アラジン 実写。 アラジン (2019年の映画)

映画実写版アラジンでアラジン役の俳優は誰?メナ・マスードのプロフィールまとめ!

アラジン 実写

動画なんてこのご時世、YouTubeなどでいくらでも観ることができるでしょ! と思われる方もいるかも知れません。 実際に作品名をネット検索すると、YouTubeやDailymotion、Pandra TV・miomioなど、個人がアップロードした動画が沢山出てくることがあります。 これらのサイトは登録も不要なので気軽に見始めることができますが、利用するには注意が必要です。 まず著作物を無許可でアップロードすることは、違法となります。 そして違法でアップロードされた動画を視聴することも法律に反する行為となります。 見つかった場合は視聴しただけでも罰金や懲役などが課される場合があります。 ちなみにディズニー作品は特に著作権が厳しいので、アップロードされていてもすぐに削除されていて、観ようとしたときに観れなかった!ということが通常です。 またこれらのサイトで動画を再生すると、ウイルス感染する事例が本当に多いのが現状です。 合法に無料で観れる方法があるのに、違法サイトで再生してしまったことで、ウイルス感染してしまってプライベート情報が漏洩したり、修理代金を支払わなければならくなってしまったら、本当に悲しいですよね… そんな悲しいことにならないように、安全な方法でアラジン実写版を無料フル視聴する方法を解説していきますね! アラジン実写版 2019 動画をU-NEXTで無料レンタル! U-NEXT公式より U-NEXTでは、実写版アラジンはポイント交換制のレンタル作品となり、 1回440円で視聴することができます。 しかしU-NEXTには 最初の31日間は無料で体験できるお試し期間があります。 無料体験期間でも 登録時にすぐ600円分のポイントが付与されるので、440円のレンタル費用を充当することができるんです。 U-NEXTで見れるディズニー作品• ライオンキング(アニメ)1~3• リロ&スティッチ• アナと雪の女王• モアナと伝説の海• 眠れる森の美女• 白雪姫• ピーターパン• ダンボ• ピノキオ• アナと雪の女王 等々… もちろん、 アラジンのアニメ版(日本語吹き替え版・330円でレンタル可)も視聴可能です。 U-NEXTは初月無料で、翌月から1,990円のサービスですが、 1,990円の中には 毎月付与される1,200円分のポイントが含まれると考えると本当にお得です。 新作映画やディズニー映画はポイント制のレンタル作品が多いですが、付与されるポイントを使えば、追加で料金を支払う必要が無いのです。 映画館に行くことを考えると、お得なのは一目瞭然ですよね。 映画好きな方、ドラマ好きな方、外出時の子ども向け動画を探している親御さんなどに本当にオススメなんです。 ちなみに子供達に大人気なアンパンマンシリーズの動画やしまじろうチャンネルなどは、ほとんど見放題作品です。 初回登録時は30日間の無料お試し期間があり• 翌月以降、通常月額料金は2,417 円(税抜)• TSUTAYA DISCASはTSUTAYAのDVD/CDが借り放題• 最短で翌日には自宅に届く!• TSUTAYA TVは見放題作品が約10,000タイトルもある• 初回登録時に1,080円分のポイントが付与される• 解約はいつでも可能で、解約金などが一切掛からない• 無料期間中に解約することも可能• Tポイントを貯めることができる TSUTAYAと言えばレンタルビデオ屋さんとして有名ですが、わざわざ店舗に出向かなくてもPCやスマホで簡単にレンタルができて、自宅に届くのは撮っても便利ですよね。 DVDプレイヤーをお持ちの方にはお勧めです。 TSUTAYA TVなら動画配信サービスなので、翌日まで待たなくても スマホ、PC、タブレット端末、テレビなどあらゆるデバイスですぐ観ることができますよ。 ーTSUTAYA TVより引用 アラジン実写版は無料動画配信で日本語吹き替え・字幕両方で楽しむことができます。 アメリカの声優さんたちも超豪華ですが、日本語吹き替えを担当された声優さんたちも豪華そのもの!• アラジン:メナ・マスード(中村倫也)• ジーニー:ウィル・スミス(山寺宏一)• ジャスミン:ナオミ・スコット(木下晴香)• ジャファー:マーワン・ケンザリ(北村一輝)• サルタン:ナヴィド・ネガーバン(菅生隆之)• ダリア:ナシム・ペドラド(沢城みゆき)• アンダース王子:ビリー・マグヌッセン(平川大輔)• ハキーム:ヌーマン・アチャル(宮内敦士) 主演のアラジンを今ブレイク中の俳優・中村倫也さんが務められることでも大きな話題になりましたよね。 そしてジーニーを務められた声優の山寺宏一さんは、なんと1992年に公開されたアニメ版でもジーニー役を担当されているのです! アンパンマンシリーズを始め、数えきれないほどのアニメ作品の声を担当されている山寺宏一さん。 時代を超えてずっとジーニーに声を吹き込んでくれているとは、さすがとしか言いようがありません。 先入観で駄目だと否定して観ないと損するなと思ったものでした。 — みう134 VGcei アラジン実写版、今更ながら観たんだが、原作との違いを踏まえた上で、21世紀のアラジンだなあという感想。 これは良いぞ。 山ちゃん天才。 何がすごいってアニメ版はアニメ版の演技で、実写版はウィルスミス感がある演技なところ。 アラジン以外のシリアス系からも行けそうな演技、お父さん的な慈愛がある声。 フレンドライクミーのラップは違和感あるけど私も坊やって呼ばれたい文字数 — きゆなゆき kiyunauki アラジン実写版見てみたらめっちゃ世界観飲み込まれて面白かった。 つい数か月前まで公開されていたディズニー映画を、自宅で高画質で楽しめるなんて嬉しい限りですよね。 アラジン実写版は世界観が本当に綺麗だし、作品内で歌われる名曲の数々も鳥肌が立ちますし、アニメ版が好きな方はもちろん、そうでない方にも本当にオススメできる作品です。 実写版が気に入ったら、アニメ版で答え合わせしてみるというのもアリですよね。

