英訳 ツール。 工具名の英訳一覧

英語の文法チェックに!秀逸な英文校正ツール「Grammarly(グラマリー)」の使い方

英訳 ツール

皆さん、最近、英語を書いたり、読んだりすることはありますか? 学生の頃から、英語を長く勉強したとはいえ、単語の意味に自信がない場合や、長い英文を見て、ゲンナリしたことはあるかと思います。 そんな時は、インターネット翻訳ツール!! このツールを初めて使ったときは感動しました。 英単語の意味を知りたいけど、手元に辞書がない! 急いで英語に訳さないといけないけど、頭に英語が浮かんでこない! 訳したい時にさっと意味が分かる。 伝えたい時にさっとコミュニケーションがとれる。 しかも無料!! これが無料で使えちゃっていいの?って最初は思いました。 しかも、ツールがリリースされた初期に比べたら、各段に早くなり、また意味がわかる翻訳になってきました。 それでは翻訳ツールでどんなことができるのでしょうか。 英語や他の言語に触れることがなければあまり、使用しないかもしれません。 でも、あなたが外資系のサラリーマンになったら、こんな便利ツールはありませんよ。 やまがみ 人材紹介会社でフルタイムで働いています! お仕事をしていく中で小さい時からの英語教育って大事だなあ、このまま何もしないようでは子供の将来の可能性を潰しかねない、申し訳ない!! と思ったため、英語教育について研究を重ねています。 過去の私のように英語に詳しくはない 全くわからない けれど、小学校で英語が必修になることもあるし、子供に英語で苦労して欲しくない!と思う方に向けて英語教育の情報や勉強法、育児・子育て、その他お役立ち情報をまとめています。 私に興味を持っていただいた方はプロフィールを読んでくださると嬉しいです。 遠慮なく絡んでもらえると嬉しいです!.

次の

Ginger 英文チェッカー

英訳 ツール

Ginger Pageとは? 英文でのビジネスメールやSNSなど、毎日の英語に必要な翻訳や英文校正の機能がワンクリックで実行できます。 さらに、類語検索や復習機能もワンクリックで使えて英語の学習にも最適です。 <8つの機能>• Write (文法・スペルチェッカー)• Translate (翻訳)• Define (辞書)• Synonym(類語検索)• Favorites(お気に入り)• Personal Trainer(復習)• Phrase of the day(今日の英語)• 必要な機能がすべて 翻訳や英文チェッカー、辞書機能、類語検索など、Ginger Pageは日々使う英語に必要なすべての機能がそろっています。 スペルミスを修正 元の文章が伝えたいことを理解した上で、スペルのミスを修正し正しく伝わる英語にします。 文法のミスを修正 文意から適切で正しい文法を判断し、ミスを正しく修正します。 なぜ Ginger Pageなの? Ginger Pageは、オンライン上でネイティブが使う1. 5兆もの英語フレーズを独自に解析。 解析したデータに基づき、チェックした英文をより自然で正しい英語に最適化できるのです。 このため単なる英文法や英文チェッカーとは異なる、文脈解析に基づく高品質なサービスが提供できるのです。 さらにツールを使う事で英語力が平均で6倍アップ。 使うだけで英語力向上が期待できます。 ワードプロセッサーや、Eメールのアプリケーションなどでよく見受けられるスペルチェッカーは、ある特定の単語について、一般的なスペリング方法に基づき、ミスだと思われる部分について訂正を求めます。 しかし、このアプローチ方法には問題があります。 単語としては正しくても、文脈としておかしい場合があるからです。 (正:"Let's grab a beer" 誤:"Let's grab a bear") 更に言うと、文脈を考慮しない場合、"I rannd out of time"といった重大な間違いをしてしまうと、訂正案も不適切なものになってしまいがちです。 Ginger校正機能は、それらのサービスとは別のアプローチ方法をとっています。 個々の単語ごとに見るのではなく、文章全体のチェックをします。 それぞれの単語を文脈の中で判断し、文章の意図していることに基づいて、スペリングや文法の間違いを指摘し、文意に最も合うものにします。 