コロナ終息いつ。 コロナウイルス日本いつまで続くか専門家の予想は?終息条件も調査!

コロナウイルスはいつ終わる?<占い的見地から>

コロナ終息いつ

医師のともは5月8日、に関する調査結果を発表した。 調査は5月上旬に形式で実施し、20〜80代の医師1346人から回答を得た。 国内外で感染者が続出している新型コロナウイルスについて、「終息時期がいつ頃になると思うか」と聞いたところ、最多回答は「2021年7月以降」(33. 5%)だった。 延期後の東京五輪の開催時期と重なるだけに、無観客開催やさらなる延期が求められる可能性がある。 「少なくともあと3か月程度」と考える内科医もいたが…… 終息時期が長期化すると思う理由を聞くと、 「無症状・軽症者などの隠れ感染者を拾い上げていないので、院内感染、家族内感染が持続する」(50代・一般内科・開業医) 「自粛をすれば感染スピードは抑えられるが、経済活動や海外との渡航再開によって、さらなる感染が広がってしまう」(30代・小児科・勤務医) などと経済活動が医療の障壁になり得る、とする意見が目立った。 次いで、多かったのは「2020年8〜9月」(20. 0%)という意見。 回答者からは「順調に感染者が減少した場合、流行曲線から推測して、少なくとも残り3か月程度はかかると考えられるため」(20代・一般内科・勤務医)、「緊急事態宣言終了後もある程度自粛を心がければ終息可能」(50代・一般外科・勤務医)と最短で終息するケースとして"今夏"を挙げる人が多かった。 このほかにも「2020年10〜12月」(16. 0%)とした医師からは「例年のコロナウイルスは、高温多湿に弱いと言われているため」(30代・耳鼻咽喉科・勤務医)という声も。 一方で「2021年4〜6月」(14. 9%)と答えた人からは 「第2波以降の感染増加は今後も起こり、それらが終息するには、全世界の流行状況からも最低1年はかかる」(60代・産婦人科・開業医) 「コロナを恐れなくなる社会が来て、ワクチンが行き届き、アビガンが開業医で処方できるようになるのはこのくらいかかる」(40代・内科・開業医) などと北海道や海外で話題になった"第2波"の感染拡大や、新型コロナの治療薬候補として効果が期待される"アビガン"が承認され、普及する時期を根拠に挙げる声が多かった。 「オンライン飲み会での飲み過ぎに注意」 また、新型コロナウイルスの感染予防に限らず、外出自粛中に健康面で気を付けた方がいいことを聞くと、さまざまな回答が寄せられた。 運動不足の対策としては 「今やYouTubeなどでトレーニング系の動画もたくさん出ているので、それらを使って楽しみながら運動するのがいい」(40代・一般内科・勤務医) 「密にならないように人との間隔をあけて、家の周りの屋外を散歩すること」(60代・整形外科・勤務医) と感染予防をしながらも、軽度の運動を勧める医師が多い。 また、中には「自宅の片付けも結構な運動量になる」という声もあった。 このほか、メンタルヘルスの悪化を防ぐ方法としては 「家族や、テレビ電話などを利用した他人とのコミュニケーションを取る」(40代・神経内科・勤務医) 「一人の場所、時間を家族がそれぞれ確保すること」(50代・小児科・開業医) などと家族との間に程良い距離感を保つことが良いとされるようだ。 また、精神科医は「よく笑うこと」(60代・精神科・勤務医)とも回答。 当たり前のようで、意外とできていない人も多いのではないだろうか。 さらに、依存症リスクの対策としては「オンライン飲み会が流行していますが、飲みすぎには注意」(30代・小児科・勤務医)などと酒やゲーム、過度な筋トレなどを挙げる医師もいた。

次の

コロナっていつ落ち着くと思いますか?終息って意味ではなくくメディアで 大げ...

