コロナ 飲食 店 給付 金。 飲食店の9割以上が新型コロナ関連の給付金・助成金を活用。そのうち約4割が「スムーズに申請できない」と不満:時事ドットコム

【コロナ対策】補助金・助成金など、飲食店がチェックしておきたい対策まとめ

コロナ 飲食 店 給付 金

補助金ポータルでは令和2年の2月より新型コロナウイルス感染症に関連する補助金や助成金、融資施策、税制施策さらには給付金と幅広い支援策が次々とだされるたびに紹介し、更新してまいりました。 一方で、補助金・助成金情報が多すぎてどれに該当するのかがわからないという声も多くいただいております。 今回は、個人向けに出されている支援策は何なのか?企業向けに出されている支援施策はどういったものがあるのかということ今回、個人、法人に関する給付金、助成金、補助金施策としてまとめましたのでご確認ください。 新型コロナウイルス感染症に関する情報は日々補助や助成の範囲拡大などが起こっている状況ですので、掲載公開時点による差異がある場合がございますのであらかじめご了承ください。 この記事の目次 表示する• 特別定額給付金 新型コロナウイルス感染症緊急経済対策関連 【個人】 対象者 2020年4月27日を基準日とし、住民基本台帳に登録されている全ての人 受給額 10万円 実施主体 各市区町村 出典・参考: 当初は要件を満たす1世帯に対して一律30万円というものでしたが、こちらは住民基本台帳に登録されている全ての人、つまり個人に対して一律で10万円支給されるものになります。 なお受付および給付開始日は各市区町村において決定されます。 申請方法は大きく2つ ・郵送方式 ・オンライン申請 郵送方式は、各市区町村から受給者アテに郵送された申請書に振り込み先口座を記入し、振込先口座の確認書類と本人確認書類の写しとともに市区町村に郵送するやり方です。 一方でオンライン申請に関してはより振込先口座を入力したうえ、振込口座の確認書類をアップロードし電子申請を行います。 オンライン申請に関してはマイナンバーカードを持っている方が対象となりますのでマイナンバーカードの申請はこちらのページにてご確認いただけます。 企業主導型ベビーシッター利用者支援事業(特例措置)【個人・法人向け】 新型コロナウイルス感染症によって、小学校等の臨時休業等になった場合に、保護者が仕事を休んだり放課後児童クラブ等も利用できず、ベビーシッターを利用した場合の利用料金を補助するものになります。 以下は、個人で就業する方向けの措置内容です。 上記以外の、企業に勤めている方が利用する方法としては、努めている会社の福利厚生等の担当者に対して必要な枚数を申込、会社から割引券を受け取る形になります。 出典・参考: 4月1日以降に割引券の交付前にベビーシッターを利用した場合については一旦利用料金を全額支払い、割引券が交付されたのちにベビーシッター事業者に割引券を提出することで割引額の返還を受けることができるようです。 ただし、返還を受けるためには利用日次と金額が確認できる領収書等が必要となるので必ず保管しておきましょう。 申請方法などの詳細についてはこちらの記事にて紹介しておりますのでぜひご覧ください。 雇用調整助成金(新型コロナウイルス感染症特例措置)【個人・法人向け】 雇用調整助成金は、雇用保険適用事業所が労働者に対しての休業手当の取り決め(60%~90%程度)行っている場合に対して、国がその支払いを助成するものになります。 雇用調整助成金については日々更新されている状況が続いております。 小規模事業者については補助率の拡大が今後あるような記事が報道されておりますが、詳細発表され次第以下の記事にて更新してまいりますのでご確認ください。 新型コロナウイルス感染症による小学校休業等対応助成金【法人向け】 要件 以下の要件にすべて該当する事業者が対象となります。 ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金(特別枠)【法人向け】 サプライチェーンの毀損への対応や、非対面型ビジネスへの転換事業、テレワーク環境の整備などに対して利用することが可能な補助金です。 補助対象者 ア 【中小企業者(組合関連以外)】 イ 【中小企業者(組合関連)】 ウ 【特定非営利活動法人】 対象事業 中小企業者等が行う「革新的な製品・サービス開発」 又は「生産プロセス・サービス提供方法の改善」に必要な設備・システム投資等 補助金額 100万円~1,000万円 補助率 [特別枠] 一律 2/3 設備投資 単価50万円(税抜き)以上の設備投資が必要 補助対象経費 機械装置・システム構築費、技術導入費、専門家経費、運搬費、クラウドサービス利用費、原材料費、外注費、知的財産権等関連経費、広告宣伝費・販売促進費 出典・参考: 小規模事業持続化補助金【個人事業主・法人向け】 補助対象者 小規模事業者 対象事業 地道な販路開拓等(生産性向上)のための取組であること。 あるいは、販路開拓等の取組とあわせて行う業務効率化(生産性向上)のための取組であること。 HPの制作やECサイトの構築などにも利用できる補助金として注目されています。 詳細はこちらの記事にてご確認ください。 IT導入補助金(C類型・特別枠)【法人向け】 先日、令和2年の補正予算案に追加されたIT導入補助金C型が今回、コロナ対策として公募要領が公開されました。 予算成立後に内容が確定となりますので内容に変更等がある場合ございますのであらかじめご了承ください。 A類型・B類型についてはこちらの記事をご確認ください。

