多肉 植物 の 増やし 方。 アエオニウム・サンバースト(Aeonium ‘Sunburst’)育て方

オトメゴコロ(乙女心:セダム)の育て方|ヤサシイエンゲイ

多肉 植物 の 増やし 方

秋以降に紅葉して赤く色づいた葉っぱが美しく、強健でとっつきやすいので、広く出回っています。 葉っぱは先端がややとがったヘラ状で、スプーンのように内側が少し湾曲します。 主な生長期は春から秋です。 夏頃に茎の先端あたりから花芽を出して、ぐんぐん上に伸びていき、秋に小さな白花がまとめて穂状に咲きます。 花穂を出した茎はそれ以上は伸びず、株元近くにある葉の付け根から芽を吹いてふえていきます。 生長してたくさんの茎葉を付けた大株は紅葉したとき見事です。 紅葉がキレイで似た仲間に、アカオニジョウ 赤鬼城:Crassula fusca 、モミジマツリ もみじ祭 、リンゴヒマツリ りんご火祭 などがあります。 育て方 栽培カレンダー 植え替え・さし芽 日当たり・置き場所 日当たりの良い場所でよく育ちます。 日照不足や肥料、水が多いと葉色が悪くなったり、茎がひょろひょろに間延びし、葉の厚みも薄くなります。 寒さや暑さに強く、寒冷地以外では屋外でも冬越し可能です。 気温の低い時期にあまり雨に当てないほうが良いですが、それが原因で激しく傷むことはないです。 水やり 水は乾いてから与えるようにします。 肥料は土にあらかじめごく少量混ぜておけば、追加は特に要りません。 用土はサボテン・多肉植物用の培養土など水はけのよいものを用います。 ふやし方 さし木が手軽です。 先端から葉っぱを数枚付けた状態で茎を切り取り、土に挿します。 切り戻した際に出た茎をそのまま用いても良いでしょう。 2週間くらいは水をやらずに乾燥状態にし、その後徐々に水やりを始めます。 手入れ、など 仕立て直し 色づいた様子茎が間延びしてしまった場合、短く切り戻って仕立て直します。 そうすると下の方から新たな芽を吹いてバランスよく茂るようになります。 適期は春から夏前です。 キレイに紅葉させるには 秋以降に葉っぱを鮮やかに赤く色づかせるためには、低温と乾燥、十分な日射しが必要です。 夏は十分な日に当てていても葉っぱはグリーンですが、それで正常です。 ポイント 日当たりの良い場所で、肥料と水を控えめにして育てるのがコツです。 水や肥料を控えめにして育てることを、『締めて作る』と言います。 火祭は一年を通して締めて作った方が葉色も姿も美しく育ちます。 関連するページ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の

