フォート ナイト ビ クロイ コツ。 【ソロ・デュオ】シーズン6対応!Fortnite(フォートナイト)ビクロイするためのコツ、序盤〜終盤までの勝てる立ち回りを紹介 どん勝!完全攻略【PS4・switch】

フォートナイト攻略|Switch版・PS4版の違いと立ち回りのコツを伝授【Fortnite】

フォート ナイト ビ クロイ コツ

Fortniteの配信期間がSwitch版より断然長い• マウスを使用していてエイム(照準)操作が圧倒的に有利• マウスボタンやキーボードの配置でジャンプ打ちの操作が容易 基本的には何も操作しない場合には デフォルトでSwitch版のみのマッチングになっていますが、 PC版フレンドとプレイすると一緒にいる間は 強制的にクロスプレイ環境に移行します。 PC版のフレンドの場合には名前の前に「PCマーク」が表示されるので、ネットなどを通じてフレンドになった人の場合にはこの表示の有無を確認しましょう。 Switch版とPS4版の違いなど機種の違いによる攻略の立ち回りは下記記事でご確認ください。 ボタン配置 ボタンの配置を個別で割り当てることは出来ないので、まず 「設定」をひらいた後に 「コントロ-ラー」の項目では 「ビルダープロ」というボタン配置にしましょう(初期設定は「スタンダード」というボタン配置になっています)。 操作感度 操作感度については「設定」の「ゲーム」の項目で変更可能ですが 「X軸感度」と「Y軸感度」は両方とも「8」がおすすめの設定です。 これは個人の好みなのですが、数値を上げた方が反応が速いので慣れた時に強いです。 ジャイロ設定 フォートナイトの 「シーズン5」へのアップデートに伴ってSwitch版の対応コントローラーでのみ ジャイロ操作が可能になりました。 スプラトゥーン2などのゲームでジャイロ操作のエイムに慣れていた人にとっては嬉しいアップデートだったはずです。 個人的には今まで使っていなかったので特に設定していませんが、 初めてプレイする方はジャイロ操作の方が直感的で早く強くなれると思います。 「設定」の 「ゲーム」の項目で変更可能で 「モーション感度」「モーションターゲット感度」「スコープ使用時モーション感度」という3つの項目がジャイロ操作の感度になっています。 初期設定は0になっているので、使用したい人は変更しましょう。 1.撃たれた方向を向いて敵を探したり撃ち返したりする 2.とにかく建築して全方向を塞いだ上で階段を建築して索敵する 個人的に 正しいと感じるのは「2」です。 「1」の反応をした場合には「 あっ、この人初心者だな。 」という感想を抱くほどで、あっという間に倒せてしまいます。 まず、フォートナイトは先行有利なゲームで、敵に先にダメージを与えた方が圧倒的に有利な状況になっています。 「1」の対処を選んでそのまま対等に打ち合えたとしても、 先に被弾している自分の方が負けてしまうのは当たり前です。 そして、不意に撃たれた場合に敵は遮蔽物に隠れながら撃っている場合が多くて、 コチラの攻撃は当たりにくい+敵の攻撃は当たりやすい状況で戦う事になるので、勝率は限りなく低くなってしまいます。 撃たれたらとにかく建築! 以上の状況から「 撃たれたらとにかく建築」するのが第一選択です。 慣れてきたらどちらから撃たれたのかという事がヒットマークで分かるようになるので、そちらの方向に 壁を立てる+階段を作るのが最善の対処だと思います。 また、先に撃たれて被弾している場合には 撃ち返すよりも先にシールド・体力の回復を優先する事が重要です。 好みが分かれるところですが、ショットガン5個とか持ち歩いていたら勝率は低くなりそうだと思いますよね。 ヘッドショット(頭部への高威力の攻撃)を狙いやすい• 攻撃・回復などのタイミングの選択権を握れる もともと設置されている山・家などのオブジェクトを使って高所を取るのも強いですが、何もない 平地でも自分で建築物を作りあげて簡易的に高所を取るのも強いです。 