埼玉 サッカー。 埼玉県高等学校体育連盟サッカー専門部 公式ウェブサイト

埼玉サッカー通信的 2020シーズン高校サッカー注目選手<MF、FW編>

埼玉 サッカー

サッカー王国と呼ばれていた埼玉の高校サッカー 高校サッカー界において、埼玉はかつては静岡・広島と並びサッカー王国御三家と称されていた。 都道府県別の優勝回数は兵庫に続き2位である。 そのほとんどが1950年台から1970年台にかけての浦和勢によるものだ。 第60回大会の武南の優勝が最後 そんな浦和勢の栄華も終焉を迎える。 代わりに台頭してきたのが、私立の雄・武南高校である。 大山監督率いる武南は80年台~90年台初期の高校サッカーに旋風を巻き起こした。 ちなみにこの武南高校が1981年に優勝したのが、埼玉県代表の最後の優勝である。 以降、優勝はなかったものの武南は90年台序盤まで躍進を続ける。 国立の常連となり、アンダー世代の代表チームにも選手を輩出していた。 この頃までは、高校サッカーにおいて埼玉代表はまだその地位を誇示することができていたと思う。 埼玉の高校サッカーはなぜ廃れたのか?? 90年台の中期頃から埼玉の代表校は全国大会で勝てなくなってしまう。 埼玉代表校が最後に国立のピッチに立ったのは1992年のこと(武南がベスト4)であり、そこから実に23年もの間、全国大会のベスト8の壁を破れないでいる。 かつて王国と呼ばれた埼玉の高校サッカーにいったい何があったのか?その理由を考察していくことにする。 理由1:武南の衰退と戦力の分散 まず一つ目の理由。 最後に国立のピッチを踏んだ武南高校の衰退が考えられる。 武南は90年台後半から大きく失速してしまった。 未だに埼玉県内ではそれなりの力を示せてはいるものの、全国大会にたどり着くことが非常に困難になってしまっている。 武南の衰退と同時に戦力が他校に流れてしまったのだ。 例えばこれが2強体制であり、もう一方の高校に流れたのであればまだよい。 きっと武南に代わってその高校が力をつけて台頭することになるから。 他県ではそういったケースはよく目にするものの、埼玉は違った。 なまじサッカーが盛んなだけあり、浦和勢をはじめ、武南に流れ続けていた人材を虎視眈々と狙っている学校はたくさんあったし、選択肢が増えてしまったため、県内のサッカー小僧たちは自分の行きたい学校を自由に選択し、結果として1強2強の勢力をつくり上げることが困難となった。 浦和東、浦和南、浦和市立、西武台、埼玉栄、正智深谷、大宮東と埼玉を制するチームは年毎に異なっていた。 大きく戦力が分散してしまったことこそが埼玉高校サッカー衰退のひとつの理由として考えられる。 理由2:近隣都県への有力選手の流出 戦力の流出・分散は県内のみに留まらなかった。 埼玉県は関東地方の真ん中に位置し、それなりに交通網も発達している。 東京には出やすく首都に勤務するサラリーマンのベッドタウンとして発展してきたという歴史もあるくらいだ。 その埼玉の周りに全国で勝てる学校があり、スカウトされ家から通えるとなれば、県内の高校よりもそっちを選択してしまうことも多いにありえる。 帝京、国学院久我山、前橋育英。 すべて埼玉県内から通学が可能な高校である。 地元代表校の選手数と同等に他県から埼玉出身者が全国選手権に出場しているのだ。 その数47都道府県中3番めに高い数値。 1位は代表2校の東京であるため、実質大阪に次いで2番めということである。 この人材が埼玉県内の1つの高校に所属し、高め合うことができていたら、、、埼玉県代表もそれなりの強化と全国でのそれなりの戦績を上げられていたのではないだろうか?? 理由3:Jリーグクラブユースの台頭 そして3つ目の理由。 ご存知の通り、埼玉県には2つのJリーグクラブがある。 浦和レッズと大宮アルディージャだ。 特に浦和レッズはJリーグでも屈指の人気チームであり、入場者数や収益を見ても群を抜いている。 埼玉県のサッカー少年であれば、埼スタのピッチに立つ姿を夢見るのがごく自然な流れなのではないだろうか? そう、かつての時代とは異なり、現在においてはサッカー少年たちの終着駅は高校選手権ではない。 それはJリーグであり、日本代表であり、ワールドカップであるのだ。 その目標に到達するには、将来埼スタのピッチに立つためには高校サッカーが近道なのか?それともJリーグのユースチームに行った方がいいのだろうか?例えばJ2・J3のクラブしかない県であれば、高校サッカーの強豪に進んだ方が近道なのかもしれない。 が、これがJ1で優勝争いをするクラブとなったらお話は別なのである。 高校サッカーにおいてアンダー世代にどれだけ選手を送り込んでいるのかを戦力を示すバロメーターとすることがある。 ちなみに浦和レッズの近年のアンダー世代代表選手をざっとあげると、、、• この選手たちが高校サッカー部に入部し、埼玉県代表として高校選手権のピッチに立っていたらと考えると複雑な気持ちになる。 高校サッカーに進んでいたら、浦和に入り戦力となる未来が変わっていたかもしれないし。 この負のスパイラル、プロのクラブチームでも見られる光景である。 下位のカテゴリに降格してなかなか抜け出せないようなチームはこの沼にハマっていることが多い。 プロのチームですら立て直しが難しい状況において、学業や進学が絡んでくる高校サッカーではさらに立て直しの難易度が上がってしまう。 だから23年もの間苦しんでいるわけであり、早々と脱却できるものではないのかもしれない。 埼玉の高校サッカーを復活させるためには? それでは埼玉の高校サッカーを復活させるためにはどうしたらいいのだろうか?私は浦和レッズが埼玉にある以上は、なかなか解決が難しいと思っている。 が、唯一頭に浮かんだ解決案も浦和レッズ絡みだ。 例えば、浦和レッズや大宮アルディージャのJrユーズチームに所属していた選手でユースチームに上がれなかった選手がいたとする。 そういった選手たちの受け皿となるような高校を 1つだけ作る。 武南でも浦和東でもいい。 ただ、お金は掛かりそうなので埼玉栄あたりが現実的なのかも…。 要はセカンドチャンスだ。 浦和や大宮からJを目指す線は潰えたが、高校サッカーで一発逆転してやろうと。 それは帝京でも前橋育英でも市船でもなく、家から近い埼玉の高校であると。 そのためにはその1校を強くする必要があるし、入学金などを免除してお金をかけて選手を集めなければならない。 初期投資や労力はハンパないとは思うが、これくらいしないと復権は難しいと思うし、一度負のスパイラルさえ抜け出せれば全国で勝てるだけの素養はあるとも思ってる。 高校サッカーで勝つことにどこまで重きを置くかではあるが、やっぱり地元の代表校が早々に姿を消すのは寂しいので、、、何とか頑張って欲しいところだ。

