テニススライスサーブ。 テニスのサーブが上達するための練習法とは?種類別に分かりやすく解説!

テニスのスピンサーブとスライスサーブの違い

テニススライスサーブ

まずはこれが打てるようにならないと、攻めるスライスサーブを打つことは難しい。 基本があっての応用と考えることが正しいので、まずはこれをできるようになることを目標に当記事を書き進める。 シンプル、余計なことを考えずにスライスサーブを打つ あなたはこのようなことでお悩みではないだろうか。 スライスサーブがネットを超えない• そもそもスライス回転をかけることができない• スライス回転はかかるが、スピードが出ない• スライスサーブの記事を読んでも、色々なことが書かれていて打ち方が分からない フォアハンドやバックハンドと比べると、サーブは様々なテクニックを足し算して上達可能だが、一般プレイヤーの肉体では実現が難しいポイントも沢山ある。 例えばプロ選手はサーブ時に高く(20 cm 以上)跳んでサーブを打つが、一般プレイヤーが真似ををしても、バランスが崩れうまく打つことができない。 あれは日頃のトレーニングがあるからなせるフォームであり、一般人には難しい。 上のフェデラー選手の動画を観てわかるように、サーブ時にジャンプしなくてもスライスサーブは打てるし、恐らくスクールの中級ぐらいまでであれば、まずこれで十分であろう。 とはいいつつもプロ選手はやはり世界最高峰のテクニックを日々研究し、取り組んでいるので、一般人でも取り入れることができる部分を取り入れるというのが、正しいサーブの上達方法である。 今回は、一般プレイヤーがスライスサーブを打つための基本的なルールを解説している。 スライスサーブをシンプルに打つ、余計なことを考えない、をテーマにしているので、是非参考にして欲しい。 ボールのインパクト時にプロネーションをしない スライスサーブは、ラケットのエッジからインパクトポイントに向かい、インパクト後にプロネーションする 打つ方向に対してラケットがボールの真後ろから当てるとスライスサーブを打つことはできない。 プロネーションを使い切ってボールをインパクトすると、フラットサーブになってしまう。 スライスサーブの場合、ラケットを振る方向とボールが飛ぶ方向は異なる。 右利きの場合、ラケットを左に振るとボールは右方向に飛んでいく。 ラケットのエッジでボールを叩くように、ラケット面でボールを擦るイメージである。 またスライス回転を多くかけようとして、ボールを巻き込んではいけない。 そうするとスピードが出なくなってしまう。 (参考)スライスサーブの高さを出す場合 スライスサーブの高さを出す場合、ボールの右下をこするイメージを持つ。 (参考)スライスサーブの回転がかかっていないと感じる場合 ボールに対してラケットをフレームから出して、ボールを打つ スライスサーブを打つ際のフェデラーのインパクト ラケットエッジからボールに向かっていることと、まだプロネーションしていないことに着目 ボールのインパクト時に身体を正面に向ける ボールをインパクトする際は、身体を打球方向に向ける サーブのスライス回転を意識し過ぎると、身体を横向きのままサーブを打ってしまう。 