シャウエッセン 腸。 シャウエッセン

シャウエッセンはうますぎる!より美味しくなる味付けとは?

シャウエッセン 腸

シャウエッセンがうますぎる理由とは? シャウエッセンは、 日本ハムが製造・発売している粗挽きのウィンナーソーセージ。 旨味とコクたっぷりのあらびきポーク肉を天然の羊腸に詰めた、本格的なあらびきウインナーになります。 ウインナーの中では一番美味しいといわれていますが、その理由は3つあります。 スモークの色と温度管理には特に注意を払い、当日の気象情報や時間帯によって微妙に異なる色や薫りをコントロールしています。 このような、日本ハム独自のこだわりにより、うますぎるシャウエッセンが誕生しています。 シャウエッセンがより美味しくなる味付けとは? シャウエッセンは、普通に焼いたり軽くボイルしている人が大半だと思いますが、少し手を加えるだけでまた違った美味しさを味わうことができます。 この時に卵を加え、出来上がりにこしょうや粉チーズをふりかけるといいです。 シャウエッセンを使ってホットドッグにしてもいいのですが、油で炒める時に豆板醤を加えるだけでピリ辛になります。 豚肉もシャウエッセンと同じく、油で炒めると美味しくなるので、相性はピッタリ。 いつもの野菜炒めとは違った、少し高級な野菜炒めの出来上がりです。 大根やにんじん・白菜などの野菜を入れて作るときに、シャウエッセンを加えます。 入れるだけなのでとても簡単ですが、美味しくなりますよ。

