極限 映画。 オーストラリア発戦争映画『デンジャー・クロース』、“極限着弾”の瞬間描いたポスター完成 /2020年3月4日 1ページ目

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』冒頭映像108秒、疾走・銃撃・砲撃 ─ ベトナム戦争最大の戦闘、圧倒の臨場感で描く

極限 映画

だから劇中のNVA兵は「銃砲撃に怯まない」のではなく「着弾地点から、オーストラリア兵の方向に逃げている」のです。 こんな戦いを仕掛けられたら、損害覚悟で砲爆撃するしかありません。 今でも現地にはオーストラリア軍が建立した記念碑が残っているそうです。 しかも、それはベトナム社会主義共和国に存在する、唯一の外国軍将兵の碑なのだとか。 それはもしかしたら、ベトナムがロングタンの戦いを「軍事作戦」として評価しているからかもしれません。 1966年8月18日未明、南ベトナム。 ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地がベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受ける。 翌朝土砂降りの雨、雷鳴が轟くなか発射地点を突き止めるため偵察に向かったハリー・スミス少佐率いるオーストラリア軍D中隊。 その小隊に属する兵たちは徴集兵で、平均年齢21歳と非常に若く経験が圧倒的に不足していた。 中隊長である少佐は、素人同然の徴集兵を率いることに意義を見出せず、准将に特殊部隊への異動を希望するも却下されていた。 士気がままならないなか、第10、11、12の3小隊に分かれて前線を進む。 ロングタンのゴム園に差し掛かると第11小隊がベトコン兵と遭遇。 交戦となるがベトコン兵は散り散りに逃げて行く。 安心した小隊は前進するも、既にベトコン兵の大軍に囲まれてしまっていた。 自らの命を顧みないベトコン兵は容赦なく機関銃掃射で襲い掛かる! 四方八方から銃撃を受け、戦闘開始からわずか20分で28人構成の小隊のうち半数以上が負傷。 味方からの応援部隊も近づけない平坦なジャングルで小隊は絶体絶命の状況に追い詰められてしまう。 ベトコン兵から放たれる機関銃の嵐の中、少佐は遂に基地へ指令を出す。 目前にいる敵へ後方から迫撃砲を撃つ要請をしたのだ。 「責任は取る。 極限着弾(デンジャー・クロース)を要請する」。 それは味方に対して超至近距離で撃つことになり、小隊が全滅してしまう危険な作戦である。 一方基地本部では、応援の大隊を出撃させるかの判断をする時が迫っていたのだった……。 制作年: 2018 監督:.