そうすると前への推進力が不足し、サーブがネットを超えなくなってしまう。 サーブを打ち終わった後に、コート内に入るイメージを持ってスライスサーブを打とう 身体の前方にトスを上げる インパクト(サーブのトスの位置)は、身体が前を向いた状態の右肩の上とする ボールにラケットを当てたいがために、トスを後方にあげるとうまくボールにパワーを伝えることができず、打った後にコート内に入ることができない。 トスを前方に(具体的には身体が前を向いた状態の右肩の上)にあげる。 トスのタイミングは、前足へ体重移動するとき トス(ボールを手から離す)タイミングは、後ろ足体重ではなく、前足体重に移動するとき 後ろ体重になっているときにトスをあげても前にトスを上げることができない。 トスを上げるタイミングは、左足に体重を移動させる時にトスを上げる(ボールから手を離す)。 この際に身体が前に倒れてしまう人は、前足で地面を踏みつけることができていない。 (要は後ろ足体重のときにボールをあげてしまい、バランスが崩れている) フェデラー選手のトスを上げる瞬間 錦織選手のトスを上げる瞬間 トスを上げたらすぐにボールをインパクトする 前足に体重移動し、ボールを手から離したら、すぐにボールをインパクトする 時間をなくすために、トスを高く上げないようにしよう。 ボールをインパクトするためには、利き腕のテークバックも完了している必要がある。 ボールを高いところで打って、サーブを入れるという考え方を捨てよう。 サーブは打ち下ろすのではない。 高い打点でサーブを打とうとすると、膝を曲げてしまう。 膝を曲げると、曲げた分だけジャンプしないと力をロスしてしまうが、それだけジャンプすることは実際は難しい。 ボールを打つ(インパクトするときは)少し背伸びをするぐらいのイメージにしよう。 トスを上げる腕を意識する トスを上げる腕の指先を伸ばすようにしっかりと意識して、非利き手(左手)をしっかりと上げる トスをしっかり上げたらそのまま腕を止めずに、そのまま打ちにいく。 そうしないとボールが落ちてきてしまう。 トスをしっかり上げたら一気に下ろしてよい。 トスを上げる腕が曲がっていると、しっかりと腕を上げられていない証拠である。 しっかりと意識しよう。 トスを上げる腕をしっかりと上げることで、利き腕の肩を高い位置に上げやすくなる。 フェデラー選手のトスを上げるときの左手 構えた際の後ろ足のつまさきの向き デュースサイドとアドサイドでは異なる デュースサイドは、ベースラインと平行 アドサイドはベースラインより外側 スライスサーブはスイング方向と逆方向に飛ぶ(右利きの場合、右方向にスイングし、左方向にボールが飛ぶ) デュース側で、スライスサーブの有効なコースはワイド。 アドサイド側で有効なコースはセンター ゆえに デュース側はデュース方向に身体が向いてると、丁度ワイドにいくが、同じようにアドサイド側でアドサイド方向を向いてうつと、ボールがセンターより左に切れてしまう。 ゆえにアドサイド側は、アドサイドの正面よりも少し右の方に身体を向けるのである。 デュースサイド アドサイド 参考動画 Roger Federer Serve Practice at Cincinnati 2015 2.

