インスタ プロフィール 足跡 アプリ。 フォローせず自分のインスタを見ている人が分かる「Ins Insights」の使い方と危険性を徹底解説

【足跡完全ガイド】インスタグラムで足跡機能はある?確認方法や見方は?計測できるアプリはある?など徹底解説!

インスタ プロフィール 足跡 アプリ

(特に20代、30代には絶大な指示を得ているSNSでもあります。 ) 芸能人やスポーツ選手のみならず、Instagramの発信でファンを獲得し、それを仕事とするプロインスタグラマーも生まれ、日本のネット文化の中にしっかりと定着してきた感もあります。 本当に話題に事欠かない存在になってきました。 今日はそんな勢い・安定感、共に充分のInstagramのお話。 ユーザーのボリュームがこのクラスになってくると、必ず生まれるウワサがコレ。 『インスタって足跡機能あるの?』 『閲覧履歴がわかるアプリがあるらしいよ!』 『ユーザー検索はバレるらしい…』 こういった話は必ず聞こえてくるものです。 確かにSNSから相手の素性を探り出すような、ネットストーカー関連の事件や話題もよく聞こえてきます。 (最近はネット上のストーカー、またストーキング行為そのものを『ネトスト』と略すらしい) 極端なストーカーのような状況のみならずとも、若いユーザーなりの不安もあるようです。 学校などで講演すると、 『元彼(元彼女)のアカウント覗いているんですねどバレますか?』 といった質問を受けることも多々あります。 写真や動画を閲覧したことが相手ユーザーにバレるのかどうか? これは気になるところでしょう。 結論から申し上げますと、Instagramに足跡機能は存在しませんし、閲覧履歴をチェックできるようなアプリはありません。 唯一注意しなくてはならないのが「ストーリー」「ライブ配信」の機能のみ、閲覧しているユーザーが表示されるということ。 上記を踏まえまして、これらの疑問について詳しく解説をしていこうと思います。 最後まで読み進めていただければ、きっとあなたの不安は解消することでしょう。 かつて2000万人のユーザー数を抱え日本で最も隆盛を誇っていたSNS(2000年代最強のSNSだったが、2011年頃からFacebookに押され気味。 日本のSNS文化はmixiからスタートしている(もっと古いものも存在しているが、大きな影響力を持っていたという部分においては)ため、その当時の印象が強く、現在でもその言葉が根付いているのでしょう。 現在は再びmixiに足跡機能が復活しています。 また、他のSNSでいうとビジネス系SNS大手のLinkedinにはほぼ同様の機能が備わっています。 足跡=閲覧履歴 日本のSNS文化においてはそのように認識されているようです。 実際のところInstagramに足跡機能や閲覧履歴を表示するアプリは存在するのか?Insta fans catcherとは? それでは本題に入りましょう。 実際のところInstagramに足跡機能や閲覧履歴を表示するアプリは存在するのでしょうか? この回答については冒頭で述べた通りです。 Instagramに足跡機能は存在しませんし、閲覧履歴をチェックできるようなアプリはありません。 ところが、AppStoreやGooglePlayで「インスタ 足跡」を検索すると、以下のようなアプリが表示されます。 Insta fans catcher 〜インスタでらくらく足跡検索〜 このアプリ名だけを見ると、少し不安を感じる方も多いかも知れません。 しかしながらこのアプリの機能は、いいね!をしてくれたユーザーをランキング形式に並べたりする程度のもの。 誰が何時に閲覧した… などの解析ができるものではありません。 アップデートもされていないようですし、サポートでリンクを貼られている開発者のTwitterもなぜかアカウント凍結されているようですので、もう気にする必要も無さそうですね。 でも述べましたが、そもそもAPIが公開されていないので足跡アプリって作れないんですよ。 追記〜 WEBSTA — Instagram Analytics でも足跡はチェックできません 一部ウワサとなっていた、InstagramをPC管理したり、アクセス解析したりできるサイト、 ですが、こちらも現状足跡を解析するようなことはできません。 一時は、WEBSTAの利用者同士の閲覧については表示されていましたが、現在はその機能も無くなりました。 全く心配いらない状況になっています。 解析ツールとしてはめちゃくちゃ便利なので、ビジネス活用したいユーザーなどはぜひ一度チェックしてみることをおすすめします。 WEBSTA、私も楽しみながら使っています。 どうしても怖い人のために Instagram関連アプリの足跡関連機能まとめ 2018年3月追記 最近はさまざまな Instagram関連アプリ、関連サービスが多く出ており、ユーザーの不安も増しているようなので、それぞれのアプリ、サービスが持つ機能を簡単にまとめてみました。 ぜひご参考ください。 課金しないと殆ど使えない。 しかしながら、フォロー、アンフォロー、いいね!などのアクションがあった場合、上記のようなアプリを使って行動を探られるケースは考えられますので注意が必要です。 そうそう、怪しいアプリのインストールは避けたほうが無難です。 Instagramそのものに問題が無かったとしても、別のアプリから個人情報を抜かれたりすることも充分に考えられます。 (特にAndroidはご注意ください) 必要ないアプリは削除してしまいましょう。 Instagram Stories(ストーリー)への投稿、ライブ配信の閲覧時のみ、配信者に閲覧者がわかる仕組みになっている ただ一点注意しなくてはならないのが、2016年8月にInstagramに新たに実装された 「Instagram Stories(ストーリー)機能」、「ライブ配信機能」です。 