韓国ドラマ ロケ地。 韓流ドラマのロケ地|ソウル女子旅ガイド「ベターソウル」

【韓流コラム】ロケ地①:韓国時代劇撮影場・オープンセットまとめて紹介!韓国ドラマ・映画好き必見!

韓国ドラマ ロケ地

本ツアーでは韓国民俗村の他に、世界文化遺産の水原華城+行宮、MBCの代表的な時代劇撮影地である大長今パーク 旧:MBCドラミア)を追加できるコースもあり、朝鮮時代の建造物や韓国大河ドラマの舞台を楽しむことができます。 また、次から次へとドラマの撮影が行われるので、運がよければ好きな芸能人に会えるチャンスがあるかも・・・。 本ツアーでは大長今パークの他に朝鮮時代後期の生活像を再現した韓国民俗村、世界文化遺産の水原華城+行宮を追加できるコースもあり、ドラマの撮影地、時代劇体験等を一日でお手軽に回ることができます。 ここでは、スターが目の前で歌って踊るホログラムシアターやダンス体験など様々な体験ができるゾーン、MBCの名作ドラマの主人公になる体験ができたり,その時代にタイプスリップできるゾーン、MBCの人気番組で作られたアトラクションでスターとリアリティを体験することができるゾーンの3つのゾーンに分けられ、他では体験できない体験をすることができます。 また、MBC放送局の内部にあるので、お目当てのスターが偶然前を通る・・・なんてこともあるかも・・。 ここでは、スターが目の前で歌って踊るホログラムシアターやダンス体験など様々な体験ができるゾーン、MBCの名作ドラマの主人公になる体験ができたり,その時代にタイプスリップできるゾーン、MBCの人気番組で作られたアトラクションでスターとリアリティを体験することができるゾーンの3つのゾーンに分けられ、他では体験できない体験をすることができます。 また、MBC放送局の内部にあるので、お目当てのスターが偶然前を通る・・・なんてこともあるかも・・。 また、龍仁にある大長今パーク 旧:MBCドラミア)は「チュモン 朱蒙 」、「善徳女王」、「イ・サン」、「太陽を抱く月」など、韓国を代表する時代劇を生み出した撮影所であり、ドラマを見た人も見てない人もその規模に圧倒され昔にタイムスリップしたような感覚になります。 以前の作品の余韻に浸るのもつかの間、次々にヒット作が生み出されています。 ドラマにハマってしまったら、「その場所」をこの目で見てみたいと思いますよね。 その願いを叶えるのがこのツアー! 「チュモン 朱蒙 」、「イ・サン」などを生み出した時代劇の宝庫『MBC大長今パーク(旧MBCドラミア)』をご見学した後は、ソウルに戻り「私の娘ソヨン」のロケ地『北岳スカイウェイ八角亭』、「コーヒープリンス一号店」のロケ地『サンモトゥンイ』、 「トッケビ 鬼」のロケ地『駱山公園』、「星から来たあなた」のロケ地『南山八角亭公園』を巡ります。 ドラマのロケ地は絵になる背景として選ばれる場所のため、どのロケ地も景色が素晴らしいことは言うまでもありません。 ドラマのロケ地を巡り有意義な一日をお過ごしください。 ご昼食は豚カルビをお召し上がり頂けます。 何度もご覧になられた方も少なくないと思います。 そんな方々ご必見!!今日は韓国の時代劇好きの方にはたまらない、時代劇のオープンセット場を2箇所見学できるツアーをご紹介致します!先ずは、現在放送中のチャン・グンソク主演の時代劇「テバク」の撮影所となっている加恩オープンセット場!ここでは、高句麗宮と新羅宮が一箇所に建てられている不思議な光景が見られる第1セット場から、戦闘シーンが主に撮影される第2、3セット場があり、日本でもおなじみ「イサン」や「善徳女王」などもこの撮影所で撮影されました。 次は、周りの山や道などの自然環境が生かされている聞慶セジェ オープンセット場です。 70,000㎡という広大な敷地内に130棟の建物があり、「太陽を抱く月」や「成均館スキャンダル」などの日本でも人気を集めたドラマや映画の撮影が行われました。 ご紹介致しました2つのセット場は韓国の時代劇好きの方は一度足を運んでみる価値有り!です!ソウルから2時間30分程かかる地方にあるため、個人ではなかなか行きにくいので、皆様お誘い合わせのうえ是非是非ご参加ください! 今がチャンス!特別割引キャンペーン! 世界文化遺産「昌徳宮」&「宗廟」!韓国歴史に触れる旅。 MBC時代劇の撮影セット「MBCドラミア(大長今パーク)」と世界遺産の「昌徳宮」と「宗廟」を1日かけて巡るツアーです。 「MBCドラミア(大長今パーク)」は時代劇ドラマセット場でありながら、実際の歴史遺産であるかのような精巧な建物とそのスケールに圧倒されます。 実際にタイムスリップしたかのような錯覚に陥るほどです。 午前には、日本語ガイドの面白い説明と共に主要なセット場を観覧していただきます。 午後からは韓国観光でもっとも人気のある世界文化遺産、「昌徳宮」と「宗廟」をご案内致します。 韓国時代劇ファンと韓国の歴史・文化に興味のある方にお勧めのコースです。