強い相手だと近接戦でも高所を取るような建築を仕掛けてくるので、負けない様に 相手の頭上を塞ぐような建築を心がけましょう。 このゲームは倒した敵の数で争うゲームではなく、最後まで生き残るゲームなので、上手く状況判断しておいしいところを狙って生き残るような立ち回りも強いですよ。 何回もリスタートしていると嫌になってきますが、あらかじめ 宝箱の場所を把握しておくことで初動での強さが変わってきますし、武器構成を固めていく中盤でも役立ちます。 基本的に 宝箱の出現する位置は固定ですが、その回に 出現するかどうかはランダムになっています。 地下・屋根裏・オブジェクトの影などに多く存在しますが、最終的には「シュワァアアアアア」という音の位置で探りましょう。 何回も同じ場所に降りるようにしてみると宝箱の場所を覚えるので、 最初の頃は同じ場所に降りるようにしてみるのがおすすめです。 特殊床(トラップ)の設置方法と切り替え方法 ビルダープロの設定の場合には 「A」ボタンを押して建築モードにした後に「Y」ボタンを押して選択してもう一度「Y」ボタンを押すと設置可能です。 何種類か特殊床を持っていて 種類を切り替えたい場合には、1回「Y」ボタンを押して 選択している状態で十字キーの左右を押すことで他の種類のトラップに切り替えることが出来ます。 ・ダメージトラップ 特殊床の中でイチバン使いやすいし強力なのがこのダメージトラップで、自分と味方以外がその場所を通過すると「 150ダメージ」を与えるようになっています。 壁や天井にも設置できるので、死角になりがちなドア付近の天井に仕掛けておくと非常に強力です。 また、自分で建築したヤグラの壁部分に設置しておくと敵の奇襲対策になるので、そういう使い方もアリだと思います。 ・バウンサー 触れると重力が軽くなった状態でジャンプできるトラップで、主に落下ダメージを防いだり、移動・奇襲するために使う事が多いです。 初心者の方はあまり使う機会は無いですが、高い所から降りるときには便利なので使っていきましょう。 ・憩いの焚火 設置した上の区画に居る事で体力を持続的に回復してくれて、包帯では回復不可な75以上の回復もできるので、体力が減っている時には積極的に使っていきましょう。 ・ジャンプパッド 乗ることで滑空状態に移行できるトラップで、移動速度が歩行に比べて格段に早いので早急に目的地に移動したい場合やストームから逃げるときに便利です。 動きが止まってしまうと、敵の遠距離武器を当てられてしまう可能性が高まってしまって、倒されるリスクが上がってしまいます。 完全に壁に囲まれているような空間ではない限りは、 ぐるぐると円を描く様にうごきながら行動する様に心がける様にしましょう! 止まってはいけない。 最後まで生き残るという性質上、 激戦の時間帯・場所を隠れて過ごすのはアリです。 最初から隠れていると強力な武器や資材を入手できない事も多いので、最終局面で勝てる可能性は少なくなってしまいますが、 局所的に「芋る」のはキチンとした戦法です。 関連記事「 」 まとめ:ビクロを取るための10の戦略 これぞスクワッドという、えす君 と最後に頑張ったビクロ! — Ichi先輩 Abstract1Life 積極的にビクロを取りに行く立ち回りは、見ている人も楽しい上級者の立ち回りですが、 初心者の方は 基礎をしっかりとして着実に生き残ることを意識する事でビクロが取りやすくなるように思います。 ビクロが取れるか、取れないかという 最終局面は特に焦らずにストームの状況を伺いながら敵を狙うように立ち回りましょう。 敵や宝箱の音を聴いたり、敵へのエイムを上げたりするのに ゲームデバイスの存在も立ち回り以上に大きいモノがあります。 余裕があればぜひその辺りも気にかけてみてくださいね。

