痛風 に 効く 食べ物。 「痛風」の6つの原因、ビール&魚卵より要注意の意外な食べ物は?

痛風の食事

痛風 に 効く 食べ物

尿酸が結晶化して蓄積することで激しい痛みを伴う。 痛風の原因は食事にあるため、食事療法が有効だといわれています。 特に「プリン体を多く含む食べ物は避けたほうがいい」とのうわさも耳にしますが、はたして本当なのでしょうか。 その実際について、兵庫医科大学の山本徹也名誉教授にお話をききました。 関連記事: 痛風治療としての食事療法—カロリーを過剰に摂る食事をひかえ、バランスよく かつて、の治療としての食事療法では、レバーやウニといったプリン体を多く含む食品を避けることが大切といわれていました。 しかし現在ではそれほど気にする必要はないという考えが主流です。 プリン体は細胞の質や核の中に含まれる物質です。 確かにレバーやウニなどはグラムあたりの細胞の数が多いため、プリン体の数も多い傾向にあります。 しかし実際には食事から直接プリン体を摂取する量よりも、体内で合成されるプリン体の量のほうが、割合が高いことがわかっています。 とはいっても プリン体を含む食事を気にすることは必要ですが、最近はの原因となるカロリーの過剰摂取をひかえバランスのよい食事を心がけることが重要といわれています。 痛風治療時の水分摂取について アルコール(ビール)は避ける? の患者さんは、こまめな水分補給が肝要です。 6月から9月にかけての夏場に暑さで体が脱水状態になり血中のが上がるため、痛風発作が起こることが多いと言われています。 さらに夏場に痛風発作が多い一因としてはビールなどアルコールを摂取する機会が増えるからといわれています。 アルコールの分解時にはATPといわれる体内のエネルギー源が消費され、これが尿酸の生成を促進してしまいます。 また、同時につくられる乳酸のはたらきによって、尿酸が尿と一緒に体外に排出されにくくなります。 要するに、アルコールはアルコールの代謝にともなって、主として尿酸の生成促進と尿酸の排出の低下のにより、血中の尿酸値を増加させます。 痛風治療時に避けたい食べ物・摂りたい食べ物 痛風治療はバランスのよい食生活を心がける の患者さんは、バランスのよい食生活を心がける必要があります。 をきたすと言われている食べ物も、適量であれば問題ありませんが大量の摂取はひかえる必要があります。 さくらんぼやコーヒーはポリフェノールを含むため積極的に摂ってもよい 逆に、さくらんぼやコーヒーは、ポリフェノールを多く含むため積極的に摂っても問題ない食品です。 ポリフェノールはを下げる効果があると言われています。 また、アルコールであるワインもビールやウイスキーなどと違い、ポリフェノールが多く含まれているため、適量(グラス2杯程度)であれば尿酸値の上昇を抑えられます。 痛風のとき納豆はひかえるべき? 一部では、納豆はプリン体を多く含むためひかえるべきという話がまことしやかに流れています。 結論からいうと、 のときの納豆は食べ過ぎなければ食べても問題ありません。 たとえば納豆と同じ大豆食品である豆腐で、がどれくらい上がるかの実験をしたことがあります。 その結果、一丁あたりプリン体が50mg含まれる豆腐をまるまる一丁食べた場合は尿酸値の上昇が認められました。 しかし、通常の食生活で豆腐を一丁食べることはあまりありません。 一般的にプリン体が多く含まれると言われる食べ物でも、適量であれば問題はありません。 それよりもバランスのよい食生活を送ることが重要といえます。 肥満だと尿酸が尿中から排出されにくくなり、の状態になりやすくなるからです。 ですから、肥満の方はまず食事などを見直してダイエットを行い、肥満を解消することが大切だといえます。 他にも、肥満解消のためにはジョギングなどの軽い運動も有効です。 軽い運動であれば、血中のが上がる心配はありません。 通常はNSAIDs(非ステロイド性抗炎症薬)かステロイドを服薬し、痛みを抑えます。 そして痛みが弱くなってきたら通常量に減薬し、1〜2週間程度様子をみて、痛みがなくなったら服薬を中止します。 痛風の痛み止めに使う主な薬は、ナプロキセンやインドメタシンです。 痛み止めとしてよく使われるアスピリンは、少量だと逆に尿酸の排出を抑えてしまうため、通常使うことはあまりありません。 尿酸値を下げるー高尿酸血症の薬物治療 痛風は、痛風の原因であるを治さなければ完治しません。 そのため、痛風の再発を防止するためには高尿酸血症の治療が欠かせません。 血中のを下げるためには、アロプリノール、フェブキソスタット、トロピキソスタットといった尿酸産生抑制薬やベンズブロマロン、プロベネシドなどの尿酸排泄促進薬を使用します。 痛風になってしまった場合は、痛みを我慢せずに早めに内科、リウマチ科(内分泌代謝科)、整形外科を受診しましょう。 病院やクリニックでの薬物治療のほかは、繰り返しになりますがバランスのよい食事と、予防のための適度な運動が効果的です。