また、Ginger校正機能では、スペリングが正しくても用法を間違っている場合はそれを指摘し、最も適切な単語に置き換えることができます。 Ginger校正機能はMS Office Word, Powerpoint, Outlook とシームレスに連携しており、あらゆる主要なブラウザにも対応しています。 (Internet Explorer, Chrome, Firefox, Safari) Ginger校正機能には以下の2つの動作モードがあります。 ・レビューモード- Ginger校正機能 ドロワー: Ginger校正機能でチェックしたいところにカーソルを合わせ、 F2 キーかスクリーン上部のというボタンをクリックするだけです。 Ginger校正機能校が文書のチェックをスタートし、間違っている箇所をお知らせします。 ・シームレスモード-Ginger校正機能Seamless: 文書作成中にも、修正が必要な言葉全てに緑色のアンダーラインが入ります。 その緑色のアンダーラインを右クリックすると、代替案となる単語が表示されます。 「無視する」を選択するとGinger校正機能は校正をしません。 スペルの間違った単語に「辞書に追加する」というオプションをクリックすると、自分の書いた単語を、自分専用の辞書に登録することができます。 辞書に登録することで、Ginger校正機能はその単語を認識し、次回から修正を行わなくなります。 この機能は専門用語や固有名詞などに最適です。 ・スペリングの間違い ・スペリングが正しくても、文脈上間違った使い方をされている言葉 例:"Were are you? "という文章では通常のスペリングチェックサービスでは間違いと認識されませんが、Ginger校正機能は自動的に"Were"を"Where"に変換します。 ・1つの単語が誤って2つに分かれている場合、その言葉を認識し、1単語に直すことができます。 例:"I went in side"という文の間違いを認識し、Ginger校正機能が"I went inside. "に直します。 ・文法の間違い Ginger校正機能は前置詞その他の用法の間違いを検出・訂正するなど、文法の訂正も行います。 また、Ginger校正機能は近日中にバージョンアップを予定しています。 新しいバージョンでは、更に以下のような機能が加わる予定です。 ・ボキャブラリー強化 Ginger校正機能校正機能校正機能が言葉を正すだけでなく、同じ意味でも、文脈や文章により即した言葉を提案していきます。 ・抜け落ちている単語の補足 例:"What you doing? "のように"are"が抜けている場合、Ginger校正機能はそれを認識し、付け足すように促します。 ・動詞の時制の修正 A5. 他のスペルチェッカーとは異なり、Ginger校正機能の画期的な技術は、特に難読症の方によく見られるスペルミスなどを直すために開発されたものです。 一般的なスペルチェッカーは、たいていミスのある単語に最も近い単語を提示しますが、Ginger校正機能は文脈に最も合った意味の単語を提示します。 以下の例は、難読症の方によく見られる間違いです。 ・おかしなスペリング becauseをbecals、strengtheningをstrengningと書いたりします。 通常のスペルチェッカーの場合、最もよく似た単語を提示します。 becalsをbecalms、strengningをstringingといった感じです。 それに対しGinger校正機能は、スペルミスが起こった文章の文脈に基づいて、正しい単語を選択します。 ・聞いたままに単語を記述する Physicsをfizix、enoughをenuf、sureをshoorと書いたりします。 他のスペルチェッカーは単に文字の類似性に基づいて、最もよく似た単語を提示します。 fizixをfizzy、enufをennui、shoorをshortといった感じです。 Ginger校正機能は、例えスペルが大幅に違っていたとしても、文意に沿っているならばよく似た音の単語を提示します。 ・文脈に合わない単語を選択する 単語の間違った用法 難読症の方は、"I would like to"の代わりに"I wood like to"と書くことがあります。 多くのスペルチェッカーは、"wood"のスペルが正しいため、この誤りを見抜くことができません。 いくつかのスペルチェッカーはこの単語が間違っているということを見抜くことはできます。 