次の

実写版『アラジン』吹き替え声優キャスト【まとめ】

アラジン 実写

ディズニー、アニメーション映画『アラジン』が、ガイ・リッチー監督で実写映画化。 2019年6月7日 金 に日本で公開される。 1992年、ディズニーが製作したアニメーション映画『アラジン』。 ユーモアあふれるストーリー展開だけでなく、アカデミー歌曲賞を受賞した『ホール・ニュー・ワールド』をはじめとする音楽でも名をあげる。 そんな誰もが知る名作を、ミュージカル映画として実写化する。 この身分違いの恋を見守るジーニーもまた、宇宙で最も偉大な力を持ちながらも、ランプから自由になることを密かに願っていた。 そして脚本は、『チャーリーとチョコレート工場』や『ビッグ・フィッシュ』を手がけたジョン・オーガストが担当する。 両者がどのような新生アラジンを世界に送り出してくれるのか、今から待ちきれない。 アラジン役は新人俳優メナ・マスード、ジーニー役にウィル・スミス 主人公のアラジン役には、エジプト出身でカナダ育ちの新人俳優、メナ・マスードが抜擢された。 日本では無名に近い彼は、これまで海外ドラマや短編映画に出演。 今回のアラジン役は大抜擢となった。 アラジンと恋に落ちる王女ジャスミン役には、英歌手・女優のナオミ・スコットを起用。 そして、ランプの魔人ジーニー役はウィル・スミスが務める。 日本語吹替版キャスト アラジン役は中村倫也、ジャスミン役は木下晴香 『アラジン』では、劇中の台詞だけでなく、歌まで完全に吹替をした「プレミアム吹替版」を公開。 日本語吹替版の声優としてアラジン役を中村倫也が担当。 また、ジャスミン役には、新進気鋭のミュージカル女優・木下晴香が起用される。 主題歌MV公開 作品の主題歌であり、これまで数々の賞に輝いた名曲「ホール・ニュー・ワールド」も勿論2人が担当。 木下演じるジャスミンの伸びやかな歌声と、それを包み込むようなアラジン役・中村の甘い歌声が見事なハーモニーを生み出す、ドラマチックな仕上がりとなっている。 ジーニー役に山寺宏一 また、魔法のランプをこすると登場する、主人公アラジンの良き友人となる魔人ジーニーの声優を務めるのは、アニメーション『アラジン』でもジーニー役を務めた山寺宏一だ。 また、山寺は、『インデペンデンス・デイ』など多くの作品でウィル・スミスの吹き替えを担当したことでも知られている。

