サーナイト 技。 【USUM】サーナイトの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

【ポケモン剣盾】サーナイトの進化と覚える技【ソードシールド】|ゲームエイト

サーナイト 技

サーナイト ほうようポケモン ぜんこくNo. 282 高さ 1. 6m 重さ• 4kg• けたぐり威力60 タイプ• 英語名• Gardevoir タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ• 20で『ラルトス』から進化• 30で『キルリア』から進化• 進化・タマゴで入手• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 USUM• なし 主な入手方法 USUM• なし 生息地 SM• なし 主な入手方法 SM• /同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 場に出た時、相手と同じ特性になる。 相手が2体いる場合はランダムにどちらかの特性が選ばれる。 相手の特性が『ARシステム』『イリュージョン』『かがくのちから』『かわりもの』『きずなへんげ』『ぎょぐん』『スワームチェンジ』『ぜったいねむり』『ダルマモード』『てんきや』『トレース』『ばけのかわ』『バトルスイッチ』『フラワーギフト』『マルチタイプ』『リミットシールド』『レシーバー』の場合は効果がなく、相手が別の特性のポケモンとなった時に発動する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 変化技を使えなくする 技. 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 連続で使うと失敗しやすくなる。 交代しても効果は続く。 最大102。 最大102。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル用 技. 相手の『みがわり』状態を貫通する。 投げつけた道具はなくなる。 『ほのお』タイプには無効。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 第6世代は命中率:100 技. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 第6世代は命中率:90 技. 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 ただし、PPが0になると解除される。 なお、Zワザは影響を受けずに使うことができる。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 道具を持っている場合は失敗する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 通常攻撃。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 もう1度使用すると元に戻る。 USUM New! 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 USUM New! 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技がZワザの場合は失敗する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の

【ポケモン剣盾】サーナイト育成論 積みアタッカーのこの火力を見よ!

サーナイト 技

/同じ『せいかく』の野生のポケモンと出会いやすくなる。 場に出た時、相手と同じ特性になる。 相手が2体いる場合はランダムにどちらかの特性が選ばれる。 相手の特性が『ARシステム』『イリュージョン』『かがくのちから』『かわりもの』『きずなへんげ』『ぎょぐん』『スワームチェンジ』『ぜったいねむり』『ダルマモード』『てんきや』『トレース』『ばけのかわ』『バトルスイッチ』『フラワーギフト』『マルチタイプ』『リミットシールド』『レシーバー』の場合は効果がなく、相手が別の特性のポケモンとなった時に発動する。 通常攻撃。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 通常攻撃。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 手持ちのポケモンと入れ替わる。 第7世代までは、野生のポケモンとの戦闘を終了する効果だった Lv. 特性『ちょすい』『よびみず』の味方は特性が発動するため、この技の効果は無効。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。 ダブルバトルで味方に使うと良い Lv. 相手が『ねむり』状態の時だけ成功する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 『じめん』タイプや『でんき』タイプには無効。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 急所に当たった場合は軽減されない。 交代しても効果は続く。 交代しても効果は続く。 自分が既に道具を持っている場合は失敗するが、技『はたきおとす』で自分の道具が無効化されている時は奪う事ができ、道具は上書きされる。 トレーナー戦の場合はバトル終了後になくなる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『ほのお』タイプには無効。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 使用したターンの間、味方の技の威力を1. 5倍にする。 投げつけた道具はなくなる。 ただし、必ず先制できる技には無効。 もう1度使用すると元に戻る。 必ず後攻になる 優先度:-7。 もう1度使用すると元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 すでに状態異常の場合は回復しない。 道具『ミストシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、相手 味方は含まない の先制技を受けなくなり、また『エスパー』タイプの技の威力が1. 3倍になる 第7世代までは1. 道具『サイコシード』を持ったポケモンは『とくぼう』ランクが1段階上がる。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 ただし、PPが0になると解除される。 ダイマックスしているポケモンには無効。 なお、ダイマックス技や第7世代のZワザは影響を受けずに使うことができる。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃する。 タイプ相性の影響を受ける。 変化技を使えなくする レコ. 片方しか道具を持っていない場合も成功する。 ただし、『ふしぎなまもり』など一部の固有な特性は入れ替えられない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分と味方1体の位置を交代する。 ダブルバトル用。 通常攻撃。 ダイマックスしている相手には効果がない。 第7世代以降は、連続で使うと必ず失敗する。 自分が場を離れると効果は消える。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 5倍になり フィールドの1. 3倍の効果もさらに加わる 、また相手全体を攻撃する その時ダブルバトルではダメージは0. 75倍。 攻撃後、自分が『ひんし』状態になる。 場の状態が『ミストフィールド』で、自分が『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではなく地面にいる時、威力が1. 5倍になる。 攻撃が当たる度に威力が20ずつ増える。 17 XY〜DPt ,キルリア:Lv. 17 XY〜DPt ,ラルトス:Lv. [Lv. 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 最大102。 最大102。 ダイマックスしている相手には無効。 道具を持っている場合は失敗する。 地形が草むらやグラスフィールドの時は『ねむり』状態、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、火山の時は『やけど』状態、ミストフィールドの時は『とくこう』ランクを1段階下げ、サイコフィールドの時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、ウルトラスペースの時は『ぼうぎょ』を1段階下げ、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 『きのみ』はなくなる。 『じめん』タイプの技が当たらなくなるが、それ以外の技が必ず命中するようになる。 ただし、一撃必殺の技は変化しない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『トーチカ』『ニードルガード』『ブロッキング』の効果を受けない 『ダイウォール』を除く。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 自分と同じ『タイプ』のポケモン全員にダメージを与える。 PPはコピーした技のポイントアップ未使用時の最大値となる。 交代すると元に戻る。 相手の技が第7世代のZワザの場合は失敗する。 跳ね返す技の命中率は、『マジックコート』を使用したポケモンで計算される。 音系の技。 味方が『みがわり』状態でも効果が発生する。 この技は『ダイウォール』の効果も受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 交代した場合は同じ位置にいるポケモンが回復する。

