北斗 天井。 北斗天昇 パチスロ北斗の拳天昇:【スロット新台】解析・スペック・打ち方・設定判別・導入日・ゲーム性・天井まとめ

北斗の拳 天昇 天井恩恵・ゾーン狙い目とやめどき|パチスロ6号機

北斗 天井

8 97. 2 99. 1 100. 5 105. 7 110. 4 114. 通常時は規定G到達時の抽選による「断末魔ZONE」突入や、世紀末ポイント蓄積からの「世紀末ZONE」突入を目指す。 いずれも演出成功で 「激闘BONUS」を獲得し、「強敵バトル」に勝利で「真・天昇RUSH」突入となる。 セット間に減少区間が存在しないのも大きな特徴で、既存の機種とは一線を画す出玉スピードを実現している。 消化中の演出も完走型STタイプの「世紀末モード」と、王道バトルタイプの「修羅モード」を任意で選択可能。 異なったゲーム性を楽しむことが可能となっている。

次の

Sパチスロ北斗の拳 天昇 解析情報

北斗 天井

内部モード別の天井ゲーム数に関しては 通常Aが700G、 通常Bが600G、 通常Cが400G、そして チャンスが200Gとなっています。 また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部以外では断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選しますが、通常A最深部に到達した場合は断末魔ゾーンを経由せず激闘ボーナスに当選します。 さらに、通常A天井到達時にAT「真・天昇ラッシュ」非当選だった場合には激闘ボーナス終了後に有利区間がリセットされず、 次回チャンスモードへの移行が濃厚になるようです。 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 そして、2連続で真・天昇ラッシュに非当選だった場合、真・天昇ラッシュに当選して通常時に転落した場合には有利区間がリセットされます。 【オンラインカジノを始めたい人必見】 天井狙い目 内部モードやゾーン振り分け解析次第で狙い目は微調整していきますが、現時点での北斗の拳 天昇の天井狙い目は、通常時300Gハマリを目安ということにしておきます。 世紀末ゾーン突入に関わる世紀末ポイントや激闘ボーナス突破率に影響する昇舞魂の貯まり具合も考慮する必要がありそうですが、状況不問と仮定しても300G程度までハマっていればまず問題ないでしょう。 なお、その時点のハマリゲーム数は液晶左下に表示されているので、天井狙い稼働の際には液晶で正確なゲーム数を把握するようにしてください。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 有利区間リセット後の天井狙い目に関しては、200Gゾーンをカバーしながら激闘ボーナス当選まで打ち切れる 190G~ということに変更します。 内部モードによって期待度の高いゾーンが異なる機種が多いですが、北斗の拳 天昇はどのモードも百の位が偶数ゲーム数がゾーンとなっているようです。 現時点では詳細振り分けは不明ですが、実戦値の200Gゾーンの当選率次第で天井狙い目を調整します。 ゾーン狙い目 現状は狙い目となるゾーンはなしということにしておきますが、実戦値や解析続報が入り次第ゾーン狙い目は再考察します。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 ただ、現時点では世紀末ポイントと昇舞魂の貯まるペースがどのくらいか分からないので、こちらも続報が判明次第追記していきます。 やめどき 北斗の拳 天昇のやめどきは激闘ボーナス、真・天昇ラッシュ終了後に即やめということで。 ただ、天井恩恵の項目で解説した通り、 最深天井到達時に真・天昇ラッシュ非当選だった場合はチャンスモードへの移行が濃厚となるので、その場合は激闘ボーナス当選までフォロー。 なお、激闘ボーナス終了後や真・天昇ラッシュ終了後には基本的に七星チャージ突入率&昇舞魂獲得率が優遇された『荒野ステージ』に移行しますが、スペック面やゲーム性を踏まえるとフォローする必要はないと考えています。 とは言え、詳しい解析や実戦値を見ないことには断定できませんし、最深天井到達時以外にも有利区間を引き継ぐ可能性があるので、もしやめどきに変更があれば改めて追記します。 まず、 真・天昇ラッシュ終了後や有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合は即やめということでいいでしょう。 北斗の拳 天昇はクレジットの右側に有利区間ランプがあるので、不安な場合は有利区間ランプが消灯したことを確認しておくとより安心です。 また、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが400G以内の場合も真・天昇ラッシュ後と同じく 即やめで。 そして、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが401G以上かつ真・天昇ラッシュ非当選だった場合は 次回激闘ボーナス当選までフォロー。 この時も心配なら有利区間ランプが一旦消灯しないかどうかを確認しておきましょう。 【やめどき】 ・真天昇ラッシュ終了後(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から400G以内に1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):即やめ ・有利区間開始から401G以上で1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):激闘ボーナス当選まで <解析まとめ・記事一覧>.