次の

痛風に良い食べ物とは! 尿酸値を改善させるアルカリ性食品を取り入れましょう!!

痛風 に 効く 食べ物

アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果 痛風に良い飲み物 ある日突然、耐え難い激痛に襲われる 痛風。 血液検査で尿酸値が高く、高尿酸血症と診断された方は、痛風や合併症の予防のため尿酸値を下げる努力が必要です。 今回は、 アルカリ性飲料の尿酸値を下げる効果と、痛風に良い飲み物についてまとめます。 飲み物で尿酸値を下げるには 尿酸値を下げるためには、とともに、水分摂取の工夫をすることが大切です。 水分補給量を増やす 水分摂取で尿酸値を下げる方法のひとつは、 多めに水分補給をすることです。 尿量を増やすことで尿酸をより多く排出し、尿酸値を下げることができます。 コツは、1度にたくさんの水分を飲むのではなく、頻繁に少しずつ飲むことです。 アルカリ性飲料を飲む もうひとつは、 尿をアルカリ化することで尿酸値を下げる方法です。 尿酸は、酸性に熔けにくくアルカリ性に熔けやすいという性質があります。 尿をアルカリ性に近づけると、尿酸が尿に熔ける量が増え、より多くの尿酸を排出することができるため、尿酸値を下げる効果があります。 尿のpHは食べ物や飲み物の影響が強いので、何を食べるか・何を飲むかを工夫することで、尿をアルカリ化できます。 ただし、アルカリ性に傾き過ぎると、カルシウム結石等の別のリスクが出てくるため、pH6. 0〜7. 0の間を目安にするとよいでしょう。 痛風に良い飲み物 痛風に良い飲み物として、下記のようなものがあげられます。 反対に、飲料や、砂糖・果糖が沢山使われている清涼飲料は尿酸値を上げてしまうので、多量の摂取は控えるようにしましょう。 牛乳 牛乳は、アルカリ性飲料でプリン体も含んでいないため、痛風に良い飲み物としてよく紹介されています。 実際、牛乳をよく飲む人は痛風に罹りにくいというアメリカの疫学研究報告もあります。 尿酸値の改善においても逆効果となりますので、多く飲み過ぎないよう注意しましょう。 アルカリイオン水 痛風に良い飲み物として、もう一つ代表的なアルカリ性飲料が アルカリイオン水です。 巷にアルカリイオン水がなかった頃は、重曹を水に溶かしたアルカリ性飲料を飲むことで痛風の予防に取り組む例も多かったそうです。 医学的には解明されていない部分が多いものの、アルカリイオン水を飲むことで尿をアルカリ化し、利尿作用によって尿酸の排出量を増やすことができるといわれています。 アルカリイオン水の良い点は、余分な糖分や脂質が含まれていないため、水分摂取量を増やす際にも適しているところです。 そのまま飲む以外に、お茶やに使って飲むこともできます。 ただし、薬を服用する時は、アルカリイオン水ではなく普通の水を使いましょう。 これは、アルカリイオン水に含まれる成分が、薬の作用に影響を与える可能性があるためです。 まとめ 今回は、アルカリ性飲料は尿酸値を下げる効果と、痛風に良い飲み物についてご紹介しました。 尿酸値を下げるためには、日々の水分摂取量を増やすことが大切になりますので、アルカリイオン水をボトルに入れて持ち歩くなどして、こまめに水分補給を行うようにするとよいでしょう。

