シャイン マスカット 韓国。 【韓国】韓国産シャインマスカット、中華圏で人気 日本産は高く 輸出額35%増 ネット「処罰出来ないのか?」「ロイヤルティ、払え」

韓国で日本の高級マスカット“無断栽培”…なぜ合法?「日本ブランド」を守れ!

シャイン マスカット 韓国

歴史 [ ] 63年 に(旧安芸津支場)において、「ブドウ安芸津21号」と「白南」を交配して育成された品種で、育成地 では8月中旬に成熟するである。 11年 から平成14年 まで、「ブドウ安芸津23号」のをつけて系適供試。 平成15年 、「シャインマスカット」と命名し、ぶどう農林21号として登録。 平成18年 、登録番号第13,891号として品種登録(有効期限30年)。 は食味・食感が良いブドウだが、同種を含むヨーロッパブドウは雨の多い地域では実が割れたり病気になったりしやすく 日本の気候には適しておらず、栽培にはガラス温室等の施設が必要であった。 病害に強く、日本の気候にも耐えられるアメリカブドウは噛み切りにくい触感で、一般的にヨーロッパブドウに比べ食味が劣るとされる。 またフォクシー香という独特の香りがある。 これらの欠点を改良すべく、アメリカブドウの中でも糖度の高いスチューベンとマスカット・オブ・アレキサンドリアのを行い、安芸津21号が誕生した。 この安芸津21号はマスカット・オブ・アレキサンドリアに似た肉質を持ち、やや大粒であったが、マスカット香とフォクシー香が混ざった、あまりよくない香りを持っていた。 そこで、の植原葡萄研究所にて誕生した「品質、食味は最高だが、果皮の汚れがひどく諦めた品種」である大粒のヨーロッパブドウである白南 を交雑し、マスカット香のみを持つ本品種が誕生した。 シャインマスカットを基にした品種改良も日本各地で進められている。 特徴 [ ] 房は円筒形で400〜500グラム。 成熟時の色は黄緑色で、粒は短楕円形。 大きさは11〜12グラムとと同程度である。 は20度程度で高く、酸含量は0. 3~0. により種無しで皮ごと食べる事ができる。 祖父母品種はいずれも目立った長所・短所を持っており、マスカット・オブ・アレキサンドリアとスチューベンについては前述の通りである。 カッタクルガンは大粒で皮ごと食べられ、処理にて種無しになり、糖度も高いが、花は雄ずい反転性であり、耐病性が非常に弱く、裂果が多い。 甲斐路は皮ごと食べられ、食味もよく、貯蔵性・輸送性にも優れるが、耐病性は弱く、ジベレリン処理を行っても種無しにならない。 しかし、当品種は祖父母品種の欠点がほぼ解消されており、アメリカブドウの特徴である耐病性を一定程度持つ。 ブドウ栽培で問題となるや、気候面では寒さに比較的強いうえに、夏場が猛暑になっても色づきが悪くならない。 食味・食感・香りはヨーロッパブドウと同等の品質ということが最大の特徴と言える。 また、貯蔵性にも優れる。 発芽期はとほぼ同時期である。 また、葉の下面に綿毛が密生する。 主な産地 [ ]• () 日本国外において品種登録されていないことによる問題 [ ] シャインマスカットを開発した日本の農研機構は、2006年に日本において品種登録を実施している。 しかし、輸出を想定していなかったため、国外での品種登録を行わなかった。 国外における果物の品種登録は、国内での登録から6年以内に行うことが条約で定められているため、2012年に申請期限を過ぎている。 国外では品種登録がされていないため、許可などの申請も必要なく合法的に栽培できる状態となっており、例えば、ので栽培されたシャインマスカットは日本の3分の1の価格で輸出されている。 韓国産シャインマスカットは日本産シャインマスカットよりも安いため、で人気となっている。 脚注・出典 [ ]• 山田 昌彦、山根 弘康、佐藤 明彦、平川 信之、岩波 宏、吉永 勝一、小澤 俊治、三谷 宣仁、白石 美樹夫、吉岡 美加乃、中島 育子、中野 正明、中畝 良二 2008. 『果樹研報』 7: 21-38. 果樹研. 2012年8月29日閲覧。 2014年1月31日閲覧。 2014年1月31日閲覧。 2014年1月31日閲覧。 PRIME 2018年11月9日 「」 「」2018年11月9日放送分より• 2019年12月10日 「」 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• オータムキング• オータムロイヤル• カッタクルガン• クリムゾン・シードレス• グローコールマン• サニードルチェ• 昭平紅• 瀬戸ジャイアンツ• 京早晶 チンチャオチン• トロリンガー• ニューナイ• バラディ• ピッテロビアンコ• ブラック・コリンス• ブラック・マスカット• マニキュアフィンガー• リザマート• ルビーオクヤマ• ロザキ• ロザリオビアンコ 北米種群 アメリカ・ブドウ ラブルスカ種.