次の

SCY

埼玉 サッカー

更新履歴<大会情報>• 新型コロナウイルス感染症への対応について、政府より発表された「緊急事態宣言」を受け、公式戦の再延期を決定いたしました。 再開時期については未定です。 引き続き、安全確保に細心の注意を払っていただくようお願いします。 【2020】高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2020埼玉第13回埼玉県ユース U-15 サッカーリーグ• 【2020】高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ2020 埼玉クラブリーグ• 第29回埼玉県クラブユース U-14 サッカー選手権大会• 第22回埼玉県ユース U-13 サッカー選手権大会クラブ予選 <>• 第29回埼玉県クラブユース U-15 サッカー選手権大会 <>• 高円宮杯JFA U-15サッカーリーグ2019埼玉第12回埼玉県ユース U-15 サッカーリーグ• 高円宮杯 JFA U-15サッカーリーグ2019 埼玉クラブリーグ• 第8回埼玉県ユース(U-13)サッカーリーグ• 高円宮杯JFA 第31回全日本U-15サッカー選手権大会 埼玉県予選• 第34回日本クラブユースサッカー選手権 U-15 大会・埼玉県予選•

次の

埼玉サッカーBBS(埼玉サッカー掲示板です)

埼玉 サッカー

2部リーグB(U-16)• 2019. 25(2019. 25 更新)• 2019. 18(2019. 18 更新)• 2019. 11(2019. 11 更新) 規約・規定 その他ご案内• 高体連からのお知らせ• 2020. 2020. 2020. 10 東部支部からのお知らせ• 2020. 2019. 2019. 15 西部支部からのお知らせ• 2020. 2020. 2019. 26 南部支部からのお知らせ• 2020. 2020. 2020. 27 北部支部からのお知らせ• 2020. 2020. 2020. 28 関連リンク•

次の