次の

真・北斗無双 スロット 新台 スペック 導入日 解析 天井 設定判別 モード 評価

北斗 天井

【4種類のステージで内部状態や前兆を示唆】 通常時のステージは「バトロ」、「オグル」、「ビジャマ」、「ファルコ」の4種類。 すべてのステージは夜に移行する可能性があり、夜滞在時のART当選はレインボーオーラからのスタート。 つまり、宿命の刻突破が確定する。 また、内部的に夜に移行していても液晶上は変化しない「隠れ夜」が存在するが、この場合も宿命の刻に当選すればもちろん突破確定だ。 [ファルコステージ] 今作の内部状態は通常から低確への転落はなく、高確に昇格した後から転落抽選をおこなう。 【連続演出に成功すればART確定】 「バトロバトル」 バトロステージでのみ発展する可能性がある、ターン制のバトル。 「オグルバトル」 オグルステージで発生する、最大3Gのストーリー風バトル。 「チャンスアップ(一部)」 [バットが号令をかける] バットが強気ならチャンス! [顔のアップ] 「アスカ救出演出」 バトロ/オグル/ビジャマステージで発展の可能性がある、最大3Gのストーリー風連続演出 1、2G目にアインが登場すればART確定! [アインがアップになればチャンス] 「おれを呼ぶか」 ファルコステージでのみ発展の可能性がある、最大2Gの連続演出 [チャンスアップ] 1G目…ケンシロウの乱舞が派手 2G目…ファルコの右足が泣いていない 「勝利確定バトル」 [アスラバトル] [バスクバトル] バトロ/オグル/ビジャマステージで発展の可能性がある、1G完結の演出 どちらも発展した時点で勝利確定だが、バスクバトルには勝利以外にも恩恵がある!? 「擬似連演出」 バトロ/オグル/ビジャマ/アインの全4パターンがあり、各キャラ5段階目まで存在している。 発生した時点で激アツの演出だが、5段階目到達やキリン柄の帯が出現すれば恩恵あり!? 【通常から低確に落ちないため、通常の把握も重要】 今作には通常から低確へのモード移行がないため、通常を見抜くことが重要な要素のひとつとなってくる。 通常時の演出にはこれまで同様の高確示唆演出だけでなく、通常示唆もあるため、しっかりとチェックしておこう。 「小役否定で通常以上となる濃厚演出」 [バトロステージ:黒王動作] [オグルステージ:リン動作] 上記2つの演出がハズレ時に出現すれば通常以上が濃厚。 MBやレア役などは対象とならない。 「高確以上濃厚演出」 [バトロステージ:ケンシロウ大オーラ] [オグルステージ:北斗の軍集合] [ビジャマステージ:ビジャマ大オーラ] [ファルコステージ:ファルコ大オーラ] 大オーラはハズレ、リプレイ、ベル時に出現すれば高確以上が確定する。 「高確以上確定演出」 [全ステージ対応:第3停止振り向き+リプレイ] 全ステージで共通となる法則。 こちらも当該ゲームのリプレイで転落している可能性はある。 「ステージチェンジにも注目」 [稲妻大] 高確以上確定! [キリン柄稲妻] 前兆確定! 稲妻の大きさや柄に関わらず、ビジャマステージからオグルステージへ移行した場合は高確以上確定といった法則も存在している。 「前兆以上濃厚演出」 [第3停止まで立ち止まったまま+ベル] 「本前兆確定演出」 [アスラ登場+ベル] [青の通行人から発展] 対戦相手を問わず本前兆確定だが、発展したバトルで負けた後に別の演出でART当選といったパターンも存在する。 「消灯演出」 [消灯演出+ヒビあり] 消灯演出は、画面にヒビが発生するほど通常以上に期待ができる。 下記の条件を満たしている状態での本前兆中に、発生する可能性がある。 オグルステージはバット、リン、北斗の軍が雑魚を倒した時の手配書、ビジャマステージはスピーカーから聞こえるジャコウの声が断末魔の代わりとなる。 『たわっ』は通常以上確定。 『たわらん〜』、『あだり〜!? 』は本前兆確定。 』…本前兆確定 『必勝〜!? 』…本前兆&宿命の刻突破確定 金文字は本前兆確定! [バトロステージ] バット(1000ジュドル)…通常以上の期待度アップ リン&バット(10000ジュドル)…高確以上確定&本前兆期待度も高い ケンシロウ(100000ジュドル)…本前兆確定(宿命の刻突破は確定ではない) [ビジャマステージ] 黒文字『もっと光を!』