昼寝 頭痛 吐き気。 昼寝の後に頭痛や吐き気が続く時の原因と治し方は症状で違う!

睡眠不足の吐き気は危険なサイン!今すぐできる対処法3選

昼寝 頭痛 吐き気

昼寝をすると頭痛が起こる原因とは? 昼寝の後に頭痛が起きる原因はいくつか 考えられます。 主だったものでは、 「寝る時の姿勢」と 「長すぎる仮眠」の2つです。 まず、昼寝の姿勢ですが、ついついテレビを 見ながらソファーにゴロンとしたり、会社の デスクに うつ伏せになったりしていませんか。 あるいは、洋服やスーツで締め付けられて いませんか? 窮屈な姿勢で仮眠をとると、筋肉が収縮して 血流が悪くなり、頭痛が起こりやすくなります。 これは、日本人に多いといわれている 緊張型頭痛と酷似した状態です。 頭痛まで行かなくても、肩が凝ったり、 首を痛めてしまうこともあります。 昼寝とはいえ、楽な姿勢で、できれば楽な 服装で短時間仮眠をとると、体には良い影響 をもたらします。 また、 「休日にまとめてお昼寝」と思って ついつい2時間や3時間も寝てしまっていま せんか。 それくらいでは物足りず、ガッツリ寝てしまう 人も多いことでしょう。 実は、長すぎる昼寝は、 偏頭痛の原因になる といわれているのです。 偏頭痛は、血管が緩んだときに起こるので、 リラックスした状態の時に起こります。 仕事が休みの日に、体も脳も休めたつもり でも、却って残念な結果をもたらすことも あります。 リラックスできるのは良いことですが、血管 が拡張して 神経を刺激するようになると頭痛 が起きてしまうのです。 窮屈な恰好や服装で寝るのも良くありませんが、 逆にリラックスしすぎても体調に悪い変化を もたらすことがあるため、要注意です。 では、どうするのが一番良いのか・・・? 休日などの場合、完全にリラックス状態になる 前に昼寝を切り上げると、スッキリと目覚めら れます。 また、毎日朝が早い主婦の方などの場合、仮眠 するのに良い時間は 20分程度とされています。 昼寝をすると頭痛や吐き気、めまいまで起こる原因とは? 昼寝によって頭痛だけでなく、 吐き気や めまいを伴うこともあります。 これらは、もともとの体調不良やストレス、 または病気が隠れていることもあります。 昼寝の後に吐き気を感じる原因は、 昼食の後、 すぐ寝てしまった、低血圧、ストレスなどが 原因のことが多いようです。 特に、食べた直後に仮眠をとってしまうと、 消化管へ負担をかけてしまい、ムカムカ してくることがあります。 食べた後、少し時間を空けてから寝るように すると、この点は改善できそうです。 もし激しい吐き気があるときには、 脳の障害 や 消化器症状の1つと疑われるため、病院で 一度検査したほうが良いでしょう。 また、めまいが起こる場合も、 低血圧による ものや慢性的な貧血、疲労、ストレスが原因 として挙げられます。 特に、無理な姿勢で寝てしまうと、血流が悪く なるため、めまいや立ちくらみが起こりやすく なります。 もちろん、 メニエール病や 突発性難聴など、 耳の病気の場合もありますが、昼寝後だけに 不快な症状が現れる場合、抱え込んでいる ストレスなどにも目を向けてみましょう。 そして、頻繁に不具合が生じる際は、早めに 専門医に相談してみることも大切です。 昼寝をすると現れる頭痛を治すには?対処法は? もちろん、原因によって 治す方法もそれぞれ 異なります。 緊張性頭痛のような、首や肩が凝り固まった 症状があれば、 温めることで緩和できます。 首筋や肩、目の周りなど、血管が集中している 部分を温めて、血流を良くすることで、かなり 症状を抑え込むことも可能です。 湯たんぽや蒸しタオル、ドラックストアで 購入できる 温めパッドなどを活用するのも おすすめです。 寝過ぎによって起こる拍動性の頭痛の場合、 血管が開いてしまっているため、少し冷やし てあげると良いです。 あるいはコーヒーや紅茶など、カフェインの 入ったものを飲むのも効果的です。 本格的な偏頭痛へ移行してしまうと、予防の ための薬なども必要になるため、毎日昼寝を する人はチェックしておきたいですね。 さらに、食後にすぐ寝てしまって吐き気が する時は、 冷たい水などを飲んで消化管 を刺激すると緩和できます。 また、どうしても仮眠が必要だと感じたら、 「横になれる体勢で寝る」「衣服を少し緩 める」 「20分程度で切り上げる」などが 予防に繋がります。 特に、 寝る時間については注意が必要です。 1時間半の昼寝は1晩分に相当する効果を 発揮するといわれていますので、熟睡に 入る前の 20分程度がベストです。 何時間も寝てしまうと 血流や 血圧に大きな 変化を与えてしまうため、ほんの僅かな 仮眠だけで十分です。 最近は心因的なストレスを抱える人が多く、 頭痛持ちも珍しくありませんが、日常生活 に支障がある場合は 頭痛外来などを受診 してみましょう。