次の

日本と韓国、今度は「シャインマスカットの栽培」めぐり論争?|レコードチャイナ

シャイン マスカット 韓国

良質なシャインマスカットづくりの背景には生産者の精細な作業、並々ならぬ努力があります。 開花時、シャインマスカットの房には500個以上の花がつきますが、栄養を房全体に十分に行き渡らせるために形を整えながら数を減らしていきます。 次に粒が大豆くらいの大きさになる頃までに、2~3回にわたり発育・形状の悪いものなどを一粒ずつ手作業で切り落とします。 何度も手を加えることによって、最終的には一房あたり600~750g(50~60粒)を目標に房を作り上げます。 味だけでなく形の美しさによってもシャインマスカットの価値は上がり、隙間や凹凸のない粒の揃った房ほど品質が良いとされています。 さらにシャインマスカットはタネができない処理を一房一房丁寧に施します。 非常に手間と時間がかかる大変な作業です。 一粒一粒、丁寧に丹精こめて作られた岡山のシャインマスカットには生産者の熱い思いと愛情がたくさんつまっています。 品質にこだわった、 最高のシャインマスカットをつくりたい。 少しでも早く美味しいぶどうを届けたい... 5月、ハウスの中は専用の機械で加温され一定の温度に保たれています。 どのハウスも足元の土はふかふか。 草一本なく手入れが行き届いています。 剪定、芽かき、枝を丁寧にくくりつける誘引、間引きを行います。 間引きは成長に合わせて少しずつ調整し、成長したら摘粒する作業を繰り返します。 年間を通して惜しみなく愛情を注ぐことで岡山のぶどうは高品質を保っています。 おかげさまで、市場でも高い評価をいただき、生産者一同、「世界一のぶどうをお届けする」つもりで日々精進しております。 高齢による引退が進む中、最盛期に比べると少し寂しさを感じますが、最近では岡山で就農を希望する方も増え、次代を担う若手も少しずつ育ってくれています。 これからも楽しみな岡山のぶどうをぜひご声援、ご賞味くださいますようお願い申し上げます。 この品種は、「安芸津21号」に「白南」を交配して育成されたもので、果皮の色が黄緑又は黄白、果粒の形が短楕円で大粒の育成地(広島県豊田郡安芸津町)では8月中旬に成熟する早生種である。 樹の広がりは大、樹勢は強である。 熟梢の太さは太、色は黄褐、節間横断面の形は円、表面の形状は滑、幼梢先端の色は薄赤、巻きひげの着生は2である。 花穂の着生数は中、花性は両性、花粉の多少は多である。 成葉葉身の形は五角形、裂片数は5片、葉身横断面の形は樋状、葉縁鋸歯の形は両側直線、葉柄裂刻及び成葉上裂刻の一般的な形は閉じる、深さは浅、成葉の大きさは大、上面の色は緑、葉柄の色は淡紅、成葉の下面葉脈間、下面主脈上及び葉柄の綿毛の密度は密、中肋に対する葉柄の長さの比は短、葉柄の太さは太である。 穂梗の太さは太、長さは長、色は淡紅である。 果房の形は有岐円筒、大きさは極大、長さは長、着粒の粗密は中、果梗の太さは太、長さは短、色は黄緑である。 果粒の形は短楕円、大きさは大、果皮の色は黄緑又は黄白、果粉の多少、果皮の厚さ及び果皮と果肉の分離性は中、果肉の色は不着色、肉質は崩壊性、甘味は高、酸味は少、渋味は無~極少、香気はマスカット、果汁の多少は多、種子の数及び形は中、大きさは大である。 発芽期は中、開花期は晩、成熟期は早で育成地においては8月中旬である。 果実の着色の難易は着色しない、花振いの多少は中、無核果粒の混入及び裂果の多少は無~極少、果梗の強さは強、果梗と果粒の分離は中である。 「白南」と比較して、成葉上裂刻の深さが浅いこと、成熟期が早いこと等で、「ネオマスカット」と比較して、果粒が大きいこと、果肉の肉質が崩壊性であること等で区別性が認められる。