次の

アラジン('19)の上映スケジュール・映画情報|映画の時間

アラジン 実写

簡単なあらすじとキャストの紹介 「アラビアン・ナイト」の物語をベースに、不思議なランプを手に入れた若者が愛する女性を守るため繰り広げる冒険を描いたディズニー・アニメの名作を、「シャーロック・ホームズ」シリーズのガイ・リッチー監督のメガホンでディズニーが実写映画。 生きるために盗みを働きながらも真っ直ぐな心を持ち、人生を変えるチャンスをつかもうとしている青年アラジンと、自立した心と強い好奇心を抱き、自由に憧れる王女ジャスミン。 2人の運命的な出会いをきっかけに、それぞれの願いは動き始める。 そしてアラジンは、邪悪な大臣ジャファーの甘い誘いに乗り、魔法の洞窟からランプを引き受けるが……。 魔法のランプから登場するランプの魔人ジーニーをウィル・スミスが演じる。 アニメ版でアカデミー主題歌賞を受賞したアラン・メンケン作曲、ティム・ライス作詞の「ホール・ニュー・ワールド」などおなじみの楽曲も流れるほか、「ラ・ラ・ランド」「グレイテスト・ショーマン」のベンジ・パセック&ジャスティン・ポールが手がけた新曲も物語を彩る。 アラジン: メナ・マスード ジャスミン: ナオミ・スコット ジーニー: ウィル・スミス ジャファー: マーワン・ケンザリ サルタン: ナビド・ネガーバン 引用「」 一押しのおすすめはアラジンとジャスミンの恋 実写版「アラジン」に関して、公開される前に出ていた情報やインタビューでジャスミンのキャラ設定がオリジナルアニメと異なることがわかっていました。 たとえば、アニメ版ではジャスミンには虎のラジャーしか友だちがいない事になっていましたが、実写版では新キャラの王女付き召使いダリアがジャスミンの親友という設定になっています。 となると、アラジンと出会う事にきっかけになったジャスミンの宮殿を抜け出しの理由がおかしくなってしまいます。 しかしそんな心配は杞憂とばかりに、実写版のジャスミンは、アニメではそんな素振りをまったく見せなかった強い情熱を持っており、その情熱に後押しされて宮殿を抜け出したことになっています。 そんな背景があって、アラジンと出会い、ジャスミンにとってアラジンのことが徐々に気になる存在になるわけですが、そうなるための伏線が物語の最初から張り巡らされているのです。 さらに、アニメにはなかったイベントを加えて、ジャスミンとアラジンが互いに相手のことを思うようになっていき、アニメと同じよう展開で、ついには「ホール・ニュー・ワールド」を二人で歌う魔法のじゅうたんでのデートの後に両思いになるわけですが、そのときに見せる二人の表情は、見ているこっちも思わず微笑んでしまうほど、可愛らしいものでした。 オリジナルアニメではそこまで深く二人のキャラクターの心情の変化を、僕自身は感じることはありませんでしたが、実写版ではより深く、しかもわかりやすく演出されているのが、とても感動的でした。 次のおすすめはジャスミンというキャラクター 次におすすめしたい見どころはジャスミンというキャラクターです。 オリジナルアニメでは、がんじがらめに決められたルール通りに生きることを強制される立場に嫌気が差して、宮殿から抜け出す決意をしたわけですが、そんな立場にあることに対して同情を感じるものの、その対処法として選んだ「宮殿から抜け出す」という行為は、ある意味、ただ逃げているだけ、と感じられなくもありません。 実際のところ、宮殿での生活しか知らないジャスミンが宮殿を抜け出した後、どうやって生活をしていくつもりだったのか、そのビジョンが見えませんでした。 宮殿からの抜け出しに成功し、一生宮殿の外で暮らすことになっていたらを考えると、おそらく幸せな生活を遅れた、という結末にはならなかったのでは、思ってしまいます。 そこへいくと実写版では、ジャスミンのキャラクターは、その役を演じたナオミ・スコットの考えもあり、現代に沿った、強いメッセージ性を帯びていると言えるでしょう。 自分が感じる現状の理不尽さに対し、どんなに困難でもぶち破ってみせる、という決意が感じられる、とても強い女性として描かれています。 そしてそんなキャラクターだからこそ、好きになってしまったアラジンに対する表情が、一種の「ツンデレ」っぽく見えてしまうのではないか、と思ってしまいます。 とにかく、ジャスミンはただ、ディズニープリンセスの一人、というだけでなく、強い女性としてのキャラクターを、今回の実写版でよりはっきりと確立したと感じました。 ロビン・ウィリアムスのジーニーとの違い 良くも悪くも1992年の「アラジン」はロビン・ウィリアムスの作品というイメージついているように思います。 おそらく「アラジン」と聞いて何を一番最初に思い浮かべるか、という問いに、一番多い回答は「ロビン・ウィリアムスのジーニー」になるのではないか、と思うのです。 そして、2番めは「ホール・ニュー・ワールド」、3番めは「ジャスミン」になるのではないでしょうか。 