次の

【USUM】サーナイトの出現場所と種族値&覚える技【ポケモンウルトラサンムーン】

サーナイト 技

サーナイトの特徴 種族値・タイプ・特性 種族値 HP 攻撃 防御 特攻 特防 素早さ 68 65 65 125 115 80 タイプ タイプ1 タイプ2 エスパー フェアリー 特性 トレース 相手と同じ特性になる シンクロ 毒・麻痺・火傷にされた時、相手に同じ状態異常を与える テレパシー(夢特性) ダブルバトルで味方の攻撃を受けなくなる 長所・短所 攻撃・防御が低く、特攻・特防が高い 典型的な特殊型ポケモンです。 特攻125、特防115と高く、さらにそれを強化できる めいそうを覚えるので、特殊関係の能力は相当なものがあります。 それ以外にも 優秀な補助技を多数習得できるため、 サポート役としても非常に優秀です。 タイプ面では第6世代でフェアリータイプが追加され、 鋼タイプ以外には一致技で等倍以上を取れる攻撃範囲の広さを得ました。 ですが、第6世代以降の大きな強みであった メガシンカがなくなったことで、これまでと比べて 大きく弱体化。 さらに特殊の高さに反比例するかのように HP・物理が脆いので、 物理技を受けたら確1にされることもしばしば。 素早さも並程度なので先手を取られやすく、素早いポケモンに先手を取られてそのまま殴り倒されることもよくあります。 使い道は多いものの、使いこなすのは難しい。 トレーナーの腕が試されるポケモンです。 育成論 積みアタッカー型 努力値 HP:252(実数値175) 特攻:4(実数値146) 素早さ:252(実数値145) 技構成 解説 めいそうで能力を上げ、上がった能力で相手を殴り倒す積みアタッカー型です。 普通サーナイトを使うなら特攻を上げて火力を上げて使うのが基本です。 ですが、めいそうで上がった火力( 実数値219)は補正あり特攻全振り( 実数値194)より高いので、わざわざ特攻に振る必要はありません。 むしろより確実にめいそうで上がったステータスを使えるよう、 HP全振りとオボンの実で耐久を上げるのがいいでしょう。 また、素早さも大して高いわけでもないので、相手に先に攻撃されて倒されるケースはあります。 ですので、少しでも多くの相手より先に動けるよう 最速にします。 これによって、 少しでもリスクを減らしてめいそうを積み、少しでも多く攻撃するのがコンセプトとなります。 技構成は型のコンセプトになる めいそう、一致技の ムーンフォースはまず必須。 後は攻撃範囲を広げるためのサブウェポンを何か一つと、もう一つの一致技は サイコキネシス・ サイコショックのどちらかを入れましょう。 なお、この型ではサブウェポンとして マジカルフレイムを採用しています。 実演してみた では、このサーナイトが実際に戦っているシーンを見てみましょう。 今回はこの方との対戦を使いましょう。 対戦、よろしくお願いします。 ふつくしい… まずは何はなくとも 初手めいそう。 このサーナイトの戦力の要なので、これは絶対に外せません。 実数値では 補正あり特攻全振りシャンデラ(実数値216)すら上回るので、飛び抜けて高い火力が出るのは間違いありません。 使う場合、めいそうを使えるタイミングをよく見極めてからにしましょう。 ちなみに今回の場合は、相手のギャラドスの特性がいかくだったため、 トレースで特性をコピーして相手の攻撃を落として一撃耐えました。 現環境で 専用特性と化しているトレース持ちならではの耐え方ですね。 また、サーナイトの耐久では耐えられないと判断したら、遠慮なく めいそう後にダイマックスしましょう。 メガシンカがなくなっているので、 火力や耐久を確保するのにダイマックスは有効な手段です。 物理耐久は足りませんが、ダイマックスを併用すれば十分に補えるので、 めいそうからのダイマックスを前提として使うのもありかと思われます。 この型を使うなら、最低1回めいそうを積んだ状態をできるだけ維持するのがコツです。 対戦、ありがとうございました。 まとめ 以上、サーナイトの育成論でした。 今回、めいそうを積めた対戦では その火力で複数のポケモンを倒す活躍を見せてくれました。 積みの起点さえ見つけられれば、きっと凄まじい火力で活躍してくれることでしょう。 管理人、八卦がお送りしました。 ではまた次回もよろしくお願いします。

次の