次の

スーパーのお手頃ウインナー、シャウエッセンとアルトバイエルンをくらべてみた②

シャウエッセン 腸

こちらはなんと、ウインナーに加工する前のシャウエッセンのお肉で作られているミートローフなんです! どどーん! 要は、シャウエッセンの中身の塊ですね! ミートローフとは、挽肉の塊を焼いたり、燻製にしたりした料理のこと。 よくゆで卵が一緒に入ったものなども見かけます。 好きな形にカットして(もちろん豪快にそのままでも)さまざまな料理に使える食品なのです! 本家ソーセージとはどう違う? 食べ比べ! シャウエッセンのお肉で作ったとのことですが、本家のシャウエッセンとはどう違っているのでしょうか? 食べ比べてみましょう。 まずは焼く前に断面の違いを見てみます。 ほほう……確かに似ている! というか中身は同じなんですもんね! 赤い部分と脂肪の白っぽい部分が混在したあらびきの断面です。 ややミートローフのほうが赤っぽさが強いような気も? では、シンプルにフライパンでそのまま焼いて味の違いをチェックしましょう。 当たり前ですが、そっくりそのままミートローフもシャウエッセンの味でした。 どちらも、肉々しい豚の脂の甘味を感じるあのホッとするシャウエッセンの味です! めちゃくちゃおいしい。 とりあえずフォークが止まりませんね。 ウインナーは腸詰加工されているため、脂のジューシーさを「閉じ込めている」印象ですが、ミートローフはそれが「だだもれ」している感じです(笑)。 伝わりますか……? ミートローフはとにかく肉感が一気にアップしています。 香りはウインナーのほうがなんだか上品かも。 いろいろ書きましたが、どちらもめちゃくちゃおいしいです。 味そのものは同じでも、食感や肉感が違うとまったく違う食べ物になるんですね。 ではここからは、ミートローフを料理に使って食べてみることにしましょう。 公式おすすめのレシピで食べてみる まずは、「ぶ厚くスライスして野菜炒めに!」「サイコロカットしてチャーハンに!」とパッケージで堂々とうたっているので、その2品を作って食べてみましょう。 キャベツ、にんじん、ピーマン、ミートローフを自由に切って作ってみます。 なるべくシンプルに、酒、塩こしょう、醤油などで。 少しオイスターソースも入れました 完成! うんめーーー!!! 野菜炒めって普段そんなに食べないんですけど、ミートローフが入るだけでずいぶんとご馳走感がアップしますね。 完成! ふはーー。 おいしいですよー。 わかってましたけど、やっぱりウマい。 結構ミートローフ自体に味があるので、あまり強めの味付けは不向きかもです。 割とシンプルな味付けのほうがミートローフの旨味が引き立つかと。 チャーハンももちろんおいしかったですが、やはりウインナー系の味なので、コーンやアスパラなどを使って、ピラフのほうがより合うかも。 2品を作ってみて思ったのが、 ウインナーよりも自由な形にカットしやすいですね。 ウインナーは皮があって形も細長いので、あまり切り刻むのには向いていないですが、ミートローフなら好きに切れるので料理に使いやすい! では続いて、公式サイトにいくつか載っているレシピも作ってみましょう。 今回は市販のチーズフォンデュを使うのでとっても簡単です。 市販のチーズフォンデュ、ミートローフ、それを刺すスティック。 ほかにもパンや野菜など、お好きな材料もどうぞ 今回はなんと1パックまるまるを4等分にし、スティックに刺します く〜、ウインナーよりもでかくて肉感があって豪快だ! BBQとかで出てきたらテンション上がっちゃうやつ。 あ、なるほど。 キャンプやBBQでも活躍しそうな食材ですね! これをフライパンでこんがり焼いたら、後はチーズに付けて食べるだけです! できました! いや、これは料理と言ってはいけないレベルかもしれませんが、濃厚でジューシーで罪な食べ物を手間をかけずに食べたいときにはもってこいです! これは……罪な味。 チーズ好き、肉好きペパーミントにはたまりません。 肉汁したたるジューシーな分厚いお肉にたっぷりチーズ。 カルボナーラの冷凍パスタ、ミートローフ、ブラックペッパーのみ フライパンで好きな厚さにカットしてトッピングとして乗せるだけです。 仕上げにブラックペッパーをぱらり できました! レトルトや冷凍などのパスタも、あらびきミートローフを追加するだけで本格的な味に! お店で出されるレベルのおいしさでした。 めちゃくちゃおいしそうにチーズが焦げてくれましたね……! お味は……もちろん美味!でしたが、ミートローフはいったんトーストかフライパンで焼いてから乗せたほうがよりおいしくなるのではないかな!? と思います。 見た目の豪快さに欠けてしまうかもですが、ミートローフももう少し小さめに切るほうがカレーとのからみもいいかもです! おいしかったオリジナルレシピを公開! 公式レシピのものもめちゃくちゃおいしかったですが、さらにこのミートローフを使ってペパーミント的に、これはおいしいのでは? と思うオリジナルレシピを作ってみました。 じゃがいも、ミートローフ、マヨネーズ、ブラックペッパー。 後は塩こしょう、お好みで砂糖や酢、レモン汁など 角切りにしたミートローフをフライパンで炒めます。 少し多いかも?ってぐらいが今回は適量! 茹でる、レンジで温めるなどしてふかしたじゃがいもの皮をむき、つぶします。 完全につぶさないで、いびつさがやや残るほうがおいしいです 後はそこに焼いたミートローフ、マヨネーズ、ブラックペッパー、塩こしょうをして、お好みで砂糖や酢、レモン汁などを入れて混ぜたら完成! まるで居酒屋メニュー! わー、わー、おいっっしーーーーーーー!!! ペパーミントはポテサラ大好き人間なのですが、こいつはたまりません。 ブラックペッパーは結構多めがよさそうです。 ボリューミーであり、つまみにもなるのでビール進んじゃう系ポテサラの完成です。 今回は省いてしまいましたが、マスタードも入れたほうがより大人な味になってウマいかと思います。 ウインナーよりも大人の味がしてこれはおいしいですよ。 ミートローフ、アボカド、温泉卵、そしてごはん 丼にかけるソースはなんでもいいですが、今回は照り焼き風のソースにしてみたいと思います。 ミートローフはお好きな量をお好きな形に切り、フライパンで焼きます。 アボカドもお好きな形にカット。 今回は半量を使いました 後はアツアツごはんの上にそれらを乗せ、温泉卵をトッピング! 照り焼きソース、マヨネーズ、刻み海苔をかけて完成! カフェ飯っぽくないですか? 照り焼きソースは、生姜チューブとにんにくチューブ少々、醤油、みりん、砂糖を大さじ1くらいずつを混ぜて沸騰しない程度に火にかけたらすぐできます! 今回作った中でペパーミント的に一番おいしいレシピでしたね。 半熟卵、ハムなどが乗ったビスマルクというピザがあるのですが、今回はそれをトーストで作ってみたいと思います! 食パン、ミートローフ、卵、シュレッドチーズ、ケチャップ ピザソース 、バジルを使います 食パンの真ん中にスプーンなどで窪みを作ります。 その上にケチャップもしくはピザソースを塗ります。 さらにその上にお好きな形、厚さでカットしたミートローフ、シュレッドチーズをON! 最後に真ん中に卵を落とします。 結構こぼれやすいので、最初の窪みはしっかり作るのと、チーズ真ん中を避けて乗せたほうがいいかもです! これをオーブンかトースターで焼きます。 チーズがとろけ、卵が半熟になればできあがり! 仕上げにバジルを散らします。 ウインナーというと、朝ご飯やお弁当のおかずくらいにしか使えないイメージが強かったのですが、それがミートローフになることで昼でも夜でもメインを張れる食材になってくれました。 薄くスライスしたり分厚く切ったりと自由自在で、ミートローフ状態のほうがさまざまな料理に使いやすいですね! 肉汁が出てくるので、ピラフやパスタのような肉汁を活かせる料理が合うと感じました。 甘辛めな味付けでチャーシューみたいにすれば、ラーメンのトッピングなんかにもいいかと思います。

次の

シャウエッセン®

シャウエッセン 腸

日ハムHPの誕生秘話 1970年代後半本場ドイツに負けない あらびきウインナーを作りたい。 「日本にいながら、繊細な日本人の舌に合った本格的ドイツ風ウインナーが食べられたら」そのためには、まず徹底的に本場ドイツのウインナーを研究することからスタート。 何度もドイツへ足を運び、その製法と味を研究した末に、ついに3つのポイントを発見しました。 1.肉を詰める皮は天然の羊の腸を使うこと。 2.原料は豚肉100%、しかもあらびき肉で風味を生かすこと。 3.本場ドイツウインナーに習い、程よくスモークし、豊かな薫りを引き出すこと。 日本の一般の食卓では、まだほとんど知られることのなかった、本場ドイツの味を目指して、 試作しては食べ、 改良しては食べの 試行錯誤を日々繰り返しました。 1985年2月、ついに本格的なあらびきウインナー「シャウエッセン」が誕生しました。 このウインナーどういうわけか、2袋のセット販売が普通です。 ニッポンハム シャウエッセン 127gX2.

次の