たぐぢエンターテイメント。 田口とは (タグチとは) [生放送記事]

田口とは (タグチとは) [生放送記事]

たぐぢエンターテイメント

今回も、あの「始発ダッシュ」があるだろうと注意喚起をやりにあの男がやってきた。 それが、MAD素材こと「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」の 団長オルガ・イツカ・・・。 そんなオルガのコスプレをした人が始発組を止めるために現れた。 一体、始発ダッシュでオルガをやったのは誰なのか? 始発ダッシュのオルガは誰! コスプレオルガさんは改札前で「走るんじゃねえぞ…!!」と言っているww では一体どこの誰なのか? 多分、始発ダッシュでオルガをやったのはYouTuberです。 YouTuberでも、アニメを愛する「アニメYouTuber」!! その名は「 たぐぢエンターテイメント」さん。 今回の改札オルガの正体はYouTuber。 ですが、ただの目立ちがりやYouTuberではない。 私もこのたぐぢエンターテイメントさんの動画見ていますが、本物のアニメバカでアニメ業界を盛り上げたいと本気で考えている方! 改札オルガの中身「たぐぢエンターテイメント」プロフィールとは? ・アニメ系YouTuber(ユーチュバー) 「たぐぢエンターテイメント」、通称「たぐエンさん」 チャンネル開設日は2014年9月24日で2018年12月現在 チャンネル登録者3万2000人。 顔出しで週に二本ほど動画と投稿している方です。 ・年齢は不明 話している内容から20代後半? ・出身地 福岡(ソフトバンクホークスファン) ・部屋にはタペストリーやポスター、抱き枕ありのエリートオタク。 ・新劇場版エヴァンゲリオンを見てオタクに目覚める。 ・旧友に声優がいるらしい。 夏コミも改札前でコスプレしてた!? 今回の2018冬コミで始発組の改札ダッシュでオルガのコスプレをやったたぐぢエンターテイメントさんですが、 なんと今年の夏コミ C94でも改札前でコスプレをやっていたんですよ! その時のコスプレが、 はたらく細胞の「血小板ちゃん」!!! あ!!っと思った方も多いでしょう。 その時もある注目を浴びていましたね。 当サイトの管理人の「天才ネコ」です。 ネコだって長生きすればテレビも観るし、パソコンだって使えます。 そこで、私が感じ学んだ人間界の「生活のなぞ」を少しでも解決できる情報をアナタにご提供! ちなみに語尾に「ニャ~」は付けませんよ。 最近のコメント• に より• に 匿名 より• に 匿名 より• に 木村育江 より• に わやはい より カテゴリー•

次の

田口とは (タグチとは) [生放送記事]