次の

フォートナイト「スコアロイヤル」:ビクロイ常連になる7つの攻略法

フォート ナイト ビ クロイ コツ

スクワッド必勝のコツ 4箇条 先に言っておきますが、私は撃ち合いは上手ではありません。 昔から反射神経が弱く、1対1の戦いでは勝てる確率も半分以下です。 しかし、昨晩はスクアッドで3回もビクロ(ビクトリーロイヤルの短縮形です)を収めることができました。 撃ち合いがうまくなくても「自分の役割を果たす」、という部分を意識していますが、私が考える必勝のコツは以下4ポイント。 音を聞く• 味方から離れない• 撃たれたらまずは壁を作る• 高所を取る(建築バトルの上達) これらについてどのように意識しているのか、解説していきます。 音を聞く 具体的には、以下3点を聞いています。 宝箱 まずヘッドセットをつけましょう。 これが無いとお話になりません。 それほどに音は重要で、「敵を見つける」&「宝箱を見つける」と言う要素に影響を及ぼします。 敵を見つける ヘッドセットをしていれば銃声や足音がどの方向から聞こえてくるのかがわかります。 味方に報告しましょう。 「敵いるよ!」とだけ言われても他のメンバーはどこにいるかわからないのです。 そうすれば味方も即座に反応できます。 音を聞く事で、敵を早い段階で見つける事ができ、すぐに臨戦態勢に入る事ができます。 これができないと、急に現れた敵に襲われて一網打尽に、、なんてこともしばしば。 気をつけて下さいね。 宝箱を見つける 宝箱をたくさん入手し、有利に戦いを進めましょう。 素早く回収し、新たな武器を入手します。 よくあるのは、「どう考えてもここから宝箱の音が聞こえてくるんだけど、ない。 」そんな時は、地下に埋まっている可能性もあります。 どこかに地下室の入口がないかさがしてみましょう。 宝箱を見つけることも、勝つために大事なスキルです。 味方から離れない 意外とやってしまいがちなのはこれだと思います。 他のメンバーを置いて、先に飛び出てしまう• 味方が先に行ってしまい、遅れてしまう 一人の状態で敵の4人グループに遭遇するのは最悪です。 一瞬でやられます。 常に2対1の状況を作る 数の暴力で押し切るのです。 このゲームはプレイヤーの体力も多いため、撃ち合っている時間が長いです。 そのような傾向にあるほど、人数差が戦闘に与える影響は大きくなってきます。 「味方は自分1人、敵は2人」 この状況で勝てることはまずありません。 とんでもない上級者であれば勝てることもありますが、どんな人でも勝てない場合のほうが多いです。 そうならないよう、 こまめにマップを確認して、味方がどこにいるのか、頭に入れておく事が重要です。 逆に言えば、「味方は2人、敵は1人」この状況が作られれば、ほぼ勝てます。 敵を発見したら、一人で突っ込まず、味方と足並みをそろえるよう心がけましょう。 3.撃たれたらまず壁を作る 近くに隠れる場所がある時はそこに隠れてもいいかもしれません。 ですが、ほとんどの場合では周りに何もない事が多いです。 被弾を防ぐ そんな時はすぐに建築モードに移行して壁を作ります。 障壁を作り、敵からの被弾を防ぐのです。 綺麗につくらなくてもいいです。 まずは身の安全を確保しましょう。 これができないとすぐにやられてしまうので、撃たれていると感じたらすぐに壁を作る事を徹底しましょう。 反応速度も大事な要素です。 落ち着いて「どう対処するのか」考える時間を作る 敵の攻撃から身を守ることができたら、どうカウンターを仕掛けるのか、考える時間を作ることができます。 体力を回復するのか。 味方を蘇生するのか。 このまま攻めるのか。 退却するのか。 落ち着いて、次にどんな行動をとるのか、考えます。 敵はこちらを攻めにくくなる。 しかし、 壁があるだけで、敵はこちらの様子をうかがってきます。 どのようなカウンターがあるかわからないので、攻めにくくなるのです。 このような意味でも咄嗟に壁を作る、ということがとても大事です。 そんな時に有効なのがこの「スカフコントローラ」です。 別記事で解説しているので、目を通してみて下さい。 ちなみにキーコンフィグは必ず「ビルダープロ」に設定しましょう。 これができるだけで建築スピードが格段に上昇します。 4.高所を取る フォートナイトは単なる「撃ち合いゲー」ではありません。 持てるスキル、地形を十分に生かして、有利な戦いを進められるような立ち回りが求められます。 どんなゲームでも言える事かもしれませんが、この「高所を取る」はとても重要なポイントです。 敵を狙いやすい状況を作る 街では屋根に登りましょう。 さら地ではスピーディな建築を行い要塞をつくります。 高所を取る事で、敵が圧倒的に狙いやすくなります。 上から撃ち下ろすことで、ヘッドショットに当てやすくなり、それだけで打ち勝てる確率が上がります。 このように「常に敵よりも高い位置にいる」と言うのが戦いを有利に進められるポイントです。 そしてこれを繰り返すことで、自分も建築が上手になり、建築バトルでもだんだんと高所を取れる事が増えてくるでしょう。 建築に徹する 撃ち合いが苦手です、と言うかたは、• 敵に遭遇したら、まず建築• 味方をサポートする担当として、建築の上達に意識を置くのも良いかもしれません。 まとめ これらが実践できるだけで生き残ることができる確率は上がりますが、おそらく最も重要なのは「4、高所を取る」です。 上手なプレイヤーの動画を見ても皆、上から下へ「撃ち下ろす」形でキルを取る事が圧倒的に多いです。 それほどに、狙いやすく、勝ちやすい状況を作りやすいのだと言えます。 とは言いつつも1、2、3番もそれぞれ大事な要素なので、実践できるよう頑張ってみてはいかがでしょうか。 フォートナイトのスクアッドルールは撃ち合いに強い人が勝てるゲームではありません。 最後まで生き残ればいいのです。 生き残った人が勝ちです。 これらのコツを駆使してビクトリーロイヤルを目指しましょう! 私見 それにしても建築ゲーですよね。 上手い人は建築も早い。 ここまで建築の要素が戦闘の勝敗に大いに関わってくるとは思いもしませんでした。 撃ち合いができなくたって建築が早くできればいいんですよ。 味方の力になれます。 それだけで勝てる確率も上がります。 だからフォートナイトは面白い。 まだまだフォートナイトの流行は収まる気配を見せません。 これからの盛り上がりに期待しましょう!.