Ginger校正機能は間違った用法で使われているほぼ全ての単語を、訂正することができる唯一のスペルチェッカーです。 ・文章中でのいくつかの誤りは、書き手の意図した意味をあいまいにすることがある。 "I live in the green house"を間違って"I leave in the grin house"と書いたとします。 Ginger校正機能はこのような、文脈それ自体があいまいなときに、書き手が意図した文章を理解することができる唯一のスペルチェッカーです。 難読症の方のほとんどは、読むのに苦労していて、いくつかのオプションから最も正しい単語を選ぶことも難しいことがあります。 Ginger校正機能は文脈に基づいた正しい単語を決定し、自動的に正しい文章を作ります。 Ginger校正機能ドロワーパネル A6. Ginger校正機能では訂正される前のテキストと訂正後のテキストが同時に表示され、誤りと訂正を見ることができます。 この視覚的な表現は、あなたが同じミスを繰り返すことを避けるのに役立ちます。 Ginger校正機能はまた、サンプルの文章や提示されたいくつかの単語の定義を表示して、あなたが単語や表現の異なったニュアンスを理解するのを助けます。 Ginger校正機能の「テキスト読み上げ機能」 プレミアム製品 は、テキストファイル、Eメール、Webサイトを、ハイクオリティーな人間の声ではっきりと読み上げます。 これは実に生活に密着したもので、使いやすく、 英語を第二言語として学ぶ方にとっては素晴らしい 教材となるでしょう。 これはまた、難読症の人々が書いた文章を、彼らが何を書こうとしていたのか確かにする手助けになります。 Ginger校正機能の「テキスト読み上げ機能」 プレミアム製品 は、あなたが使った全てのアプリケーションにおけるライティングミスを分析して、どの英語のトピックをあなたはもっと練習する必要があるのかを特定します。 また、さらなる練習のために最もおすすめのトピックを紹介します。 あなたは文章中の訂正箇所をみて、その単語の正しい発音を学ぶことができます。 これに加えて、この先ミスを繰り返さないために、短いマルチメディアレッスンを受けることができます。 The Ginger校正機能 はまた、それぞれのトピックを完全に学習したかどうか確かめるため、一連のクイズを提供します。 Ginger校正機能スペルチェッカーがスペルの間違えた単語を感知すると、Ginger校正機能パネルに間違った単語が赤で文中に表示されます。 その下に、訂正された単語が青のアンダーラインで文中に表示されます。 Ginger校正機能パネル上で、他のテキストと共に提案文を編集することもできます。 それには以下の2つの方法があります。 ・ボトムセンテンスの先頭にある「ペンシル」アイコンをクリックします。 ・ボトムセンテンスにある、アンダーラインの引かれた単語をクリックして、訂正候補のメニューを表示させ「どれも当てはまらない、元の文を編集する」を選択する。 上記の2つのどちらかで、ボトムセンテンスをテキストボックスに挿入してください。 Gingerが提案する訂正には、青色のアンダーラインが引かれます。 Ginger校正機能による訂正を拒否したい場合は、アンダ-ラインの引かれた単語を右クリックして、表示されたリストから「元の単語または別の訂正」という項目を選択します。 文章中の別の単語も修正することができます。 「Approve」をクリックすることによって、その訂正を適用することができます。 文章を再チェックするためには、文章中にカーソルを置いてF2 ボタンもしくはGinger校正機能 ドロワーをクリックしてください。 Ginger校正機能プレミアムでは、Ginger校正機能パネルのディスプレイの設定を変更することができます。 テキストのサイズ、エラー表示や訂正の際の文字の色、コントラストの色などです。 この設定をGinger校正機能 パネルで編集するには、「設定」をクリックし、メニューから「ディスプレイの設定」を選択します。 Ginger校正機能はあらかじめDefault, High Contrast, and Large Font の3つのディスプレイ設定をセッティングしてあります。 これらを変更するには、ディスプレイ設定ウィンドウにあるアイコンをクリックしてください。 