たぐぢエンターテイメント

驚くことに、このサイトのランキング1位は、現在 【君はたぐぢエンターテイメントを知っているか?】という、たぐえんに関する記事がランクインしている。 正直なところ、これは全く想定していなかった。 現在、Googleで【たぐぢエンターテイメント】を検索すると、その記事が検索上位に位置している。 (ありがとう) たぐぢエンターテイメントのアニメガタリズが復活して思うこと 少し前にたぐえんがアニメガタリズを止めると動画配信し、次回の動画では涙ながらに復活すると動画配信をしていた。 これだけ聞けば、手のひら返しと感じる人もいるだろう。 しかし、アニメガタリズを見ればわかることだが、それを毎週やってのけるということは楽しみでもあり、苦しい部分も大きかったろうという部分も感じる。 生放送のメリットとして、試聴者と生の声をやり取りできるという点がある。 たぐえんがおすすめアニメランキングを発表し、その見解を述べたと同時に、視聴者は即レスポンスを送ることができる。 自身のコメントが読まれたときの嬉しさは、ファンにとっては格別なものだろう。 しかし、生放送の最もデメリットな部分は、いくらでも辛辣な意見を書き込めるという点にある。 生放送で素早く流れていくコメント欄は、再び閲覧することはできない。 動画を見返したとしても、コメント欄は小さな文字であるため詳細を追うことは難しいだろう。 つまり、コメントを送る者にとって、とても自由で制限のない場所ということだ。 その分、生放送のコメントは、動画のコメント欄と比較して荒れやすいと感じている。 たぐぢエンターテイメントのアニメガタリズに提案したいこと チャット内の荒れを防ぐのが、 モデレーターだ。 なぜ、たぐえんはここまでの視聴者を抱えながら、モデレーターに依頼しないのか?と不思議に思うのだ。 モデレーターを導入しているつなまぐろの動画を見ていて感じるのは、モデレーターの管理が行き届いているから生放送でありながら驚くほど平和なチャット欄なのだ。 あのように、たぐぢエンターテイメントもモデレーターを依頼すれば良いのに・・・と感じるのだ。 一度はアニメガタリズを閉めると決めたなら、やはり再開すると決めたときにいくらかの対策や予防策は講じるべきだろう。 そうしなければ同じことを繰り返し、たぐえんの精神がすり減ってしまうのではないかと心配になる。 生放送中に2〜3人のモデレーターを置くだけでも、チャット欄の趣は変わるだろう。 過度のバッシングや過度のアンチコメントはモデレーターの判断で排除する、と銘打てば良いものではないのか。 たぐえんがそれも全て受け入れるというのなら、モデレーターは必要ないのかもしれない。 しかし、辛辣なコメントをたぐえん1人が見るのではないのだ。 前回のアニメガタリズでは、私が見た時点で視聴者が3000人を突破していたと記憶している。 その中には好意的な目で見るファンばかりではないだろう。 多くのアンチも含めたうえでの人数であろう。 それは、たぐえんも承知のはずだ。 しかし、たぐえんを心から応援したいと思っている視聴者が辛辣なコメントを見たときにどう感じるのかまで思いを巡らせてもらいたいと、再開したアニメガタリズを見ていて感じることだ。 アニメやたぐえんの考察に関する意見は、賛否両論あるのは当然だろう。 しかし、多くの人が見るに耐えないと感じるコメントが飛ぶようなコメント欄は、本来誰も望まない姿であろう。 モデレーターを置くことで、不適切なコメントは即刻消去してもらうことができる。 不適切なコメントばかり繰り返す視聴者はブロックすることもできるはずだ。 コメント欄に制限がかかることをたぐえん自身が全く望まないとあれば、それも、仕方がないと思う。 それが、スタイルなのだろう。 いつかのアニメガタリズを見たときに私はほんの数分しか見ていなかったが、たったその数分の間にアニメではなくたぐえん自身に対するバッシングが山のように書き込まれているのを目にした。 とても気分が良いものではなく、すぐにその動画を閉じてしまった。 せっかく再開したのだから、生放送のアニメガタリズがたぐえんにとっても視聴者にとっても心地よい場所であってもらいたい。 おそらくはあの3000人の中の大半はそう感じているのではないだろうか? アニメYouTuberのモデレーターに必要な要素 もし、たぐえんがモデレーターを依頼するのならば、やはりある程度のアニメの知識がある人に依頼する必要があるだろう。 たぐえんが紹介するアニメについておおよそ周知しており、チャット内で交わされるアニメに関する過度な批判にすぐに反応できる瞬発力も必要だ。 おそらくは、たぐえんに思い入れすぎない中立的な立場にもなるのだろう。 もちろん、アニメの知識がなくとも辛辣なコメントは見てすぐにわかるものだとは思うが・・・。 この記事がたぐえんの目に留まることを、願う。