次の

サーブの3球種の打ち方や違いを詳しく解説します【硬式テニス】

テニススライスサーブ

まずはこれが打てるようにならないと、攻めるスライスサーブを打つことは難しい。 基本があっての応用と考えることが正しいので、まずはこれをできるようになることを目標に当記事を書き進める。 シンプル、余計なことを考えずにスライスサーブを打つ あなたはこのようなことでお悩みではないだろうか。 スライスサーブがネットを超えない• そもそもスライス回転をかけることができない• スライス回転はかかるが、スピードが出ない• スライスサーブの記事を読んでも、色々なことが書かれていて打ち方が分からない フォアハンドやバックハンドと比べると、サーブは様々なテクニックを足し算して上達可能だが、一般プレイヤーの肉体では実現が難しいポイントも沢山ある。 例えばプロ選手はサーブ時に高く(20 cm 以上)跳んでサーブを打つが、一般プレイヤーが真似ををしても、バランスが崩れうまく打つことができない。 あれは日頃のトレーニングがあるからなせるフォームであり、一般人には難しい。 上のフェデラー選手の動画を観てわかるように、サーブ時にジャンプしなくてもスライスサーブは打てるし、恐らくスクールの中級ぐらいまでであれば、まずこれで十分であろう。 とはいいつつもプロ選手はやはり世界最高峰のテクニックを日々研究し、取り組んでいるので、一般人でも取り入れることができる部分を取り入れるというのが、正しいサーブの上達方法である。 今回は、一般プレイヤーがスライスサーブを打つための基本的なルールを解説している。 スライスサーブをシンプルに打つ、余計なことを考えない、をテーマにしているので、是非参考にして欲しい。 ボールのインパクト時にプロネーションをしない スライスサーブは、ラケットのエッジからインパクトポイントに向かい、インパクト後にプロネーションする 打つ方向に対してラケットがボールの真後ろから当てるとスライスサーブを打つことはできない。 プロネーションを使い切ってボールをインパクトすると、フラットサーブになってしまう。 スライスサーブの場合、ラケットを振る方向とボールが飛ぶ方向は異なる。 右利きの場合、ラケットを左に振るとボールは右方向に飛んでいく。 ラケットのエッジでボールを叩くように、ラケット面でボールを擦るイメージである。 またスライス回転を多くかけようとして、ボールを巻き込んではいけない。 そうするとスピードが出なくなってしまう。 (参考)スライスサーブの高さを出す場合 スライスサーブの高さを出す場合、ボールの右下をこするイメージを持つ。 (参考)スライスサーブの回転がかかっていないと感じる場合 ボールに対してラケットをフレームから出して、ボールを打つ スライスサーブを打つ際のフェデラーのインパクト ラケットエッジからボールに向かっていることと、まだプロネーションしていないことに着目 ボールのインパクト時に身体を正面に向ける ボールをインパクトする際は、身体を打球方向に向ける サーブのスライス回転を意識し過ぎると、身体を横向きのままサーブを打ってしまう。 そうすると前への推進力が不足し、サーブがネットを超えなくなってしまう。 サーブを打ち終わった後に、コート内に入るイメージを持ってスライスサーブを打とう 身体の前方にトスを上げる インパクト(サーブのトスの位置)は、身体が前を向いた状態の右肩の上とする ボールにラケットを当てたいがために、トスを後方にあげるとうまくボールにパワーを伝えることができず、打った後にコート内に入ることができない。 トスを前方に(具体的には身体が前を向いた状態の右肩の上)にあげる。 トスのタイミングは、前足へ体重移動するとき トス(ボールを手から離す)タイミングは、後ろ足体重ではなく、前足体重に移動するとき 後ろ体重になっているときにトスをあげても前にトスを上げることができない。 トスを上げるタイミングは、左足に体重を移動させる時にトスを上げる(ボールから手を離す)。 この際に身体が前に倒れてしまう人は、前足で地面を踏みつけることができていない。 (要は後ろ足体重のときにボールをあげてしまい、バランスが崩れている) フェデラー選手のトスを上げる瞬間 錦織選手のトスを上げる瞬間 トスを上げたらすぐにボールをインパクトする 前足に体重移動し、ボールを手から離したら、すぐにボールをインパクトする 時間をなくすために、トスを高く上げないようにしよう。 ボールをインパクトするためには、利き腕のテークバックも完了している必要がある。 ボールを高いところで打って、サーブを入れるという考え方を捨てよう。 サーブは打ち下ろすのではない。 高い打点でサーブを打とうとすると、膝を曲げてしまう。 膝を曲げると、曲げた分だけジャンプしないと力をロスしてしまうが、それだけジャンプすることは実際は難しい。 ボールを打つ(インパクトするときは)少し背伸びをするぐらいのイメージにしよう。 トスを上げる腕を意識する トスを上げる腕の指先を伸ばすようにしっかりと意識して、非利き手(左手)をしっかりと上げる トスをしっかり上げたらそのまま腕を止めずに、そのまま打ちにいく。 そうしないとボールが落ちてきてしまう。 トスをしっかり上げたら一気に下ろしてよい。 トスを上げる腕が曲がっていると、しっかりと腕を上げられていない証拠である。 しっかりと意識しよう。 トスを上げる腕をしっかりと上げることで、利き腕の肩を高い位置に上げやすくなる。 フェデラー選手のトスを上げるときの左手 構えた際の後ろ足のつまさきの向き デュースサイドとアドサイドでは異なる デュースサイドは、ベースラインと平行 アドサイドはベースラインより外側 スライスサーブはスイング方向と逆方向に飛ぶ(右利きの場合、右方向にスイングし、左方向にボールが飛ぶ) デュース側で、スライスサーブの有効なコースはワイド。 アドサイド側で有効なコースはセンター ゆえに デュース側はデュース方向に身体が向いてると、丁度ワイドにいくが、同じようにアドサイド側でアドサイド方向を向いてうつと、ボールがセンターより左に切れてしまう。 ゆえにアドサイド側は、アドサイドの正面よりも少し右の方に身体を向けるのである。 デュースサイド アドサイド 参考動画 Roger Federer Serve Practice at Cincinnati 2015 2.