…通常以上の期待度アップ 赤文字『あ…明るい…』…高確以上確定&本前兆期待度も高い 金文字『世界が虹色に!』…本前兆&宿命の刻突破確定 ジャコウのセリフに合わせて部屋内の明るさも同時に変化 【今作の北斗カウンターは最大16】 引いた小役に応じて、カウンターの周りにあるランプが点灯。 セグに表示される数字は基本的には16だが、前兆中の一部で残りの前兆ゲーム数が直接表示されるパターンもある。 「通常時」 [点灯契機] 弱スイカ/強スイカ/中段チェリー/強ベル/強MB/激アツ役 [セグ周りの点灯する箇所と色] スイカ…セグの左下(緑) 中段チェリー…セグの上部(赤) 強ベル/強MB…セグの右下(紫) 激アツ役…すべてがレインボーに発光 「レア役の重ね引き」 レア役をカウンターが0になる前に引くと、重ね引きの回数に応じて色が変化していき、カウンターが0になったときにARTの直撃抽選をおこなう。 ART中に北斗カウンターがレインボーに発光した場合は、SPエピソードが確定する。 【高確や前兆を示唆するパターンが多数! ただし、リプレイ絵柄が揃わないリプレイの場合は対象とならないため、注意が必要だ。 [ART中] ART中も払い出しランプの色の矛盾によって示唆をおこなうが、北斗カウンターが点灯しているか否かによって示唆内容が異なる。 [北斗カウンター非点灯時] 色矛盾(白)…上乗せバトル発展確定 色矛盾(紫)…上乗せバトル(ビジャマ)or直撃劇闘ストック確定 色矛盾(レインボー)…勝利確定のバトルor直撃劇闘ストック確定 点灯しっぱなし…SPエピソード確定のバトル発展orSPエピソード確定 [北斗カウンター点灯時] 色矛盾(レインボー)…直撃劇闘ストック確定 点灯しっぱなし…勝利確定のバトルor直撃劇闘ストック確定 レインボー…SPエピソード確定 【バックランプの点灯パターンがいつもと違えばチャンス】 通常時なら本前兆、ART中ならバトルの勝利や劇闘ストック獲得など、有利な展開が待っている。 非前兆中はレア役を示唆する演出となるため、下記はすべてレア役を否定(押し順ベル、押し順リプレイ)した場合に限定。 『1』が表示された後、なかなか上乗せが発生しないと思いきや『99』が上乗せされるなど、うれしいパターンも数多く存在している。 ベル間のハマリやレア役成立時に断末魔が発生すれば、オーラの色がアップする。 「基本性能」 「オーラの色と突破期待度」 白<青<黄<緑<赤<レインボー 「断末魔がオーラアップの合図」 [あべし! ] [必勝〜!? ] 基本は「あべし! 」だが、「ひでぶ! 」ならオーラの2段階以上アップが濃厚、「げきあづ〜! 」や「必勝〜!? 」といった激アツパターンもあり。 ケンシロウの北斗百裂拳や初代復活カットインが発生すれば、勝利だけでなくなにかも確定する!? また、突きを無想転生で避けたり、衝の輪(これまでの北斗剛掌波)を普通に避ければ…といったおなじみのパターンも存在しているぞ。 「突破後はケンシロウのオーラの色で継続率を示唆」 宿命の刻突破後はリールが逆回転し、赤7もしくは北斗の拳絵柄が揃ってから激闘乱舞がスタート。 激闘乱舞スタート時のケンシロウのオーラの色で継続率の示唆をおこなっており、北斗揃いなら高継続率の期待大だ。 また、北斗揃いの場合は激闘乱舞の前に擬似ボーナスに突入し、劇闘ストックの獲得抽選をおこなえる。 【継続率と劇闘ストック獲得の2つで継続を目指す】 激闘乱舞には継続率があり、ゲーム数消化後に発展するファルコとのバトルに勝利できれば継続が確定。 消化中のバトル勝利などで獲得する劇闘ストックを持っている場合も継続が確定となる。 基本となる継続率と劇闘ストックによる継続に加え、EX乱舞(TURBO)でゲーム数を獲得しつつ、ロング継続を目指していこう。 「基本情報」 突入契機…宿命の刻突破/通常時の赤7もしくは北斗揃い 純増…約1. 市都中はベルでもバトルを抽選、レア役ならバトル発生濃厚!? 「上乗せバトル」 バトル中にレア役を引ければ勝利確定となり、劇闘ストックを1つ以上獲得。 さらに、ストックを告知しているタイミングでレア役を引けば追加でストックを獲得する。 