クロス バイク ディスク ブレーキ。 ディスクブレーキorVブレーキどちらが正解?

ディスクブレーキ搭載おすすめクロスバイクと油圧ディスクのメリット

クロス バイク ディスク ブレーキ

ブレーキの種類と特徴 自転車の制動機構はホイール側面をそのままゴムで挟み、その摩擦力で回転を止めるタイプが一般的。 とはいえハブ付近にローターを設け、それを挟むディスクタイプのクロスバイクも以前比べて増えてきています。 ブレーキによって履けるタイヤの太さも変わりますので注意しましょう。 その形状が似ていることからカンティレバーブレーキと名付けられたブレーキです。 Vブレーキの原型となった昔ながらの方式で、 構造はシンプルで軽く、ワイヤーをフックから外すだけで開放でき、タイヤクリアランスが広く取れ、太いタイヤでも対応でき、さらに泥詰まりに強いことからMTBなどさまざまな自転車に採用され、今でもシクロクロス系モデルに用いられています。 一方で、制動力を上げるためにアームを伸ばした場合、左右への張り出しが大きくなってしまうのが弱点。 該当モデル例• GT SPEEDBALL Vブレーキ ほとんどのクロスバイクが採用しているVブレーキ。 Vブレーキが開発されるまでは、カンティレバーブレーキが主流でした。 ただし、カンティレバーブレーキは制動力の問題のほかに、ブレーキを引くために本体の上に張られたアーチワイヤーがあるために、MTBのような極太タイヤを使うとクリアランスが確保しづらいのが欠点をもっていました。 そこでシマノが開発したのがアームが真上に伸びたVブレーキです。 現在ではカンティレバーブレーキのほとんどがVブレーキに置き換わっており、多くのクロスバイクがこのブレーキを採用し、子供用自転車にも使われています。 というのも、 高い制動力を持つだけでなく、軽量、低コスト、メンテナンスもしやすいという多くの特長を持っているからなのです。 さらにタイヤとのクリアランスが広いため、 泥詰まりが起きにくく太いタイヤも履けます。 ちなみに、ブレーキ取り付け台座はカンティブレーキと互換性アリ。 該当モデル例• GIANT ESCAPE R3• GIANT ESCAPE AIR• BIANCH ROMA3• cannondale QUICK4• SPECIALIZED SIRRUS SPORT ディスクブレーキ 制動力が最も高いのがディスクブレーキです。 元々はMTBのダウンヒルモデル用に開発されたもので、現在cannondale BAD BOY 4やSCOTT SPORTSTER 20などのクロスバイクで採用されています。 メンテナンスが楽な機械式ディスクブレーキと強い制動力の油圧式ディスクブレーキの2タイプがあります。 制動方法はハブに取り付けられたブレーキディスク ブレーキローター を、ブレーキパッドで挟み込んで制動させます。 リムから離れたところにブレーキがあり、 泥や水の影響を受けにくいので、天候や路面状況を問わず、常に優れた制動力を確保できるのが特長。 また、ブレーキでリムが摩耗しないので、ブレーキシューの交換は不要です。 一方の弱点は、 構成パーツが重く、全体重量がどうしても上がってしまうところと、ローターが入っていない状態でレバーを引くとパッドが落ちやすいこと。 該当モデル例• BIANCH ROMA CARBON FORK• LOUIS GANEAU LGS-TR LITE R• SCOTT SPORTSTER 20• cannondale BAD BOY 4 キャリパーブレーキ ロードバイクのほとんどで採用されているキャリパーブレーキ。 重量は軽く小型、制動力もVブレーキほどではありませんが、コントロール性が高くレース向けのロードバイクにぴったりのブレーキといえます。 クロスバイクでもロードバイクのコンポーネントのSORAや105を装備しているモデルは主にキャリパーブレーキを採用しています(BIANCH ROMA CARBON FORKのようにTIAGRAなのにディスクブレーキというモデルもあります)。 昔はカンティブレーキのように左右に分かれたアームを真ん中で引く「センタープル式」が主流だったのですが、現在の主流は制動力の向上と、左右のブレーキシューへの入力バランスを均等にするために左右のアーチの作動軸を独立させた「デュアルピボット式」になっています。 構造上タイヤクリアランスが狭く、履けるタイヤのサイズが限定され、太いタイヤが使いづらいのが弱点です。 該当モデル例• GIOS AMPIO• PINARELLO TREVISO• LOUIS GANEAU LGS-RSR4 ブレーキの操作方法 まずはじめに知っておきたいこととしては、前ブレーキが自転車を止める役割で、後ブレーキがスピードの調整と、前後のブレーキによって役割が違うということです。 自転車を止めるのは前ブレーキがメイン クロスバイクはブレーキの前後を使い分けて走ります。 制動力は前輪にブレーキをかけたときのほうが大きいので、自転車を止めるのは前ブレーキがメインで使い、後ブレーキがサブで使います。 といっても、このことを知らなくても自転車をとめることができるのは右手が効き手の人がほとんどなので、意識せず握力のある右手で前ブレーキを握っているからです。 後ブレーキだけだとロックしやすく滑りやすくなる 後輪はブレーキ時には車輪が回転しない状態になるので、後ブレーキだけだと自転車がスリップしてしまうことが多くなります。 一方で、前ブレーキだけを強くかけると前輪が固定されて後輪が浮き上がり、転倒のリスクが高まります。 ブレーキをかける場合は、片側だけではなく、必ず両方のブレーキをかけるようにしましょう。 クロスバイクによく使われているディスクブレーキやVブレーキは、制動力が強力なブレーキです。 そのため、前ブレーキを強く握ると後輪が浮いてしまうジャックナイフ現象が起きることがあります。 クロスバイクに慣れるまでは全力でブレーキングすることは避けたほうが無難です。 ブレーキのコツ ブレーキ時にはほんの少しだけ前ブレーキを強めに握るようにすれば、両輪ともにロックされることなく安全に止まれます。 走行中のスピード調整は、後ブレーキを活用します。 前ブレーキの強さはハンドル操作にも影響があるので、スピードを調整する場合は転倒する危険度が少ない後ろブレーキを中心に、こまめに行ないましょう。 安全に注意して徐々に減速するのが基本 信号などで止まる場合は、30m~50m手前から前ブレーキを使って徐々に減速します。 15m~20m手前でゆっくりになってからいったん減速を止め、5m~10m手前で前ブレーキを中心にかけて停止します。 周りの状況によく注意しながら安全に走行し、危険性の高い急ブレーキはできるだけ避けるようにしましょう。 ハンドルの握り方 ハンドルは強く握らず、両肘を軽くまげて路面からの振動を体に伝えないようにすると、体への負担が少なくなり疲れにくくなります。 逆に強く握ると上半身に力が入り、ブレーキやハンドル操作が鈍くなります。 街中ではブレーキに人差し指と中指をかけ、薬指と小指でグリップを握り、いつでもブレーキができる状態にしておきましょう。 クロスバイクのハンドルはロードバイクのドロップハンドルに比べ、ポジションを変えにくいため、肩が凝ったり腕や腰が疲れることが弱点。 エクステンションバーを取りつけるといろいろなポジションをとることができるので、疲れにくくなります。 クロスバイクでロングライドを考えている人は検討してみては。