次の

昼寝後の頭痛や吐き気で悩んでる?治し方が効果的な方法は?

昼寝 頭痛 吐き気

昼寝して頭痛?昼寝で頭痛いのは危険な兆候かもしれません。 昼寝は睡眠不足を補えること、日中のリフレッシュのために必要ですが、実は眠り過ぎや寝不足でも頭痛が起きてしまいがち。 その原因と対策、治し方などをまとめました … 今までの昼寝特集はこちらからどぞ。 寝不足が続くだけでなく、実は寝すぎることでも頭痛は起こってしまうものなんです。 昼寝だけでなく、朝起きた後になんだか違和感を感じる。 じんじん頭が痛む。 など、人によって症状の大小は様々ですが、寝た後の頭痛、特に昼寝の後に頭痛が起きようものなら、午後の仕事にも影響が出てしまいます。 えっ、昼寝の後に頭痛なんか起きるの? という人も要注意です。 意外と多い、昼寝後の頭痛の謎を今日は紐解いてゆきましょう。 目次はこちら• 昼寝をすると頭痛をする原因 まず、昼寝をして頭痛が起きてしまう原因は大きく分けて3つです。 血管の拡張 昼寝のリラックス効果により脳への血行が良くなることで一時的に偏頭痛を引き起こしてしまいますが、あくまで一過性のものが多いようです。 血糖値低下による脳の混濁 食事量が少なかったり、食事の時間が遅れるなどの低血糖状態に昼寝をすると、脳の混濁により頭痛を引き起こしてしまいます。 自律神経の不調 昼寝というより時間の長い仮眠時に起こりやすい症状で、睡眠リズムを崩し頭痛に繋がってしまいます。 (実はこっちの方が厄介なので詳しくは後日、記事にまとめます) 昼寝の頭痛を無くす対策 とてもシンプルです。 昼寝の時間を20分前後にする(最大でも30分未満)• 食事を規則正しくとる• 慢性的な頭痛持ちの人はその原因を解決する(そもそも昼寝が原因ではない場合) そもそも頭痛の直接的な原因は、昼寝出ない場合が多いので今回はその辺りを中心に紹介します。 なぜ、頭痛が起きるのかその仕組み 昼寝の頭痛のにはメカニズムがあります。 どちらかと言うと男性より女性の方が頭痛に悩まされることが多いのですが、昼寝に限らず日本人の2. 5人に1人は頭痛に悩まされていると言われています。 そんな頭痛は頭の太い血管や骨も守る膜である骨膜、頭皮、頭の筋肉、脳神経など頭の組織などが圧迫されたり、炎症を起こしたりすることで起きます。 昼寝など睡眠による頭痛は、二日酔いなどと同じような一時的な状態による頭痛なので、慢性的な頭痛とは異なるというものの、昼寝を始め睡眠をすることで、いちいち頭痛が起きてしまうのは考えものです。 そのような状態では、眠ることに安心を感じれなくなるのが自然な人間の反応で慢性的な状態になってしまうと、不眠症の原因とさえなってしまう可能性だってあります。 眠り過ぎると頭痛の原因に 実は長時間の睡眠には頭痛になってしまう理由がります。 先ほど、昼寝と頭痛の関係でも少し触れましたが、普段と違う睡眠リズム(特に睡眠時間の変化)により自律神経が崩れてしまいます。 すると、脳の血管の収縮・拡張のリズムも崩れてしまうことから頭痛が起きてしまいます。 また、眠り過ぎることによって脳の血行が悪くなってしまいます。 血行が悪くなると、セロトニンというホルモンを使って血管を拡張させようとしますから、頭痛が起きやすくなってしまうんです。 特に、慢性的な頭痛や片頭痛を持っている人は、こういった睡眠リズムの変化には注意したいところ。 寝すぎと頭痛の関係は 改めて時間を作って記事で紹介します。 こちらの記事に書きました。 そもそも、頭痛の2大原因と言われている血行不良と自律神経の乱れが睡眠不足でも起きてしまうんです。 睡眠不足が続くと、体の筋肉は緊張が取れません。 すると、その緊張状態がいずれ脳にも達してしまい血管が圧迫され血行不良に、その後セロトニンが分泌され血管が拡張されるんですが、その時に脳神経も一緒に刺激してしまうため痛みを伴い頭痛となってしまいます。 ちょっと昼寝がちょっとどころではない件について ちょっと昼寝と言っても、その「ちょっと」に大きな個人差があります。 ちょっと昼寝というのは、 原則30分以下です。 寝すぎかどうかを測るには、いい尺度でしょう。 規則正しい生活と言ったら、なんだか堅苦しくなってしまいますが、自分なりで良いと思います。 リズムの取れた生活をするのが、何より大切なこと今一度この機会に生活リズムを、見直してみましょう。 (ポイントは理想の生活リズムを書き出して実行すること) まとめ.