ディスプレイ設定を「カスタムボックス」で編集するには、「編集」をクリックしてください。 「カスタム」ウィンドウで、エラー時、訂正時、再チェック時の単語のカラー、フォントサイズ、行間の編集などができます。 また、設定を変更するときに、新しい設定でGinger校正機能パネルがどのように見えるか、プレビューを左側に見ることができます。 設定を保存するには、「保存」をクリックしてください。 保存しないときには、「キャンセル」をクリックしてください。 このメッセージは、Ginger校正機能によってサポートされていないテキストエリアを校正しようとした際に発生します。 Ginger校正機能が利用可能なソフトウェアに関しては、以下の表をご参照ください。 より詳しい説明やご不明点に関しては、Ginger校正機能チームまでお問い合わせください。 Outlookのセッティングに問題があります。 設定を変更してください。 「ツール」のメニューを開いて「オプション」を選択してください。 「メールフォーマット」のタブを開いてください。 「Microsoft Office Word2003をメールのメッセージの編集に使う」のチェックボックスを有効にしてください。 Ginger校正機能は現在以下のアプリケーションで作動を確認しています。 Internet Explorer version 6. 0 以降のバージョン• Firefox• Chrome -アドオンでの対応をしています。 Macユーザーの方もご利用になれます。 Safari - アドオンでの対応をしています。 Vistaの場合• スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を開いてください。 コントロールパネル」において、「プログラムと機能」のアイコンをダブルクリックし、インストールされているプログラムのリストの中からGinger校正機能をクリックして、「アンインストール」を選択してください。 Windows7の場合• 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を開いてください。 「コントロールパネル」内の検索ボックスに「プログラム」とタイプし、「プログラムと機能」を開いてください。 インストールされているプログラムのリストの中からGinger校正機能をクリックして、「アンインストール」を選択してください。 Windows XPの場合• 「スタート」ボタンをクリックし、「コントロールパネル」を開いたうえで、「プログラムの追加またはアンインストール」をダブルクリックしてください。 「現在インストールされているプログラム」のボックスのなかで、Ginger校正機能をクリックし、「アンインストール」ボタンをクリックしてください。 Google Chrome拡張機能からGinger校正機能を外す方法• ブラウザのツールバーから、「設定」アイコンをクリックしてください。 メニューから「設定」をクリックし、「拡張機能」をクリックしてください。 拡張機能のリストの中から、外したいGoogle Chrome拡張機能の横にある「ゴミ箱」アイコンをクリックすると、確認画面が出るので、取り外しを確定してください。 通常版のGinger校正機能の全ての機能に加えて、Ginger校正機能プレミアムはテキストの読み上げ機能、Ginger校正機能英語学習機能がつきます。 テキストの読み上げ機能はテキスト、メール、Webサイトを高品質な音声品質で読み上げます。 Ginger校正機能英語学習機能は全ての間違いを記憶・分析し、あなたが間違えやすいトピックを教えてくれます。 また、今後の課題となりうるトピックをも提示します。 Ginger校正機能があなたの英語のミスに基づいて、苦手なトピックをどう改善していくかを教えてくれます。 文章を補正した後は、正しい発音の仕方を勉強することもできます。 そして、同じミスを繰り返すことを避けるのに役立つ、短い映像や他のマルチメディアを見ることも可能です。 更に、Ginger校正機能の英語チューターを使って出題されるクイズに答えることで、学んだトピックを完全に定着させることができます。 Ginger校正機能のテキスト読み上げ機能を使ってメールやドキュメントを音声で聞くことができます。 