった。 ああ、景気よく売っぱらったりするんじゃなかった。 いまうちにあるギターアンプは、Fender Bassbreaker15というコンボアンプだけだ。 このコンボアンプには、センド・リターンの入出力がある。 Bias Amp Mini Guitarのセンドから出力してコンボアンプのリターンに挿せば良いだろう。 いちおうその前に、バッファをつないでみるか。 どこかのサイトに、バッファ必須と書いてあったからね。 こんな感じ。 配線を終え、音を出してみる。 いきなり爆音。 大轟音。 驚いて跳ね上がり、怒る妻。 あわてふためいてすべてのスイッチを切るワタクシ。 あちゃー。 んーとですね。 あんまりリターン挿しってやったことがなかったんで、ついうっかりしていたんですが。 リターン挿しをやると、リターンしたアンプ(この場合はFender Bassbreaker 15 combo は音量調整がいっさいできなくなるんですよ。 なので、Bias Miniの方で出力を最小に絞って、徐々に上げていかないといけない。 ところがBias Miniの出力がどのくらいになっているのか、ちょっと分かりづらいんですね。 うっかりインジケーターがラインアウトやヘッドフォンの表示になっていると、センド音量と勘違いしてしまう。 ちなみにセンド音量、ツマミ3くらいですでに爆音でした。 いま住んでいる古い公共住宅で出せるのはツマミ1か2くらい。 方向にして7時か8時というところ。 もう少し音がちゃんと出せる環境がほしい。。。 肝心の音は、すばらしいです。 チューブアンプ独特のコンプ感もしっかり出るし、マーシャル系のハイゲインの歪みもしっかりしている。 あんまりマーシャルの実機を触ったことがないのでうまく言えないけど、この小さいアンプ一台でじゅうぶん。 ただ、くどいようですがエフェクター機能はついていません。 リターン挿しだと、唯一使えるリバーブも機能しません。 出音を決めたら、あとはギターを弾くのみ。 ツマミいじってるヒマがあったら楽器弾け!そう言うPositive Grid社の明確なメッセージを感じます。 でも音はすごく良いのよ。 ホントよ。 仕事が忙しい。 以前のような昼食時間もトイレ時間もないという状況はなくなったけど、引き続き昼休みもなく、昼食を数分で済ませる以外は休む間もなしだ。 家に帰ると晩ご飯を食べて寝るだけ。 自助グループのオンラインミーティングの時間は取るようにしているけれど、その分仕事が押して帰宅が遅くなる。 布団に入ると10秒も経たずに眠りに落ち、あっという間にまた翌日がはじまる。 これでいいのか? と自問すれば、これでいいのだ、と答えるしかない。 きつい分、仕事の課題は確実に進んでいる。 いまはこれでいい。 いずれ否が応でも第一線から退く日が来る。 それまでは与えられた役割をこなし、職場からの期待に応えましょう。 なんと言っても、自分がやりたくて始めた仕事なんだから。 久しぶりに飲酒夢を見た。 20代の終わり、ぼくは仕事につかず、実家で宙ぶらりんな暮らしをしていた時期があった。 そのころの夢だ。 そのころのぼくはたいていいつも、強烈な飲酒欲求に悩まされていた。 実家暮らしだから、ふだんは飲めない。 両親はぼくの飲酒問題をとても心配していて、目を光らせていた。 隠れて飲んでも親の目はごまかしきれない。 酒が飲めるのは、親がいない時だけ。 親が泊まりがけで出かけるチャンスを、ぼくは常に待ち焦がれていた。 夢の中、両親が旅行から帰ってくるのはその日の午後3時。 時計を見ると午前9時。 今から酒を飲んで、酔いを醒まして親を空港に迎えに行くのはとても無理だ。 あきらめなければいけない。 でも飲みたい。 あと6時間。 どうしようか。 酒は手元にある。 あとのことは考えずに取りあえず飲んじゃおうか。 でも6時間後に迎えに行かなければ、親に飲酒がばれる。 やっぱり止めておこう。 でも今回を逃せば、当分飲めるチャンスはない。 今だけだ。 すこしだけならだいじょうぶ。 でも、どのくらいなら醒めるんだろう。 迎えに行く途中で警察に止められたらどうしよう。 飲みたい。 けど飲んじゃいけない。 でも飲みたい。 あと6時間。 しらふで待つには長すぎる。 飲むには短すぎる。 そんなことをぐるぐる考えているうちに、目が覚めた。 目覚めたとき、いまの自分に戻るのにしばらく時間がかかった。 夢の中の時代から25年も経っていて、いまは妻も仕事もある。 そう言い聞かせても、なんだか現実の方が夢のように思えた。 やっぱり自分はアルコール依存症なんだと思う。 