次の

【飲食店の補助金】持続化給付金の申請方法から支給額最大化方法まで緊急解説!

コロナ 飲食 店 給付 金

持続化給付金とは別物 「小規模事業者持続化補助金」は、一般的に「持続化補助金」の略称で呼ばれており、平成26年から実施されていました。 それを土台に新型コロナウイルス対策のための上乗せ措置を講じたものが「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」です。 「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」は売上が減少していなくも申請できます。 「持続化給付金」と「持続化補助金(コロナ特別対応型)」はそれぞれ申請し、 それぞれ審査が通れば両方を受け取ることができます。 後者の使途は申請した費用に限られるものの、 貸付とは違いますので返済する必要はありません。 相談窓口 「持続化補助金(コロナ特別対応型)」の相談窓口は、事業を営んでいる所在地を所管する商工会か、商工会議所になっています。 前者は商工会法に基づき主に「町・村」に設置されており、後者は商工会議所法に基づき「市・特別区」に設置されていて、 基本的に管轄が重複することはありませんので、まずはご自身の会社が相談する窓口を確認してください。 なお、商工会・商工会議所の会員でなくても持続化補助金に申し込むことができますが、 この補助金では申請書面について商工会または商工会議所の確認を受けることが要件になっています。 申請書面には商工会または商工会議所側による事業支援計画書も含まれていて、 その記入欄には補助事業終了後5年間の支援内容も記載することになっているので、 事実上、持続化補助金を受けるためには入会が必要になると考えられます。 年会費は事業規模に応じて年間1~10万円程度となっているようですが、 詳細の条件については地域により異なると想定されるため確認が必要です。 補助対象者 補助対象者は、公募要領で以下のように示されています。 また、従業員の数が5名以上の場合でも、お弁当、惣菜、お土産の製造販売を行なっている場合、 事業に占める割合での判断となりますが「製造業その他」の分類で対象となる可能性がありますので、 テイクアウト販売を検討している場合等、まずは諦めずに相談してみましょう。 なお、すでに新型コロナウイルス感染症加点も講じられている「令和元年度補正予算 小規模事業者持続化補助金(一般型)」に応募し、 採択・交付決定を受けて補助事業を実施している方が、持続化補助金(コロナ特別対応型)を申請し採択された場合は、 いずれか一方しか補助金を受け取ることはできません。 補助対象経費 「持続化補助金(コロナ特別対応型)」の公募要領では、次の(1)~(4)いずれも満たす取組みについての経費を補助対象としています。 それぞれ、飲食店における解釈のポイントとあわせて確認してみましょう。 ====== (1)補助対象経費の6分の1以上が、以下のいずれかの要件に合致する投資であること。 === (2)申請手続きの中で策定した「経営計画」に基づいて実施する、地道な販路開拓等(生産性向上)のための取組であること。 例えば、お会計時のお客様との接触を減らしつつレジ締めの負担も軽減し生産性の向上も図れる自動釣銭機の導入などが考えられます。 === (3)商工会・商工会議所の支援を受けながら取り組む事業であること。 解釈: 本コラム内「相談窓口」を参照ください === (4)以下に該当する事業を行うものではないこと。 他の補助金を受給しているか受給予定の方は、補助金を受け取ることが可能か、必ず、双方の補助金事務局に、予めご確認ください。 本事業の完了後、概ね1年以内に売上げにつながることが見込まれない事業 例)機械を導入して試作品開発を行うのみであり、本事業の取組が直接販売の見込みにつながらない、想定されていない事業 事業内容が射幸心をそそるおそれがあること、または公の秩序もしくは善良の風俗を害することとなるおそれがあるもの、公的な支援を行うことが適当でないと認められるもの 例)マージャン店・パチンコ店・ゲームセンター店等、性風俗関連特殊営業等 解釈: 接待を伴わない飲食店を現に営んでいる場合には不適格にはならないと考えられます。 