イライラ が とまら ない。 なぜ私はすぐイライラしてしまうの?止まらない怒りの対処法や原因、ストレス解消方法

怒らない人から学ぶイライラしない7つの方法

イライラ が とまら ない

私たちはなぜイライラするのか? 転職理由の上位に人間関係のストレスがランクインしているように、仕事中のイライラは、人間関係から来ていることがほとんどです。 ところが、同じことが起きても、イライラする人とそうではない人がいます。 イライラする人としない人の差 たとえば、職場にのんびりしている後輩がいたとして、ある人は「仕事しなさいよ!」とイライラするけれども、さほど気にならないという人もいたりします。 仕事量が多いなど、そもそも心の余裕がないような状況では、ちょっとしたことでもイライラすることが増えてしまいますが、それ以外にも、自分の考え方や感じ方、受け取り方によってイライラするかどうかが大きく変わってくるのです。 例えば、かつて仕事ができずに苦しい思いをして、必死に努力して今の地位を築きあげた人は、仕事のできない後輩を見ると、昔の自分を見ているようでイライラするというケースもあります。 もし昔の自分を受け入れていたらイライラすることはないでしょうが、過去の傷が癒されていないと、他人を通して浮かび上がってくることがあるのです。 原因は「自分の価値観とのズレ」 他人に期待をしすぎていたり、自分の価値観にこだわりすぎていたりすることもイライラの引き金になりかねません。 他人がその価値観から外れた行動をしたときに、許せないと感じることが増えるからです。 「上司は仕事ができて、かつ自分たちの面倒を見てくれるものだ」と思っている人は、仕事の遅い上司や自分の頑張りを承認してくれない上司に対してイライラするでしょう。 また自分の気持ちを抑えて生きてきた人は、愚痴や文句を堂々と言っている人を見ると嫌な気分になりますし、自分に厳しいタイプの人は、思うように仕事ができないと、自分自身にガッカリしてイライラしてしまうことが増えます。 このように、イライラするきっかけはさまざまですが、自分の物ごとの考え方や感じ方が大きな影響を与えています。 明日のために寝なければいけない。 なのに眠れない……という経験はありませんか? 眠れない状態を自覚するとさらに眠れなくなってしまい、悪循環に陥ってしまうこともありますよね。 今回は「夜に眠れないのは実はイライラが原因なのでは?」という仮定から、その心理や対処法を分析してみたいと思います。 その理由はイライラかも 眠れない、という状態は「心のイライラ」が原因になっていることがあります。 眠るためには、自律神経を整えることが大事。 自律神経には副交感神経と交感神経があり、副交感神経のほうが優位になることで、人間は眠ることができます。 イライラしている状態のときはその逆で、交感神経が優位になり、眠くなくなってしまうのです。 実は20代の女性のイライラの原因は、大きく分けると「仕事」と「恋愛」の2つにあることが多いのです。 そのどちらかという場合もあれば、両方が複雑に絡み合っている場合も。 そういわれてみれば……と思い当たる方も多いのではないでしょうか。 では、具体的に「仕事」と「恋愛」でのイライラする理由を見てみましょう。 