次の

デンジャー・クロース 極限着弾のレビュー・感想・評価

極限 映画

CONTENTS• 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』の作品情報 C 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA 【日本公開】 2020年(オーストラリア映画) 【原題】 Danger Close: The Battle of Long Tan 【脚本】 スチュアート・ビーティー 【監督】 クリフ・ステンダーズ 【キャスト】 トラビス・フィメル、ルーク・ブレイシー、アレクサンダー・イングランド、ダニエル・ウェバー、リチャード・ロクスバーグ、アンソニー・ヘイズ、アーロン・グレナン、サム・パーソンソン、ウリ・ラトゥケフ、リチャード・テ・アレ、ベン・エスラー、ニコラス・ハミルトン、サム・コットン、ジェイ・キリオナ、トビー・ブローム、ラザルス・ラトゥーエリ 【作品概要】 1966年、激しさを増すベトナム戦争にオーストラリアも参戦。 ベトナムの「ロングタン」で、オーストラリア軍108人が南ベトナム解放民族戦線(ベトコン)2,000人と激しい銃撃戦を繰り広げます。 とても過酷な戦いだったにも関わらず、その功績は称えられることもなく、50年間封印されていました。 そんな知られざる戦闘にスポットを当てた映画『デンジャー・クロス 極限着弾』。 『荒野にて』(2017)のトラビス・フィメルが主役を演じ、『ハクソー・リッジ』(2016)のルーク・ブレイシー、『エイリアン コヴェナント』(2017)のアレクサンダー・イングランドが共演。 監督は「殺し屋チャーリーと6人の悪党」(2014)のクリフ・ステンダーズが務めます。 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』のあらすじ C 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA 1966年8月18日未明、南ベトナム。 ヌイダット地区にあるオーストラリア軍司令部の基地が、ベトコン部隊による迫撃砲の急襲を受けます。 翌朝、どりゃぶりの雨と雷鳴の中、ハリー・スミス少佐率いるD中隊に、発射地点を突き止めるための偵察命令が出されました。 D中隊の小隊に属する兵士は徴集兵がほとんど。 平均年齢21歳と若い二等兵が多く、圧倒的に実戦の経験不足が目につきます。 新たに配属された2人の二等兵にもあまり期待が出来ず、スミス少佐は特殊部隊への転属希望を胸にしたまま、偵察へ向かいました。 D中隊は、第10小隊、第11小隊、第12小隊と3つの小隊に分けて行動し、常に無線で連絡を取っていました。 ロングタンのゴム園に差し掛かったところで、第11小隊がベトコン兵と遭遇。 激しい銃撃戦が勃発します。 第11小隊の兵士たちは、ゴムの木の影に隠れたり、地面に這いつくばって、必死に機関銃を連射し、弾も無くなりかけた頃にやっとベトコン兵が散り散りになって退散。 「助かった」「よかった」安心した第11小隊は、再び前進しますが、既にベトコン兵の大軍に包囲されていました。 ベトコン兵にとっては熟知たる農地です。 どこからともなく敵を監視し、四方八方から銃撃を始めてきました。 逃げ道のない第11小隊は、戦闘開始から20分で、28人構成の小隊のうち半数以上が負傷というありさまに……。 味方からの応援部隊も近付けない平坦な農地の中で、第11小隊は絶体絶命のピンチを迎えます。 小隊の全滅を防ぐため、スミス少佐は、ついに基地本部に要請を出しました。 「責任は取る。 デンジャー・クロース(極限着弾)を要請する」。 極限着弾。 それは、目前にいる敵へ後方から迫撃砲を撃つこと。 勝利を呼び込むには絶大の効果が望めますが、味方に対しては超至近距離で撃つことになり、小隊が全滅してしまう恐れのある危険な作戦だったのです。 要請を受けた基地本部の将校たちは絶句。 上層部がためらっているうちにも、D中隊第11小隊の全滅の危機は迫ってきていました。 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』の感想と評価 C 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は、 ベトナム戦争史上最も過酷といわれた「ロングタンの戦い」を描いています。 オーストラリア軍108人対2,000人のベトナム軍との戦いで、「デンジャー・クロース」が要請されました。 第11小隊の奮闘にある強い絆 ヌイダット地区にあるオーストラリア軍基地をベトナム兵に攻撃され、D中隊がその周囲を偵察に行くのですが、この中隊の兵士たちは殆どが新兵です。 銃を撃つのが恐い者、射撃は得意と嘘をつく者など、精強部隊とはとてもいえない実態に、隊長であるスミス少佐の士気も上がりません。 そんな部隊がベトナム兵の猛攻撃を受けます。 何処から来るのか分からない敵に対して、 あたりを見回しながら、常にライフル銃を構える緊張感。 至近距離からいきなり発砲され、 逃げる間もなく地面にはいつくばって機関銃を撃つ恐怖。 緊迫した状況から一気に撃ちあいが始まる戦いの中、兵士たちは自分自身とも戦っていたのです。 目の前で仲間が頭や胸を撃ち抜かれて死んでいく様子を見た兵士たちは、銃撃の恐怖も忘れて、怒りと悲しみに震えました。 「死ぬのは嫌だ」などと言っていた二等兵は、負傷した仲間を庇って銃を撃ちまくります。 仲間を助けたい思いは実力以上の力を発揮し、無能とばかり思っていた部下たちが、命令に忠実に動くさまに、スミス少佐も彼らを信頼し始めます。 歩兵部隊ならではの激しい銃撃戦は、寄せ集めに近い第11小隊をいつの間にか一つにしていたのです。 切り札は極限着弾 C 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA 小隊としては、兵士の気持ちが一つになればとても精強になりますが、最悪な戦況下なことに変わりはありません。 全滅を避けるため、スミス少佐はついに「デンジャー・クロース」を要請します。 「デンジャー・クロース」=「極限着弾」は、味方が後方から至近距離に迫る敵に向けて迫撃砲を仕掛けるというものです。 着弾点は敵の居場所ですが、近くにいる味方の部隊も巻き添えになるのは分かり切ったこと。 スミス少佐の要請に本部にいる幹部たちが首を横に振るのは当たり前です。 「デンジャー・クロース」の要請が出ても、仲間のことを思えば実行に移せないはず……。 軍の勝利とスミス少佐の要請の現場状況を考えた後、大隊長の下す判断に注目です。 この作品には、鼓膜も破れそうな大音量の焼夷弾の威力、撃ち抜かれて身体ごと吹っ飛ぶ兵士の姿と、戦争映画ならではの驚愕シーンが数多くあります。 中でも、ヘルメット着用ではない軽装備で戦闘に挑む第11小隊の銃撃戦は迫力満点でした。 やられなければやられてしまう。 そんな絶体絶命の境遇のもと、国のためでも名誉のためでもなく、仲間の命を助けるために、若い新兵たちは我武者羅に戦い抜くのです。 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は、ベトナム戦争の史実と共に、困難を乗り切るには仲間との信頼が何よりも大切ということを教えてくれました。 まとめ C 2019 TIMBOON PTY LTD, SCREEN QUEENSLAND AND SCREEN AUSTRALIA 映画『デンジャー・クロース』の第11小隊は、ベトナム戦争史のオーストラリア軍の中では、英雄視されてもおかしくない活躍ぶりでした。 けれども、この戦いは50年もの間封印されてきたといいます。 ベトナム戦争に絡む政治的要素があり、若くしてベトナム行きの軍に徴集された兵士たちのことを理解する国民は少なかったそうです。 この事実を知った クリフ・ステンダーズ監督は、 今語られるべき大切な物語だと、映画化に踏み切りました。 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は、絶体絶命の窮地に追い込まれて初めて生まれる強い絆の物語なのです。 映画『デンジャー・クロース 極限着弾』は2020年6月19日(金)より新宿バルト9ほかにて全国ロードショー。