ただ、デリバリーやテイクアウト販売への取組みについて、自治体から助成金を受けている場合にはそれぞれの相談窓口に確認しましょう。 ====== なお、通常の補助金は、採択後の補助事業実施期間中に実際に使用した経費を一旦事業者自身が支払い、後日それに対する補助金を受け取る流れとなりますが、「持続化補助金(コロナ特別対応型)」においては特例として、2020年2月18日以降に発生した補助対象経費も補助金の対象になります。 また、令和2年2月以降の任意の1ヶ月の売上高が、前年同月(創業1年未満の事業者の場合は新型コロナウイルスの影響を受ける直前の3ヶ月間)と比較して20%以上減少し、 市区町村発行の売上減少証明書またはセーフティネット保証4号の認定を受けている場合は、補助金の半額を概算払いとして先んじて受け取ることができます。 申請手続の概要 公募要領に定められた所定の申請書を準備する必要があります。 窓口が商工会となる場合と、商工会議所になる場合で、 様式にあらかじめ記載されている提出先の宛名等が異なりますので、 ご自身が申請する先から申請書の入手先の案内を受けると確実です。 ただ、申請書に実際に記入する内容はほとんど共通しています。 以下、公募要領から、単独申請(複数の小規模事業者等が連携して取り組む共同事業ではない)場合の申請書様式と、 そこに実際に記入する内容との関係をまとめましたので参考になさってください。 様式名 申請書名 記入する内容 様式1-1 小規模事業者持続化補助金事業<コロナ特別対応型>に係る申請書 自社の名称や所在地といった基本情報を記入します 様式2 経営計画書 自社の業種業態と売上高や従業員の人数など営業状況及び新型コロナウイルス感染症の影響を乗り越えるための取組計画等を記載します 様式3 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>に係る支援機関確認書 様式1~2の申請内容を踏まえて商工会または商工会議所が作成する書類です 様式4 小規模事業者持続化補助金交付申請書 持続化補助金を活用して取り組む事業の実施期間などを記載します 様式5 小規模事業者持続化補助金<コロナ特別対応型>に係る補助金概算払請求書 売上が前年比較で20%以上減少していて、補助金の概算払いを希望する場合に利用します 事業再開枠 政府は新型コロナウイルスに関連した緊急事態宣言を解除するにあたり、各業界団体と協力して 「業種別ガイドライン」を策定しました。 うち、飲食店へのガイドラインは、 一般社団法人 日本フードサービス協会により作成され、所管省庁である農林水産省サイトに掲載されています。 maff. pdf 「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」の申請を行なった飲食店が、このガイドラインに沿って、 2020年5月14日以降に事業再開のために以下のような準備を行うために支払った経費が存在する場合は、 「小規模事業者持続化補助金(コロナ特別対応型)」とは別枠の「事業再開枠」として補助金が支給されます。 消毒費用 ・・・ 消毒設備(除菌剤の噴霧装置、オゾン発生装置、紫外線照射機等)の購入費、消毒作業の外注費、消毒液・アルコール液の購入費 2. マスク費用 ・・・ マスク・ゴーグル・フェイスシールド・ヘアネットの購入費 3. 清掃費用 ・・・ 清掃作業の外注費、手袋・ゴミ袋・石けん・洗浄剤・漂白剤の購入費 4. 飛沫対策費用 ・・・ アクリル板・透明ビニールシート・防護スクリーン・フロアマーカーの購入費・施工費 5. 換気費用 ・・・ 換気設備(換気扇、空気洗浄機等)の購入費 6. その他衛生管理費用 ・・・ ユニフォームのクリーニング外注費、トイレ用ペーパータオル・使い捨てアメニティ用品の購入費、従業員指導等のための専門家活用費、体温計・サーモカメラ・キーレスシステム・インターホン・コイントレー・携帯型アルコール検知器の購入費 7. PR費用 ・・・ ポスター・チラシの外注・印刷費 「事業再開枠」については、1~7までの費用の合計に関わらず定額で50万円が支給されます。 ただし、「持続化補助金(コロナ特別対応型)」本体部分での交付決定額が50万円以下の場合は、 事業再開枠での支給額は、「持続化補助金(コロナ特別対応型)」本体部分での交付決定額が上限となります。