この機能を使うためには、スピーカーもしくはイヤホンのスイッチが入っていて、ボリュームがミュートでないことを確認してください。 エラーを含んでいる文章の読み上げを行う場合 Ginger校正機能が文章に含まれているミスを発見した場合、Ginger校正機能のパネルからオリジナルのバージョンと、校正されたバージョンの両方を聞くことができます。 それらの文章の音声を聞くには、文章の横に現れる「スピーカー」をクリックしてください。 Ginger校正機能がエラーだと認識した単語を、オリジナル、校正バージョンの両方を音声で確認できます。 間違った箇所はアンダーラインで強調されます。 このアンダーラインの場所をクリックすると、メニューが表示されます。 マウスのカーソルをメニュー上でマウスオーバーさせると、文章の読み上げを行います。 もし音声が聞こえてこない場合は、メニューの右上にあるスピーカーアイコンを確認してください。 全体のテキストを聞く場合には、Ginger校正機能ドロワーの「スピーカー」をクリックしてください。 Ginger校正機能がカーソルで指定されたところから、テキストの最後まで読み上げます。 読み上げを停止する場合は、ドキュメント上のどこかをクリックして、Ginger校正機能ドロワー内の「停止」をクリックしてください。 Ginger校正機能は、スペリングの間違った言葉を見つけると、その文全体を検証し、文脈を分析します。 また、スペルミスが著しい場合でも、書き手の意図に沿うように修正を図ります。 一般的なスペルチェッカーは、スペリングの間違った言葉の代替案を示しますが、文脈を考慮していません。 そのため、スペルミスが著しい場合には、不適切な言葉を示すことが多いのです。 例えば、「I rannd out of time」と書いたとすると、一般的なスペルチェッカーは「rand」「rend」「rind」といった言葉だと推測し、修正を要求してきます。 一方でGinger校正機能はその間違いを「ran」だと判断して自動的に修正します。 Ginger校正機能は、通常のスペルチェッカーが示す代替案のうちどれが正しいのか分からない人にとっては特に効果的です。

次の

Google 翻訳のウェブサイト翻訳ツールが終了?!まだ使える裏技をご紹介|CMA BLOG|ホームページ・Web制作・インターネット広告代理店|株式会社シーエムエー(静岡/浜松)

英訳 ツール

海外FX業者一覧 ブローカー 特徴 エックスエム XMは196ヵ国で100万人の顧客数を誇る海外FXブローカー。 日本語サポートも充実しており、日本人トレーダーにも人気No. 最大レバレッジ888倍、追証なし。 リクオートなし、約定拒否なし。 アイフォレックス 億トレーダーを多数輩出している老舗海外FXブローカー。 レバレッジは最大400倍で追証なし。 株式、商品、通貨ペア、指数、ETF、仮想通貨など、600以上種類の銘柄がトレード可能。 タイタンFX TITAN FXは業界トップクラスのスプレッドの狭さ(0. 0pip〜)を誇るECN口座が魅力の海外FX業者。 最大レバレッジ500倍、追証なしで、両建て取引やスキャルピングOK。 日本語対応で国内銀行出金も可能。 ソーシャルトレードのプラットフォームも有り。 アキシオリー AXIORY(アキシオリー)はスプレッドの狭さと約定力に定評のある海外FXブローカー。 ECN口座は最小スプレッド0. 0pips〜、手数料は1lot片道3ドルと取引コストの安さが魅力。 レバレッジは最大400倍、ゼロカットシステム採用。 トレードビューフォレックス tradeview ForexのECN口座は手数料が片道2. 5ドルと格安で平均スプレッドもドル円0. 2pipsと狭く、スキャルピングにも最適な海外FXブローカー。 取引プラットフォームはMT4だけでなく、cTrader、Currenexにも対応。 35,000ドルまで信託保全あり。 ゼロカットシステムで追証なし。 レバレッジはスタンダード口座が最大500倍、ECN口座は最大200倍、cTrader、Currenexは最大400倍。 ホットフォレックス ボーナスやキャッシュバックなどプロモーションが豊富な海外FXブローカー。 最大レバレッジは、マイクロ口座が1000倍。 プレミアム口座は400倍。 口座の通貨タイプはUSD口座とEUR口座のみ。 新規口座開設で、50ドル分の証拠金プレゼント+ボーナスキャンペーン。 