次の

昼寝で頭痛・吐き気・体がだるくなる原因!治し方、薬、予防法!

昼寝 頭痛 吐き気

寝不足が限界までいってしまうと、 緊急的に体内を浄化しようと、体は吐き気を催すようになっているのです。 寝不足が引き起こすのは吐き気だけではありません。 限界に達すると、 自分の体の一番弱い部分に症状が出やすくなるのです。 腰に負担をかけている人は腰痛。 デスクワークなどで肩や首を使っている人は頭痛になったりと、 弱っている体から危険信号を出しているのです。 寝不足による頭痛や吐き気があるなら無理をしない 寝不足で頭痛や吐き気などの症状が現れた時は、 どの部分が弱っているのかが分かりますので、それ以上無理をしないことです。 それには、 毎日の生活習慣を改善したり、食べ物に気を付けたり、質の良い睡眠をとったりしましょう。 なにより 寝不足による不調を予防していくことが必要です。 頭痛の治し方は休息すること こんな時の頭痛の治し方や解消法は、第一に 「休息すること」です。 ですが、それが無理な方もいらっしゃいますよね。 もし、会社だったりしたら、自分の席でも、それが無理ならトイレの個室に入ってでも、 15分程度目を閉じて脳を休めることが、頭痛の治し方と解消法になります。 もう一つ、寝不足による頭痛の治し方と解消法に、乱暴な治し方としては、 頭痛で痛む部分の頭皮を引っ張るという治し方があります。 引っ張った状態でしばらくキープします。 そうすると、 その部分の血の流れが良くなるので、頭痛も解消されていきます。 これは、簡単な治し方と解消法としてご紹介しました。 寝不足で疲労が一定ラインを超えてしまっているので、吐くことで楽になろうとしているのです。 吐き気の治し方は吐くこと 寝不足による吐き気の治し方と解消法としては、 吐いてしまったほうが楽になることもあります。 ですが、根本的な治し方としては、 寝不足を解消することしかありません。 十分な睡眠がとれていれば、自然と治る治し方です。 ですが、会社にいる、育児中だ、といった方は、 横になって睡眠をとることは難しいですよね。 そんな場合は、次のような治し方をお勧めします。 ・短時間でいいので仮眠をとる ・食事を多く取らない、少な目で消化の良いものを食べる ・カフェインや炭酸飲料は避ける このように、 体の負担を軽減する治し方や解消法を心掛けましょう。 また、 吐き気の場合は胃腸に負担をかけないことも、大事な治し方、解消法です。 寝不足によって引き起こされる頭痛や吐き気ですが、先にも述べたように、 根本的にはきちんと睡眠をとれる環境づくりしかありません。 寝不足でいることで、仕事もはかどらない、具合も悪い、では、マイナスなことばかりです。 なるべく寝不足を解消するために、生活スタイルを睡眠を軸に考えるようにしましょう。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 以上の情報がお役に立てれば幸いです。

次の