東急 リバブル 裁判。 東急リバブル・情報倉庫!!: 林田力『東急不動産だまし売り裁判』を三回読む

仲介手数料裁判 東急リバ敗訴 :: 全国賃貸住宅新聞

東急 リバブル 裁判

この記事の目次• 東急リバブルの仲介手数料 そもそも不動産売却をする際の「 仲介手数料」がいくらになるのかは気になりますよね。 以下で東急リバブルの仲介手数料について見ていきましょう。 法律で仲介手数料の金額の上限は決まっている 東急リバブルの仲介手数料は 法律で定められた仲介手数料に設定されています。 東急リバブルで仲介してもらった時の手数料シミュレーション 仮に東急リバブルに1,500万円の不動産の仲介をしてもらったとすると、以下のような計算式になります。 どうしても手数料を安くしたい場合はダメ元で仲介手数料割引交渉をする 取引される不動産の価値が高ければ高いほど仲介手数料も高くなることはお伝えしたとおりです。 そして、売買に必要とされる労働力は不動産が安くても高くてもそこまで変わりません。 つまり、安い不動産はたくさん仲介しなくては利益になりませんが、高い不動産は1件でも大きな利益になります。 そのため、不動産仲介会社は価値の高い不動産を買いたくて仕方がありません。 そこでその気持ちを逆手にとって、 手数料割引の交渉をすることは理論上可能です ただ、そもそも所有の不動産が価値の高いものなのか低いものなのか素人目には見極めが難しいので、一回割引交渉をして返答を待ってみても損はありません。 東急リバブルへの手数料割引交渉は一般的ではない 手数料割引は理論上可能ですが、 あまり得策ではないかもしれません。 もしあなたが不動産仲介会社側だったとして、価値の低い不動産をもって「仲介手数料割引をしろ」と言われた場合どうでしょうか。 「他にも不動産を売ってくれる人はたくさんいるし、この人は真面目に取り合わなくてもいいや」と考えませんか? こういった風に「相手にされなくなるリスク」も考えると、割引は得策とは言いがたいのです。 割引交渉をしたい場合は媒介契約が締結される前に行う 不動産仲介会社によっては仲介手数料の割引をしてくれるところもありますし、してくれない会社もあります。 しかし、共通して言えることは 「割引交渉をするなら媒介契約が締結される前にしましょう」ということです。 なぜなら、売買契約が締結されてしまうと手続きが圧倒的に複雑になってしまうので、どうしても割引の交渉がしにくくなってしまうからです。 仲介手数料の割引交渉にはリスクがあることも覚えておく 実は仲介手数料の割引によって 損をしてしまう可能性もあります。 もし仮に、仲介会社の方に多数の不動産売却の話が持ち掛けられているときに、低い価値の不動産の売却の客が割引の話をしてきたら、会社側はどう思うでしょうか。 おそらく他のお客さんを優先するでしょう。 そうなると、割り引いてもらうところか、取引自体がなしになる可能性だってあります。 こういった場合もあることを念頭に置いて割引交渉を行うと良いでしょう。 再契約特典 以前に東急リバブル系列の会社を利用したことがある方が受けられる特典があります。 具体的に挙げると以下のような条件の方です。 東急リバブル、東急リバブル関連会社による仲介によって売買契約を締結したことのある方• 東急リバブルで販売受託する新築物件を購入したことのある方• 東急リバブルで賃貸契約を締結したことのある方• 東急不動産グループで売買契約等を締結したことのある方 上記に該当する場合は新規契約の時に「 手数料10%割引」の特典を受けることができます。 紹介特典 紹介による契約が発生した時にも、以下のような特典を受けることができます。 対象者 特典 紹介者 商品券50,000円分 被紹介者 手数料10%分 家族割引特典 過去に東急リバブルや東急リバブル関連会社の仲介により、売買締結をしたことのある方の家族は「 手数料10%割引」の特典を受けるとこができます。 東急リバブルの仲介手数料に関する疑問 記事の最後に、東急リバブルの仲介手数料に関するよくある質問をまとめましたのでご覧ください。 途中で売却を断念しても仲介手数料は支払わなくてはいけないのか? 不動産を紹介してもらったものの、やはり都合が悪くなって売却を中止にしたいという場合も十分にあり得ます。 