シカ 奈良。 奈良の鹿 4つの豆知識

シカについて/奈良県公式ホームページ

シカ 奈良

奈良のシカが町中に出没している? 鹿せんべいをもらえなくなったから? この春、そんなうわさがSNSで飛び交った。 新型コロナウイルスの影響で観光客が激減したことによる異変なのか。 シカの保護活動に取り組む「奈良の鹿愛護会」に聞くと、秋から続くという発情期に毎年起きるらしい。 「えさを求めて市街地に出没しているのでは?」 今春、シカたちが奈良公園を離れて、街角に現れた。 目撃情報は奈良市内の各地で広がった。 近鉄奈良駅そばの商店街のほか、JR奈良駅付近まで足をのばし、街路樹や公園の草を食べるシカたちも。 愛護会は「毎年発情期に起きる現象」と説明する。 発情期が冬から春先にも続くとみられ、すみかを離れて出歩くことがあるという。 なぜこの時期に行動範囲が広がるかはよくわからず、「シカに聞くしかない」そうだ。 「おなかをすかせて凶暴化しているのでは?」 観光客が買った鹿せんべいにとびついたり、手に持つ紙袋やポリ袋にかみついたりするのは珍しくない。 食料は公園に十分あるため、「飢えたり、凶暴化したりしていることはない」という。 愛護会によると、シカの主食は草木や木の実。 鹿せんべいはあくまで「おやつ」。 「観光客が減ったことで、いろいろなうわさが出ているが、特に関係はないと考えている」 愛護会は、通報を受けて、市街地を出歩くシカのもとに駆けつけることもある。 職員が群れの左右を挟むように並走し、後ろから車で追いかけて奈良公園に誘導している。 シカが原因で事故の恐れがある場合は、愛護会(0742・22・2388)へ。 (平田瑛美).

次の

観光客減少で奈良公園のシカが“野生化”…これはいい影響?専門家に聞いた(FNNプライムオンライン)

シカ 奈良

鹿の一般的な「寿命」は? まず、奈良の鹿の寿命を見て行く前に、「鹿」やその仲間たち一般の寿命について見ていきましょう。 「鹿」といっても、日本で一般的な「ニホンジカ」ですら様々な「亜種」がいますので、必ずしもどの種類も同じ寿命という訳ではありません。 しかし、奈良の鹿と同じ種類であり、日本に住む鹿としては最もポピュラーな存在である 「ホンシュウジカ」に関していえば、 オスの寿命が10~12年程度、メスの寿命が15~20年程度と言われており、 オスとメスでは寿命の長さがかなり異なることがわかります。 また、それ以外の種類で言えば、北海道の自然を象徴する「エゾシカ」や、おなじみの「トナカイ」に関していえば、風格ある外観を持つ割には平均寿命は10歳を下回ると考えられており、厳しい気候で生き抜くことの難しさがわかります。 もっとも、平均寿命の数字は生まれてから間もないうちに死亡した個体を含めるか、一定以上成長した個体のみを扱うかによって全く違う数字が出ます。 幼齢期に亡くなったものをすべて含めて計算すれば、平均寿命はもっと短くなることも考えられますので、以上の数字は確実なものとは言えません。 なぜ長生きするのか? さて、長生きが特徴の奈良の鹿ですが、なぜ長生きをするのでしょうか。 その理由を実証的に明らかにしたような研究は特にないようですが、一般論として考えて見れば、以下のような理由が考えられるかもしれません。 ・奈良の鹿は「野生」とは言え、「奈良の鹿愛護会」により病気の鹿や事故で負傷した鹿などが保護されている。 ・奈良公園一帯は長年鹿を保護する形で管理されてきたため、天敵もおらず、ストレスなく過ごしやすい環境になっている。 このような理由、とりわけ「奈良の鹿愛護会」の存在というものが、最も「長寿命」に関わっていると推測できます。 しかしながら、「生態」を解説した記事でも説明したように、奈良の鹿は一般的に「やや飢餓体形(やせ形)」が多いという特徴もある他、観光客が「鹿せんべい」以外の食料を与えること、また場合によっては「ビニール」などを食べさせるという行為によってもたらされる健康被害、そして何よりも「交通事故」など、「人間と共生」しているからこそ引き起こされる「寿命」を縮める問題もたくさんあります。 その中でも多くの鹿が場合によっては20年以上も生存するなど「長生き」しているということは、いかに奈良の鹿愛護会などによる保護や、奈良公園の環境整備が丁寧なものであるかということの証明でもあるでしょう。