最後に飲んでからかなりの時間が経つけれど、夢の中の飲酒欲求はとてもリアルで強烈だった。 ふだんは眠っているけれど、決してなくなったわけではない。 親をだましてでも飲みたい、数時間後に飲酒運転をすることになっても、それでも飲みたい。 自分の病気は今もどこかに眠っている。 そしていつか立ち戻ってくる。 ぼくができるのはハイヤーパワーを信じ、祈ることのみ。 そして行動すること。 さて、オンラインミーティングの予定を調べましょう。 AAのオンラインミーティングにデビューしました。 はじまる前からドキドキですよドキドキ。 大勢の仲間のライブ映像、そして自分もその中に映っている。 考えてみれば、通常ミーティングで顔を合わせているのと大差ない。 でも、すごく緊張する。 何というかこう、ひとに見られている感じが強いっていうか。 ほとんどが知らない仲間だっていうのも緊張の原因かな。 顔見知りが多ければ、こんなに緊張しないで済むのかも。 オンラインと対面のちがいはあっても、ミーティングはミーティング。 はじまれば変な緊張感はなくなるでしょう。 と、思っていたのですが。 ミーティングが進めば進むほど、強まる緊張。 自分のちょっとした仕草、頭をかいたり洋服の袖をいじったりする動作も、カメラに映って仲間に配信されている。 どうにも落ち着かない。 いっそカメラをオフにしようかとも思うが、それもまた怪しい感じだ。 うーん。。。 困っていたら、ある仲間がこんなことを話しました。 「自分もZoomとかオンラインには慣れていない。 けど、仲間の中だから失敗しても大丈夫」 おお! 一気に気持ちが救われました。 そうそう、そうなんだよね。 これは仕事の会議でもなんでもない。 ぼくたちは同じ体験をしてAAに救われた仲間なんだ。 仲間の中なら、失敗してもだいじょうぶ。 ミーティングに行くことがめっきり減ったせいか、最近忘れていた感覚でした。 やっぱりいいね、AAミーティング。 いまのぼくの環境だと、AAミーティングへのアクセスがとても悪い。 オンラインミーティングは救いです。 また参加しようっと。

次の

きのこ帝国の活動休止・好き・まじが話題

きのこ 帝国 解散

は列挙するだけでなく、などを用いてしてください。 記事のにご協力をお願いいたします。 ( 2015年2月) きのこ帝国 出身地 ジャンル 活動期間 - レーベル (2012年 - 2014年) (2015年 - 2019年) 事務所 公式サイト メンバー (・) あーちゃん(ギター) 西村"コン"() 旧メンバー 谷口滋昭(ボーカル・) きのこ帝国(きのこていこく)とは、に結成され、にメジャーデビューしたの。 バンド名は当時ギターのあーちゃんの格好がのようだったことと、からきのこ帝国と名付けられた。 2019年5月27日、ベースの谷口が家業を継ぐため脱退。 それに伴い同日をもって 活動休止に入った。 メンバー (さとう ちあき ) 、担当。 全楽曲の、を手掛ける。 「クガツハズカム」名義でバンドと並行して弾き語りのソロ活動も行っている。 好きなアーティスト:、、、、 ()、、(以上洋楽)、、、、、、、(以上邦楽)など。 あーちゃん 担当。 好きなアーティスト:ナンバーガールなど。 谷口滋昭(たにぐち しげあき) 担当。 好きなアーティスト:、、など。 西村"コン"(にしむらこん) 担当。 好きなアーティスト:、マウス・オン・ザ・キーズ、、、など。 2007年にの同級生で結成。 当時ギターのあーちゃんの格好がのようだったことと、からバンド名をきのこ帝国と名付ける。 2008年から本格的にライブ活動を開始。 、に影響を受けたサウンドで、を中心にライブ活動を展開。 2012年5月、インディーズレーベルより初の全国流通CDとなるミニアルバム『渦になる』をリリースし、インディーズデビュー。 2013年2月、1stフルアルバム『eureka』をリリース。 2013年12月、5曲入りEP『ロンググッドバイ』を発売、東名阪ワンマンツアー「花束を持ってきみに会いに行こう」を開催。 2014年2月、初の東京・渋谷CLUB QUATTROでのワンマンライブを開催。 2014年9月、アルバム先行100円シングル『東京』を発売。 2014年10月、2nd Full Album『フェイクワールドワンダーランド』発売、東阪リリースツアー「CITY GIRL CITY BOY」を梅田CLUB QUATTRO、赤坂BLITZで開催。 2015年2月、第7回CDショップ大賞2015入賞10作品の一つにアルバム『フェイクワールドワンダーランド』が入賞。 