ケンシロウが負けなければARTが継続する。 ファルコの攻撃時にPUSHを押すと何かが起こる!? 「劇闘」 激闘乱舞のゲーム数を消化した後に、セット数ストックを持っていると劇闘に移行。 10Gのエピソードが発生し、バトルをおこなわずに次のセットへ移行する。 【バトルの相手は3人】 おもにART中のレア役を機に突入。 対戦相手によって勝利期待度が異なり、勝利すれば劇闘ストックを獲得する。 「対戦相手」 [バトロ] [ソリア] [ビジャマ] [勝利期待度] バトロ<ソリア<ビジャマ 「敵の攻撃の強弱」 赤文字は敵の強攻撃! [バトロ] 突き(弱)<元斗氷舞裂弾(中)<凍瀑衝(強) [ソリア] 突き(弱)<元斗流輪光斬(中)<破の輪(強) [ビジャマ] キック(弱)<紅煉掌(中)<煉獄焦射(強) 敵の攻撃は強いほど、敗北のピンチ! 「ケンシロウの仕草」 指ポキ<服破り [ケンシロウの攻撃] パンチ<キック<北斗百裂拳(勝利確定)<北斗剛掌波(勝利+SPエピソード確定) バトロと ビジャマとのバトルの流れは通常時のものと同様。 ソリアバトルはART中のみの発生となるが、攻撃パターンやケンシロウの仕草がチャンスアップとなる点は、ほかの2つのバトルと同じ流れとなる。 【エピソードは全部で10種類】 激闘乱舞中に劇闘ストックを獲得した場合は、ゲーム数消化後に10Gのエピソードへ移行する(セット継続確定)。 エピソードは一話から順に開放されていき、十話まで開放されると次回からは見たいエピソードを任意で選択できる。 「エピソードの種類」 第一話「父の背を越え」 第二話「おれの命は」 第三話「なぜ北斗に」 第四話「金色の刺客」 第五話「立ち上がる南斗」 第六話「金色に導かれし者」 第七話「最悪の密約」 第八話「地獄で待つ」 第九話「守るもの」 第十話「おれの闘い」 SPエピソード「すべてを天へ」 劇闘ストック獲得時の一部で発生し、終了後はEX乱舞TURBO(上乗せ特化ゾーン)へ移行する。 【初期ゲーム数上乗せの特化ゾーン】 セット継続時に移行する可能性あり。 初期ゲーム数は基本30Gだが、EX乱舞移行時は初期ゲーム数を増加させたうえで、激闘乱舞に移行できる。 獲得するゲーム数は、ケンシロウとファルコとのバトルによって告知される。 「基本情報」 突入契機…継続バトル勝利後とエピソード後の一部 継続ゲーム数…5G固定 毎ゲーム上乗せ抽選をおこなうゲーム数上乗せ特化ゾーン! [毎ゲームの小役に応じて上乗せ抽選をおこなう] [北斗百裂拳] [北斗剛掌波] 北斗剛掌波は200G以上の上乗せ確定! ボタン連打や長押しの演出で上乗せゲーム数を告知する。 「EX乱舞TURBO」 EX乱舞中はタイミング不問でフリーズが発生すれば、EX乱舞TURBOに突入。 フリーズ発生後は7Gのエクストラエピソードが流れた後、上乗せ性能が大幅にアップしたEX乱舞TURBOへと移行する。 【金7を狙え! カットインが発生すれば激アツ! 】 32Gの劇闘ストック獲得高確率ゾーン! 前半23Gの帝都ステージと後半9Gの最終エピソードの2部構成となっており、消化中はベルやレア役で劇闘ストックの抽選をおこなっている。 「基本情報」 突入契機…ART中の金7揃い(金7を狙え! 「帝都ステージ」 消化中の演出でストックの獲得を示唆。 獲得時は専用の告知が発生し、液晶右下にVが表示される。 2つ目以降はVのオーラの色が変化することで、獲得数の示唆をおこなう。 「最終エピソード」 最終エピソード中は演出が発生せず、ストック獲得時は告知音が発生するのみとなる。 もちろん、帝都ステージ中と同様の獲得抽選がおこなわれているぞ。 【北斗揃いと赤7揃い後に突入する40Gの擬似ボーナス】 通常時の赤7揃い後と北斗揃い後は、激闘乱舞突入の前に40Gの疑似ボーナスに突入する。 消化中は劇闘ストック獲得の高確率ゾーンとなっており、複数のストックを所持して激闘乱舞をスタートすることも十分に可能だ。 「基本情報」 突入契機…宿命の刻突破時に北斗の拳絵柄が揃う 通常時にフリーズが発生して赤7/北斗の拳絵柄が揃う 継続ゲーム数…40G 小役による抽選…劇闘ストック [押し順ナビの色などでストック期待度を示唆] [フリーズ(北斗揃い)] 「劇闘ストック獲得告知について」 消化中は成立役に応じて、劇闘ストックの獲得抽選をおこなう。 