次の

【フォートナイト】初心者がビクロを取るために持ちたいおすすめ武器【FORTNITE】

フォート ナイト ビ クロイ コツ

Fortniteの配信期間がSwitch版より断然長い• マウスを使用していてエイム(照準)操作が圧倒的に有利• マウスボタンやキーボードの配置でジャンプ打ちの操作が容易 基本的には何も操作しない場合には デフォルトでSwitch版のみのマッチングになっていますが、 PC版フレンドとプレイすると一緒にいる間は 強制的にクロスプレイ環境に移行します。 PC版のフレンドの場合には名前の前に「PCマーク」が表示されるので、ネットなどを通じてフレンドになった人の場合にはこの表示の有無を確認しましょう。 Switch版とPS4版の違いなど機種の違いによる攻略の立ち回りは下記記事でご確認ください。 ボタン配置 ボタンの配置を個別で割り当てることは出来ないので、まず 「設定」をひらいた後に 「コントロ-ラー」の項目では 「ビルダープロ」というボタン配置にしましょう(初期設定は「スタンダード」というボタン配置になっています)。 操作感度 操作感度については「設定」の「ゲーム」の項目で変更可能ですが 「X軸感度」と「Y軸感度」は両方とも「8」がおすすめの設定です。 これは個人の好みなのですが、数値を上げた方が反応が速いので慣れた時に強いです。 ジャイロ設定 フォートナイトの 「シーズン5」へのアップデートに伴ってSwitch版の対応コントローラーでのみ ジャイロ操作が可能になりました。 スプラトゥーン2などのゲームでジャイロ操作のエイムに慣れていた人にとっては嬉しいアップデートだったはずです。 個人的には今まで使っていなかったので特に設定していませんが、 初めてプレイする方はジャイロ操作の方が直感的で早く強くなれると思います。 「設定」の 「ゲーム」の項目で変更可能で 「モーション感度」「モーションターゲット感度」「スコープ使用時モーション感度」という3つの項目がジャイロ操作の感度になっています。 初期設定は0になっているので、使用したい人は変更しましょう。 1.撃たれた方向を向いて敵を探したり撃ち返したりする 2.とにかく建築して全方向を塞いだ上で階段を建築して索敵する 個人的に 正しいと感じるのは「2」です。 「1」の反応をした場合には「 あっ、この人初心者だな。 」という感想を抱くほどで、あっという間に倒せてしまいます。 まず、フォートナイトは先行有利なゲームで、敵に先にダメージを与えた方が圧倒的に有利な状況になっています。 「1」の対処を選んでそのまま対等に打ち合えたとしても、 先に被弾している自分の方が負けてしまうのは当たり前です。 そして、不意に撃たれた場合に敵は遮蔽物に隠れながら撃っている場合が多くて、 コチラの攻撃は当たりにくい+敵の攻撃は当たりやすい状況で戦う事になるので、勝率は限りなく低くなってしまいます。 撃たれたらとにかく建築! 以上の状況から「 撃たれたらとにかく建築」するのが第一選択です。 慣れてきたらどちらから撃たれたのかという事がヒットマークで分かるようになるので、そちらの方向に 壁を立てる+階段を作るのが最善の対処だと思います。 また、先に撃たれて被弾している場合には 撃ち返すよりも先にシールド・体力の回復を優先する事が重要です。 好みが分かれるところですが、ショットガン5個とか持ち歩いていたら勝率は低くなりそうだと思いますよね。 ヘッドショット(頭部への高威力の攻撃)を狙いやすい• 攻撃・回復などのタイミングの選択権を握れる もともと設置されている山・家などのオブジェクトを使って高所を取るのも強いですが、何もない 平地でも自分で建築物を作りあげて簡易的に高所を取るのも強いです。 