次の

すべてのシャインマスカットに袋がけ完了!

シャイン マスカット 韓国

日本の高級マスカット「シャインマスカット」が韓国で無断栽培 まずはソースをどうぞ。 ソウル市内のスーパーマーケットでは、果物コーナーの目立つ場所に山積みにされるなど、その人気が見て取れるシャインマスカット。 そのおいしさが「海を越えた」と思いきや…箱に書かれていたのは、「国産」の文字。 実は、このシャインマスカットは全て韓国産、日本に無断で栽培されたものなのだという。 fnn. 韓国で合法的に生産されている理由 今回取り上げている日本で生まれた「シャインマスカット」は2006年に品種登録された日本のマスカットです。 にもかかわらず、韓国で合法的に生産されています。 その原因は、 権利を有している育成者が海外での権利を登録しなかったせいです。 登録されていないため、韓国は平然とそのマスカットを韓国内で栽培しはじめ、韓国産のマスカットとして国内のみならず、海外へと輸出販売し、莫大な利益を手にしています。 敢えてキツイ言い方をしますが「育成者や農水省は馬鹿なの?」という言葉しか出ません。 「盗んだ韓国が悪い」と反論する人もいるでしょうが、そんなのは言い訳です。 無断で持ち出され、失われた損失は220億円とも言われる「苺盗難事件」の苦い経験があるにもかかわらず、また同じ轍を踏むのは自業自得としか言いようがない。 重要なUPOV(ユポフ)条約 新しい植物の権利を保護するための条約「UPOV(ユポフ)条約」は1961年にフランスで作られて、1968年から発効している重要な条約です。 日本は1982年にユポフ78年条約を締結し、その後の改正された91年条約も締結しています。 ユポフ条約加盟国一覧(英語/2017年現在73カ国加盟) 2つあるユポフ条約(78年条約と91年条約) ユポフ条約には、78年条約と91年条約の二つがあり、その違いは、植物の保護対象数にあります。 78年条約では、24種類以上(国により違う)ですが、91年条約は全ての植物を保護対象としており、より厳しいものとなっています。 そのため、78年条約しか結んでいない国もあり、ユポフ加盟国だと単純に捉えず、どちらの条約を締結しているのかも調べなくてはなりません。 ユポフ条約の意義 ちなみにユポフ条約加盟の意義は、雪印種苗の記事「」でも触れたように、種苗作成者の権利保護をすることで、新品種の作成を後押しすることにあります。 ユポフ条約の周知徹底、再勉強が必要 日本はユポフに加盟しているにも関わらず、重要性を判っていないように感じます。 判っているのなら、農家への育成者権利の啓蒙をもっと熱心にするでしょうし、農業従事者自身も能動的に動いて登録するはずです。 しかし両者ともにそうは見えない。 ちなみに育成者の権利を守る「育成者権利」取得には、出願・登録が必要で、その権利にも期限があります。 次の項目では「育成者権利」の登録方法とその金額、期限について触れます。 育成者権利取得の流れ 新しい品種を開発したら、育成者は農林水産省(農林水産大臣)に出願し、その審査を受けてのち、新しい品種の権利者であることが認められます。 育成者権利について詳しく知りたい人は農林水産省の品種登録ページをみてください。 1年から3年 各年6,000円 4年から6年 各年9,000円 7年から9年 各年18,000円 10年から30年 各年36,000円 仮に3年間の登録であれば、総額18,000円、最大の30年間の登録であれば、総額で108万円となりますね。 