液晶では専用(赤7と北斗の拳絵柄では一部異なる)のムービーが流れており、ストックを獲得しても液晶に表示は出ない。 おもにBET時に効果音とともに北斗カウンターの周りがレインボーに光ることで、ストックの獲得を告知する。 【ART中にPUSHを押すといろいろなことがわかる!? 】 「継続バトルの突入画面」 第3停止をさせるまでにPUSHを押すと、継続バトルをシンプルモードに切り替えることが可能、もう1度押すと元に戻る。 シンプルモードのチャンスアップはファルコ攻撃時の種類しかなく、演出頻度の振り分けは初代と同様になる。 最終的に0になれば…!? 上記の抽選に漏れた場合と赤7揃いの場合は、「いざ勝舞!」が再生される。 「セグの表示」 レベル1…L-1 レベル2…L-2 レベル3…L-3 レベル4…L-4 表示されるのはART突入時のものではなく、ATレベルのアップなどを含めた昇天時のレベル。 ARTは終了なので、ARTレベルの確認的な意味合いが強い。 【ケンシロウが攻撃orファルコの攻撃を受けて倒れなければ継続確定】 継続バトルは7G(復活込みで8G)間おこなわれ、ケンシロウが攻撃すれば継続確定。 各ゲームに存在する継続確定演出やチャンスアップを見逃さないようにしよう。 なお、シンプルモードの場合、チャンスアップはファルコの攻撃の種類のみとなる。 白に発光した場合は衝の輪(強攻撃)否定となり、衝の輪なら法則崩れで継続確定。 赤に発光すれば技の種類を問わず継続確定となる。 [4G目:ファルコの演舞] 1〜4G目まではファルコの攻撃と見せかけて、役モノが作動しケンシロウの攻撃に切り替わることがある。 [5G目:ファルコの攻撃] 衝の輪<キック<パンチの順に継続に期待! [4or5G目:ケンシロウの攻撃] ケンシロウが先制した時点で継続は確定。 準備中もオーラ昇格の抽選をおこなっているため、長いほど突破に期待が持てる。 「ART準備中の演出対応役」 [演出なし] ハズレorリプレイor押し順ベル [雑魚押し順ナビ] 黒雑魚…あべし以上の断末魔確定 キリン柄雑魚…レインボーオーラに昇格確定 「宿命の刻突入後演出対応役」 [演出なし] 押し順ベル以外 [雑魚押し順ナビ] リプレイ対応だが、ベルが揃えばレインボーに昇格 黄雑魚…レインボーオーラに昇格確定 [上記以外の演出] 基本はリプレイorレア役が成立しており、押し順ベルならレインボーオーラに昇格が確定する。 【宿命の刻敗北画面は3種類】 敗北画面は通常、七星、七星+死兆星の3種類があり、復活や宿命の刻敗北回数天井までの回数を示唆している。 「通常」 「七星あり」 「七星+死兆星」 「敗北画面ごとの示唆内容」 [七星ありで復活なし] ・宿命の刻敗北回数天井まであと4回以内かつ、天井回数6回を否定 [七星+死兆星] ・復活確定 ・当該の宿命の刻が残り天井まで1回or天井到達による勝利であることが確定 七星ありは敗北回数の天井が4回以内かつ、最大の6回を否定する。 七星+死兆星は敗北回数の天井まで残り1回or天井到達のいずれかが確定、つまり今回の宿命の刻が何回目かが分かっていれば、天井回数をかなり正確に判別可能となる。 高設定ほど最大の6回が選ばれにくいため、敗北後も打ち続けるかの参考としてだけでなく、設定推測としても活用できる。 ただし、朝イチの段階や1度も激闘乱舞に入っていない台だと、設定変更や据え置きの有無などで判別はかなり難しい。 【ナビの色とチャンスアップの有無に注目】 ART中の演出は、チャンスアップが出るほどレア役や強レア役の期待度がアップする。 「基本的な演出の序列」 WANTED演出<強雑魚登場演出<帝都発光演出<ジャコウ乱心演出<アイン杭打ち演出<お祈り演出 「演出別・強レア役濃厚法則」 [WANTED演出] ・手配書(大) ・第1停止時の緑の手配書は強スイカ濃厚 ・第3停止時に色付きのビラが出現 [強雑魚登場演出] ・黒以外の色付き強雑魚出現 ・黒王が攻撃 [帝都発光演出] ・スピーカー(強)発生 [ジャコウ乱心演出] ・レバーON時にジャコウが焦る [アイン杭打ち演出] ・パンチ(強) ・アインがオーラをまとう [お祈り演出] ・アスカがアップになる ・ユリアが登場 アイン杭打ち演出とお祈り演出はアツい! 