次の

デンジャー・クロース 極限着弾 : 作品情報

極限 映画

映画『フリーソロ』が、2019年9月6日 金 より新宿ピカデリー、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国公開。 本作は、その第一人者として知られるアレックス・オノルドが、カリフォルニア・ヨセミテ国立公園にある970メートルの高さを誇る北米最大の岩壁「エル・キャピタン」に挑む様子を描いたドキュメンタリー作品だ。 第91回アカデミー賞において、長編ドキュメンタリー賞を受賞したほか、2019年英国アカデミー賞 ドキュメンタリー部門 を受賞するなど、全世界で45賞ノミネート、19賞受賞の快挙を成し遂げている。 監督は、トップクライマーのジミー・チン 監督を務めるのは、映画『』で抜群のコンビネーションを見せた山岳カメラマンでありトップ・クライマーのジミー・チンと、エリザベス・チャイ・ヴァサルヘリィ。 臨場感あふれるカメラワークで、極限状態にある人間の姿を垣間見ることができる。 ストーリー アメリカ・カリフォルニア州にあるヨセミテ国立公園。 アレックス・オノルドはそこにある970メートルの高さを誇るエル・キャピタンの岩肌を登るという生涯の夢を実現するため準備を始める。 しかも、ロープなし・道具なしのフリーソロだ。 他に類を見ない世界で最も偉大な功績と称されるこの挑戦は、究極の選択を突きつけてくる。 All rights reserved.

次の