豆知識 このストーリー機能の元祖はSnapchatでした。 Facebook社は一時期、Snapchatを30億ドルでの買収をオファーするも拒否され破断に。 その後、怒りのFacebook社はSnapchat潰しに方針転換。 Snapchatの人気の根幹であるストーリーをそっくり真似た機能がInstagram、Facebookに実装され、Snapchat社は大きな打撃を受けています。 既にInstagramのストーリー機能を利用するデイリーアクティブユーザー数(DAU)は2億人を超え、Snapchatのそれを超えてしまっています Instagramでは、 「Instagram Stories(ストーリー)機能」、「ライブ配信」の閲覧時のみ、閲覧ユーザーネームが配信者に表示される仕様となっています ここだけ注意しておけば何も問題ありません。 一般の投稿については、安心して閲覧することが可能です。 元カレでも、元カノでも、人妻でも不倫相手でも、生き別れの兄でも、いくら閲覧したところで相手にバレることはありません。 足跡機能は存在しないのだから。 ユーザー検索も相手に通知されることはありません こちらも不安に感じている方が多いようですので、一応記載しておきます。 Instagramの検索機能の使用についても、履歴が残ったり、相手に通知が届くようなことはありません。 ご安心ください。 フォローする人を見つけよう(おすすめユーザー)は閲覧履歴を参考にしているのか? これもよく聞かれるのですが、アルゴリズムが公表されているわけでも無く、正確なところはわかりません。 Facebookのおすすめユーザー(知り合いかも)と同じような要件だと思います。 フォローする人を見つけように表示されることを防ぐには、 ・他人に知られているメールアドレスを登録しない ・電話番号を登録しない ・連絡帳へのアクセスを不許可 ・Facebookとの連携を外す などの対策をしておきましょう。 閲覧した事実がバレる要因はオフラインにあり ただし、Instagramの機能上ではバレませんよって話であり、オフラインでの注意は当然必要になってきます。 相手の写真を見たことであなたが挙動不審になったり、知らないはずの事柄をついポロっと言ってしまい、それが原因で疑われるのはよくある話です。 また、閲覧中に操作を誤り ・間違って「いいね!」したり ・間違って「フォロー」したり というケースもよく見られるパターンです。 どうか慎重な扱いを… Facebookにも足跡は無かった!でも「My Top Fan(足跡アプリ)」があった… インスタは? 同社内で運営されているSNS、Facebookにも足跡機能そのものはありません。 しかしながら、Facebook社の外部で製作されたアプリの中に、 「My Top Fan(足跡アプリ)」というものがあり 、このアプリを使用することで、友達限定ではありますが誰がどのぐらいの頻度であなたのページを訪れたのかがわかる仕様になっていました。 今の所、Instagramにおいても、そういったアプリは存在しません。 スマートフォンアプリにてMy Top Fanが復活しました。 ( 2018年3月追記) しかしながら、足跡機能、閲覧履歴などの機能は搭載されておりません。 ご安心ください。 追記〜Facebookグループ内の投稿は閲覧履歴が表示される仕様となっています Facebookは通常の投稿に対する閲覧履歴は表示されませんが、Facebookグループ内での投稿においては、閲覧者が誰であるかわかる仕組みになっています。 Facebookグループ内の投稿のみこのような表示で閲覧履歴が確認できます 同様にInstagramでも、ストーリーの投稿は閲覧者が見える仕組みになっているので、ご注意ください。 まとめ 〜instagramの足跡機能は存在しませんが…ストーカー行為は厳禁です〜 以上、長々と解説して参りましたが、カンタンにまとめると以下の通り。 1、そもそもInstagramには足跡機能は存在しない 2、足跡アプリや、足跡解析ツールも存在しない 3、ストーリーとライブ機能は配信者に閲覧者が表示される仕様 と、いうことです。 そして多くの場合、閲覧の事実がバレる理由は、操作ミスやオフラインが要因となっているもの。 これが真実です。 どうしても相手にバレずに見たいなら、Webブラウザからログインしないで閲覧すれば間違いもありません。 まぁ公開設定になっているものを閲覧するのは問題ありませんが、あまり執着すると怖いので極端なことはやめましょうね。 このようなWebサービス、SNSは、ちゃんと仕様を見極め、理解した上で使用するようにしましょう。 そして、 注)ストーカー行為は厳禁です! 常識の範囲内でマナーを守った運用、閲覧で Instagramを楽しみましょう。 Instagramは現在、ストーリーのスクリーンショット通知機能をテスト中です。 スクショ撮ったら通知行くようになります。 ホントおかしな行為はやめて真っ当に生きましょうね。 旅は台湾、ワインはカリフォルニア、ウィスキーはアイラモルト、チーズはミモレット、珈琲はピーベリー、葉巻はHabanos Punch、Romeo Y Julieta。 基本ダブルコロナ、チャーチル、ランセロなどの長いビトラが大好き。 できることならコイーバランセロを毎日吸いたい。 』 日本テレビ『シューイチ』 日本テレビ『諸事情により』 日本テレビ『スッキリ!!』 日本テレビ『Oha! 4 NEWS LIVE』 日本テレビ『news every.