次の

機械式Discブレーキと油圧式Discブレーキは何が違う?

クロス バイク ディスク ブレーキ

メリットの1つ目は、安定して強い制動力を得られるということです。 というのも、通常のブレーキだと雨や雪などによって地面が濡れている状態ではそのブレーキの効きは落ちるかと思います。 これは、通常のブレーキはホイルの外周の周りをゴムで挟んでいるからで、ゴムは水に濡れると滑りやすくなるというのは知っているかと思います。 対して、ディスクブレーキの場合は、そのパッドが摩擦係数を高めている樹脂で作られているので、どんなコンディションでも強力なストッピングパワーを得ることができます。 雨の日にブレーキをかけて滑ってしまって、転倒しそうになったというような経験はあなたにもあるかと思います。 ディスクブレーキだと、このような経験をすることはありません。 メリットの3つ目は、トラブルに強いということです。 これは当然のことですが、自転車のホイルは地面により近い外側のほうがトラブルに見舞われることが多いです。 通常のブレーキの場合には、最悪の場合、ホイルが大きく振れてしまって、リムとブレーキシューが当たり走れなくなってしまうこともあります。 そういう観点から考えると、車軸により近いローターは意外とトラブルには強いんです。 地面のコンディションが悪く、ホイルの外側がダメージを受けてしまうような状況の下でも、ローターは真横からダメージを受けない限りはダメージを被りません。 このトラブルへの強さは、最も過酷なコンディションの元、走行するマウンテンバイクにディスクブレーキが搭載されていることからも理解できます。 いかがでしたか?今回は、自転車のディスクブレーキのそもそもの概要や自転車に取り付けるメリットやデメリット、その調整、交換の仕方、また標準的にディスクブレーキを搭載しているおすすめの自転車についてご紹介してきました。 ディスクブレーキは、地面のコンディションが悪い状態でも、しっかりと制動力を得ることが出来るのでおすすめです。 ただ、音鳴りがすることが多いので、使用する際には、しっかりと調整の仕方を把握しておきましょう。 また、基本的には後付けをすることは出来ませんが、一部の自転車は後付けをすることが出来ます。 ただ、後付けや交換となっても、そのカスタムのバリエーションが少ないので、できるだけ標準的にディスクブレーキを自転車を選ぶのがおすすめです。 それでは、これからもその音の調整法や後付け、交換の仕方を把握したうえで、ディスクブレーキが取り付けられている自転車を楽しんでいきましょう!.