コロナ終息いつ

sponsorlink 新型コロナウイルス終息の条件 新型コロナウイルスの「終息」とは、感染患者が1人もいない状態のことである。 過去にもコロナウイルスが猛威を振るったが、「終息宣言」が出ている。 過去のコロナウイルス感染症の「終息宣言」 SARS(重症急性呼吸器症候群) SARSは2002年11月に、中国広東省仏山 フォーシャン 市で流行が始まる。 2003年7月5日にWHOより「終息宣言」が出された。 MERS MERSの韓国での感染拡大では、2015年5月中旬から感染した患者が出た。 韓国政府は2015年12月24日をもって終息宣言を発表。 新型インフルエンザ 2009年の新型インフルエンザの感染拡大では、4月にアメリカやメキシコで、ブタ由来のウイルスが、人から人に感染する例が複数確認された。 8月10日、WHOは世界的な大流行は終結したとして、パンデミックを解除した。 この潜伏期間を前提として、SARSやMERSと同じ基準によれば、 28日間、新たなウイルス患者が出ないことが終息宣言の条件になると考えられる。 但し、これは北半球の話。 『 北半球の気候が温暖になりウイルスの広がりがいったん収束しても、これから冬を迎える南半球で感染拡大が続けば、北半球に再度ウイルスが移り、「感染のサイクル」が作られる恐れがある。 新型コロナウイルスの場合、人口の7~8割が感染する必要があり、現実的ではない(=封じ込めと真逆)。 となるとワクチンの接種となるが、ワクチンの開発は始まったばかり。 東京医大の浜田篤郎教授(渡航医学)は「最終的にはワクチンができるまで流行を繰り返すのではないか」とした上で、 終息まで「二年程度はかかる」と予想する。 新型コロナウイルス終息時期は予測できない SARSウイルスと新型コロナウイルスの遺伝子は、90%近く同じであるという。 であれば、夏ごろに終息する可能性がある。 しかし、事はそう単純ではない。 それは夏(季節性)だから終息したのか、封じ込めが効果を発揮したのが夏だったからなのかに明確な答えが出ていない為だ。 また、新型コロナウイルスの封じ込めがどこまでうまくいくかによっても変わって来る。 新型コロナウイルス終息時期がいつになるかは、新型コロナウイルスが季節的かそうでないかによって異なる。 新型コロナウイルスが季節的なものである場合 新型コロナウイルスの封じ込めが上手くいき、新型コロナウイルスが季節的なものであれば、夏ごろに終息する可能性がある。 但し、それは北半球の話。 今度は南半球で感染が拡大し、その感染が北半球に及ぶ可能性があるので、安心はできない。 新型コロナウイルスが季節的なものでない場合 新型コロナウイルスが季節的なものでなければ、終息はワクチンの開発を待つしかない。 これには2年程度かかる見込み。 この場合、新型コロナウイルスの終息宣言は来年以降になる。 新型コロナウイルスはどうすれば終息するのか? 新型コロナウイルスを終息させるには以下の方法が考えられる。 封じ込めには限界がある。 集団免疫 集団免疫には人工の7~8割程度が新型コロナウイルスに感染する必要があり、現実的でない。 季節(高温多湿) 「インフルエンザウイルスなど一部のウイルスは、気温が低く空気が乾燥していると感染が拡大しやすい」とされているが、新型コロナウイルスもそうなのかについては分かっていない。 免疫力を高める 新型コロナウイルスに感染した人が全て重症化する訳ではない。 その差は「免疫力」にある。 いかに「免疫力」を高めるかが今後の課題となる。 ワクチン 新型コロナウイルスに最も有効なのがワクチン接種だ。 しかし、ワクチンの開発は始まったばかり。 ワクチンが出来るまで1年~2年程度かかる。 我々が今取るべき新型コロナウイルス対策は? 個人レベルで出来ることは限られる。 感染を拡大しない まず、感染を拡大しないことだ。 マスク着用、アルコール消毒の徹底、密閉した空間、人と至近距離での接触は避ける。 しかし、このことについて触れた記事やニュースは見当たらない。 免疫力を高めるのは何かをしてすぐ効果を発揮するものではないが、健康と免疫力は切っても切れない関係なので、これを機に免疫力を高める生活習慣を意識することが大事だ。

次の

医師1,346名が回答!