「既に不動産を紹介してもらったからには手数料を払わなくてはいけないのではないか…」という疑問が浮かんでくるでしょう。 実は東急リバブルでは「 途中で売却を断念しても手数料は掛からない」のです。 そのため安心して買い手募集に出すことができます。 仲介手数料はだれが払うのか? 仲介手数料は「買い手が払う」のか、「売り手が払う」のかを気にしている方はたくさんいらっしゃいます。 こちらに関しては「片方だけ」のパターンと「両方」のパターンがありますので、 取引の際に担当者に尋ねてみて下さい。 東急リバブルで不動産売却を検討中なら「すまいValue」での一括査定がおすすめ 東急リバブルでの不動産売却を考えているのであれば、「 すまいValue」という一括査定サイトを利用するのがおすすめです。 一括査定サイトは、ネット上で自分の物件情報・個人情報を入力するだけで、 一度に複数の不動産会社に無料で査定依頼ができるというものです。 物件情報をもとに査定可能な不動産会社が自動表示されるので、好みの会社を選んで依頼する、という仕組みです。 「 すまいValue」は、東急リバブルを含む 国内最大手の不動産会社6社に一括査定を依頼できる、唯一のサイトです。 東急リバブルに査定依頼できるのはもちろんのこと、そのほかの不動産会社にも査定依頼することで、査定結果やその根拠、担当者の対応・レベルを比較できるので、より 安全で確実な不動産会社選びが可能になります。 一括査定に関するよくある疑問 Q. まだ売却時期が決まっていないが、査定してもらえる? A. 査定してもらえます。 査定結果を見てから、売却時期の検討を始めても問題ありません。 住宅ローン完済前だが、売却できる? A. 売却できます。 ただし、売却の完了時に住宅ローンの残額を一括返済することが条件になります。 そのため、まずは査定を受けて、住宅ローンの完済が可能になるかどうかを確かめましょう。 すまいValueで一括査定できる不動産会社• 三井のリハウス• 住友不動産販売• 東急リバブル• 野村の仲介+ PLUS• 三菱地所ハウスネット• 小田急不動産 以下から、「 すまいValue」に査定依頼できるのでご覧になってください。 また、もっと不動産会社を比較したい方のために、「 おうちダイレクト」という一括査定サイトもご紹介します。 「 おうちダイレクト」は9つの不動産会社・団体と提携しており、大手から中堅、地元密着の企業まで、幅広く査定を依頼することが可能です。 「 Yahoo! 不動産」への掲載など、 強い広告力を売りにしています。 「 すまいValue」と「 おうちダイレクト」は査定できる不動産会社に被りがないので、2つの査定サイトを併用することで、 より多くの不動産会社を比較できます。 気になる方は、以下の公式サイトから査定申込みしてみましょう。 こんな人におすすめ• ネームバリューのある不動産会社に仲介依頼したい• 売却対象の物件が人口の多い都市にある• スピーディーかつ確実に売却を実現したい 査定依頼数は累計36万件以上、2018年度の仲介成約件数は11万件以上。 6社合わせて約870の店舗で全国の査定・仲介依頼に幅広く対応。 こんな人におすすめ• ある程度名の通った不動産会社に依頼したい• Yahoo! 不動産で幅広く宣伝してみたい• 大手から中堅・地場まで幅広く査定してほしい 月間訪問者数約1,100万人のYahoo! 不動産に物件情報を掲載可能。 Yahoo! JAPAN自体の月間ページビューは約155億にも上り、 多くの買い手に情報が届く強力な広告力を誇ります。 まとめ|手数料の知識次第で得することも損することも両方ありうる 記事中でもお伝えしましたが、例えば1,500万円の不動産を東急リバブルで普通に取引をすると、41万円の仲介手数料が発生してしまいます。 もしかしたら、他の不動産仲介会社に頼めばもっと安くなるかもしれませんよね。 しかし、東急リバブルの特典を利用すれば、他の不動産仲介会社よりも安く済む可能性だって十分あります。 要は、「どれだけ不動産仲介会社の仲介手数料について知っているかどうか」なのです。 しっかりと仲介手数料について理解を深めて、東急リバブルをお得に利用してみてくださいね。 そのほかの大手不動産会社についても知りたい方は、「」もご覧ください。 そのほかの大手不動産会社の情報は以下をクリックしてご覧ください.