次の

【足跡完全ガイド】インスタグラムで足跡機能はある?確認方法や見方は?計測できるアプリはある?など徹底解説!

インスタ プロフィール 足跡 アプリ

そもそも足跡機能って何?? まず、SNSの足跡とはどういう機能なのか? 足跡機能が流行ったSNSで有名なものに、Mixiというのがあります。 今の20代には馴染みのあるSNSですが、10代は知らない人が多いのではないでしょうか? mixiとはTwitterとFacebookの中間のようなSNSで、匿名性ではないんだけど、コミュニティなどのページでネット上でのつながりが作れるSNS。 2000年代には若者の間で大流行しました。 そのmixiに存在した足跡機能は、相手のプロフィールを見た時に、自分が見たという履歴が相手の「足跡」画面に残る機能のこと。 つまり、相手に自分が見たページが分かってしまう為に、遠慮しながら見なければならなくなってしまったのですね。 さらに、mixiで相手のプロフィールページを見ると、最終ログインはいつなのか分かる機能もあったので、頻繁にmixiをチェックしている人かどうかバレてしまうといった危惧もありました。 では、この機能はInstagramにはあるのでしょうか?? インスタに足跡機能はある? さて、肝心のインスタに足跡機能があるかどうかですが… 今のところ、Instagramに足跡機能はありません! なるほど、それなら安心…が、ちょっとまってください。 これを使えば、相手がどんな投稿に興味があるのか、簡単に分かってしまいそうで怖いですね^^; 自分が好きな人の趣向が分かっちゃうかも!恋愛してる男女には必見のアプリですねw インスタのストーリー機能で足跡がモロバレ 実は、Instagramのストーリーには足跡機能があります。 相手のインスタのストーリーを開くと、 相手からは誰が見てるかモロバレしてしまうのです(汗 このように、ストーリーには見た人の履歴が残ります。 アカウント名がバッチリ載ってしまうので、 ストーリーを見る際は相手に見られてるということを意識しましょう。 (ここ大事) さらに、 上にあればあるほど頻繁にあなたのストーリーを見ているアルゴリズムになっています。 順番が上だと、最早ストーカーに近いと思われるかも。。。 また、インスタはFacebook傘下なので、フェイスブックが方針を変更すると、普通にプロフィールを見た時に足跡が付く可能性もあります。 2017年は大丈夫だったとしても、2018年に新機能が付く可能性もあり。 インスタは最早生活の一部!足跡機能を見くびってる怖い目に遭いますよ。