コロナ終息いつ

コロナ収束見込みはどうなっている?意見は大きく分かれます 新型コロナウイルスの収束がいつになるのか気になります。 この閉塞感・不安感のある状態がいつまで続くのか。 多くの人が話しているところです。 ビル・ゲイツ 例えばビル・ゲイツ。 マイクロソフトの創業者で世界的な大富豪ですが、実はビル&メリンダ・ゲイツ財団を作っています。 世界における病気や貧困への対策をしていて、病気やウイルスへの研究も行っているそうですね。 そんなビル・ゲイツは 「6月頃にいったん落ち着く」と発言したようです(本人の発言は見つけられませんでした)。 ただ、これは一時的な落ち着きで、ワクチンが完成して流通するまで本当の終わりとはならないとも言っているみたいです。 ブラジル保険省 ブラジル保険省は 「ブラジルでは4月か5月に新型コロナウイルス感染拡大がピークに達し、9月中旬まで感染流行が続く」と言っています。 また、呼吸器疾患の発生率が高い秋季・冬季での感染拡大の危険性や新型コロナウイルス感染の入院患者に必要な集中治療室(ICU)・人工呼吸器・診断テストの不足について警告しています。 考察してみた 楽観的な説から悲観的な説までいろいろありますが、結局、新型コロナウイルスに対抗するためには2つの条件のうちどちらかが達成されないといけないんじゃないかな?と思います。 人類のほとんどが免疫を獲得する• ワクチンが製造され、世界中に安く流通する 今は外出自粛などで抑え込んでいる国や地域もありますが、 元の生活に戻してしまうととたんに感染拡大につながると思います。 免疫を獲得していないと感染してしまうわけですし。 免疫についてもいろいろな説がありますね。 免疫を獲得すれば通常の生活に戻っていい• 罹患していったん陰性になったものの、また陽性になることがある このあたりも不明な点が多すぎます。 となるとやはり ワクチンや特効薬が流通しないといけないわけですね。 ただ、ワクチンや特効薬の開発には時間がかかります。 収束までの道のりはまだまだ長いのではないでしょうか。 広告 収束か終息か。 読み方は同じでも意味が違う! 新型コロナウイルスが収束か終息か。 読み方は同じ「しゅうそく」でも意味が違います。 なので、もし文献や記事を読むときには意味の違いに注意して読むことをおすすめします。 終息の意味 ものごとや混乱が完全に終わること 新型コロナウイルスのケースで言うと、特効薬やワクチンが開発されて世界中に流通したとか、何らかの理由で新型コロナウイルスが全滅したとか。 そんな状態のことをいいます。 収束の意味 ものごとや混乱がいったん落ち着くこと 新型コロナウイルスのケースで言うと、外出禁止や入国禁止などで感染者が増えなくなった、感染拡大が大幅に鈍化した場合などが当たります。 いったん落ち着いていても、 根本解決にはなっていないので「終息」とは大きな違いがあります。 ニュースや新聞、文献などを読むときには十分に注意した方がいいです。 ただ、その文章を書いた人がそこまで意識しているかどうかは微妙です。 感覚で書いているかもしれないです。 なので、タイトルだけ見て判断するのではなく、 記事などは本文まで読むことをおすすめします。 「終息!」というタイトルでも、記事の中身は「落ち着いただけ」ということもあるでしょうね。 新型コロナウイルスが収束した国ってある? 新型コロナウイルスが「収束」した国や地域はあるのかチェックしてみました。 代表的なのは 「台湾」ではないでしょうか。 台湾では感染者や濃厚接触者、海外から戻った人には14日間の隔離を義務付けて、徹底したようです。 逆に外出自粛などはそれほど強く求めていないみたいですね。 4月16日・17日と2日連続で感染者ゼロを達成しています。 やっぱり官民一体となって、対策をすると効果的ということがよく分かります。 日本では、海外から帰国した人が勝手に移動するなどのケースもありました。 広告 コロナ終息後の生き方はどう変わる? 新型コロナウイルスの終息はいつかまったく見通しが立ちません。 ですが、終息後は大きく生活様式が変わりそうです。 まず今でも顕著なのが 「マスクの製造」です。 今まではほとんどが中国からの輸入に頼っていました。 それが今回の大きなマスク騒動に発展しています。 中国での工場の停止が一番大きいですが、輸出禁止措置があったとか、新型コロナウイルスの震源地である中国産は使いたくないとか。 いろんな原因があって、国産化が進んでいます。 大手としてはパナソニック・シャープ・アイリスオーヤマ。 ユニチャームはもともと国内製造もしていましたが、生産力の向上に舵を切りました。 どうしても国産だと高価になりますし。 バランスですよね。 あとは テレワークが広がったという変化もあります。 慣れていないので「飽きた」「集中できない」ということもありますが、実際に出社しなくてもいい仕事って山ほどありますし、ムダな仕事もたくさんあります。 それらが見直されています。 営業もわざわざ行くのではなく、テレビ会議ですることで、訪問件数が劇的に伸びているという人も。 新規は難しいかもしれませんが、定期訪問であればテレビ会議で十分なこともありますよね。 訪問する側の負担も減りますが、訪問される側の負担も減ります。 指定の時間に間違いなく話ができるわけですから、予定が立てやすいのも大きなメリットです。 車移動による事故の確率も激減するというメリットも。 このように今後、 生活は大きく変わりそうです。 withコロナとも言われる時代がやってくるかも。 withコロナという言葉が使われることも増えてきています。 新型コロナウイルスを完全に駆逐できるのかどうか分かりません。 完全に死滅させることができないなら、現在の季節性インフルエンザのように、新型コロナウイルス対策をしながらの生活になるかもしれません。 秋ごろには「インフルエンザ・コロナウイルス混合予防接種」なんかを受ける時代が来るかもしれませんね。

次の