2015年4月、よりシングル「桜が咲く前に」でメジャーデビュー。 2015年11月、メジャー1stアルバム『猫とアレルギー』をリリース。 2019年5月27日、ベース・ボーカルの谷口が家業を継ぐため 脱退。 それに伴い同日をもって 活動休止に突入した。 ディスコグラフィー demo• 1st demo(廃盤)• You outside my window• Girl meets Number Girl• ミュージシャン• 夜が明けたら(廃盤)• 退屈しのぎ• 畦道で• 国道スロープ• ミュージシャン• 夜が明けたら E. 発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考 オリコン最高順位 インディーズ 1st ロンググッドバイ UKDZ-0150• RZM(GUEST VOCAL:KENT/Lillies and Remains)• 4(GUEST VOCAL:KEN LLOYD/FAKE? ,OBLIVION DUST)• B612(GUEST VOCAL:クガツハズカム)• ツアーファイナルの代官山UNIT公演が初のワンマンライブ。 2014 2月9日 - 2月18日 花束を持ってきみに会いに行こう• 2-』• 2012年06月01日 - 代沢まつり• 2012年07月14日 - GFB'12• 2012年07月24日 - RISKING DEATH• 2012年08月14日 - UKFC on the Road 2012• 2012年08月22日 - onion night! lv25! 2012年08月31日 - タワレコメン Vol. 2012年09月14日 - "代沢まつり" in 大阪• 2012年09月22日 - 「残像の夜に」• 2012年10月12日,13日 - MINAMI WHEEL 2012• 2012年12月15日 - HighApps Vol. 2012年12月16日 - GFB'12 大忘年会• 2013年01月20日 - official bootleg vol. 027• 2013年03月16日 - MUSIC CUBE 13• 2013年05月26日 - 2013• 2013年05月28日 - スペースシャワー列伝 ~第九十三巻 深更 しんこう の宴~• 2013年06月08日 - SAKAE SP-RING 2013• 2013年06月21日 - Presents 「ヘルツはそのままで -rama-」• 2013年06月29日 - DUM-DUM PARTY 2013• 2013年07月12日 - ベリテンライブ2013 Special ~Starting area~• 2013年07月25日 - GLICO LIVE"NEXT"• 2013年08月07日 - Live Dragon Vol. 2013年08月21日 - UKFC on the Road 2013• 2013年08月29日 - UMI-POP'13• 2013年08月31日 - 2013• 2013年09月22日 - presents「SHELTER 10days」• 2013年11月08日 - TOUR 2013 名もなきハッピーエンド• 2013年11月21日 - x きのこ帝国• 2013年12月28日 - 2013• 2014年04月01日 - ツタロック フェス 2014• 2014年04月25日,26日 - NEW ALBUM「YOU」Release tour 2014• 2014年04月28日,29日 - with in "DECADE"• 2014年05月05日 - VIVA LA ROCK• 2014年05月10日,11日 - neue welt リリースツアー• 2014年05月27日,28日 - Yes,We Love butchers• 2014年06月13日 - 2014 TOUR「DISCUSS」• 2014年06月21日 - サンカクヤマ vol. 2014年07月16日,08月21日 - UKFC on the Road 2014• 2014年08月10日 - 2014• 2014年08月23日 - Re:mix 2014• presents 新木場サンセット 2014• 2014年10月01日 - スペースシャワー列伝 100巻記念公演 第102巻 爻の宴• 2014年10月04日 - 2014• 2014年10月25日 - SKSD-初期衝動-• 2014年12月27日 - FM802 ROCK FESTIVAL RADIO CRAZY 2014• 