ちなみに 登録料の納付が遅れた場合は権利を失うので注意が必要です。 更に、 一度取り消された権利の復活はできないため、大切な品種を守るためにも納付期限を守らなくてはなりません。 海外での品種登録には出願期限がある 海外で品種登録する場合は、4年以内(果樹などの樹木などでは6年以内の出願)に出願することがユポフ条約で定められています。 今回発覚したマスカットの品種の盗難は、海外での品種登録出願を怠ったために起こりました。 シャインマスカットの育成権利者側は「輸出を想定していなかった」などと理由を挙げていますが、それはあまりに不見識だと思います。 というのも、韓国で開催された平昌五輪でカーリング女子が「もぐもぐタイム」で食べていたため話題になったいちご「雪香(ソルヒャン)」は、もとは日本のブランドいちご「レッドパール」などを基に生まれたいちごで、愛媛県の農家から盗難されたものです。 この件は当時も相当問題となっており、日本政府も韓国へ権利侵害だと強く訴えた事例で、 農業従事者であれば知らなかったは通じないと思います。 日本はまたしても同じ間違いをしでかしたのです。 国ごとに出願が必要 ただし、海外での品種登録は国ごとに行う必要がある上、100万から200万という高額な費用がかかるそうです。 前略 農林水産省は、日本の法令の効力が及ばない海外でも、日本の開発者の品種登録や、権利を守るべく支援に乗り出しているというが、現実はどうなのだろうか。 海外での品種登録は通常100万円から200万円かかる。 しかも国ごとの出願が必要で、出願可能な期間にも制約がある。 農林水産省は国の予算に出願経費の補助事業を盛り込んでいるほか、国別の手引き書を作り、対応を呼びかけているというが、その実情はどうなのだろうか。 誰が犯人かなどという犯人捜しをしている場合ではなく、 一刻も早く、日本の国としての明確な意思と態度を明らかにし、そして世界に対して具体的な取り組みを講じなければならない。 実際、日本政府は外国での品種登録を促すため、出願経費を支援し始めている。 「植物品種等海外流出防止緊急対策事業」として、品種登録出願経費支援の公募のための窓口も設置した。 ismedia. 現在も行っているので、支援の申し込みやその詳細は農林水産省で確認してください。 このような権利侵害の被害を減らすべく、農林水産省にはもっと活発に効果的に動いて欲しい。 ユポフ条約に加盟していない国に注意 現在、ユポフ条約に加盟しているのは75カ国だけです。 日本を加えて国の数は196カ国ありますから、加盟国はまだ半分にも満たない状況です。 新しい品種を保護することは、種苗作成者の更なる新しい品種作成のモチベーションとなります。 よりよい種や苗は、世界の食糧難を救うことにも繋がる公益性の高いもので、大切なことです。 自分の国のことだけを考えて権利侵害をすることはやめてほしいと強く思います。 権利者の許可を得ずに植えた場合は、罰金、懲役10年以下となる予定です。 詳しくは個別記事をどうぞ。 今日の人気記事• 36件のビュー• 23件のビュー• 19件のビュー• 14件のビュー• 8件のビュー• 7件のビュー• 6件のビュー• 6件のビュー• 5件のビュー• 5件のビュー 人気記事• 68,831件のビュー• 49,973件のビュー• 39,528件のビュー• 32,502件のビュー• 31,790件のビュー• 30,190件のビュー• 17,956件のビュー• 17,266件のビュー• 15,483件のビュー• 13,816件のビュー カテゴリー•

次の