次の

韓国ドラマ『私のおじさん』のイ・ジアンの住むタルトンネと韓国貧民街

韓国ドラマ ロケ地

この坂、めちゃくちゃ急で、カメラ小僧も下からしかなくて・・・ 下からのカメラ小僧でわかるかな?奥の突き当りの塀の中にあるのが、 前回『バッドパパ』でも出てきたエルサレム教会。 で、方向的にはそれを回り込むと早いと思い、この坂を転びそうに なりながら降りて、すぐ隣の坂道を登ったが、それがジアンの家の通り。 ジアンの家の階段下の直角の道から見上げると、上には同じ エルサレム教会。 だから、この階段を上ると、最上段では同じ 教会の塀に突き当たる。 だから、毎回、この階段から入っては・・・ このジアンの家の前に着く形をとっていた。 で、ここはどこだろうか?と思ったら・・・何度も近くを歩いて いた 松峴近隣公園が左にある、この辺り。 家の前の階段下は 空地というか、緑になっていたので、この辺りじゃないかな?と。 赤〇の左上が坂上。 その上右がミドの本屋。 赤〇の上の通りの 最初の角が『ラブリーホラブリー』の家。 カメラ小僧も設置されて いない民家の中なので、100%ではないけれど、おそらくこの辺りかと。 毎回、歩く所をつなぎ合わせて作ってあって、わりと近くとは言え、 移動が大変だっただろうなと^^; 思い入れのあったドラマなので、少し詳しく調べてみた。 PS コメント欄で教えて頂いたジアンの家の場所。 上からの道で判断したけれど、間違っていた。 カメラ小僧の入れない地域なので、教えて頂いて嬉しかった。 5-4と書かれた青い屋根の下の道が階段で、95番キルと書かれた道に ジアンの家があるそうだ。 ギリギリ、スカイビューで確認出来て^^ それと、IUのOSTと思っていた曲も間違っているとご指摘頂いた。 Sondiaという歌手が歌っていた。 てっきりIUだと思っていたが違っていた。 合わせて訂正。 ジアンの家も動画に出てきている。

次の

『マイディアミスター私のおじさん』のロケ地 : 韓国ホリックかも?

韓国ドラマ ロケ地

行き方 安国駅(アングク駅)3番出口を出て少し歩き左に曲がり、坂道をずーっと登っていくと中央高校があります。 ウンタクとキムシンがすれ違うシーン 安国駅(アングク駅)1番出口を出ると、近くに徳成女子中学校と高校が並んでいるのですが、その間の道がロケ地になっています。 一話のこのシーンですね。 オープニングにも使われています。 けっこう長い道なのですが おそらくオープニングに使われたのは、この道の 最初の方なんじゃないかなあと。 仁寺洞側から来ればすぐのあたりだと思います。 女子校の正門前はこんな感じ。 もうどこを撮ってもロケ地感がすごい。 現代のソウルとはまた違う感じ。 スポンサードリンク トッケビの家(外観) このよく出てくる豪邸、 トッケビたちが 住んでいる家の 外観。 丁寧に日本語訳まで載せられちゃ知らなかったとは言えないし。 あの白い洋館にトッケビアジョシがいたのね、、! 韓国で放送されてから2年近く経つので今なら入れそうな気がするんだけどなあ。 行き方 安国駅(アングク駅)4番出口を出て徒歩数分。 関係者以外立ち入り禁止となっているかもしれないので、行く前は確認が必要です。 ウンタクがバイトを探すシーン 個人的に大好きなドラマなので何度も見ているのですが、 つい最近見返したときに、成均館大学の語学堂に通っていた頃に いつも通っていた道がドラマに出てきて。 あぁここかー!!!!と大興奮しました。 笑 메밀향그집(メミルヒャンクチプ)というお店です。 このシーンの後ろに写っている絵馬のようなものもチラリ。 実は成均館大学の語学堂の別館がこのすぐ近くにあって、級によっては別館で授業なので毎日見ていたこの光景。 ちょうど曲がり角のところで、お昼になると人がたくさんいました。

次の