たとえ定時にあがることができても脳を極端に酷使する業務は精神的疲労となり、そこからイライラすることもあります。 しかし業務を丸投げ、フォローがないなど上司に対して不信感があると仕事にチャレンジする勇気が持てません。 とくに上昇志向の強い人は「仕事にやりがいを求めたいけど上司が守ってくれない」というジレンマでイライラしてしまいます。 誰でも程度の差はあれど、仕事で自己実現をしたいと願っています。 この自己実現欲求が閉ざされるとイライラしてしまうのです。 つまり自分の主張を相手が受け入れてくれずに拒否されたり反対されたりすることから喧嘩になるのです。 こうした否定や非受容の態度をとられると心はダメージを受けます。 この心の傷が「イライラ」という感覚になる場合があります。 これは心を無理やり押さえつけられている状態ですから、ストレスはかなり大きなものです。 この反動で、自分より弱い存在や物にあたってしまう場合があります。 これは「別のものにあたって発散させたい」というイライラが生じているのです。 そんなストレスが溜まった際に自覚症状として非常に多く出やすい感情がイライラとした気分なのです。 約束が守られないと当然怒りの感情がわきます。 この怒りのぶつけ先がないとイライラした気分になり、彼からの連絡や帰宅を「待つ」という時間もイライラを加速させます。 すぐ眠れるようになるための3つの対処法 ここからは、こうしたイライラを抑えて眠るための対処法をご説明していきます。 つまりそのイライラの原因や状況しか見えていないという状態です。 そこで、もっと遠くを見つめる思考を意識してみましょう。 10年後の私はどうなっていたいかを考える、生き生きと仕事をしている自分の環境を思い描いてみる、といったことです。 目的が定まれば上司の存在なんて一過性であると割り切れたり、変化をおこすための具体的な案が浮かんだりするもの。 思考の焦点を遠くにするとイライラは静まってきます。 原因を解決せず、物にあたったりお酒を飲んだりといった代替行為に逃げても、また元の精神状態に戻ってしまうだけです。 自分の主張を押し通すだけでなく、相手の意志も尊重することが幸せな恋愛の秘訣です。 しっかり自分の原因と向き合って対策まで考えてみましょう。 なお、原因がないのに彼の存在に無性にイライラするという場合は自分自身が抱えているメンタルの問題である可能性も。 専門家や専門機関に相談することも考えてみましょう。 ポイントは交感神経が優位の状態から、副交感神経が優位の状態にすることです。 それには部屋の照明を落とす、クラシックや安眠音楽などを聴く、アロマ(芳香)をたく、歯を磨くなどがあります。 自分に合った解消法を組み合わせてみてください。 寝られないならいっそ寝ないのもあり なお、無理に寝ようとするとそれが強迫観念的になり逆に眠れなくなることも多いです。 さらに焦ると状態が加速する場合もあります。 寝られないのであれば無理に寝る必要はありません。 「眠れない日もあるさ!」といった気持ちで開き直ってしまうのもありですよ。 イライラの元となる大きな2つの原因、「仕事」と「恋愛」別にイライラを解消する方法をご紹介しました。 ぜひ参考にしていただき、自分に合った心の整え方を見つけていきましょう。