次の

油圧ディスクブレーキロードバイクのメリットとおすすめディスクロード

クロス バイク ディスク ブレーキ

クロスバイクとは? By: クロスバイクは自転車の種類のひとつで、「マウンテンバイク」と「ロードバイク」の両方の特徴を兼ね備えたスポーツ用自転車です。 マウンテンバイクほどハードなオフロードには適していませんが、ロードバイクのように舗装路のみでの使用目的ではないモデル。 ロードバイクのように前傾姿勢を取る必要もなく、シティサイクルに近い感覚で楽しめるのが特徴です。 クロスバイクの主な用途 クロスバイクは、マウンテンバイクとロードバイクの中間的存在。 両者のよいところを取った汎用性の高いスポーツバイクで、通勤・通学の移動に使えるのはもちろん、オフロードにもおすすめです。 また、ロードバイクでいうところの「ツーリング」とは異なり、気のままに走ったり、ダイエットとして使えたりとマルチに使える自転車としても人気。 ロードバイク・マウンテンバイクをいきなり購入するのは本格的すぎて気が引ける方にも、クロスバイクがおすすめです。 クロスバイクの魅力 コスパ良好でスポーツバイク入門にもぴったり クロスバイクは5〜8万円程と比較的安価な価格帯で購入可能。 マウンテンバイクやロードバイクに使用されているのと同じパーツが採用されていることもあり、今後それらに挑戦したい方の最初のステップとしても最適です。 軽量で漕ぎやすい シティサイクルの重量は20kg前後ですが、クロスバイクは10~15kg程度と軽量。 さらに、一般的なシティサイクルと比べるとタイヤが細く、スピードを出しやすいのが特徴です。 前かごや荷台など、走行に直接関係のないパーツが省かれているので、身体の力が伝わりやすく軽々と走行できます。 クロスバイクの選び方 用途で選ぶ 通勤・通学用途 毎日の通勤・通学でクロスバイクを使用する場合、ある程度軽量で扱いやすく、頑丈であることが重要です。 通勤・通学での使用は停車・駐車をすることも多いため、車体が重すぎるとちょっとした持ち運びに苦労します。 軽量化を求めすぎる必要はありませんが、持ち運びと取り扱いが簡単に行える軽めの車体がおすすめです。 また、車体とタイヤは十分な強度を備えたモノを選ぶことで、パンクなどのトラブルを避けられます。 太すぎても重量が出てしまい運転に脚力を必要としてしまうので、細過ぎず太すぎないタイヤがおすすめ。 通勤・通学用途では、走りやすさや扱いやすさ、丈夫さをバランスよく兼ね備えたクロスバイクを選ぶことが大切です。 サイクリング用途 本格的にサイクリングをするためにクロスバイクを選ぶ場合は、走りの快適さを重視することが大切。 車体は細めで、軽快に走れる細いタイヤを選びましょう。 また、長距離を走るサイクリング用途のクロスバイクであれば、疲れにくさも重要。 振動を吸収し身体への衝撃を軽減してくれるモノや、一定のスピードを保ち、足への負担を軽減できるギアの多いモノを選ぶのがおすすめです。 アウトドア用途 舗装されていない道や、険しいオフロードなどのアウトドアシーンで使用する場合は、マウンテンバイク寄りの機能を備えたモノを選ぶことが大切です。 過酷なシーンでも問題なく走れる、より頑丈な車体とタイヤを選ぶ必要があります。 タイヤは不安定な道でも安定した走りを保てるかつ、高いクッション性を発揮する太めのモノを選ぶようにしましょう。 また、振動を吸収できる柔らかくしなやかなフレームを選ぶことで、身体への衝撃を軽減できます。 体にあったサイズを選ぶ クロスバイクだけでなく自転車全般にいえることですが、体にあったフレームサイズを選ぶことが重要です。 フレームサイズとは、サドルの下からペダルを取り付けている部分までの長さを指します。 サイズが自分の体にあっていないクロスバイクは、必要以上に負担がかかるため危険です。 サイズの相違が大きければ大きいほど負担は大きく、場合によっては体を痛めてしまう恐れもあります。 クロスバイクを購入する際は、自分の体にあったフレームサイズの車体を選ぶようにしましょう。 重量で選ぶ By: サイクリング用途など、上級者向けの素材として人気を集めているのがカーボン。 軽量で軽快な走りを実現します。 ドライバーへの振動を吸収するため、乗り心地は良好です。 