客室乗務員 専門学校。 グランドスタッフとキャビンアテンダントの違い

CAの学歴

客室乗務員 専門学校

特に外資系の航空会社に興味があるのであれば、読み書きができた方がいいです。 中でも 重要なのはスピーキング力です。 英語力を測るのは大抵の場合は TOEICなので、早いうちから受験して慣れておくことをおすすめします。 保安には、 責任感や判断力が求められます。 サービスには 笑顔や所作などが求められます。 客室乗務員になりたくて、色々調べている方はたくさんいますが、実際に客室乗務員が 出社から退社までどんなことをしているか詳しく知っている方は少ないです。 客室乗務員以外の仕事も同様ですが、 良い面、悪い面があります。 客室乗務員の仕事のいい面は、 多くの出会いと素敵な場所にいけるところだと思っています。 悪い面は、 肉体労働と言えるくらいしんどい時もあることです。 気になる方はこちらをご覧下さい! まとめ 実際のところ、客室乗務員になるために 必須の条件は一つ、健康であることです。 その他の英語や資格などは関係ない場合もあるので、英語ができないから諦める、自分には受験資格がないと思うのではなく、 まずは挑戦してみることをおすすめします。 客室乗務員になるためには、たくさん情報を集める方がいいです。 いい情報もあれば、間違った情報や聞きたくないこともあるかも知れ ません。 情報を取捨選択し、必要な情報を手に入れましょう。 今回はファーストステップとして5つを紹介しましたが、私のブログでは他にもCA目線の出来事や、外資系航空会社についても紹介しています。 気になった方はぜひチェックしてみて下さい!.

次の

高校生から将来「客室乗務員」を目指す際に、進学などどのように考えたら良いでしょうか?

客室乗務員 専門学校

グランドスタッフとキャビンアテンダントの仕事内容の違い 2つの職業の大きな違いは、グランドスタッフが空港(地上)で働くのに対し、キャビンアテンダントは実際に飛行機に搭乗してサービスをするという点です。 グランドスタッフは、空港での接客業務を担当する仕事で、地上職とも呼ばれます。 主な業務は、チェックインカウンターで航空券の発券や荷物の受け取り、座席の指定、乗り継ぎの案内などを行う搭乗手続きと航空機が時間通りに出発できるように、搭乗ゲートにて乗客の案内を行う搭乗案内です。 一方、キャビンアテンダント(CA・ ・フライトアテンダント)は、旅客機に乗務し、乗客の搭乗から到着までの間にさまざまな業務を行う仕事です。 主に、機内での食事や飲み物の提供、免税品の販売をおこなう機内サービスと、機内の安全確保や急病人の応急処置、トラブル時の乗客誘導といった保安管理の役割を担っています。 グランドスタッフとキャビンアテンダントの目指し方・資格の違い グランドスタッフ、キャビンアテンダントと もに特別な資格は必要なく、両者ともに、大学・専門学校を卒業後就職する点ではそれほど違いはありません。 グランドスタッフとキャビンアテンダントの 大きな違いは、就職先です。 グランドスタッフは、 が直接採用を行うことは少なく、近年は航空会社の関連会社や専門の派遣会社に登録して働くのが一般的です。 一方、キャビンアテンダントは航空会社の正社員として働きます。 以前は契約社員として入社後、数年働いて経験を積み正社員に移行するケースが一般的でしたが、現在では就職時から正社員としてキャビンアテンダントを採用する航空会社が増えてきています。 グランドスタッフとキャビンアテンダントの資格・必要なスキルの違い グランドスタッフ・キャビンアテンダント ともに必要な資格やスキルにさほど違いはありません。 共通して言えるのは、航空業界で働くうえでは英語は必要不可欠ということです。 グランドスタッフ、キャビンアテンダントの どちらも採用条件として「英語検定2級、またはTOEIC550から600点以上」とされているところがほとんどです。 さらに、英語にプラスして韓国語や中国語など他の言語についても習得していればさらに高く評価されるでしょう。 また、キャビンアテンダントの場合はフライト中には乗客の救命措置などを行うこともあるため、赤十字救急法救急員資格などの医療に関する資格を持っていると、有利になる場合があります。 グランドスタッフとキャビンアテンダントの給料・待遇の違い グランドスタッフの正社員の初任給は15万から18万円で年収にすると200万円から300万円台、契約社員の平均的な時給は1,000円程度です。 航空会社間の競争が厳しいため、グランドスタッフの給与は安定していないのが実情で、同じ航空関係でもCAなどの給料とは差があります。 一方、 キャビンアテンダントの給料も依然と比べると全体的に下がってはいますが、平均年収は400万円から500万円程度が相場とグランドスタッフよりは高い傾向にあります。 また、キャビンアテンダントの場合は地方や海外での宿泊に伴って「ステイ費」と呼ばれる手当が支給されます。 グランドスタッフとキャビンアテンダントはどっちがおすすめ? グランドスタッフとキャビンアテンダントの大きな違いは、働く場所の違いです。 具体的な業務の違いはありますが、 飛行機に搭乗するお客さまにサービスするという点では両者に大きな差はありません。 ど ちらも非常に人気の職業で、キャビンアテンダントを目指す人がグランドスタッフを併願するケースもあるようです。