次の

奈良の鹿 4つの豆知識

シカ 奈良

特徴 [ ] 草食性で、のように4つに分かれたを持ち、によるを行う。 オスは枝分かれしたツノを持つ。 多くのシカ科のメスはツノを持たないがはオスメス共にツノを持つ。 の動物のツノ(洞角)は骨の芯を角質が覆っており生え替わらずに一生伸び続けるが、シカのツノ(枝角)は骨組織からなり、毎年生え替わる。 春季の生えたばかりの角は柔らかく表皮に覆われているが、秋季の骨化した角は固く、表皮は脱落する。 体の大きさは体重6-8kg程度の に生息 から、体重800kgにも及ぶヘラジカ ムース まで様々である。 シカのには、が穴をあけて寄生すること(有穴腫瘤)が知られており、ヤマビルの生息域の拡大にシカが関与していることが疑われている。 分類 [ ] オジロジカ Odocoileus virginianus シカ科には現生のもので約17—19属、三十数種が属する。 次のような分類体系が提唱されている。 シカ亜科 Goldfuss, 1820• ホエジカ族 Pocock, 1923• - のみ• - 、、• シカ族 Goldfuss, 1820• - 、• - 、• - 、等• - ・・・• オジロジカ亜科 Brookes, 1828• ヘラジカ族 Alceini Brookes, 1828• - のみ• ノロジカ族 Capreolini Brookes, 1828• - のみ• オジロジカ族 Odocoileini Pocock, 1923• - のみ• - 、• - のみ• - のみ• - 、 なお、は、はであり、真のシカではない。 ニホンジカ [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2015年9月) 日本の文化におけるシカについては「」の項も参照。 シカにまつわる伝説・逸話 [ ] 世界各地の山野に数多く生息していたシカ科の動物はほとんどの民族の文化に対して古くから重要な影響を与えていたと思われる。 後世の文化においては、シカは「俊敏」「非力」などの象徴として、また時には峻険な山岳地の象徴として用いられることがある(も参照)。 では、月の女神の水浴を見たが鹿に姿を変えられている。 の伝承に登場するがしばしば乗騎とするのが白鹿である。 は青牛を乗騎とするが、白鹿を乗騎としたという伝承もある。 は古来を引く使役や荷役にも利用され、にのソリを引く『』の伝説にもなった。 ・などでとされる。 において、にをさせる際、は使者としてを選び、その伝令にアメノカク(天迦久)を派遣したとあり、このアメノカクが鹿の神とされる(「迦久」は鹿児を意味する)。 アメノオハバリは自分の代わりに息子のをオオクニヌシのもとに差し向け国譲りを承諾させるが、このタケミカヅチが鹿島神宮の祭神であり、その後鎮護のために春日大社にもされた。 鵯越:12世紀末、(源平合戦)の折りにに陣を構えた平家の軍を攻めるため源氏は、海岸沿いから正面を攻める軍勢と背後の山地から奇襲を行う軍勢の二手に分かれた。 率いる奇襲部隊が目指した平氏の背後の山は「鵯越(ひよどりごえ)」と呼ばれる崖のごとき急坂で、とても軍の主軸である騎馬を下ろせるルートではないと思われた。 しかし現地の者からこの鵯越をシカが通っていることを聞いた義経は「鹿も四つ足、馬も四つ足、鹿が越す坂ならば、馬も越せぬ道理はない」とこの急坂を駆け下りるよう軍勢に指示した。 これが「鵯越の逆落とし」である。 このルートからの奇襲など全く念頭になかった平家は3千騎とも言われる源氏の奇襲に慌てふためき、一気に総崩れとなった。 ただし現在のには鹿は生息していない。 また過去に生息していたかどうかも不明。 の武士であるは、時、軍に味方し、幕府軍に捕えられるも、の御前で産の大鹿の角を一度に2本へし折る力芸を見せたことで、助命され、領地まで与えられている。 - 鹿の角を象った「鹿角脇立兜」で知られる。 シカを題材とした創作等 [ ]• 『』- 作のおよびの。 転じて、仔鹿の俗称としても用いられる。 『』- 作のおよびのアメリカ、の日本のアニメ• 『』- を舞台としたの• 『片耳の大シカ』()• 、しかこ、アントン - ・のマスコット• 『』 - 作のファンタジー小説およびそれを基にした2008年のテレビドラマ• - で使用できるIC交通カード• 『』 - が歌唱した楽曲。 - 営業所の所在地の知名に因み、営業所のペットマークに鹿が描かれている• では警戒標識として「動物が飛び出すおそれあり」の標識にシカのシルエットがデザインされている。 派生した俗語 [ ] しらばっくれたり知らないふりをすること。 の10月の札に描かれている鹿が横を向いていることから。 