次の

イライラが止まらない!仕事場でデキる3つの対策方法とは?

イライラ が とまら ない

イライラが止まらない!イライラの感情が芽生えるステップ では、イライラの感情が芽生えるステップをみていきましょう。 それぞれ育ってきた環境やこれまでの経験も違うので、ひとりひとり違った価値観を持っています。 ですから、 自分とは違う価値観を持った人の言動が理解できず、気になってしまうのです。 そのとき、自分とは違う考え方や理解できないようなものは、ネガティブに捉えてしまいがちです。 そして、他人の言動をネガティブに捉えると、当然のことながら良い気はしません。 つまり、本人はまったく悪意がなかったとしても、こちらの捉え方次第で心証が悪くなってしまうのです。 まだこの段階なら、自分の気持ちを整理したり捉え方を見直したりすることで、イライラが止まらない状態に陥ってしまうのを防ぐことができるかもしれません。 しかし、小さな違和感やなんとなくモヤモヤした気持ちを放置していたり、反対に忘れられずに何度も思い出してしまったりします。 すると、次第にイライラした感情が芽生えてきてしまうのです。 そして、イライラしている状態では心の余裕がなくなり、小さなことでもイライラしやすい状態に・・・。 そして、イライラがさらなるイライラを呼び、やがてイライラが止まらない状態になってしまうのです。 イライラが止まらない!イライラしやすい性格の特徴 では、イライラしやすい性格にはどのような特徴があるのでしょう。 自分にも他人にも厳しい• 視野が狭い• 自分の気持ちを表現するのが苦手 続いて、それぞれの特徴を詳しくみていきます。 物事に緩急をつけたり、うまく手を抜いたり妥協したりすることができない不器用ともいえるでしょう。 「これくらいできて当たり前」の基準が高ければ、その分その基準に満たないことも増えます。 そして、基準を下回るたびに「どうしてこんなこともできないんだ!」と思い、イライラが止まらない原因になってしまうのです。 自分なりのルールに固執しすぎてしまい、それに反する他人の言動が許せなくなってしまうのです。 「〇〇するべきだ」という考えや、「〇〇でなければならない」というような考えが強いと、そこに縛られてしまいます。 そして、無意識のうちに他人にもその考えを押しつけてしまい、イライラが止まらないという事態に発展してしまうのです。 自分の考えていることや、感じている感情は、言葉にしなければきちんと相手に伝えることはできません。 相手の言動を不快に感じたとき、それを上手に伝えることができれば相手が改善してくれて、イライラする必要がなくなるかもしれません。 しかし、イライラしやすい性格の人は、それを伝えずにただガマンを続けて、さらにイライラが止まらない状態に陥ってしまうのです。 イライラが止まらない人向け!イライラする気持ちへの対処法 イライラする気持ちへの対処法にはどのようなものがあるのでしょう。 深呼吸をして気持ちを落ち着かせる• 無理やりでも笑顔をつくってみる• イライラした気持ちをノートに書き出す 続いて、それぞれの対処法を詳しくみていきます。 そんなときは、ゆっくりと深い呼吸を繰り返して、一旦気持ちを落ち着かせてみましょう。 周囲が気にならない状況であれば、深呼吸をしながら目を閉じたり、軽くストレッチをしてみたりするのも効果的です。 副交感神経が優位になって体がリラックスすることで、気持ちを落ち着かせることができます。 そんなときには、無理やりでも笑顔をつくって、できれば声を出して笑ってみるのがおすすめです。 「楽しいことがあったから笑う」と考えがちですが、 じつは先に笑ってしまうことによって、後から楽しい気分をつくり出すこともできるのです。 笑顔の嬉しい効果やメリット では、笑顔の嬉しい効果やメリットをみていきましょう。 外見も内... イライラが止まらない気持ちを文字にして、自分のなかから全部吐き出してしまうことによって、気分がスッキリするかもしれません。 