次の

東急リバブル東急不動産はブラック企業

東急 リバブル 裁判

「Getty Images」より 少し前になるが今年8月、東京地方裁判所が仲介大手の 東急リバブルに対して、賃貸住宅の仲介手数料を取り過ぎているとして借主に返還するよう命じた。 この判決は不動産業界、特に賃貸住宅を扱う業者に一石を投じる判決のように思えるが、現実はそう甘くないようである。 本来、不動産取引の仲介手数料について宅地建物取引業法では、国土交通大臣の定める報酬の額を超えて受けてはならないとされている。 具体的には、国土交通省の告示によって「借主と貸主から家賃0. 5カ月分ずつ、合計で1カ月分を上限とする」ことが原則とされ、「仲介の依頼(媒介契約)成立までに借主または貸主の承諾があれば、いずれか一方から1カ月分を受け取ってもよい」とされている。 ここであえて指摘しておくと、借主から仲介手数料を家賃の1カ月分を受け取ったら貸主からは受け取れず、逆に貸主から仲介手数料を家賃の1カ月分受け取ったら借主からは受け取れないということだ。 しかし、賃貸住宅の仲介実務では、仲介業者へ仲介手数料を借主が1カ月分支払っているケースがほとんどというのが実態だ。 そのため、大手賃貸住宅仲介の専門業者が、借主の支払う仲介手数料を原則通りの「0. 5カ月」と宣伝するだけで、あたかも割安であるかのように聞こえてしまうのである。 さて、今回の裁判の報道による内容に触れておくと、提訴したのは賃貸住宅の借主である都内の60代男性。 仲介手数料の支払いに関して、承諾していないのに1カ月分を支払わされたとして東急リバブルを東京簡易裁判所に提訴したのだが、一審では敗訴。 しかし、控訴審の東京地裁が8月に、支払った手数料の0. 5ヵ月分を超える部分は無効と認め、約12万円を返還するよう命じたのである。 この裁判では、東急リバブルが「借主から仲介手数料を1カ月分もらうこと」の承諾を得ていたかが争点となった。 報道によれば、男性は2012年末に東急リバブルに案内され、3件ほど物件を内覧した上で、翌年1月8日までに契約の意思を担当者に伝え、同10日には、担当者から契約締結日を20日にするとの連絡を受けていた。 20日に東急リバブルが仲介して交わした入居申込書には、仲介手数料として「家賃1カ月分の24万円を支払う」と記載されていたという。 今回の判決では、仲介手数料を1カ月分請求するには「仲介依頼の前に承諾を得ている必要がある」とし、仲介が成立したのは10日と認定した上で、それまでに男性の承諾がないので仲介手数料1カ月分の支払いは無効と判断し、0. 5カ月分の返還を命じたのである。 この報道で、原告側の弁護士が「(仲介)手数料は原則0. 5カ月分なのに、説明を受けないまま1カ月分を支払っているケースが多い」「仲介依頼の前に承諾を得ているケースは少ないのではないか」と指摘しているが、まさに実務では一部の不動産会社を除き、ほとんどが借主の正式な承諾がないまま、手数料として1カ月分を受け取っているといえるだろう。 この判決を受けて、対策を講じ始めた仲介業者もあると思うが、ほとんどがどこ吹く風というのが実際のところだ。 というのも、筆者は知人の賃貸住宅仲介会社数社の担当者にこの話題を振ってみたが、この判決が出たことすら知らなかった。 注意喚起はしてみたものの、どこまで真摯に対応するかは疑問だ。 ほかの仲介業者も、多くは似たようなものだと思う。 仲介業者の対応はこんなところだが、国土交通省や宅建協会などからなんらかの通知などが出るのではないかと少し期待していた。 だが、少なくとも現時点まで一向にそうした気配を感じられないのは残念に思われる。 せっかく不動産の仲介手数料に関する負の話題が取り上げられたので、もう少し掘り下げた問題点があぶり出されてもいいのではないかとも思うからだ。

次の

東急リバブルの仲介手数料の敗訴。借主が1か月分の負担を承諾しないと仲介しなくなる?

東急 リバブル 裁判

元・入居者の男性が賃貸仲介手数料の一部返還を求めて東急リバブル 以下東急・東京都渋谷区 と争った裁判の上告審判決で、東京高裁は14日、東急側の上告を棄却した。 仲介依頼成立時点までに、手数料が家賃1カ月分である承諾を借り主から得なかったことは「違法」とする地裁判決が確定。 東急側は、国の定める「原則0・5カ月分」にのっとる形で、男性に手数料の一部を返還することになる。 繁忙期シーズンのさなか、不動産会社の仲介業務に影響を与える判決となった。 上告棄却で手数料を一部返還 〝依頼の成立日〟で元・入居者と食い違い 上告の棄却により、2019年8月に東京地裁が下した「借り主の事前承諾なく手数料1カ月分を取ることは違法」という二審判決が確定した。 東急側は、13年に男性から受け取った家賃1カ月分の仲介手数料22万5000円のうち、家賃0・5カ月分にあたる11万8125円と遅延損害金の支払いが求められる。 この訴訟は、男性が13年3月から18年3月まで5年間住んだ賃貸住宅をめぐり、退去を控える4カ月前の17年12月、仲介した東急リバブルに手数料の一部返還を求めて起こしたもの。 宅建業法では、借り主から取ってよい仲介手数料の上限は「原則0・5カ月分」と定まっているが、仲介依頼が成立するまでに借り主から承諾を得ておけば、家賃1カ月分でも違法にならない例外規定も存在する。 今回の判決では、東急側が例外規定を「満たさなかった」という結論に至ったが、その中でも争点になったのが「仲介依頼が成立したタイミング」。 ここで双方に食い違いが生じた。 時系列を簡単におさらいすると、元入居者の男性は12年末に物件の内覧と仮申し込みを済ませた後、年明けの13年1月上旬に入居の意思を東急側に示し、契約締結日の案内を受けている。 この時点では、賃貸仲介手数料1カ月分の明示はなかった。 そして同月20日、男性は、手数料が記載された入居申込書・賃貸借契約書に署名・押印。 2日後の22日に家賃1カ月分の手数料を支払ったという流れ。 男性側は「 手数料を 事前に承諾していない」「原則0・5カ月分を知らずに言われるがまま支払った」として、宅建業法の例外規定を満たしていないと主張していた。

次の