次の

あなたのインスタは探られている?? Instagramの足跡機能、閲覧履歴、足跡解析アプリの有無について解説します【2018年4月版】

インスタ プロフィール 足跡 アプリ

インスタグラムのハイライトやストーリーは、鍵アカウントでなければ誰もが見ることができます。 そのハイライトの機能を逆手にとって、サブアカウントからのハイライトの閲覧という使い方をするわけです。 ただし、このハイライトの見方で注意すべきなのが閲覧頻度です。 インスタグラムのハイライトにつく足跡は、アカウントへのアクションで表示順が変わります。 頻繁に対象アカウントを閲覧してしまうと、ハイライトの足跡の先頭に表示される確率が上がるんです。 特に相手のフォロワー数が少ない場合、表示順に影響する可能性が高いです。 怪しいアカウントから頻繁に閲覧されているとわかればブロックされる確率が高くなります。 ブロックされれば当然ハイライトも閲覧できないので、気を付けましょう。 サブアカウントを使った見方の場合、鍵アカウントのハイライトは非表示になります。 鍵アカウントのハイライトを閲覧したいなら、インスタグラムの投稿拡散アプリを利用してみてください。 今回は「Photo Around」を紹介します。 Repostはその名の通り、インスタグラムの投稿をリポスト 拡散 するアプリです。 実はインスタグラムはリポストができないんです。 そんな時、Repostを使えばお気に入りの投稿をリポストすることができます。 このRepostというアプリでは、正規のアカウントを使ってハイライトには足跡を付けずに、ハイライトにまとめられたストーリーを閲覧することができます。 実際に使い方をご紹介します。 すでにハイライトにつけてしまった足跡をどうしても非表示にしたい!という場合、削除はできないですがごまかす方法もあります。 それは「自分のアカウント情報を一時的に変更する」方法です。 ストーリーは投稿者がアーカイブ設定していなければ24時間で削除されます。 その設定を逆手に取りましょう。 自分のアカウントの写真、プロフィール欄を全く関係のないものに書き換え、ストーリーが非表示になるのを待ちます。 相手がアーカイブしていたり、ハイライトの場合は非表示にならないのでこの方法では意味がありません。 ただ、多くの人は投稿後数日たてば、わざわざ足跡の確認はしないものです。 その可能性にかけて、一時的にプロフィールを変更してみましょう。 iPhoneは頻繁にiOSのアップデートが行われています。 インスタグラムアプリは最新の状態でも、iOSが旧バージョンのせいで正常に動いていない可能性がありますので、確認してみましょう。 まずは今のバージョンの見方です。 設定アプリを開き、一般タブを選択します。 情報という項目をタップすると、バージョンという欄があるので数字を確認してください。 最新バージョンの数字は、docomoなどのキャリアのホームページで見ることができます。 アップデートが必要であれば、設定から一般を開き、ソフトウェアアップデートをタップし、ダウンロードとインストールを選択します。 アップデートには時間がかかりますので、時間に余裕がある時に行ってください。

次の