放送記者 仕事内容。 放送記者ってどんな職業?どうすればなれる?|ベネッセ教育情報サイト

NHKのディレクターの仕事内容は?やりがいはある?

放送記者 仕事内容

放送記者には2種類あり、主に現場で取材を行う外勤記者と、取材先から送られてきた原稿やビデオなどを編集してニュース番組などの制作に携わる内勤記者(整理記者、ニュースディレクターとも呼ばれる)。 外勤記者は、テレビなどにも登場し、現場の様子を、正確に臨場感を持って伝える必要があるため、現場の様子を正確に把握する洞察力や、適切な表現力な どが求められる。 内勤記者は、ニュース番組の構成や演出、編集を行うため、情報を整理する能力や構成力などが必要となってくる。 放送記者はそれぞれ、政治・経済・社会・スポーツなど担当の分野を持っていて、それぞれの分野で報道に合う取材を行います。 テレビは新聞と異なり、現場から生中継できるので、現場に行ってさまざまな角度から取材し、原稿にまとめたあと、アナウンサーに代わってテレビ画面から直 接視聴者にレポートすることも多い。 その際、現場の映像を確保することが先決になるので、カメラマンとの連携が重要。 ・お給料 初任給25万円〜 大手の放送局では、平均年収が1000万円を超える事も。 ・勤務形態 正社員、派遣社員 ・勤務地 テレビ局、ラジオ局、取材先など 取材記者の場合、国会や警察などの記者クラブに常駐。 海外特派員として活躍することも。 ・休日 不定期 シフト制で勤務する事もあり、休みは不規則になりがち。 ・勤務時間 1日8時間ほど 番組が朝の早い時間帯や深夜の時間などに収録や放送が行われる場合も多い。 台風や地震などの災害時には、速報を伝えるため宿泊勤務もある。 採用試験は、筆記試験、作文や面接など。 対策として入りたい局の試験傾向を研究したり、大学のマスコミ関係のサークルに入るのも一つの手段。 学生時代に、新聞部や放送部で活動していたり、報道関係のアルバイトなどをしておくと就職時に有利なことも。 ・必要な資格 必須の資格は無いが、放送記者は他の報道関係者や野次馬で混乱する現場に飛び込んでいかなければならないこともあるので、好奇心と行動力、そして度胸のよさや冷静さが必要。 ・ワンポイントアドバイス 昼夜を問わず取材を行うこともあるので、体力と精神力も大切。

次の

新聞記者の仕事内容とは?やりがいや魅力について解説|職業仕事の情報ポータルサイト ジョブ図鑑

放送記者 仕事内容

放送記者になるには 学生時代の経験が面接突破のかぎ 放送記者になるには、超難関である放送局の採用試験を突破しなければならない。 受験資格としては、キー局、ローカル局とも、大卒者を条件にしているところがほとんどである。 採用試験では、幅広い教養や見識を問われる筆記試験のほか、適性検査や面接など、局によってさまざまなものが課せられる。 対策として、入りたい局の試験傾向を研究したり、大学のマスコミ関係のサークルに入るのも一つの手段だろう。 筆記試験を突破したら面接だ。 面接では、今までの経験などが問われ、パーソナリティーが重視される。 学生時代にいろいろな経験をして、人間性を磨いておくといいだろう。 放送記者の仕事の内容 事件の現場から生中継でレポート 放送記者には、外勤の取材記者と内勤の編集記者(整理記者、ニュースディレクターとも呼ばれる)の2種類があるが、ここではテレビに直接登場する取材記者の仕事について紹介する。 取材記者は、主にテ… 放送記者の働き方と生活 大事件があるといつでも現場に駆けつける 放送記者は、大事件があればいつでも現場に出向かなければならないハードな仕事だ。 取材記者の場合、国会や警察などの記者クラブに常駐し、取材に当たることが多い。 国内での取材が一般的だが、海外特派員として活… 放送記者に向いている人・適性 度胸のよさと頭の回転の速さ 放送記者は、ほかの報道関係者や野次馬で混乱する現場に飛び込んでいかなければならないこともあるので、好奇心と行動力、そして度胸のよさや冷静さが必要である。 また、現場の状況を判断しながら、的… 放送記者の年収・給与・収入 収入・関連資格・必須資格 初任給 約25万円 放送記者の将来性 メディアが増えて活躍の場が全国に拡大 マルチメディア時代が進行する中で、各地にケーブルテレビ局が設立されるなど、地方から情報を発信する下地も固まりつつある。 このため、放送記者の活躍の場は全国にあると言えるだろう。 また、日本ではまだ少数で….