「北斗カウンタ非点灯時・前兆中演出法則」 前兆は長いほど期待度がアップするため、前兆継続の可能性が高い黒系の演出が頻出すると、バトル発展以上に期待ができる。 また、北斗カウンタが点灯しているか否かによっても示唆内容が異なる。 カウンタが2まで進めばソリアバトル以上確定など、数字と対戦相手には法則が存在する。 北斗カウンタ非点灯中と同様に、各演出発生時に押し順ベルか押し順リプレイが成立している(レア役非成立)ことが条件。 [北斗カウンタ基本ルール] 2で発展…ソリアバトル以上 1で発展…ビジャマバトル以上 0…劇闘ストック確定 上乗せバトルは、バトロ<ソリア<ビジャマの順に勝利期待度が高い。 基本ルールの対象となる敵よりも期待度の低いキャラが出れば、その時点で勝利濃厚。 北斗カウンタ2でバトロバトルは勝利確定! [押し順雑魚演出] ・黒雑魚は当該ゲームで発展しづらい [強雑魚登場演出] ・ケンシロウの攻撃が上位ほど、勝利期待度の高い敵が選ばれやすい [WANTED演出] ・ビラが停止するタイミングが遅いほどバトル発展期待度アップ ・ビラは大きいほどチャンス ・黒ビラは当該ゲームで発展しづらい [七星画面割れ演出] ・連続するほど勝利期待度の高い敵が選ばれやすい [ジャコウ乱心演出] ・当該ゲームで発展しない可能性がやや高い [ボス登場演出] ・発展したら期待度の高い敵が選ばれやすい [アイン杭打ち演出&お祈り演出] ・発生した時点で直撃劇闘ストック濃厚 【32G間の劇闘ストック獲得高確率状態】 演出は押し順雑魚演出<強雑魚演出<帝都潜入演出<アイン杭打ち演出<お祈り演出の順に劇闘ストック獲得に期待ができる。 「演出別法則」 [押し順雑魚演出] ・青<黄<黒の順にストック期待度アップ ・黒雑魚でベルが揃えばストック濃厚 ・白雑魚出現でストック濃厚 ・キリン柄雑魚はストック2個以上濃厚 [強雑魚登場演出] ・ケンシロウの攻撃が北斗百裂拳ならストック濃厚 ・黒雑魚以外が登場すればストック濃厚 ・北斗剛掌波/キリン柄雑魚/レインボー雑魚…ストック2個以上濃厚 [帝都潜入演出] ・チャンスアップ発生でストック濃厚 ・ルイ共鳴が発生すれば激アツ役濃厚 [ルイ共鳴] [アイン杭打ち演出&お祈り演出] ・激アツ [その他] ・演出なしからのPUSHでストックするパターンもあり ・PUSH(大)や紫ナビはストック2個以上 ・下パネルが消灯すればストック濃厚 アイン杭打ち演出とお祈り演出は発生した時点で激アツ! 【演出で大まかな上乗せゲーム数が見抜ける】 ケンシロウとファルコのバトルの展開によって、当該ゲームでの上乗せゲーム数を示唆。 100G以上が確定するパターンやフリーズ発生(EX乱舞TURBO移行)が確定するパターンもあるぞ。 「演出別・上乗せゲーム数示唆」 第3停止時にゲンコツ相撲…10G以上 ファルコの拳を弾く…20G以上 ケンシロウが優勢…20G以上 ファルコが必殺技を放つ…30G以上 黒ナビやナビに「!」マーク出現…30G以上 最終ゲームでケンシロウの奥義非発生…50G以上 PUSHボタン出現(奥義以外)…100G以上 北斗剛掌波…200G以上 紫ナビ…北斗剛掌波(200G以上の上乗せ)orフリーズ発生 天衝舞…フリーズ確定 紫ナビで北斗剛掌波を否定すればEX乱舞TURBO移行! ファルコの天衝舞はフリーズ確定! 【宿命の刻中にも隠しボタンあり】 「告知モードへの切り替え」 宿命の刻導入画面でPUSHボタンを押すと、専用のボイスが発生し、告知モードに切り替わる(もう1度押すと元に戻る)。 告知モード中は、ファルコとのバトル開始まで液晶上が無演出となり、内部的にレインボーオーラ=勝利確定となった場合に役モノ作動により告知をおこなう。 告知のタイミングはレバーON時から第3停止ボタンを押すまでいくつもあり、BGMストップといった特殊なパターンも存在する。 滞在中は継続バトル勝利時にほぼEX乱舞に突入するといった恩恵があり、高継続率と絡めば大量出玉に期待できるトリガーのひとつとなっている。 