「鹿十(しかとう)」。 のに由来するである。 利用 [ ] 鹿肉 [ ] 「」も参照 日本では鹿肉のことを「もみじ」と呼び、様々な肉料理に調理される。 味は一般に柔らかい牛肉に近い。 「もみじ」という呼び名は馬肉を「さくら」、イノシシ肉を「ぼたん」と呼ぶのと同様の隠語で、鹿肉は「鹿」が秋の季語であることから紅葉を連想したもの、あるいはの「鹿にもみじ」の絵札から連想したものとされる。 皮革 [ ] 鹿の皮は細かい繊維が緻密に絡み合った独特な構造をしており柔らかで滑らかである。 鹿革(ディアスキン)は通気性や保温性に優れ手袋や衣料に用いられる。 日本では武具の材料としてよく用いられた。 また、油でなめしたものをセーム革といいカメラのレンズや宝飾品の汚れ落とし、洗車用品、ガソリンのろ過などに用いられる。 鹿角 [ ] 枝角はの柄やボタンなどに用いられている。 鹿の枝角は、アントラ(Antler)と呼ばれている。 鹿の角()は乾燥粉末や黒焼末は様々な効能を持つとして民間療法で用いられる。 シカの主な名所 [ ] 子供の鹿• ・ - 「」として天然記念物に指定されている。 ・ 衝突事故 [ ] 体重が1トン前後になるヘラジカは道路でに遭うことがある。 その体重ゆえに衝突衝撃で車両に乗車している人間及び車両に多大な影響を与える。 視界の悪い屈曲部などで衝突した車両にあっては、時に運行できなくなるほど大破する。 北欧では事故に遭ったヘラジカ(エルグ、エルク)により雪上に数mにわたって路面が血にそまり、観光客を驚かすことがある。 したがって日本国内における野生動物保護における小動物の警告や注意喚起とは若干主旨が異なる。 群れのいる地域や生息が確認されている地域では「野生動物に注意」と共に「エルグに注意」との交通標識がありヘラジカの絵が描かれ衝突事故への注意を喚起している。 日本国内においても、エゾシカが増加している道東・道北では群れが活発に移動する春や秋を中心に衝突事故が多発するため、ビラなどで注意喚起が行なわれる。 エゾシカはニホンジカの中でも成体が100キログラムを超える大型の亜種であり、衝突すると車両が大破することがあり注意が必要である。 なお、競馬用の競走馬の体重は500キログラム程度である。 シカととの衝突事故は長年の懸案であるが、のを線路に散布する方法が考案実用化されてから事故は激減した。 シカがライオンの匂いに怯えて線路に立ち寄らなくなるからである。 しかし、減少したとはいえ個体数が多いために、北海道ではを中心に毎日のように衝突事故が発生することがある。 自動車との衝突例も非常に多い。 エゾシカは自動車を怖がらず、クラクションを鳴らしても逃げなかったり、路上で立ち止まる性質があり、高速で正面から近づいても逃げずに正面衝突にいたる事例が多い。 特に北海道では自動車もスピードを出すため、エゾシカに気づいてからクラクションを鳴らしてもエゾシカは逃げず、衝突する事例が多い。 だけでも、1年間に300から400件の衝突事故があり、平均すると1日1件以上となる。 シカと列車の衝突事故の原因が究明されるなかで、シカは鉄分を摂取するために鉄道敷地内へ入り、線路を舐めるのが原因で列車と衝突することが発見され、シカの誘引材が開発され、2016年度を受賞した。 全線においても、(平成20年)の鹿との接触事故が129件、(平成27年)には288件と増加傾向にあった。 そこで近鉄は、モハラテクニカと共同で シカとの共存をコンセプトに「シカ踏切」を開発した。 2016年5月に大阪線()付近におよそ1km、2017年3月に(から(奈良県宇陀市)の間におよそ1km設けられた。 「シカ踏切」とは、線路内侵入防止システムであり、列車運行時はシカの嫌う超音波を発出してシカの線路内侵入を防止する。 このシステムを導入ののち、シカとの接触はほぼなくなったという。 出典 [ ]• 2009年3月. 2013年12月15日時点のよりアーカイブ。 2014年6月19日閲覧。 Molecular Phylogenetics and Evolution 40 1 : 101-117. 2017年5月16日閲覧。 受賞対象一覧. Good Design Award. 公益財団法人. 2018年11月28日時点のよりアーカイブ。 2018年11月28日閲覧。 乗り物ニュース. 2017年11月4日. 2020年6月27日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] で 「 鹿」に関する情報が検索できます。 ウィクショナリーの ウィキブックスの ウィキクォートの ウィキソースの コモンズで() ウィキスピーシーズの• 『』 - デジタルコレクション.

次の