また、このイライラを解決するためにはどうしたらいいのかを考えて、「だったら今度はこうしてみよう」というように、前向きな行動につなげる効果も期待できます。 女性100人に聞いた!彼氏に対するイライラエピソード 付き合うとどうしても訪れてしまう倦怠期……思い通りにならない彼氏にイライラしてしまう人も多いのではないでしょうか? ここでは、彼氏へのイライラ解消法を女性100人に調査しました。 大好きな彼といつまでもラブラブの関係を築けるように、イライラをうまく受け流せるイイ女になりましょう! Q. 彼氏にどうしてもイライラしてしまった経験はある? 88%の女性が、彼氏にどうしてもイライラしてしまった経験があると回答しました。 9割と大多数の女性が、彼氏に対するイライラに悩んでいたことが分かりました。 では、どんな時に大好きな彼氏にイライラしてしまうのか、みんなの彼氏に対するイライラエピソードを見ていきましょう! Q. 彼氏に対してイライラしてしまったエピソードを聞かせて 彼氏へのイライラが止まらない原因 では、彼氏へのイライラが止まらない原因をみていきましょう。 価値観や考え方が合わない• 彼氏に求めるレベルが高すぎる• 疲れやストレスが溜まっている 続いて、彼氏へのイライラが止まらない原因を、それぞれ詳しくみていきます。 例えばふたりの記念日や誕生日などを大切にしたい人と、イベントごとにはまったく興味がない人では、考え方が合わないのは当然でしょう。 しかし、相手にも自分と同じ価値観を求めてしまうと、ふたりの温度差を不満に感じてイライラしてしまうのです。 誰でも自分のなかに「理想の彼氏像」を思い描いており、彼氏にはこんな風にしてもらいたいという理想があるもの。 しかし、その理想のレベルが高すぎると現実ではガッカリすることばかりになってしまいます。 そうして、 日々の小さな出来事のなかで「もっとこうして欲しいのに!」という不満が積み重なり、彼氏に対してイライラが止まらなくなってしまうのです。 この場合は、たとえ彼氏の言動に対してイライラしていたとしても、直接の原因になっているのは彼氏ではありません。 仕事が忙しくてゆっくりする時間がないときや、精神的なストレスが溜まっているときには、誰でも心の余裕が無くなってしまうもの。 つまり、 自分のキャパがいっぱいいっぱいの状態では、普段は気にならないことでもイライラが止まらない原因になってしまうのです。 彼氏へのイライラが止まらない時の対処法 では、彼氏へのイライラが止まらない時の対処法をみていきましょう。 とことん話し合ってみる• 少し距離を置いてみる• 体を動かしてみる• ひとりでゆっくりできる時間をつくる 続いて、彼氏へのイライラが止まらない時の対処法を、それぞれ詳しくみていきます。 もしかしたら彼氏は、あなたが求めていることが分からないから、イライラするような言動をとってしまっているのかもしれません。 分かりやすい言葉で自分の要望を伝えて彼氏に理解してもらい、できる範囲で改善してもらえるよう話し合ってみましょう。 少し距離を置いてみて、自分の気持ちを見つめ直してみるのがおすすめです。 自分にとって彼氏が、かけがえのない大切な存在だと再認識することができれば、自然と彼氏に優しくすることができるようになるはず。 あなたの態度が変われば、きっと彼氏の態度も変わり、イライラが止まらない状況を改善することができるでしょう。 彼氏と距離を置く意味は? 彼氏と距離を置くと、どのような気持ちの変化があるでしょうか。 思いっきり体を動かして、そのエネルギーを発散してみてはいかがでしょうか? 運動をすることによって、ストレスを発散する効果が期待できるホルモンが分泌されます。 そのため、体を動かすことで気分がスッキリして、イライラを解消できるかもしれません。 お風呂に浸かったり、読書をしたり、美味しいものを食べたりするなどして、心の休息をとるのがおすすめ。 あえて何もしないでボーッとしてみるのも効果的です。