ただし、百裂モード中であっても劇闘ストック消化(エピソード突入)時はEX乱舞に突入しない可能性もある。 【プレミアム演出はすべて宿命の刻突破確定】 リール停止音の変化などが発生するサウンド系や液晶演出で発生するものなど、プレミアム演出はどれが発生しても本前兆+宿命の刻突破確定。 「リールサウンド系プレミアム」 [リール回転開始時] ・初代「北斗の拳」予告音 ・「アラジン」予告音 ・マングース出現音 ・「20XX年ホールは大当りの炎に包まれた」のボイス発生 ・ユリア「ケン…会いたかった」 ・「ディスクアップ」通常スタート音 「アラジン」予告音、マングース出現音、「ディスクアップ」予告音は、リール停止音も機種に準じたものが再生される。 「BET時プレミアムボイス」 ・ケンシロウ「お前はもう当たっている」 ・リン「ケーン」 ・バット「ケーン」 ・モアイィ「モアイーィッ!」 ・パトライオン「ニャォーンッ!」 「消灯演出時・音声プレミアム」 第1〜第3停止時にかけて発生する「アタァ!」、「アタァ!」、「ア~タッタァ!」のボイスは、ケンシロウ以外ならすべてプレミアムとなる。 [消灯演出時のプレミアムボイスキャラ] ・リン ・バット ・アイン ・ユリア ・ファルコ 「液晶演出プレミアム一覧」 [獣王のAが表示] [ケンシロウ動作:無想転生] [黒王動作:ラオウを想う] [バット動作&リン動作:リン「天が割れる!」] [ビジャマ動作:激しく闘気を放出] [ファルコ動作:全身が金色に発光] 【MB中を除いてカウントするのがベスト】 弱スイカ、角チェリー、中段チェリー、強MBの4役がとくに設定差があるため、要カウント。 下表の数値はMB中の数値を除いたものとなるが、マイスロ遊技をしていれば簡単に算出可能となっている。 4 【セグの周りにあるランプの点灯パターンで設定を示唆】 劇闘ストック保有時に継続バトルの代わりに移行する劇闘は、最終ゲームの全リール停止後にPUSHを押すとセグの周りにあるランプの点灯パターンによって設定示唆をおこなう。 宿命の刻終了後は出現しないため、注意しよう。 また、当日の総回転数によって出現しやすいゲームがあり、7001G〜8000G間でARTを引けば、設定5以上の場合、約3割(ART1回あたり)でサミートロフィーが出現する。 最大6連続で敗北すると次回は必ず突破する。 設定変更時は最大が4回に短縮されるため、朝イチは狙い目!? 「宿命の刻敗北回数天井到達時に出やすい演出」 ・通常時のプレミアム演出 ・バスクバトル ・擬似連演出5段階目 ・宿命の刻がいきなりレインボーオーラスタート 通常時に宿命の刻突破確定演出が発生した場合は、宿命の刻敗北回数天井に到達していたことが濃厚。 ただし、プレミアム演出は夜状態中のART当選などでも発生するので注意しておこう。 【シリーズおなじみの中押しが楽しい! 】 「中リール上段付近に金7を狙う」 [パターン1:中段にベル停止] 成立役…ハズレ/チャンス目/ベル/強ベル 打ち方…右・左リールはフリー打ちでOK [パターン2:中段に闘停止] 成立役…押し順ベルこぼし/弱MB/MB中角チェリー/MB中中段チェリー/激アツ役(2種類) 打ち方…右・左リールはフリー打ちでOK MB中以外で中リール中段に闘停止からの左リール中段チェリーは、激アツ役(確定チェリー)となるため、左リールにチェリーを狙ってもOK。 [パターン3:中段にスイカ停止] 成立役…弱スイカ/強スイカ/強MB 打ち方…右・左リールともにスイカを狙う 右下がりで弱スイカ、並行揃いなら強スイカとなる。 中押し以外だと強弱の見極めができない可能性が高いため、基本は中押しを推奨。 [パターン4:中段に金7停止] 成立役…リプレイ/角チェリー/中段チェリー 打ち方…右リールをフリー打ちし、上段にリプレイ、ベル、スイカ以外が止まれば左リールにもチェリーを狙う。 「おもなレア役の停止形」 「MBの停止形」 MB中は3G間、ベルorチェリーが成立(いずれも払い出しは8枚)する。 「MB中の打ち方」 [通常時と同様に中リール上段付近に金7を狙う] MB中は中段に闘が停止した時点でチェリーが確定。 右リールをフリー打ちし、左リールにチェリーを狙おう。 上記以外の停止形は左・右リールともにフリー打ちでOKだ。 