次の

トップスライスサーブの基本、打ち方のコツ

テニススライスサーブ

この方法では、 低い打点からフォアハンドスライスに近い形で 下回転をかけて打つ所から、 徐々に打点を高くしていく事でスライスサーブのコツをつかんでいきます。 フォアハンドスライスが打てない方は、そちらの練習を先にしてみてください。 実際にボールを打っていく前に、腕を直角に曲げた状態で、肘から先を時計回りに動かすと、自然と手の平が下を向いていき、反時計回りに動かすと手の平が上を向いていくことを確認します。 (当サイトで言うところの「見かけ上の回内、回外動作」になります。 ) 手の平がずっと上を向いて動かない場合、手を固定するために余計な力が入ってしまっていますので、腕をリラックスさせるようにしてみてください。 自然と手が回転する動きが確認出来たら、この動きを使い、下回転をかけてボールを打っていきます。 ラケットの持ち方は、 コンチネンタルかそれ以上薄いグリップで握ります。 上の動画では、コンチネンタルで握っています。 握りは薄いほど回転がかかりやすいです。 コンチネンタルよりも厚いグリップだと強い回転をかけるのが難しくなります。 左利きの方は、横回転が強くかかったスライスサーブが非常に強力な武器となりますので、薄いグリップ(バックイースタン程度)をおススメします。 下回転をできる限り多くかける事を意識してボールを打ってみてください。 ボールの軌道は気にしなくても大丈夫ですので、回転量を多くする事に集中してください。 (この際、サイドスピンがかかってしまっても問題ありません。 ) 本当は手の平が下を向く方向に回転している途中でボールを打つのですが、これだと下回転をかけるイメージが分かりにくいと思います。 ですので、まずは、手を固定した状態でボールを打って、打球後に手の平が回転していくイメージで打ってみてください。 何度もボールを打って余計な力が抜けてくれば、自然と手が回転している所でボールを打てるようになるはずです。 回転を多くかける感覚がつかめてきたら、同じ腕の使い方で、徐々に打点を高くしていきながら、回転をかけボールを打っていきます。 この際、 打点を高くするほどラケットを立てて(地面と垂直に近づけて)いきます。 こうすると徐々にボールの回転方向が変わっていくのが分かると思います。 スライスサーブの打ち方だと、インパクト時のガットの横糸とほぼ平行の向きにボールが回転します。 右利きの場合は、横糸と平行に右方向、左利きの場合は、左方向に回転します。 ですので、ラケットが地面と平行に寝ていると主に下回転がかかります。 ラケットを地面と垂直に立てるにつれ、下回転が減り、横回転の量が増えてくることになります。 ラケットが地面と垂直に立つ位置でほぼ純粋な(トップスピンのほぼない)横回転を打つことができます。 これがスライスサーブの打ち方になります。 しばらく下の方から打点を上げていく練習を繰り返し、強い横回転をかける感覚をつかんでください。 コースは気にせず回転量を多くすることだけに集中してみてください。 なお、純粋な横回転に近い(トップスピンの少ない)スライスサーブを打とうとすると、打点は、フラットサーブと比較し、かなり右の方になり、トスもフラットサーブの時より右の方に上げる必要があります。 理想はフラットサーブと同じトスでスライスサーブも打てることですが、それには、ジャンプし、左右の肩を結んだ肩のラインが傾いた状態で打つ事がほぼ必須になります。 (フラットと同じトスでスライスサーブを打つ方法について詳しくは、別記事で紹介予定です。 ) ジャンプせず、両足が地面に着いた状態で打つ場合は、フラットサーブと同じトスではスライスサーブを打つのは難しいので、最初は、同じ位置にトスをしようとせず、右にトスを上げてください。 横回転をかけるコツがつかめてきたら、低い打点から始めるのをやめ、 高めの打点で横回転をかける練習だけをしていきます。 まずは、コースは気にせず、横回転を多くかけることだけに集中してみてください。 いきなりサービスボックス内に収めようとすると回転をかけるのが難しくなります。 途中で回転がかからなくなってきたら、また 低い打点で下回転をかける練習に戻り、そこから徐々に打点を上げてみてください。 回転をかける感覚を取り戻せるはずです。 横回転がしっかりとかけられるようになってきたら、あとは、ボールをサービスボックス内に入れる練習をしていけば、曲がるスライスサーブをしっかりと打てるようになります。 トップスピンをかけたスライサーブを習得する この方法を応用すれば、トップスピンのかかったスライスサーブ(トップスライスと呼ばれることもあります。 )を打つことも簡単にできるようになります。 やり方は簡単で、横回転だけをかける時よりも、打点を左上にし、 インパクト時のラケットの向きを左に傾けるだけです。 ラケットの横糸と平行の方向がボールの回転方向になりますので、例えばラケットが左に45度ほど傾いていれば、ボールの回転方向が右上に45度傾くことになり、トップスピンと横回転がほぼ同じ量かかる事になります。 もう少し、トップスピンを減らし、横回転を増やしたければ、ラケットをもう少し立てます。 逆にもっとトップスピンを増やしたければラケットを更に寝かせます。 最大限ラケットを寝かせれば、この打ち方でもかなり強いトップスピンをかけることが可能です。 上手く回転がかからなければ、また低い打点で下回転を多くかける練習に戻り、徐々に打点を上げてみるようにしてください。

次の