強い相手だと近接戦でも高所を取るような建築を仕掛けてくるので、負けない様に 相手の頭上を塞ぐような建築を心がけましょう。 このゲームは倒した敵の数で争うゲームではなく、最後まで生き残るゲームなので、上手く状況判断しておいしいところを狙って生き残るような立ち回りも強いですよ。 何回もリスタートしていると嫌になってきますが、あらかじめ 宝箱の場所を把握しておくことで初動での強さが変わってきますし、武器構成を固めていく中盤でも役立ちます。 基本的に 宝箱の出現する位置は固定ですが、その回に 出現するかどうかはランダムになっています。 地下・屋根裏・オブジェクトの影などに多く存在しますが、最終的には「シュワァアアアアア」という音の位置で探りましょう。 何回も同じ場所に降りるようにしてみると宝箱の場所を覚えるので、 最初の頃は同じ場所に降りるようにしてみるのがおすすめです。 特殊床(トラップ)の設置方法と切り替え方法 ビルダープロの設定の場合には 「A」ボタンを押して建築モードにした後に「Y」ボタンを押して選択してもう一度「Y」ボタンを押すと設置可能です。 何種類か特殊床を持っていて 種類を切り替えたい場合には、1回「Y」ボタンを押して 選択している状態で十字キーの左右を押すことで他の種類のトラップに切り替えることが出来ます。 ・ダメージトラップ 特殊床の中でイチバン使いやすいし強力なのがこのダメージトラップで、自分と味方以外がその場所を通過すると「 150ダメージ」を与えるようになっています。 壁や天井にも設置できるので、死角になりがちなドア付近の天井に仕掛けておくと非常に強力です。 また、自分で建築したヤグラの壁部分に設置しておくと敵の奇襲対策になるので、そういう使い方もアリだと思います。 ・バウンサー 触れると重力が軽くなった状態でジャンプできるトラップで、主に落下ダメージを防いだり、移動・奇襲するために使う事が多いです。 初心者の方はあまり使う機会は無いですが、高い所から降りるときには便利なので使っていきましょう。 ・憩いの焚火 設置した上の区画に居る事で体力を持続的に回復してくれて、包帯では回復不可な75以上の回復もできるので、体力が減っている時には積極的に使っていきましょう。 ・ジャンプパッド 乗ることで滑空状態に移行できるトラップで、移動速度が歩行に比べて格段に早いので早急に目的地に移動したい場合やストームから逃げるときに便利です。 動きが止まってしまうと、敵の遠距離武器を当てられてしまう可能性が高まってしまって、倒されるリスクが上がってしまいます。 完全に壁に囲まれているような空間ではない限りは、 ぐるぐると円を描く様にうごきながら行動する様に心がける様にしましょう! 止まってはいけない。 最後まで生き残るという性質上、 激戦の時間帯・場所を隠れて過ごすのはアリです。 最初から隠れていると強力な武器や資材を入手できない事も多いので、最終局面で勝てる可能性は少なくなってしまいますが、 局所的に「芋る」のはキチンとした戦法です。 関連記事「 」 まとめ:ビクロを取るための10の戦略 これぞスクワッドという、えす君 と最後に頑張ったビクロ! — Ichi先輩 Abstract1Life 積極的にビクロを取りに行く立ち回りは、見ている人も楽しい上級者の立ち回りですが、 初心者の方は 基礎をしっかりとして着実に生き残ることを意識する事でビクロが取りやすくなるように思います。 ビクロが取れるか、取れないかという 最終局面は特に焦らずにストームの状況を伺いながら敵を狙うように立ち回りましょう。 敵や宝箱の音を聴いたり、敵へのエイムを上げたりするのに ゲームデバイスの存在も立ち回り以上に大きいモノがあります。 余裕があればぜひその辺りも気にかけてみてくださいね。

次の