4 【ART終了後は稲妻の大きさと移行先のステージをチェック】 宿命の刻敗北後、激闘乱舞終了後共通で、基本的には稲妻小でバトロ、オグル、ビジャマのいずれかのステージに移行。 ファルコステージに移行した場合や稲妻大が発生した場合は、本前兆確定となる。 また、通常から低確には転落しないため、演出等で通常以上滞在が濃厚の場合はできれば打ち続けたい。 ただし、当選=即夜が発動するわけではなく、当選後のベルやハズレによる発動抽選に受かった後に突入。 なお、発動抽選に受かるタイミングで夜の滞在ゲーム数も決定する。 ゲーム数の振り分けは20〜50Gまであるが、ゲーム数内であっても北斗カウンターが点灯した場合は北斗カウンターの消滅時に夜も終了する。 【小役成立時の内部状態によって当選率が変化】 高確中の中段チェリーは、今まで通りART確定。 弱チェリーやチャンス目からの当選率に多少の設定差が存在している。 前兆中や宿命の刻中(準備中も含む)のレア役で仮レベルを上げることで、激闘乱舞突入時のATレベルがアップする。 ちなみに、フリーズ発生時は赤7揃いなら仮レベル3、北斗揃いなら仮レベル4をセット。 仮レベル以上のATレベルが必ず選ばれるため、高ATレベルが確定といった仕組みだ。 切り替えた場合はファルコの攻撃の種類でのみ、継続期待度を示唆する。 の順で楽曲がループ。 同じ楽曲が2連続で流れたら、バトル後にEX乱舞へ移行する。 ちなみに、20連目以降のバトル敗北時は昇天画面へ移行するので、バトルに勝利した時点で継続が確定する。 【昇天中のレア役は専用の内部状態移行&ARTを抽選】 昇天が開始した段階で、ART終了時と同様の数値で内部状態を決定。 消化中のレア役で内部状態を上げつつ、ART当選を目指す流れとなる。 昇天中にARTが当選した場合の仮ATレベルは、昇天まで到達した(=現在消化中の)ART開始時と同じものとなり、昇天終了までのレア役で仮レベルの昇格抽選をおこなう。 つまり、フリーズなどの高ATレベルが確定しているARTで昇天まで到達した場合、昇天中にARTを獲得できれば、次回のARTも高ATレベルが確定。 再びロング継続に期待ができる状況となる。 レインボーオーラなら契機を問わずにATレベル3以上が確定し、フリーズ後の北斗揃いはATレベル4が確定する。 最大で3つまで獲得できる可能性がある。 【上乗せはゲーム数と劇闘ストックのいずれか】 上乗せは大きく6つのパターンに分けられ、小役が成立した状況(激闘乱舞中やEX乱舞中など)によってパターンごとの抽選内容が変化する。 30G加算した後に1〜5のいずれかのループ率に漏れるまで10Gの上乗せをし続ける。 継続保証はないため、最低上乗せゲーム数は30G。 [ループ型上乗せのループ率] ループ率1…50. ループ率5選択時の平均上乗せゲーム数は、初期の30G込みで約191G! 【上乗せはゲーム数と劇闘ストックのいずれか】 激闘乱舞中はレア役などで上乗せバトルを目指すのが基本。 まれにゲーム数直乗せや直撃劇闘ストック獲得、EX乱舞(TURBO)へ移行するパターンもある。 複数のバトルをストックすることも可能で、獲得した順にバトルを放出。 ただし、バトルの前兆中に劇闘ストックやEX乱舞に当選した場合はこちらが優先される。 また、全レベル共通でバトル中の200G上乗せに当選した場合、EX乱舞TURBOにも同時に当選する。 【毎ゲーム、上乗せをおこなうゲーム数上乗せ特化ゾーン】 基本はゲーム数上乗せをおこなうが、EX乱舞TURBOに昇格するパターンもある。 擬似ボーナスの最終ゲームまでに獲得したゲーム数を30で割ったものが、獲得ストック数となる。 擬似ボーナス当選時に保証として30Gがセットされるため、最低でも1つは劇闘ストックを獲得できる。 前兆中に激闘乱舞のゲーム数が0になった場合も前兆が続くため、ゲーム数を消化しても継続バトルに移行しなかった場合はいずれかの前兆中である可能性大だ。 1セット80枚ぐらいなのが物足りないが、継続のしやすさはあると思います。 中チェスルーとARTスルーがなければ楽しい台です。 従来の北斗のように出したメダルでまた次の当たりや出玉を狙える感じが好きです!.

次の