次の

福岡市ソフトテニス大会 たぐぢエンターテイメント VS 前年ベスト4と対戦【アニメ星合の空は木曜深夜5,6話放送予定】の動画

たぐぢエンターテイメント

たぐぢエンターテイメントと同じアニメ系ユーチューバー BabyBus(ベビーバス)は幼児・子供が喜ぶ童謡や子供向けの歌、アニメによって英語、良い習慣、安全知識、文字、色、数字などを学ぶことができる動画を投稿している日本語チャンネル。 パンダのキャラクターが人気。 fumikiri channelは子供向け踏切&電車アニメ動画を投稿しているYouTuber(ユーチューバー)。 踏切カンカンや電車、機関車、新幹線が登場する、数字を覚えられる歌や動物の名前を英語で学ぶうたなどをアップしている。 ノッカーナアニメーション(nokkana animation)は赤ちゃん・幼児・子供向けアニメチャンネル。 かわいい動物や乗り物、「いないいないばぁ」など赤ちゃんが泣きやむ、笑う、喜ぶアニメや童謡、お子様の知育・教育に役立つ動画を投稿している。 ピンキッツ PINKFONG ピンクフォン は幼児や子供向けの教育的な知育動画、童謡、童話、アニメを投稿している。 恐竜や動物が登場する英語で遊ぼう、歯磨き、トイレトレーニングなど。 しまじろうチャンネル(YouTube)は、こどもちゃれんじ公式チャンネルです。 教材やイベントでおなじみの曲や、TV番組「しまじろうのわお!」のアニメ・ミュージックや番組予告ムービーなどの子供向け動画を投稿している。 ディズニー公式のYouTubeチャンネル。 ディズニー関連の動画を投稿している。 ミッキーマウスなどのキャラクターだけでなく、スター・ウォーズやマーベルほか映画関連の動画もある。 ポケットモンスター(ポケモン)のYouTube公式チャンネル。 ゲーム情報をはじめ、映画、カードゲーム等、ポケモンの全てに関する動画を投稿している。 ピカチュウやイーブイなどのポケモンが続々登場。 タカラトミー(TAKARATOMY)のYouTube公式チャンネル。 ここなっちゃんはリカちゃんなどのお人形で遊ぶ動画を投稿しているYouTuber(ユーチューバー)。 ミキちゃんマキちゃん、ケリーちゃん、バービーなど子供に愛されるキャラクターのごっこ遊び、人形アニメを投稿している。 リカちゃんのホラー(怖い話)も。 KADOKAWAanime(角川アニメ)は「ぜつめつきぐしゅんっ」などTVアニメやミュージックビデオなどの動画を投稿している。 「モンストアニメTV」はゲーム「モンスターストライク」のアニメ動画を投稿している公式チャンネル。 ルシファー、ソロモン、アーサーを始めとした新シリーズでモンスターたちの活躍をアニメで見られる。 毎週土曜日 19:00 YouTubeにて配信中。 TOHO animation チャンネルは東宝株式会社のアニメレーベル「TOHO animation」の公式チャンネル。 劇場版やTVアニメ作品の映像を投稿している。 弱虫ペダル、僕のヒーローアカデミア、からかい上手の高木さんなど。 PPCandy(ピーピーキャンディ)はPPCandyちゃんとその仲間たちが遊んだり冒険したりするアニメ動画を投稿している。 食べ物モンスターバトルや世にも奇妙な怪談バトルなどのシリーズが人気。 テイコウペンギンはブラック企業の社畜ペンギンが、残業を押し付けてくる上司や理不尽な文句をつけてくるクレーマーなど会社の理不尽に抗うアニメ動画を投稿している。 作者は漫画家・とりのささみ。 東映アニメーションミュージアムのYouTube公式チャンネル。 ドラゴンボールやプリキュア、うちの3姉妹、セーラームーン、ゲゲゲの鬼太郎などの動画を投稿している。 バンダイのYouTube公式チャンネル。 アニメや特撮映像、製品の情報を投稿している。 (バンドリ!)のYouTube公式チャンネル。 『月刊ブシロード』で連載された同名の漫画作品およびイラスト連載をもとにしたアニメ、ゲーム、コミック、声優ユニットによるガールズバンドプロジェクト。 アニプレックスのYouTube公式チャンネル。 TVアニメの最新作品紹介や劇場公開作品などを紹介する動画を投稿している。

次の