カーボンの欠点は耐久性の低さ。 とくに、1箇所にピンポイントで強い衝撃が加わると簡単に割れてしまいます。 慎重に扱う必要があり、街乗りやクロスバイクに乗り慣れていない方はとくに注意が必要。 また、ほかの素材と比べ価格が高く、フレームの全体にカーボンが使われているクロスバイクの場合、数十万円以上するモデルもあります。 現在クロスバイクを使用しており、より快適に走行できる上級者モデルが欲しい方におすすめの素材です。 ギアの変速段数で選ぶ By: クロスバイクに搭載されているギアの変速段数は、モデルによってさまざまです。 ギアの変速段数が多いのは、足にかかる負荷を常に一定に保つため。 坂道など、さまざまな環境で変化するペダルの重さをギアで調節することによって楽に走行できます。 長距離を走行したり、時速30km以上で走行したりするためのクロスバイクを探している場合は、多くのギアが搭載されたモデルを選ぶのがおすすめです。 通勤・通学など普段乗りなら7~9前後、サイクリング用途なら21以上の変速段数を備えたモデルを選ぶようにしましょう。 タイヤの太さで選ぶ By: タイヤが太いほど障害物にもグラつかず、走行時の安定性を高められます。 また、太い分クッション性も高く、乗り心地がよいのも特徴のひとつ。 一方、スピードが出しにくく、加速のために脚力を必要とするのが欠点です。 反対に、細ければ細いほど軽くなり、その分スピードが出やすく軽快な走りが可能。 しかし、細さゆえに車体を安定させることが難しくなります。 さらに、しっかりとメンテナンスしなければ、軽い衝撃でパンクしてしまうのも欠点のひとつです。 通勤・通学用途におすすめなのは太めの28C。 より太い32Cは、グリップ力が高く坂の上りや下りがラクになるので、アウトドア用途におすすめです。 拡張性の高さで選ぶ By: クロスバイクの楽しみとして、自分なりにカスタマイズできることが挙げられます。 使用するシーンや目的に応じて機能やパーツを取り付けられる、拡張性の高さも重要な要素です。 通勤・通学用途であれば、雨対策の泥除けや駐車をラクにするスタンドなどがあると便利。 また、サイクリングやアウトドア用途では、水分補給のためのボトルケージや速度・走行距離などを計れるサイクルコンピューターを取り付けるのもおすすめです。 より快適にクロスバイクを楽しみたい場合は、オプションパーツを取り付けられる規格に対応しているかも確認しておきましょう。 クロスバイクのおすすめメーカー ビアンキ Bianchi By: 「ビアンキ」はイタリアの老舗自転車メーカー。 1885年に小さな自転車店からスタートし、現存する自転車ブランドのなかでは世界最古として知られています。 イタリア語で「青い空」を意味する、淡いライトグリーンの「チェレステ」をイメージカラーとしているのもポイント。 ロードバイクやマウンテンバイク、クロスバイク、ミニベロなど、さまざまなタイプの自転車を数多く展開しています。 ジャイアント GIANT By: 「ジャイアント」は1972年に台湾で設立された自転車メーカー。 自転車生産量は世界一といわれており、幅広い製品をラインナップしています。 これまで培ってきた技術とノウハウを活かしており、クオリティも良好。 コストパフォーマンスの高さにも定評があります。 なお、2010年からは女性向けの自転車ブランドとして「Liv(リブ)」を展開しているのも特徴。 女性の体格や乗りやすさを考慮しているのはもちろん、小柄な方でも無理なく乗れるモデルの生産にも力を入れています。 ルイガノ LOUIS GARNEAU By: 「ルイガノ」 は、1983年にスタートしたカナダのスポーツ用品メーカー。 創業者がもともと自転車のトラック競技選手だったこともあり、サイクリング製品を豊富に取り扱っています。 ヘルメットやライト、スタンドなど、オプションパーツが充実しているのもポイント。 なお、日本では株式会社あさひが商標使用許可を得て販売をしています。 クロスバイクのおすすめ人気モデル ビアンキ Bianchi Roma 3 Disc ビアンキの定番クロスバイク、「Roma」シリーズのディスクブレーキ搭載モデル。 