2015年05月04日 - VIVA LA ROCK 2015• 2015年05月24日 - SPRING BREEZE• 2015年06月06日 - 頂 -ITADAKI- 2015• 2015年07月22日 - 対バンツアー『Athena最前線』• 2015年08月02日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2015• 2015年08月18日 - ロックのほそ道• 2015年08月22日 - 2015• 2015年08月29日 - SPACE SHOWER 2015 -20th ANNIVERSARY-• 2015年09月05日 - BAYCAMP 2015• 2015年11月05日 - 10th ANNIVERSARY LIVE TOUR の胎盤• 2016年01月14日 - きのこ帝国 渋谷タワーレコード インストアライブ• 2016年01月26日 - ツタロックスペシャルライブ "3MAN!! 2016年05月03日 - JAPAN JAM BEACH 2016• 2016年05月14日 - OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016• 2016年05月22日 - TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016• 2016年10月04日 - 代沢まつり• 2017年01月30日 - 55 daimas "Another year of experience"• 2017年05月21日 - FM802 Rockin'Radio! -OSAKA JO YAON-• 2017年06月03日 - 百万石音楽祭 2017~ミリオンロックフェスティバル~• 2017年06月13日,15日 - 「BROKEN SCENE TOUR 2017」• 2017年06月24日 - きのこ帝国 Dr. 2017年06月30日 - ハルカトミユキ アルバムレコ発 3days• 2017年08月06日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017• 2017年08月12日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2017 in EZO• 2017年08月20日 - WILD BUNCH FEST. 2017• 2017年09月09日 - BAYCAMP 2017• 2017年11月03日 - KOYABU SONIC 2017• 音楽ナタリー ナターシャ. 2019年5月27日. 2019年5月28日閲覧。 きのこ帝国 2019年5月27日. 2019年5月28日閲覧。 ナタリーPower Push 2014年10月29日. インタビュアー:大山卓也・清本千尋(取材)、清本千尋(文). 2015年11月18日閲覧。 ナタリーPower Push 2013年12月4日. インタビュアー:石角友香. 2015年11月18日閲覧。 Close Up 2013年2月6日. インタビュアー:渡辺裕也. 2015年11月18日閲覧。 インタビュアー:金子厚武. 2015年11月18日閲覧。 ナタリーPower Push 2013年2月6日. インタビュアー:石角友香. 2015年11月18日閲覧。 ナタリーPower Push 2013年2月6日. インタビュアー:石角友香. 2015年11月18日閲覧。 インタビュアー:宗像明将. 2015年5月5日. 2015年11月18日閲覧。 2015年2月23日. 2015年2月24日閲覧。 2013年10月10日. 2013年10月10日閲覧。 2015年11月15日閲覧。 2015年2月24日閲覧。 音楽ナタリー. 2014年9月3日. 2019年3月19日閲覧。 映画ナタリー. 2016年6月6日. 2016年6月6日閲覧。 外部リンク• - 公式ウェブサイト• - UNIVERSAL MUSIC JAPAN• - UKプロジェクト• kinokoteikoku -• zishotaniguchi -• nishimurakon -• kinokoteikoku -• - チャンネル インタビュー• 2012年5月• 2013年2月• 2013年2月• 2013年2月• 2013年12月• 2013年12月• 2013年12月• [ ] 2013年12月• 2013年12月.

次の