ビッグボス BigBossはニュージーランドに本社を置く海外FX会社で、豪ドル関連の通貨ペアで狭いスプレッドを実現。 書類提出を後回しにできるクイック口座開設で口座開設完了まで最短3分。 最大レバレッジは555倍で追証なし。 ゲムフォレックス GEMFOREXでは150以上のFX自動売買ソフト(EA)やミラートレードサービスを無料で使うことができます。 最大レバレッジ1000倍で約定拒否なし、追証なし。 ランドFX LAND-FXはSTP口座で業界最狭のスプレッド(0. 7pips〜)と高速約定が魅力の海外FX業者。 厳格な金融ライセンスの英国FCAを取得していて、50,000ユーロまでの信託保全あり。 最大レバレッジ500倍、ゼロカットシステム採用で追証なし。 海外バイナリーオプション業者一覧 海外BO業者 特徴 ハイローオーストラリア 海外バイナリーオプションで不動の人気を誇るオーストラリアの業者。 出金の早さが魅力で、国内銀行への出金でも正午までの申請で翌日に着金します。 取引タイプは開始時間と満期時間の価格が高いか低いかを予想するデジタル取引(ハイ・ロータイプ)。 新規口座開設で5000円分のキャッシュバックがもらえます。 ザオプション the optionの取引タイプはデジタル取引(ハイ・ロータイプ)で、ペイアウト率は1. 82倍〜2. 取引ツールにテクニカル指標を表示できる「デスクトップ専用アプリ」を提供しています。 取引額によって翌月にキャッシュバックが受け取れるポイントプログラム有り。 ファイブスターズマーケッツ 1993年創業のFull Rich Limited. が運営するBO業者。 仮想通貨取引で土日もバイナリーオプションをトレードすることができます。 土日も取引できる銘柄はビットコイン BTC , Ethereum ETH , Ripple XRP , Litecoin LTC の4種。 トレード200 ペイアウト率が2倍固定の「RETURN200」が売りの海外BO業者。 最低取引金額が200円からで、少額からトレードすることができることも特徴。 初回入金でボーナスが付与されるキャンペーンも有り。 オプションビット 自動予想シグナルツール「algobit アルゴビット 」や他のトレーダーの取引をコピーして自動取引ができる「フォロートレード」など各種ツールを提供しているのが特徴。 通貨ペアに加え、株式、インデックス、コモデティ、仮想通貨など取引銘柄も多い。 取引タイプは、デジタル取引(ハイ・ロータイプ)、レンジ取引、ワンタッチ取引。 海外ブックメーカー一覧 ブックメーカーサイト 特徴 ピナクル ピナクルはオッズの還元率が業界最高水準! 日本語完全対応で、業界で唯一アービトラージOKと公言しているブックメーカー。 賭け金額の上限が大きく、どれだけ勝っても規制されないことから多くのプレイヤーから絶大な支持を得ています。 ウィリアムヒル 80年以上の歴史を誇る世界最大手の老舗ブックメーカー。 ベットオプションの種類が豊富で、スポーツ以外にも政治ネタや時事ネタにもベットすることが可能。 登録時、プロモーションコード欄に「JP100」と入力すると100%のマッチボーナスを受け取ることが出来ます。 日本人による日本語チャットサポートもあります。 日本人限定ウェルカムオファーで新規登録後、入金するとフリーベット4回がもらえます。 テンベットジャパン 日本人向けの欧州大手ブックメーカーサイト。 24時間ライブチャットや電話による日本語サポートがあり初心者にもおすすめです。 本人確認なし、名前と住所も登録不要の簡単登録ですぐ始めることができます。 初回入金ボーナスでベット額の3倍のフリーベットがもらえます。 ワンバイベット ロシア・東欧地域で最大規模の比較的新しいブックメーカー。 日本語対応の使い勝手のよいスマホアプリもあり。 新規登録で12300円のボーナス有り&登録者は様々なスポーツ中継を視聴できます。 ベット365 1974年創業で約200カ国1900万人以上の利用者を抱える世界有数のブックメーカー。 賭けられるスポーツの種類が豊富で、スマホアプリもあり。 (日本語非対応) 入金するとスポーツのライブストリーミング配信を視聴できます。 海外オンラインカジノ一覧 オンラインカジノサイト 特徴 ワンダリーノ プレイヤーが冒険者になって様々にミッションに挑む冒険型オンラインカジノ。 