ディスクブレーキシステムはブレーキの制動力や安定性が高く、悪天候や悪路でもスムーズに対応できるのが特徴です。 フレームには軽量で丈夫なアロイ(アルミ合金)を採用しており、ロードバイクに近い感覚で乗り回せるのもポイント。 安定性と高速走行性を両立しているので、街乗りはもちろん、通勤・通学などでクロスバイクを使いたい方におすすめ。 カラーはチェレステ・マットミニタリーグリーン・マットブラック・マットブラックピンクの4色をラインナップしています。 初心者用クロスバイクとして人気のESCAPE R3と比べて、軽量性に優れた「CROSTAR」。 重量が9. 7kgと同価格帯のクロスバイクでは最軽量クラスで、ジャイアントの新たなエントリーモデルとして注目が高まっています。 ESCAPE R3との最大の違いはフォーク部分。 ESCAPE R3はクロモリ製のベンドフォークなのに対して、CROSTARはアルミ製のストレートフォークを採用しています。 素材のぶん軽くなっており、クイックな操作が可能です。 タイヤは、走行性と走破性を両立した28mm幅。 街中でアグレッシブに乗り回したい方におすすめのクロスバイクです。 アメリカの自転車ブランド、トレックのクロスバイク「FX 1 Disc」。 独自製法のAlpha Goldアルミニウムフレームを採用しているのが特徴で、負荷のかかる部分は厚く、強度がそれほど必要ない部位を薄くすることにより、剛性と軽量性を両立しています。 タイヤはやや太めの35mm幅。 クロスバイクとしては安価な価格帯でありながらディスクブレーキを搭載しており、雨天などの滑りやすい状況でも高い制動性を実現しています。 悪天候でも安定した走行が可能です。 2019年モデルはフレームの外側にケーブルが配線されていた一方、2020年モデルからはフレームに内蔵されているのもポイント。 見た目がスッキリするほか、ケーブルを引っ掛けて断線するといったリスクも抑えられます。 クロスバイク初心者にもおすすめのモデルです。 マセラティ MASERATI AL-CRB7021 イタリアのスポーツカーメーカー、「マセラティ」のスタイリッシュなクロスバイクです。 本製品は耐久性に優れた「アルミダイヤモンドフレーム」を採用しており、高い剛性を有しているのが特徴。 通勤・通学からアウトドアでの起伏のある路面まで、幅広い走行シーンに対応可能です。 また、スポーツバイクに使用される「クイックリリース」仕様なのもポイント。 工具を使わず車輪を外せるので、パンクなどのトラブルに遭遇したときでもスピーディに修理可能です。 汎用性の高いクロスバイクを探している方はチェックしてみてください。 細いフレームがスタイリッシュな印象のクロスバイク。 カラーはホワイトやマットブラック、レッドなど全6色なので、好みのカラーを選びやすいのが魅力です。 おしゃれなモノを探している方に適しています。 また、リーズナブルな価格のため、はじめてクロスバイクを購入される方にもぴったりです。 適応身長は約155cm以上、適応体重は約80kgまで。 前輪はクイックリリースレバーで簡単に取り外せるので、車内に積んで、旅先でもクロスバイクでの走行を楽しめます。 サドルはクッション性に優れており、長時間の走行でも疲れにくく、通勤や通学中でも快適です。 ボトルゲージ取付用ホルダーが搭載されているため、ボトルゲージを設置すれば水分補給も容易にできます。 柔軟性に優れ快適な乗り心地を実現するクロモリフレームが採用されたクロスバイク。 リムの高さが約60mmのディープリムを使用しているので、空気抵抗を減らす「エアロ効果」も期待できます。 ハイスピードで走行しているときに、安定した直進が可能です。 ギア変速段数はシマノ製の21段仕様のため、街乗りだけでなく、サイクリングなどでも活躍します。 変速はレバー式により素早く変更できるのもポイント。 さらに、インジケーターが搭載されているので、設定しているギアの確認がしやすいのも特徴です。 フロントライトには、高輝度LEDと、雨に強く錆びにくいシリコン素材を使っています。 ボタンひとつでフラッシュと常時点灯の切り替えを行えるので、夜間時の走行も安心。 比較的リーズナブルな価格ながら、機能が充実しているモノを探している方におすすめです。

次の