メンマ 割り箸。 【感涙】メンマの材料が割り箸って知った時の衝撃ったら凄すぎだったよなwwww

割り箸でメンマを作る|ほしあさひ|note

メンマ 割り箸

あなたはメンマが割り箸に似ていると思ったことはないでしょうか。 ネット上で「メンマの原料が割り箸」というウワサが広がったことがあります。 いったいどうしてそんなことになったのでしょうか。 メンマの原料って知ってる? 割り箸メンマがウソなら、本当の原料はなんなのでしょうか。 味付けされ、瓶などに入ったメンマからは想像しずらいかもしれませんが、その原料はたけのこです。 筍といっても私たちが普段食べるものよりは、少し大きく育った物です。 そのため、見た目にも少し竹に近い状態です。 それを発酵や乾燥、味付けさせるなどの加工をしているので、色や風味、歯ごたえなどもたけのこのイメージとは大分違います。 メンマの原料が割り箸という元ネタはどこから? 「メンマの原料が割り箸」という元ネタはインターネット上で紹介されたレシピ、これはエイプリールフールのジョークでした。 割り箸を紹興酒につけ、調味料を入れて3日間煮込み、1か月冷暗所で熟成させるという嘘のレシピです。 ところが、そのレシピが本物かのようにネット上で広がってしまいました。 そんなたわいのないジョークはメンマの原産地中国にまで届くなど、原料を割り箸と信じる人が続出しました。 しかし絶対に割りばしはメンマにはなりません。 メンマの原料になる竹とは やはりメンマの原料としておすすめなのは麻竹ですが、日本で生の麻竹を手に入れることは非常に難しいです。 では、入手しやすい日本のたけのこを原料にメンマを作ることはできないのでしょうか。 スーパーや通販で購入できるたけのこの種類などもご紹介します。 その辺に生えているタケノコはどんな種類? 竹は日本でも見かけることの多い植物、小さな竹林は都会の片隅にも残っていることがあります。 私たちが見かける竹はどのような種類なのでしょうか。 これらは「孟宗竹 モウソウチク 」や「真竹 マダケ 」いう種類の竹で、もちろんメンマの原料になる麻竹とは別の種類です。 よく筍として食卓に上るのもこれらの種類です。 孟宗竹 モウソウチク たけのこを熟成・乾燥させて、絶品の自家製メンマを作ってみませんか。 少し手間はかかりますが、原料から作った自家製のメンマは香りがとても良くやみつきになる味です。 生のたけのこから自家製メンマを作ろう 麻竹は手に入りづらいので、原料は孟宗竹を使います。 育ちすぎたたけのこが丁度良い大きさです。 節の部分は固いので取り除き、輪切りにします。 鍋で1時間ほど蒸し煮にします。 普段目にする短冊の、メンマと同じようにカットします。 タケノコ1kgに対して、250gの塩を入れてよく混ぜます。 次にこのたけのこを1か月ほど発酵させます。 清潔なビニール袋に入れて空気を抜き、野菜室で保存します。 天日に干します。 天気のいい日に外に並べて、3~4日乾燥させます。 乾燥メンマを塩出し 先ほど生のたけのこを原料にして、発酵・乾燥させたメンマを塩出しします。 この状態に加工された市販品も売っているので、これを使って自分好みの味付けをしたメンマを作るのも良いでしょう。 まずは乾燥メンマを洗い表面の塩などを取り除きます。 ボールなどに水をはって乾燥メンマを入れ、よくかきまぜた後ざるにあけます。 たっぷりのお湯で塩出しします。 水の量は乾燥メンマの5倍が目安、沸騰したら火を止めてメンマを入れ1時間ほど付けておきます。 1時間したらざるにあけます。 もう一度2. と同じ工程を繰り返します。 本格的なメンマのつくり方をご紹介してきましたが、生のたけのこを原料にして発酵までするのは少し手間がかかると感じた方も多いのではないでしょうか。 スーパーでも手に入る、水煮のたけのこを原料にした炒めるだけのレシピも人気です。 調味料はたけのこ 水煮 300gに対して以下のとおりです。 ・ごま油 大さじ2 ・砂糖 大さじ1 ・創味シャンタン小さじ2 ・醤油小さじ2 ・オイスターソース大さじ2 ・ラー油少々 ・塩少々 ・七味唐辛子少々 1. 水煮のたけのこは細長く、メンマっぽい形に切ります。 ごま油をしいてたけのこを炒めます。 調味料を加え全体を混ぜ、水分が無くなるまで炒めます。 美味しいメンマを食卓に メンマの原料についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。 「メンマの原料が割り箸」という元ネタについては、エイプリールのちょっとしたジョークでした。 見た目は割り箸によく似たメンマですが、ネット上で独り歩きした嘘のレシピです。 本当の原料は麻竹という、スーパーなどでは見かけないたけのこです。 しかも、通常日本で食べるタケノコは小さくて柔らかいうちに収穫します。 メンマの原料にするたけのこは1~2mの大きさのものを使います。 これもメンマの形がたけのこに似ていない理由のひとつです。 日本では生の麻竹は手に入りづらいのですが、孟宗竹なども原料になるので作ってみてはいかがでしょうか。 熟成・乾燥などの加工には手間も時間もかかりますが、そのぶん味も格別です。