次の

痛風の食事

痛風 に 効く 食べ物

痛風の西洋薬については以下の記事で書きましたが、今回は痛風を治療するための漢方薬について説明します。 漢方薬は、大昔に中国から伝わった医学をもとに日本の風土に合わせて独自の発展を遂げた医学で、体質など個人差に重きをおいた治療を行います。 漢方という呼び方は、江戸時代になって、オランダから入ってきた医学のことを蘭方と呼んだのに対して、日本独自に発展した医学を漢方と呼んだことがはじまりです。 西洋医学の薬は、一つの症状や病気に効果がありますが、漢方薬は有効成分が一つではなく複数あるので、色々な効能が期待できます。 患者さんの中には検査をしても結果に現れないが、何かしらの自覚症状がある場合があり、漢方はこのような病気の治療も得意です。 では、尿酸が高い人や、痛風になってしまった人に効果のある漢方薬が存在するのでしょうか。 もちろん、尿酸値が高い、すでに痛風の症状がでてきている患者さんに対して使われる漢方薬は、いくつかあります。 痛風の治療として用いられる漢方薬にどのようなものがあるかというと、主に肥満を解消し、体の血の巡りや、水の巡りを良くして代謝を促進する作用のあるものが多く使われます。 中には、関節の痛みに効く漢方薬もあります。 それでは、痛風に効果的な、いくつかの漢方薬をご紹介します。 大柴胡湯(だいさいことう) 肝臓に作用する漢方薬なので、脂質が分解されやすくなります。 また、余分な脂質が腸で吸収されるのを抑え、排泄を促す作用もあるので、肥満の改善に役立ちます。 痛風になる人は肥満になっていることも多いので、痛風予防としても役立ちます。 この漢方薬は、比較的体力のある人に使われます。 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 大柴胡湯と同様に肥満型の人に使われる漢方薬になります。 お腹に皮下脂肪を溜めている肥満の人や、便秘がちな人に効果があります。 高血圧や肩こり、むくみ、暑がりでのぼせがある人、尿量が少ない人にも効果がありますので、尿酸排泄の改善ができます。 この漢方も、大柴胡湯と同様に、比較的体力のある人に使用できます。 柴苓湯(さいれいとう) 水分の循環を良くするので、利尿作用があり、尿量が少ない人に効果的です。 そのため、尿酸の排泄をしやすくなる体の状態にしてくれます。 また、胃腸炎や下痢、むくみの改善にも効果的です。 越婢加朮湯(えっぴがじゅつとう) 関節の腫れや熱を帯びている場合に効果がある漢方薬なので、痛風にも有効な漢方薬です。 関節炎や局所の腫れ、尿の出が悪い、むくみ、粘膜の腫れなどがある場合に使用されます。 疎経活血湯(ソケイカッケツトウ) 関節痛、神経痛、夜間に激しい痛みがある人に効果がある漢方薬になります。 血の巡りが良くなるので、血行を良くして痛みやしびれを改善します。 特に腰より下の関節や神経痛に用いられ、痛風やぎっくり腰などの痛み があるときに使われます。 大防風湯(だいぼうふうとう) 関節の腫れや痛み、こわばりなどの症状に用いられます。 関節リウマチや痛風、慢性化した関節炎にも効果的です。 体を温めて痛みを和らげるので、冷え性の人にも有効で、虚弱体質の人にも使用できる漢方薬になります。 防己黄耆湯(ぼういおうぎとう) 水太りで色白の人に用いる漢方薬です。 むくみやすく、体力があまりなく疲れやすい人、関節の痛みがある場合に効果的です。 水分の代謝を促進するので、怠さも取れます。 漢方薬を使用する上での注意 漢方薬は、今では手軽に薬局でも手に入るものもありますが、症状や体質などを総合的に判断して処方されるものです。 薬である以上は副作用もあるので、詳しいことは、漢方薬に詳しい医師や薬剤師に相談の上、自分に合った漢方薬を見つけることをお勧めします。

次の