それほど、ロビン・ウィリアムスのジーニーに、どでかい印象が集中していると感じますが、そのことは、今回ジーニーを演じたウィル・スミスも恐怖を伴って感じていた、とインタビューで答えています。 しかしそこは、トップスターとして30年以上、エンターテイメント業界にいるウィル・スミスですので、新たなジーニーを作り出す方法を見つけ出していました。 それが、今回僕が感じた、おすすめ見どころの一つ、各キャラクター通しの関係性、だと思うのです。 すでに述べたようにアラジンとジャスミンの関係もそうですし、アラジンとジーニーの関係もより深く、描かれているように感じました。 特に青いウィル・スミスの評判は、予告編が発表された時点では、芳しいものではなかったように記憶しています。 が、映画を全て視聴した今から思えば、あえてあのウィル・スミスを見せて悪い評判をとっておいたのは、戦略ではなかったのか、と思ってしまうほど。 それほど、アラジンとジーニーとのやり取りが面白く、前評判を完全に覆すものとなったと感嘆しました。 ぜひとも、アラジンとジーニーの掛け合いに注目して楽しんでほしいと思います。 その他のおすすめ その他にも、深掘りされたジャファーもおすすめです。 アニメでは明らかにされなかった、ジャファーの過去やなぜサルタンになりたいか、といった設定も実写版では明らかにされます。 そうすることで、オリジナルアニメでただ単に国を盗もうとしていたジャファーに、国を盗もうと企んだ動機がきちんと説明され、より説得力を感じました。 さらにおすすめとして、新キャラクターのうまい使い方を挙げたいと思います。 「アラジン」だけでなく、これまでの実写版化した映画で感じていたことですが、アニメと比べると、人間以外のキャラクターの個性が死んでしまうような気がしました。 というのも、アニメーションでは描かれる人間以外の動物や道具にも、人間のような表情をたやすく加える事ができます。 たとえ動物が言葉を喋らなくても、人間のような表情をすることで、その気持がわかるほどでした。 しかし実写版となると、よりリアルに描かれるため、アニメのように絶対にしないであろう、人間のような表情をして心情を表すという技法は使えなくなってしまいます。 この問題は前作の実写版化映画「美女と野獣」でより顕著に感じた問題でした。 城の道具となってしまった使用人達がの動きが、リアルなポットやティーカップ、置き時計や洋服ダンスなどで表現しないといけないがためにとてもぎこちなく、更に表情に関しては、アニメと比べるとまったく表せないほど、とてもひどいものになってしまっていました。 「アラジン」ではその失敗を踏まえて、動物や絨毯にその役を無理にさせず、新キャラクターを作り出して対応しているのが、見事だと思いました。 新キャラクターを加えたことで、更に彼女に関するエピソードも加えてより楽しくストーリーを作り上げています。 特に予告編などではまったく紹介されなかった、映画の冒頭のシーンは、驚きの伏線となっていますので、楽しんでください。 まとめ 「ネタバレ無し」でおすすめ見どころを上げてみましたが、いかがだったでしょうか? 実写版で、ほぼオリジナルストーリーはなく、アニメと筋書きは一緒、ということが究極のネタバレかもしれません。 その点に関して、この記事を読んで、がっかりした方がいらっしゃったら、謝ります。 とは言え、ストーリーが殆ど一緒とわかっていても、見ていてすごく楽しめる作品に仕上がっていることは保証しますので、ぜひ楽しみにしていてください。 最後に、僕は6歳の息子と一緒に見に行きましたが、途中で席に座っていられず、動き回ろうとしていたので数回注意しました。 また、周りの子供連れの家族も、子供が立ち歩いて親が追いかけていたり、途中でトイレと言われたのでしょう、映画館から出ていく親子がいたりと、結構騒がし目でした。 そこから感じたのは、6歳前後の子供には、それほど面白くない映画なのかもしれません。 お子様と視聴を予定されている方がいらっしゃったら、一応、一意見として参考になればと思います。 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: 関連記事: ディズニー映画を視聴できる動画配信サービス紹介 最後にディズニー映画を無料で視聴できる方法があるので、お知らせしたいと思います。 「アラジン」に代表されるディズニー映画は動画配信サービス「U-NEXT」で視聴することができます。 しかも条件によっては無料で視聴することができる方法もあります。 U-NEXTでディズニー映画を視聴する方法 U-NEXTでは多くのディズニー映画は有料作品に分類されています。 しかし、初めてU-NEXTに登録する方には31日間の無料トライアルサービスを利用することができ、有料作品を視聴する際に利用できるボーナスポイントをもらうことができます。 つまりそのサービスを利用すれば、もらえたボーナスポイントを使って 無料でディズニー映画を視聴することができるのです。 もし興味がありましたら、下のリンクよりお試しください。

次の