オトメゴコロ(乙女心:セダム)の育て方|ヤサシイエンゲイ

多肉 植物 の 増やし 方

バナナをプチにしたような、かわいらしい姿の葉っぱを付けます。 葉っぱは淡い緑色で、表面は極薄く白粉をはたいたようになり、先端はほんのりと紅をさしたような赤色になります。 秋に気温が下がってくると、紅葉して葉全体に赤みがさします。 紅葉は春に暖かくなるまで続きます。 草丈は20cm~30cmで、株がある程度の大きさに生長すると春先に花を咲かせます。 花は黄色の星形で、葉の付け根から花茎を10数cm伸ばした先端にまとまって咲きます。 たいがいが園芸名の『乙女心』で出回りますが かわいい名前ですし 、一応『アツバベンケイ』という和名があります。 葉っぱの姿からジェリー・ビーンズ・プラント jelly beans plant やメニー・フィンガーズ many fingers の英名があります。 鉢植えの他、夏の暑さや湿気に気をつければ、地植えで栽培することも可能です。 冬と夏は水やりを控えるか断水する• 高温多湿が苦手、夏は風通しよく• 日当たりが悪いと間延びする 栽培カレンダー 主な作業の適期 植え替え 4月~6 月 日当たり・置き場所 日射しが大好きな植物で、日照不足になると茎が間延びしてひょろひょろになります。 一年を通してよく日に当てます。 高温多湿が少し苦手です。 夏は多湿を避けた風通しのよい、できれば余り雨の当たらない場所がよいでしょう。 耐寒性は強く、屋外で冬越しできます。 水やり・肥料 春と秋は水は土が乾いたらたっぷりと与えます。 夏は高温多湿、冬は低温でほぼ生長が止まるので、ごく少量の水やりにとどめるか、思い切って断水します。 多湿よりも乾燥の方がよほど安全です。 特に夏の多湿は根腐れを起こしたり、葉が溶けることがあります。 肥料は春や秋に薄めの液肥を少し与えてもよいですが、肥料が多いと葉がぽろぽろと落ちやすくなります。 肥料不足になるとやや葉っぱが黄色みを帯びますが、葉先の赤色はキレイに出ます。 加減がわからない場合は、肥料なしでかまいません。 かかりやすい病害虫 とくにありません。 植え付けと用土 植え替えの適期は春です。 水はけのよい土であれば、特に選ばずよく育ちます。 ふやし方 下の方の葉が落ちて姿が悪くなってきたら、切り戻して仕立て直します。 切り落とした茎は土に挿しておくと根が出てきて新たな株になります。 適期は春か秋です。 また、本種は葉ざしではふやせません。 その他の画像• 葉先が色づく 関連する植物• 違いは葉っぱの色が全体的に淡く、筋模様が入るところです。 日当たりが悪いと間延びしやすいので注意。 環境によっては葉っぱが真っ赤に色づきます。

次の

【人気】「エケベリア」の増やし方

多肉 植物 の 増やし 方

秋以降に紅葉して赤く色づいた葉っぱが美しく、強健でとっつきやすいので、広く出回っています。 葉っぱは先端がややとがったヘラ状で、スプーンのように内側が少し湾曲します。 主な生長期は春から秋です。 夏頃に茎の先端あたりから花芽を出して、ぐんぐん上に伸びていき、秋に小さな白花がまとめて穂状に咲きます。 花穂を出した茎はそれ以上は伸びず、株元近くにある葉の付け根から芽を吹いてふえていきます。 生長してたくさんの茎葉を付けた大株は紅葉したとき見事です。 紅葉がキレイで似た仲間に、アカオニジョウ 赤鬼城:Crassula fusca 、モミジマツリ もみじ祭 、リンゴヒマツリ りんご火祭 などがあります。 育て方 栽培カレンダー 植え替え・さし芽 日当たり・置き場所 日当たりの良い場所でよく育ちます。 日照不足や肥料、水が多いと葉色が悪くなったり、茎がひょろひょろに間延びし、葉の厚みも薄くなります。 寒さや暑さに強く、寒冷地以外では屋外でも冬越し可能です。 気温の低い時期にあまり雨に当てないほうが良いですが、それが原因で激しく傷むことはないです。 水やり 水は乾いてから与えるようにします。 肥料は土にあらかじめごく少量混ぜておけば、追加は特に要りません。 用土はサボテン・多肉植物用の培養土など水はけのよいものを用います。 ふやし方 さし木が手軽です。 先端から葉っぱを数枚付けた状態で茎を切り取り、土に挿します。 切り戻した際に出た茎をそのまま用いても良いでしょう。 2週間くらいは水をやらずに乾燥状態にし、その後徐々に水やりを始めます。 手入れ、など 仕立て直し 色づいた様子茎が間延びしてしまった場合、短く切り戻って仕立て直します。 そうすると下の方から新たな芽を吹いてバランスよく茂るようになります。 適期は春から夏前です。 キレイに紅葉させるには 秋以降に葉っぱを鮮やかに赤く色づかせるためには、低温と乾燥、十分な日射しが必要です。 夏は十分な日に当てていても葉っぱはグリーンですが、それで正常です。 ポイント 日当たりの良い場所で、肥料と水を控えめにして育てるのがコツです。 水や肥料を控えめにして育てることを、『締めて作る』と言います。 火祭は一年を通して締めて作った方が葉色も姿も美しく育ちます。 関連するページ ヤサシイエンゲイ 京都けえ園芸企画舎 すくーでりあY・A・E 2010 お問い合わせ.

次の