次の

客室乗務員の出身大学はどこが多い?偏差値は?【高学歴は不要】

客室乗務員 専門学校

客室乗務員(CA)を志望される高校生や大学生、社会人の方から「 高卒や専門学校卒 でも受験できますか? 学歴は、重要 ですか? どの大学に行っている とCAになりやすいですか?」という質問をいただくことがたびたびあります。 特に、将来、客室乗務員になりたいと思っている高校 3年生にとって、高卒でキャビンアテンダントを目指すのか、エアラインの専門学校に行くのか、短大・大学に行くのか、どこに行ったら良いか等、大変迷うところだと思います。 最新の実績は では、高卒で受験できる航空会社は、実際どのくらいあるのでしょうか? 以下に記載させていただきますが、詳細につきましては、各航空会社の採用ページにてご確認くださいね。 募集段階で高卒で受験できる航空会社はありますか? 各航空会社の募集要項の学歴についての部分のみ記載しています。 ( 2019年 12月時点) -国内エアライン- J-AIR 日本エアコミューター 北海道エアシステム スターフライヤー フジドリームエアラインズ 天草エアライン -外資エアライン- イベリア航空 エティハド航空(ただし入社までに 21歳以上であること) エミレーツ航空(ただし応募時で 21歳以上であること) カタール航空 カンタス航空 キャセイドラゴン航空 フィンエアー 香港ドラゴン航空 ルフトハンザドイツ航空 -LCC- 春秋航空日本 ベトジェット エアアジアジャパン 募集段階で専門学校卒(2年制課程以上を含む)で受験できる航空会社は? 上記に加えて以下になります。 ご覧の通り、日系の大手航空会社(JAL、ANA)などは、専門学校卒から受験できるようになります。 -国内エアライン- ANA JAL ANAウィングス 日本トランスオーシャン航空 琉球エアコミューター AIR DO ソラシドエア Peach Aviation -外資エアライン- エバー航空 ガルーダ・インドネシア航空 大韓航空 チャイナエアライン 中国南方航空 フィリピン航空 フィンエアー マカオ航空 募集段階で短大卒以上で受験できる航空会社は? 上記全てに加えて以下になります。 -国内エアライン- IBEXエアラインズ -外資エアライン- アシアナ航空 KLMオランダ航空( 21歳以上) シンガポール航空 スイスインターナショナルエアラインズ スカンジナビア航空 スクート(シンガポール) 中国国際航空 募集段階で4年生大学を卒業以上で受験できる航空会社は? 上記全てに加えて以下になります。 特に外資系エアラインは、国によって、短大卒や大学卒以上でないと、ビザがおりないという条件がある場合があり、大学卒などが必須になることがあります。 そのため、高校生で進学をどうしようか考えていらっしゃる方には、できるだけ短大や大学への進学をおすすめしています。 また、社会人になってから、最終学歴が高卒だけれども、例えばANAやJALを受験したいなど専門学校卒 以上の条件が必要な方の場合には、最終的には本人がどのような道を選択されるかによりますが、 専門学校または短大(大学)の資格がとれるような学校にいかれるか、通信で短大(大学)資格を取得される などの道もあります。 ちなみに、アイザックエアラインスクールは、短大や大学などに通いながらまたはお仕事をしながら通っていただく、いわば ダブルスクールができるエアライン受験対策のスクールです。 短大・大学の就職活動に合わせて、通っていただき、 最短で内定を目指すことができ、 社会人の方には、お仕事をしながら通っていただくことが多いですが、エアライン受験に必要なことを ぎゅっと凝縮し、あっという間に内定できるようなカリキュラムが組まれています! (社会人の皆様は、お忙しいと思いますので、時間短縮が一番と考えています) 更に、短大・大学は、どこに通うと客室乗務員になりやすいですか?という質問をいただくこともあります。 どのように調べると良いかについてですが、その短大・大学の 就職実績を調べていただき、 客室乗務員になっている人数が多い大学・短大や、具体的に自分がいきたい航空会社への内定実績の人数が多いところをおすすめします。 また、どこに通うかよりも、 その短大・大学で何を学び、客室乗務員になった際に、どのように活かして いきたいか? ということが最終的には、重要になってくると思います。 そのため、短大・大学への進学を考える際には、この大学では、客室乗務員としてこのように活かしていけるのではないかという事を多く学ぶ事ができる、また、自分が希望する航空会社の客室乗務員になっている先輩がたくさんいるということが大切だと思います。 アイザックでは、アイザック生が内定した航空会社を、短大・大学別に、統計を出しています。 もし、どこの大学に行かれるか迷った場合には、まずは合格への第一歩、アイザックへ足を運んでみて下さいね。

次の