トーナメントを毎日開催していて、プレイすればするほどレベルが上がります。 チェリーカジノ 50年以上の歴史があるカジノ「cherry」が運営母体のオンラインカジノ。 同じサービス内にスポーツブックやロトも提供されています。 パイザカジノ 1000種類以上のカジノゲームがプレイできるオンラインカジノ。 最短2分以内に出金可能+出金上限がないためハイローラーの方々にも人気があります。 500円ベットごとに1ポイントのキャッシュバックあり。 クエストを進めていくと新しいゲームがプレイ可能になるRPG型オンラインカジノ。 他のプレイヤーとのチャット機能などSNS要素もあり、30万人以上がプレイしている人気のカジノゲームです。 初回4回の入金まで入金ボーナスがあります。 海外で正式にライセンスを取得して運営されています。 ベラジョンカジノ ベラジョンカジノには、700種類を超えるカジノゲームがあり、スマホで遊ぶことが出来ます。 日本人によるメールまたはチャットでの日本語サポートも完備。 さらに2nd、3rdボーナスもあります。 W88は、カジノゲームのテキサスホールデムポーカーをスマホでプレイできることで人気です。 プレイできるカジノゲームは1,000種類以上。 同じサービス内でスポーツブック・ロトも提供しています。 エンパイアカジノ 全9スタジオ、50以上のテーブルがあるライブカジノ特化型のオンラインカジノ。 また毎週、ウィークリーキャッシュリベートというキャッシュバックキャンペーンもあります。 インターカジノ 1996年から運営している世界初のオンラインカジノ。 650種類以上のカジノゲームがプレイできます。 登録するだけで入金不要の10ドルボーナスプレゼント。 さらに、最大1000ドル分のボーナスをもらえるのウェルカムボーナスも有り。 ジャックポットシティカジノ ジャックポットシティは、1998年から運営されている老舗オンラインカジノ。 海外仮想通貨取引所一覧 海外取引所 特徴 バイナンス 常に取引高ランキング上位の世界最大手の仮想通貨取引所。 アルトコインの種類が100種類以上と豊富。 取引手数料は、0. 独自の取引所トークンBinance Coin BNB を使うことで取引手数料が半額の0. オーケーイーエックス BINANCEと並ぶ、世界最大規模の中国の仮想通貨取引所。 主要仮想通貨の先物取引が可能。 (最大10倍もしくは20倍を選択。 ) 現物の取引手数料は、0. (月間の取引量によって手数料が決まる。 取引量600BTC以下は0. ) 独自トークンOKBを発行していて、OKBの取引手数料が無料、取引手数料収入をホルダーに還元するシステムがあります。 ビットジー ICO銘柄の最初の上場先となることが多い仮想通貨取引所。 アルトコインの種類が豊富で取引手数料は0. ビボックス OKCoin共同設立者とHuobiコア創業メンバーがチームとなって設立した仮想通貨取引所。 Biboxの手数料は0. レバレッジ最大3倍での信用取引も可能です。 ビットフィネックス 2013年に設立された香港の大手仮想通貨取引所。 アルトコインのレバレッジ取引が可能。 (最大3. 3倍) 円建てでの取引が可能な銘柄が複数あります。 入出金サービス一覧 入出金サービス 特徴 マイビットウォレット e protections Pte. Ltd. (イープロテクションズ)が提供する支払いサービス。 海外FXやバイナリーオプション業者の入出金などに幅広く使用されています。 銀行口座、クレジットカード、ビットコインでの入金が可能。 スティックペイ ニュージーランドのSTIC LIMITEDが2017年に開始したオンライン決済サービス。 海外FXの入出金にも利用されるなど、認知度が広まってきています。 SticPayプリペイドカードでMasterCard加盟店での買い物、オンラインショッピングが出来る他、ATMから現金の引き出しが可能です。 エコペイズ イギリスのPSI-Pay Ltdが提供するオンライン決済ソリューションプロバイダ。 ブックメーカーやオンラインカジノ間の資金移動手段として多くのプレイヤー利用されています。 エコペイズが発行していたecoカードを使って、以前はATMで現金が引き出せましたが2018年8月6日よりカードは使用不可となっています。

次の