次の

新聞記者の1日のスケジュールはどんな感じでしょうか?【質問・疑問・相談

放送記者 仕事内容

仕事は起床から始まる 一般的に最初の1年目は警察と司法を担当し、いわゆる「事件記者」としての 「サツ回り」からスタートします。 1日の勤務はまず、起床した時点(自宅)から始まります。 新聞の到着する朝5時。 地元紙を含めた数社の新聞に目をとおしていわゆる(特ダネ)を 書かれていないかをチェックします。 何もなければひと眠りできるのですが、特ダネを書かれていれば、 該当の警察署や警察幹部の自宅に出向いて取材し、6時台、 もしくは7時台のニュースに間に合うように記事を書きます。 テレビはニュースまでが仕事の区切り 8時半頃に警察本部に出向き、いわゆる「記者クラブ」に常駐します。 前日からの夜勤務者(当直)に挨拶をしながら夜間の事件事故の情報を仕入れます。 司法も担当していると裁判や、暇があれば街ネタを取材し、 昼のニュースの始まる11時半くらいには原稿を書き上げます。 ちなみに民放は昼ニュースの時間が早いので、もっと早くに原稿を 書き上げる必要があります。 逆に新聞社は夕刊用の原稿の締め切りが遅いようです。 ニュースが終わると午後からは、記者クラブに滞在していた記者たちが 思い思いの取材を始めるため、記者クラブには誰もいなくなることも珍しくありません。 警察官、検察官回り、場合によっては市内の大規模警察署も巡回します。 また街ネタの他、人手が足りなければ県政や市政の応援にもいきます。 だいたい午後4時ごろに各社記者クラブに戻る形になり、夕方のニュースに 合わせた原稿を書くことになります。 夕方のニュース時間帯は、夕刊に目を通すなどくつろげる時間ですが、 特ダネがあればそこから一斉に取材が始まります。 夕方のニュースの後が勝負の分かれ目 民放は夕方のニュース後で勤務が終わる人も多いようです。 しかし、新聞社やNHKはここからが本格的な取材の始まりとなります。 特に成果が直接目に見えるわけではありませんが、ここでの地道な夜討ち作業 (わかりやすくいえば関係者の自宅に訪れるなど、いざとなったときの人間関係の構築)が 肝心な時に貴重な情報源となります。 訪問先がなければ地道に警察署回りを続け、警察官にひたすら顔を売ることになります。 自宅訪問した際にお酒を御馳走になることも多く、 そのまま泊まらせていただくことも多くありました。 ここで情報を仕入れれば、翌早朝のニュースに使うこともありますが、 何もなければ日付が変わった0時過ぎに局に戻ります。 不思議に思われるかもしれませんが会社への出勤はこれが最初となります。 ですから、特に警察回りをしている新人の記者たちは局内の人は勿論のこと、 上司と顔を合わすことすらない場合があります。 (その点、原稿をチェックしてもらう際に、嫌というほど怒られますので、 特に顔を合わせたくもないのですが)。 スポンサーリンク 泊まり勤務は意外と快適です また当時は週に1回は泊まり勤務がありましたのでその際は 基本1人で泊まることになります。 基本、誰もいなくなるわけですから正直心細いですが、新人の頃は 先輩や他部署の方々も交えて「懇親会」が毎度催されます。 また仮眠も2時間程度はとれますが、何回も警察に事件事故の警戒電話を 掛ける必要もありますので熟睡はできません。 特に災害(警報発令等)情報の場合は、記者自らがスタジオで 原稿を読む場合もあるので、身だしなみもいい加減にはできませんでした。 ここでも通常と同じ通り午前5時に起きて6時台のニュースに 合わせた原稿づくりが始まります。 ただ、当直日は昼過ぎに帰れるのが一般的なのですが、新人の頃は 夜のニュース終了まで残っていました。 土日はスタイルが全く異なります 土日は官公庁が休みになるため記者クラブに籠る必要がないのですが、 逆に局内の出勤者が休みになるため街ネタに追われます。 また、土日は局内で作業することが中心となります。 局内勤務は普段合わない人たちと顔を合わせるのは新鮮なのですが、 どうも監視されているみたいで自由が利かず苦手でした。 あと、休みは平日、土日に限らず与えられますが、自分が記者として 扱ってみたいテーマなどは日常業務の中ではなかなかできません。 ですから、自分の好きな取材は数少ない休みの日を充てることになりました。 記者は暇なときはあるのか 事件事故が無ければ何もしなくていいように思えますが、 毎日のニュースを埋めなくてはならないため、逆に事件事故がない時ほど 「暇ネタ取材」に追われます。 特に年末年始や盆、ゴールデンウィークは新人の勤務が当たり前に なっていますから休むことも簡単ではありません。 一般的に事件や火事が発生しやすいのは年末といわれてますし、 水害や台風の多い夏場も災害報道で忙しくなる可能性はありますが、 一般的にこの月が暇というのはないと思います。 ただ、私の勤務地の場合、全国的に有名となった災害が多発したため、 生まれて初めて3日徹夜というのを経験しましたし、 自宅が被災したため仕事をしながら1か月ほど寝床を転々としたこともあります。 また、そのような大災害の場合は近隣県や東京の社会部の部隊が大挙応援に 駆けつけてくれるため忙しいですが気分的には楽になりました。 また、普段接することができない、生き馬の目を抜くような現場で 働いている記者と接することができ、モチベーションを高める意味でも いい機会だと思います。 楽とか暇とかを求めるのであれば、記者職へは進まないことをお勧めします。

次の