次の

メンマの原料は竹・たけのこ・割り箸の内どれ?気になる材料を解説

メンマ 割り箸

「あの花」の詐欺レシピ「割り箸メンマ」を信じる人がいるなんて?? 最近、「」が大変話題になっていますが、ヒロインのあだ名が「めんま」ということで、メンマの話題が盛り上がっていました!(話が飛躍しすぎでしょう!w) 日本で「メンマの作り方」が話題になっており、多くの人がその「割り箸でメンマが作れる」という話を信じてしまったようなのです。 何年も前のエイプリルフールに書かれた文章をどうして信じてしまったのでしょうか〜? 「筍乾」のことを日本語で「めんま」と言います! 『』の登場人物のあだ名は、フルネームを適当に略したものです。 だから、本間芽衣子(ほんま めいこ)のあだ名が「めんま」というのも納得です。 安城鳴子(あんじょう なるこ)が「あなる」なのに比べれば、だいぶマシでしょう…。 ネット上で「めんま」について話していると、「メンマ」が食べたくなってきました。 そのとき、「 割り箸でメンマを作る方法」という記事を掲示板に貼った人がいて「ラーメンに入っているメンマは割り箸だったのか!」と、多くの人を驚かせました。 「割り箸からメンマを作る方法」の詳細は… まず、割り箸を小さく切ります。 水に浸します。 重曹、醤油、塩、砂糖などを入れます。 その後、三日三晩煮込みます。 暗所に一ヶ月放置します。 台湾人の反応• お箸たちよ…どうしてメンマになってしまったんだ。 中国には、本当に割り箸でメンマを作って売ってる人がいたような…。 ダンボールの件があったよね…• 僕が覚えてるのは割り箸だなwww あれ以来、怖くてメンマが食べれないwww• ダンボールは、確か肉まんでしょ。 『ROAD TO NINJA -NARUTO THE MOVIE-』の分身も「メンマ」だったね。 笑えるwww• 本来はナルト、パラレルワールドではメンマ。 どっちもラーメンの具だからよくよく考えて見たら別におかしくもなんともないよ。 ありえないよね。 化学的な原料をたくさん入れれば可能なんて当然ウソだよ…。 化学は奥が深いから加えればそれっぽくなるだろうけど、食べられるかどうかは別の問題だし…。

次の

メンマの手作りは意外と簡単?!自家製メンマの作り方と保存方法!

メンマ 割り箸

割り箸でメンマを作るって正気ですか!? ほんとに割り箸でメンマが出来る? 割り箸からメンマが作れる、という話。 これはもちろん本当なわけがありません。 メンマの原材料は、皆さんご存知の タケノコ。 しかも、中国原産の「麻竹(マチク)」という大型のタケノコです。 メンマは生えてから1年ぐらいの、1~2mほどの若くてやわらかい麻竹を使って作られているんですって。 噂のもとになった割り箸メンマの作り方! 結局デマだった割り箸メンマ。 では、噂のきっかけは何だったのでしょう? 割り箸メンマの元ネタは、。 この記事があまりにも本当みたいにクオリティが高かったせいで、割り箸メンマの話が噂として広まってしまったみたいですよ! なぜネタが事実のように広まった? ネタ記事が秀逸だった 割り箸メンマの元ネタだったデイリーポータルZの記事は、割り箸を使ったメンマの作り方が 画像を使って丁寧に解説されていて、本当っぽさが上手に演出されています。 最後まで読まないと嘘だと気づかないぐらいの内容なので、この記事の内容を本当だと思い込んでしまった人が多かったようです。 中国でも話題に! そこに加えて、割り箸メンマの記事はなんとメンマの本場・ 中国でも話題になってしまったのだとか! 中国のネットでは 「割り箸を使って作られたメンマが売られている!?」「私たちが今まで食べていたのは割り箸だったのか!」と一時ちょっとしたパニックにもなったそう。 SNSで拡散 そんな割り箸メンマの記事が、SNSでものすごい勢いで拡散されてしまったのは言うまでもありません。 中には、事実をわかって拡散した人と、記事の内容を本当に信じてしまった人が混在していたようです。 メンマの本当の原料はタケノコ?竹? メンマの原材料は竹なのか、それともタケノコなのか。 よく間違われますが、実際にはタケノコが正解。 麻竹は日本で一般的に食べられているタケノコよりも大型ですが、れっきとしたタケノコです。 日本で作られているメンマの中には日本で多く生育している孟宗竹(モウソウチク)などが使用されているものもあります。 本当のメンマの作り方 本物のメンマは、下処理したタケノコを蒸して塩漬けにして作ります。 密封状態にした塩漬けのメンマを発酵させ、細かく裂いて天日干ししたものがラーメンなどの上にのっている一般的なメンマです。 そこに唐辛子などで味付けをして、そのままご飯と一緒に食べられるようにしてあるメンマもあります。

次の