次の

イライラが止まらないのはなぜ?イライラする時の原因と3つの対処法

イライラ が とまら ない

私たちはなぜイライラするのか? 転職理由の上位に人間関係のストレスがランクインしているように、仕事中のイライラは、人間関係から来ていることがほとんどです。 ところが、同じことが起きても、イライラする人とそうではない人がいます。 イライラする人としない人の差 たとえば、職場にのんびりしている後輩がいたとして、ある人は「仕事しなさいよ!」とイライラするけれども、さほど気にならないという人もいたりします。 仕事量が多いなど、そもそも心の余裕がないような状況では、ちょっとしたことでもイライラすることが増えてしまいますが、それ以外にも、自分の考え方や感じ方、受け取り方によってイライラするかどうかが大きく変わってくるのです。 例えば、かつて仕事ができずに苦しい思いをして、必死に努力して今の地位を築きあげた人は、仕事のできない後輩を見ると、昔の自分を見ているようでイライラするというケースもあります。 もし昔の自分を受け入れていたらイライラすることはないでしょうが、過去の傷が癒されていないと、他人を通して浮かび上がってくることがあるのです。 原因は「自分の価値観とのズレ」 他人に期待をしすぎていたり、自分の価値観にこだわりすぎていたりすることもイライラの引き金になりかねません。 他人がその価値観から外れた行動をしたときに、許せないと感じることが増えるからです。 「上司は仕事ができて、かつ自分たちの面倒を見てくれるものだ」と思っている人は、仕事の遅い上司や自分の頑張りを承認してくれない上司に対してイライラするでしょう。 また自分の気持ちを抑えて生きてきた人は、愚痴や文句を堂々と言っている人を見ると嫌な気分になりますし、自分に厳しいタイプの人は、思うように仕事ができないと、自分自身にガッカリしてイライラしてしまうことが増えます。 このように、イライラするきっかけはさまざまですが、自分の物ごとの考え方や感じ方が大きな影響を与えています。 明日のために寝なければいけない。 なのに眠れない……という経験はありませんか? 眠れない状態を自覚するとさらに眠れなくなってしまい、悪循環に陥ってしまうこともありますよね。 今回は「夜に眠れないのは実はイライラが原因なのでは?」という仮定から、その心理や対処法を分析してみたいと思います。 その理由はイライラかも 眠れない、という状態は「心のイライラ」が原因になっていることがあります。 眠るためには、自律神経を整えることが大事。 自律神経には副交感神経と交感神経があり、副交感神経のほうが優位になることで、人間は眠ることができます。 イライラしている状態のときはその逆で、交感神経が優位になり、眠くなくなってしまうのです。 実は20代の女性のイライラの原因は、大きく分けると「仕事」と「恋愛」の2つにあることが多いのです。 そのどちらかという場合もあれば、両方が複雑に絡み合っている場合も。 そういわれてみれば……と思い当たる方も多いのではないでしょうか。 では、具体的に「仕事」と「恋愛」でのイライラする理由を見てみましょう。 たとえ定時にあがることができても脳を極端に酷使する業務は精神的疲労となり、そこからイライラすることもあります。 しかし業務を丸投げ、フォローがないなど上司に対して不信感があると仕事にチャレンジする勇気が持てません。 とくに上昇志向の強い人は「仕事にやりがいを求めたいけど上司が守ってくれない」というジレンマでイライラしてしまいます。 誰でも程度の差はあれど、仕事で自己実現をしたいと願っています。 この自己実現欲求が閉ざされるとイライラしてしまうのです。 つまり自分の主張を相手が受け入れてくれずに拒否されたり反対されたりすることから喧嘩になるのです。 こうした否定や非受容の態度をとられると心はダメージを受けます。 この心の傷が「イライラ」という感覚になる場合があります。 これは心を無理やり押さえつけられている状態ですから、ストレスはかなり大きなものです。 この反動で、自分より弱い存在や物にあたってしまう場合があります。 これは「別のものにあたって発散させたい」というイライラが生じているのです。 そんなストレスが溜まった際に自覚症状として非常に多く出やすい感情がイライラとした気分なのです。 約束が守られないと当然怒りの感情がわきます。 この怒りのぶつけ先がないとイライラした気分になり、彼からの連絡や帰宅を「待つ」という時間もイライラを加速させます。 すぐ眠れるようになるための3つの対処法 ここからは、こうしたイライラを抑えて眠るための対処法をご説明していきます。 つまりそのイライラの原因や状況しか見えていないという状態です。 そこで、もっと遠くを見つめる思考を意識してみましょう。 10年後の私はどうなっていたいかを考える、生き生きと仕事をしている自分の環境を思い描いてみる、といったことです。 目的が定まれば上司の存在なんて一過性であると割り切れたり、変化をおこすための具体的な案が浮かんだりするもの。 思考の焦点を遠くにするとイライラは静まってきます。 原因を解決せず、物にあたったりお酒を飲んだりといった代替行為に逃げても、また元の精神状態に戻ってしまうだけです。 自分の主張を押し通すだけでなく、相手の意志も尊重することが幸せな恋愛の秘訣です。 しっかり自分の原因と向き合って対策まで考えてみましょう。 なお、原因がないのに彼の存在に無性にイライラするという場合は自分自身が抱えているメンタルの問題である可能性も。 専門家や専門機関に相談することも考えてみましょう。 ポイントは交感神経が優位の状態から、副交感神経が優位の状態にすることです。 それには部屋の照明を落とす、クラシックや安眠音楽などを聴く、アロマ(芳香)をたく、歯を磨くなどがあります。 自分に合った解消法を組み合わせてみてください。 寝られないならいっそ寝ないのもあり なお、無理に寝ようとするとそれが強迫観念的になり逆に眠れなくなることも多いです。 さらに焦ると状態が加速する場合もあります。 寝られないのであれば無理に寝る必要はありません。 「眠れない日もあるさ!」といった気持ちで開き直ってしまうのもありですよ。 イライラの元となる大きな2つの原因、「仕事」と「恋愛」別にイライラを解消する方法をご紹介しました。 ぜひ参考にしていただき、自分に合った心の整え方を見つけていきましょう。

次の