次の

奥州市地域企業臨時支援給付金(飲食店給付金)のお知らせ

コロナ 飲食 店 給付 金

コロナウイルスが原因の失業などで生活費が苦しくなったら 【新型コロナウイルス】休職や失業で生活が苦しくなったら遠慮なく公的支援の利用を —中略— 小売店や飲食店などで、新型コロナウイルスの影響で、感染予防やお客さんの減少で営業時間を短縮したり、一時的に休業したりするところも出ていると聞きます。 しかし、今後は、お子さんがいる人がパートなどで多く働いている店舗等でも、子どもの保育のために出勤できないなどの理由で人手の確保ができずに営業できない、などがおこることも予測されます。 (すでに起きているところもあるでしょう) —中略— 安倍総理は「休職にともなう所得の減少に手当をする」と言っているが… 2月29日におこなわれた記者会見において安倍総理は、一斉休校にともなう保護者の所得の減少について、「保護者の皆さんの休職に伴う所得の減少にも、新しい助成金制度を創設することで、正規・非正規を問わず、しっかりと手当てしてまいります。 」と話しています。 —中略— 政策が始まる=すぐさま困っている人にお金が行き渡る、ではない 政策がスタートして実際に困っている人の手元にお金が届くまでには当然ながらタイムラグがあります。 仮に安倍総理の説明の通りに、3月10日ごろまでに具体的な支援策が発表されたとして。 その後に制度利用の窓口なりが設置され、休職した本人か事業者側になるのかわかりませんが書類等を用意してその制度を申請し、申請が受理されたのちに審査を経て決定が出て、そこではじめて補償される金品が手元に届く、という流れが想定されます。 —中略— 1か月分の支出をまかなえなさそう…遠慮なく生活保護を申請しましょう 生活保護制度は働いている人でも健康な人でも、収入と資産が生活保護基準を下回れば利用できる制度です。 生活保護基準は年齢や世帯人数、住んでいる地域などによっても異なりますが、都内だと単身で約12万円ちょっと。 (生活費分と住宅費分を合わせて) この金額に満たない場合に、足りない分の支給を受けることができます。 生活保護制度の詳細についてはこちらをご参照ください。 厚労省HP もやいHP それこそ、3月中に生活が立ち行かなくなる、と思う状況でしたら、生活保護制度の申請をご検討ください。 申請はお近くの自治体の窓口(福祉事務所)で可能です。 上記の記事にあるように直近で生活が立ち行かなくなる、、生活費がなくなる、、という状況の場合、お近くの自治体の窓口福祉事務所で生活保護の申請が可能です。 引用記事の中にありましたが、直近はなんとかなりそうだが、ちょっと先々お金が心配だ、、という方は「生活福祉資金貸付」という制度もあるようです。 新型コロナウイルスによる影響で、失職したり、休職等の対応を迫られる人が増える可能性がありますが、生活に困ったら遠慮なく公的支援を利用しましょう。 政府からのコロナウイルス関連の支援給付金は今どうなっているのか? 一律2万円以上給付、家計支援を…政府・与党「リーマン以上の影響だ 政府・与党は新型コロナウイルスの感染拡大を受けた追加経済対策として、現金給付や商品券など直接的な家計支援を実施する方向で検討に入った。 生活困窮者を支援するため、政府は公共料金の支払いを猶予するよう関係機関に要請した。 政府がリーマン・ショックを受けて2009年に実施した「定額給付金」では、1人当たり1万2000円(18歳以下などは2万円)を支給した。 政府・与党は「今回はリーマン以上の影響がある」(自民党の岸田政調会長)との認識で一致しており、一律2万円以上の給付を検討している。 西村経済再生相は19日の記者会見で「現金給付は所得制限をしなければ迅速に支給できる」と述べた。 ただ、政府・与党では、商品券などによる給付策を求める声もある。 現金の場合、貯蓄などに回る可能性が高く、消費喚起につながらないとの見方があるためだ。 2020. 20現在、まだコロナウイルス関連の政府からの支援金給付策は確定はしていないようです。 上記のように1人当たり2万円を給付することで検討中のようです。 以下のようなQ&Aページを参考にしたり、クラウドファインディングの活用も検討してみてはいかがでしょうか? 厚労省のサイトにコロナウイルスに関する労働者関連のQ&Aページもあります。 以下です。 以下クラウドファインディングサービスでもコロナウイルス関連のサポートプログラムの特集などをしています。

次の